ART

SOMPO美術館『印象派からエコール・ド・パリへ スイス プチ・パレ美術館展』を観に行った

印象派からエコール・ド・パリへ スイス プチ・パレ美術館展 この間の3連休初日は新宿にある「SOMPO美術館」に『印象派からエコール・ド・パリへ スイス プチ・パレ美術館展』を観に行っていました。SOMPO美術館はあのゴッホの名作『ひまわり』を所蔵してい…

山種美術館『【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―』を観に行った

この間の3連休初日は広尾にある山種美術館に『【特別展】水のかたち ―《源平合戦図》から千住博の「滝」まで―』を観に行きました。山種美術館には初めて行ったのですが、なんでも「日本初の日本画専門美術館」として50年の歴史を持つのだとか。 山種美術館は…

太田記念美術館『浮世絵動物園』展を観に行った

この間の誕生日の日には会社にお休みを貰って原宿にある「太田記念美術館」に『浮世絵動物園』展を観にいきました。 それにしても原宿なんてまるで縁の無い場所なもんですから、JR原宿駅で降りるなんて本当に久しぶりです。とはいえ久々の原宿は区画整理され…

東京藝術大学大学美術館に特別展『日本美術を紐解く―皇室、美の玉手箱』を観に行った

東京藝術大学大学美術館に行ってきた 先週の金曜日は会社に夏休みを貰ってまたもや美術展に行ってまいりました。休暇貰って美術展って、オレってシブくないっすか(自己満足)。行ったのは東京藝術大学大学美術館で開催されている特別展『日本美術を紐解く―…

アーティゾン美術館『生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 展』を観に行った

アーティゾン美術館に行ってきた 先日は京橋にあるアーティゾン美術館に『生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎 展』を観に行きました。 アーティゾン美術館は東京駅を降りて10分ほど歩いた場所にあるのですが、以前はブリヂストン美術館と呼ばれていたも…

東京都美術館『ボストン美術館展 芸術x力』を観に行った

毎日暑い日が続いていますね。とはいえ8月は始まったばかり、これからが夏本番です。そんな暑い中、またもや美術館に行ってきました。なんだか最近美術館に行くのが楽しくてしょうがないんですよ。随分長い間美術館には行っていなかったので、その反動でしょ…

町田市立国際版画美術館『長谷川潔 1891-1980展 ー日常にひそむ神秘ー』を観に行った

先日は町田市立国際版画美術館に『長谷川潔 1891-1980展 ー日常にひそむ神秘ー 展』を観に行きました。長谷川潔、実は全然知らないアーチストだったんですが、Webで見た版画があまりにオレ好みだったので「これは是非見に行かねば」ととても楽しみにしていた…

国立新美術館『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション』を観に行った

この間は六本木にある国立新美術館へ『ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡―市民が創った珠玉のコレクション』を観に行きました。 《展覧会概要》ドイツ第4の都市、ケルン市が運営するルートヴィヒ美術館は、20世紀から現代までに特化した世界有数の美術…

東京国立近代美術館『ゲルハルト・リヒター展』を観に行った

『ゲルハルト・リヒター展』に行ってきた 先日は会社にお休みを貰って東京国立近代美術館に『ゲルハルト・リヒター展』を観に行きました。それにしても東京国立近代美術館、調べてみたら10年前に『ジャクソン・ポロック展』を観に行ったっきり、まだ2度目だ…

国立西洋美術館『自然と人のダイアローグ展』を観てきた

上野にある国立西洋美術館に『自然と人のダイアローグ展』を観に行きました。これは国立西洋美術館のリニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館との提携により近代絵画を一堂に展示したものなんですね。しばらく国立西洋美…

ワタリウム美術館『視覚トリップ展』を観に行った

この間の土曜日は青山通りにあるワタリウム美術館へ『視覚トリップ展』を観に行ってきました。展覧会タイトルだけではトリックアート展かと一瞬思っちゃいますが、多数の現代アートによる「新たな視覚体験」を目指してキュレーションされた展示会なんですね。…

国立新美術館『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』を観に行った

『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』 この間の土曜日は小雨降る中、乃木坂にある国立新美術館に『メトロポリタン美術館展 西洋絵画の500年』を観に行きました。 【展覧会概要】1870年に創立されたアメリカ・ニューヨークのメトロポリタン美術館は、…

美術展『ピカソ/ひらめきの原点』を観に行った

ART

今日は新橋にあるパナソニック汐留美術館に『イスラエル博物館所蔵・ピカソ/ひらめきの原点』展を観に行きました。 【展覧会概要】世界有数の文化施設であるイスラエル博物館(エルサレム)は、800点あまりのグラフィック作品を軸とする豊かなピカソ・コレ…

美術展『スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち』を観に行った

ART

この連休は特に予定もなく、相方さんとも時間が合わなくて、一人で何して過ごそうかなあ、と思ってたんですけどね。観たい映画もそれほどないし、ずっとゲームしてるのも体がなまりそうなので、美術展に行くことにしたんですよ。という訳でざっくり調べ、単…

ポスター展『MONDO 映画ポスターアートの最前線』を観に行った

今日は京橋の「国立映画アーカイブ」で開催されている「MONDO 映画ポスターアートの最前線」を観に行ってきました。 「MONDO」というのは独自の映画ポスターを制作するアメリカのデザイナー集団です。もともとはテキサスにある二番館「アラモ・ドラフトハウ…

