麻薬王の巨大資産を巡って裏社会の魑魅魍魎どもが蠢きだす!/映画『ジェントルメン』

ジェントルメン (監督:ガイ・リッチー2020年イギリス・アメリカ映画) 引退を決意した麻薬王の巨大資産を巡り、裏社会の魑魅魍魎どもが虚々実々の駆け引きを展開するというクライム・ムービー、それが『ジェントルメン』だ。監督は『ロック、ストック&ト…

夢だけがただ一つの喜び/映画『サヴァイヴィング・ライフ -夢は第二の人生-』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その6】

サヴァイヴィング・ライフ -夢は第二の人生- (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 2010年チェコ/スロヴァキア/日本映画) チェコ出身のシュルレアリスト/ストップモーションアニメ監督、ヤン・シュヴァンクマイエルの長編新作映画『サヴァイヴィング・ライフ…

不気味の国のアリス/映画『ヤン・シュヴァンクマイエル アリス』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その5】

ヤン・シュヴァンクマイエル アリス (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 1987年スイス・ドイツ・イギリス映画) ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』といえば知らない者のいない英国児童文学の名作でありファンタジー小説だろう。奇想天外であると同…

やあみんな!気持ちイイことしてる!?/映画『悦楽共犯者』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その4】

悦楽共犯者 (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 1996年チェコ・イギリス・スイス映画) 1996年に公開されたヤン・シュヴァンクマイエルの長編第3作『悦楽共犯者』は、6人の男女が己が悦楽を極めるため、それぞれに「自慰機械」の製作に没頭する、という物語…

癲癇院の異常な夜/映画『ルナシー』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その3】

ルナシー (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 2005年チェコ映画) 精神病院で母親を亡くし、悪夢にうなされるベルロ。同じ宿に居合わせた侯爵は、そんなベルロを自分の城へと招待する。そこでは、完全な自由主義を唱える侯爵による禁断の儀式が繰り広げられ…

不気味に蠢く操り人形!/映画『ファウスト』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その2】

ファウスト (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 1994年イギリス・フランス・ドイツ・チェコ映画) 奇妙な地図に導かれ男がやってきたのは旧く不気味な建物。そこは地下には劇場があり、錬金術の実験室や食堂にもつながる奇妙な場所だった。そこに現れた悪魔…

「人喰い切り株」がやってくる!/映画『オテサーネク』【ヤン・シュヴァンクマイエル週間その1】

オテサーネク (監督:ヤン・シュヴァンクマイエル 2001年チェコ・イギリス映画) 不妊に悩む夫婦がいた。ある日、夫が庭の手入れをしていると、偶然見つけた切り株が、子供の形に見えたことから、それを持って帰って奥さんに見せると、彼女はそれを我が子と…

ウンベルト・エーコの『プラハの墓地』を読んだ

プラハの墓地 / ウンベルト・エーコ (著)、橋本 勝雄 (訳) 知の巨人、ウンベルト・エーコ待望の最新刊。ナチスのホロコーストを招いたと言われている、現在では「偽書」とされる『シオン賢者の議定書』。この文書をめぐる、文書偽造家にして稀代の美食家シ…

最近聴いたエレクトロニック・ミュージックなどなど

Muslimgauze Emak Bakia / Muslimgauze Muslimgauzeはイギリス人アーチストBryn Jonesのソロユニットであるが、彼自身は1999年に亡くなっている。Muslimgauzeとしての活動は1982年のレバノン侵攻を切っ掛けとしており、そのテーマは「パレスチナの自由」「反…

バットマン・ストーリーの魅力を余すところなく伝える手堅い傑作『バットマン:ハッシュ』

バットマン:ハッシュ / ジェフ・ローブ (著)、ジム・リー (イラスト)、中沢俊介 (訳) キラークロック、ポイズン・アイビー、ハーレイ・クイン、ジョーカー、スケアクロウ、ラーズ・アル・グール……次々と現れた宿敵たちが闇の騎士バットマンを付け狙う。事…

『ドクトル・ジバコ』出版の陰に隠された二つの女の物語/『あの本は読まれているか』

あの本は読まれているか / ラーラ・プレスコット(著)、吉澤 康子 (翻訳) 冷戦下のアメリカ。ロシア移民の娘であるイリーナは、CIAにタイピストとして雇われるが、実はスパイの才能を見こまれており、訓練を受けてある特殊作戦に抜擢される。その作戦の目的…

ジョーカーの狂気に取り込まれてしまった男 /『ジョーカー:キラースマイル』

ジョーカー:キラースマイル / ジェフ・レミア (著)、平井悠太郎・飯田ねり(訳) アーカム・アサイラムに勤務する精神科医ベン・アーネルは、収容されたジョーカーを被験者に新たな学説の確立に意欲を燃やす。注意を促す周囲の声をよそに研究に没頭するアー…

タイムループをテーマにした傑作SFラブコメディ映画『パーム・スプリングス』

パーム・スプリングス (監督:マックス・バーバコウ 2020年アメリカ・香港映画) 「タイムループもの」 というSFジャンルがある。登場人物が何らかの理由により、あたかも針飛びを起こしたレコードのように同じ時間帯を何度も体験し、そこから抜け出られな…

『ジョン・ウィック』シリーズはやっぱり面白いじゃないか

最近『ジョン・ウィック』シリーズ3作をまとめて観返していた。しかも3作ともBlu-rayを購入してである。くどくどしく書くと、その3作とは『ジョン・ウィック』『ジョン・ウィック:チャプター2』『ジョン・ウィック:パラベラム』の事である。 Blu-ray3枚と…

長編SF小説『最終人類』はナントモカントモだった

最終人類 (上)(下) / ザック・ジョーダン(著)、中原 尚哉(訳) ありとあらゆる種族がひしめく広大なネットワーク宇宙。その片隅の軌道ステーションで、ウィドウ類の元殺し屋の母親と暮らすサーヤには秘密があった。宇宙種族にもっとも憎まれ、絶滅させられ…

ウッソーッ!?アタシ、殺人鬼と体が入れ替わっちゃったッ!?/映画『ザ・スイッチ』

ザ・スイッチ (監督:クリストファー・ランドン 2020年アメリカ映画) 「うっそーッ!?わたしたち、入れ替わっちゃったーッ!?」 という「入れ替わりテーマ」の物語ってありますよね。これ、二人の人物の心と体が入れ替わっちゃってサア大変!?というお話…

マ・ドンソク兄ィが大暴れしまくる爽快アクションムービー『ザ・バッド・ガイズ』!

ザ・バッド・ガイズ (監督:ソン・ヨンホ 2019年韓国映画) 凶悪犯罪発生!これに対し警察上層部は服役中の犯罪者たちを駆り集め特殊捜査班を結成、事件捜査に当たらせた!いずれ劣らぬ”バッドガイ”たちは事件解決の糸口を掴むことができるのか!?という20…

旧『バットマン』4部作を観返していた

久しぶりに旧『バットマン』4部作を観返してみた 突然『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』を観たくなったのである。理由はよく覚えていないが、全身キンキラキンにシルバーなシュワルツェネッガーを拝みたくなったからなのかもしれない。 じゃあつい…

二つの場所にいた一人の人間。そしてさらに衝撃的な事件が起こる /スティーブン・キング最新長編『アウトサイダー』を読んだ

アウトサイダー(上)(下) / スティーヴン・キング(著)、白石朗(訳) その1:ネタバレなし感想 スティーブン・キングの最新長編『アウトサイダー』を読了した。これは本国では2017年に刊行された『The Outsider』の翻訳版となる。 物語は11歳の少年の惨殺…

地下世界に蠢く異形の群れ/ ストップモーションアニメ『JUNK HEAD』 を観た。

JUNK HEAD (監督:堀貴秀 2017年日本映画) クリエイター・堀貴秀が少数のスタッフのみで7年の歳月を費やし製作したSFストップモーションアニメ『JUNK HEAD』が話題になっていたので観に行くことにした。この作品で堀貴秀は原案、絵コンテ、脚本、編集、撮…

オレの超個人的20世紀古典ロック100枚!