府中市美術館に『動物の絵』展を観に行った

先日は府中市美術館へ開館20周年記念展『動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり』を観に行きました。9月から開催されていたそうなんですが、自分はつい最近Twitterで知り、「これは行かねば!」と思ったのですが、終了が11月28日だったも…

庵野秀明展に行ってきた

この間の土曜日は国立新美術館で開催されている庵野秀明展に行ってきました。 昨今のコロナ禍のせいでこの展覧会も入場制限がかけられており、チケットは入場時間が決められた形で販売、そのため10月から始まっていたこの展覧会のチケットがなかなかとれず、…

『諸星大二郎展 異界への扉』を見に行った。

今日は三鷹市美術ギャラリーで開催されている『諸星大二郎展 異界への扉』に行ってきました。 開催は前から知ってたんですが、三鷹まで行くのがなんだか億劫で今まで先伸ばしにしていたんですよ。しかしこの土曜日、いい具合に時間が空いたので、「こりゃ観…

静謐なる”無” / 佐藤健寿の『奇界遺産 3』

奇界遺産 3 / 佐藤健寿 『奇界遺産』七年ぶりの集大成・奇妙な世界をめぐる、狂気の旅 2010年に刊行され、現在も版を重ねるヒット作『奇界遺産』シリーズ、7年ぶりの続編。今作では北朝鮮のマスゲーム、アメリカのバーニング・マン、北極の少数民族ネネツ、…

バルテュスの画集を購入した

「ああ、この絵、なんだろう、変だなあ、でも好きだなあ」と思っていた画家がいて、でも名前をずっと思い出せなくて、何年間も「あれって誰なんだろう?」と頭の片隅で気にしていた。その名前がこの間、何かの拍子で判明し、また忘れないうちに画集を買って…

グラフィック・デザイナー集団【MONDO】による映画ポスター作品集『MONDO 映画ポスターアート集』

スター・ウォーズからアベンジャーズ、タランティーノ、エドガー・ライト作品まで。“MONDO" オフィシャル映画ポスター集!世界中の映画ファン、映画製作者から愛され、絶大な人気を誇る"MONDO" で制作・販売されたレアなポスター約300 枚を一挙公開。 「モン…

『ブレードランナー』『エイリアン2』に参加したシド・ミードのSF映画コンセプトアートの数々~『シド・ミード ムービーアート』

シド・ミードといえばなんといっても『ブレードランナー』のコンセプト・アートを描いた男として名を馳せるが、彼は他にも『スタートレック』『2010年』『エイリアン2』など数々のSF映画作品においてそのアイディアを提供している。さらに、ついこの間公開さ…

ホキ美術館に行ってきた

先日は相方さんと一緒に千葉の土気(トケ)にある「ホキ美術館」に行ってきました。トケにあるホキ。ホキのあるトケ。トケホキ。……特に深い意味はありません。 とはいえ、千葉の土気駅というとオレの住処から電車で2時間余りあります。ちょっとした小旅行で…

四国徳島カピバラ旅行〜その1:そこはシスティーナ礼拝堂だった!?

■そこはシスティーナ礼拝堂だった!? 先週はオレと相方さんと二人、ミケランジェロの「システィーナ礼拝堂天井画」を見るためはるばるバチカン市国へと旅行に出掛けました。そして念願の天井画にご対面! ドーン! いやあ、とっても感動しました!!……とい…

葉山に【クエイ兄弟展】を観に行った

先日は相方さんと一緒に葉山にある404 Page Not Found | 神奈川県立近代美術館へ【クエイ兄弟-ファントム・ミュージアム-展】を観に行きました。 ブラザーズ・クエイとしても知られるクエイ兄弟は、『ストリート・オブ・クロコダイル』で有名なアートアニメ…

画集『生頼範義 緑色の宇宙』

「スターウォーズ帝国の逆襲」、平成版「ゴジラ」シリーズなど数々の映画ポスター、平井和正「幻魔大戦」や小松左京「日本沈没」「復活の日」などの装画・挿し絵を手がけ、約50年にわたり第一線で活躍してきた伝説のイラストレーター・生褚範義。圧倒的な画…

ウルトラ怪獣を描いた男、成田亨作品集

いわゆる「おっさんホイホイ」と呼ばれるものにはなるべく近づかないようにしている。「おっさんホイホイ」とはいい歳したおっさんが、子供の頃に夢中になった何がしかの事柄、アニメや特撮や歌謡曲その他に、懐かしさからついつい再び手を出してしまう行為…

『ピナコテーカ・トレヴィル・シリーズ』全10巻コンプリート

『ピナコテーカ・トレヴィル・シリーズ』は今は無き出版社トレヴィルから1995年から1997年までかけて出版された全10巻のアート全集である。取り上げられている画家は決して有名ではないが、どれも偏執的なまでの様式主義と耽美的な頽廃に彩られた作品ばかり…

山口晃展を観に行った

昨日は相方さんと一緒に横浜のそごう美術館へ【山口晃展〜付り澱(つけたりおり)エンナーレ 老若男女ご覧あれ】を観に行きました。山口の特徴的な代表作である俯瞰図はその精緻さと併せ実にリラックスしたユーモアぶりがいつ見ても楽しいですね。その他にも…

Banksyの10年の軌跡を収めた作品集『Banksy.: You Are an Acceptable Level of Threat』

グラフィティ・アーティスト、Banksyの過去10年に渡る作品を集めた『You Are an Acceptable Level of Threat』が発売されてます。ハードカバーで240ページ、日本のAmazonだと\2400ぐらい、意外と手を出しやすい値段ですね。Banksyはグラフィティというものの…