オレの超個人的な古典ロックアルバム100枚なのだ 以前ワッシュさんのブログで「ロック好きなら聴いておきたい古典100」という記事を読んだのである。これははてな匿名ダイアリーの「ロック好きなら高校生までに聴いておきたい古典100」という投稿に対するワ…

ハーレイ・クイン誕生を描く危険な愛の物語 /『ハーリーン』

ハーリーン / ステファン・セジク (著)、石川裕人・御代しおり (訳) なぜ彼女は犯罪界の道化王子と恋に落ちたのか―― 若き犯罪心理学博士ハーリーン・クインゼル。お局サマにいじめられ、同僚とクダをまく平凡な研究生活を送っていた彼女だったが、その研究…

中国SF作家・郝景芳によるAIを主題としたSF短編集『人之彼岸』を読んだ

人之彼岸 / 郝 景芳 (著)、立原 透耶 (訳)、浅田 雅美 (訳) 重篤な病で瀕死状態だった母親を入院させた男は、自分の無力さに苛まれていた。だが母親はある日突然、何事もなかったかのように退院してきた。母はまだ病院にいるはず。では今ここにいるのは一体…

最近読んだコミックなどなど/『雨と君と』を中心に

雨と君と(1) / 二階堂幸 『雨と君と』はある雨の日に主人公女子が「犬のような生き物」を拾って飼い始めるところから始まる。 この「犬のような生き物」、実はタヌキである。しかし主人公をはじめ周りは「まあ犬だって言ってるんだろうから犬なんだろう」と…

映画『モンスターハンター』はメチャクチャ楽しい怪獣映画だったぞ!

モンスターハンター (監督:ポール・W・S・アンダーソン 2020年アメリカ映画) 全世界で10億本だか100億本だかを売り上げた(誇張)という超大ヒットゲーム『モンシターハンター』の映画化作品が公開されるというからオレはとても楽しみにしていたのだよ! …

ケン・リュウ最新短編集『宇宙の春』を読んだ

宇宙の春 / ケン リュウ (著)、古沢 嘉通 (訳) わたしは秋に生まれた。いま、宇宙は真冬だ――死に絶え、そしてまた生まれ変わる宇宙の変遷を四季の変化に見立てて描いた表題作、3人の女性が力を合わせて悪に立ち向かう、『三国志』を大胆に換骨奪胎したシス…

滅亡した世界でバットマンとジョーカーの最後の旅が始まる/『バットマン:ラストナイト・オン・アース』

バットマン:ラストナイト・オン・アース / スコット・スナイダー (著), グレッグ・カプロ (イラスト), 高木 亮 (翻訳) 「これがバットマンの最後の旅になるかもしれない……」 突如ゴッサムシティに出現した、自身の遺体をなぞるかの如く描かれたチョークラ…

『この地獄の片隅に パワードスーツSF傑作選』を読んだ

この地獄の片隅に パワードスーツSF傑作選 / J・J・アダムズ (著), 中原 尚哉 (翻訳) 異星種族との戦いの最前線で、いつ果てるともしれない激戦を続けている小隊。そこへ司令官のマクドゥーガル将軍が前線視察にやってきて……(この地獄の片隅に)偵察任務中…

フィリピン旅行で犯罪捜査!?韓国アクション・コメディ『国際捜査!』を観た!

国際捜査! (監督:キム・ボンハン 2020年韓国映画) みみっちさが染みついたしょうもない韓国人刑事が、フィリピンへと家族旅行に行ったところとんでもない事件に巻き込まれ、涙目になりながら捜査に乗り出しちゃう!?というアクション・コメディです。主…

ジョニー・トー映画を観まくった!(後編)

さて前編ではノワール/アクション系を中心に書いたが、この後編ではワイ・カーファイ共同監督作を中心にあれこれ紹介してみる。 ワイ・カーファイとの共同監督作『マッスルモンク』 (2003)にはなにしろ驚かされた。ムキムキの男性ストリッパーは実は人の「…