ジョーカーが英雄となりバットマンを投獄する!?/『バットマン : ホワイトナイト』

バットマン:ホワイトナイト/ショーン・マーフィー

バットマン:ホワイトナイト

謎の薬物の過剰摂取により、狂気から醒めたジョーカー。本来の自分を取り戻した彼は、かつて自らの手で蹂躙したゴッサムシティを救うべく立ち上がる。彼の標的となったのは、街の実権をほしいままにしてきたエリートや富裕層。そして、恐怖からの庇護という名目の下に、独善的な正義を振りかざしてきた闇の騎士…バットマンだった。バットマンとジョーカーの立場を逆転させ、真の正義とは何かを問いかける問題作。気鋭ショーン・マーフィが贈る話題作がついに日本上陸!

アメコミは嫌いじゃないのだが買い始めるとキリがなくなるという理由であまり手を出さないことにしていたのだが、この『バットマンホワイトナイト』はなんだか気になってついつい購入してしまった。物語は「正気に戻ったジョーカーがバットマンの行き過ぎた行為を追及し遂に投獄まで追い詰める」といった物語だ。ある意味「正義を監視するのは誰か」という『ウォッチマン』や『シビル・ウォー』のような物語の変奏曲とも取れるだろう。

しかし読んでいて思ったのは、「正義とは何か、悪とは何か」といった単純な善悪二元論的な物語ではなく、善悪の定義が曖昧になり、さらには善だの悪だのといったものは、それらを行使する側の立場によって玉虫色に変ってゆく曖昧な価値観でしかない、という実に現代的な視点から描かれた物語という事だった。

この物語には現代のアメリカの姿を反映している部分がうっすらと見え隠れする。例えば富豪として知られるブルース・ウェインは、莫大な富を占有し格差社会を助長させている唾棄すべき存在として糾弾される。一方ジョーカーはその格差社会の底辺で虐げられ暴発した被害者として自らを喧伝し、底辺社会の市民層に絶大な支持を得ることになる。この辺りの構図は先頃公開されやはり絶大な支持を得た映画『ジョーカー』と似たものを感じる。そしてそれら底辺社会の鬱憤が暴動へと繋がり社会に騒乱を生み出す様は現代アメリカそのものではないか。

その中でジョーカーは「善/正義」となりバットマンは「悪/不義」と見なされることになるが、これすらも同じものへのラベルの貼り換えに過ぎないのだ。なんとなれば「正義」の対義語は「もう一つの正義」でしかなく、即ちそれは対消滅する「正義の無意味化」という現象を浮き上がらせているだけなのだ。

しかしこういった索漠たる問題提起だけが本作の趣旨では決して無い。これら痛苦に塗れた逡巡を経てバットマンは「自分は何をやってきたのか、そしてこれからなにをするべきなのか」を自らに問い、再び己の存在意義を見出すのである。こういった、「困難と絶望を克服した後に新たに獲得した自己」というドラマは、まさに「物語」というものに接することの醍醐味だ。

こうして物語後半は痺れるような興奮と高揚が畳み掛け、「バットマンという物語」それ自体を全て昇華してゆく情感に満ちたクライマックスへと突き進む。グラフィックは華麗であり、アクション描写は映画を観ているが如く迫真的で、人物描写も陰影に富み、物語は驚きに満ちひたすらドラマチック、なにより、「正気と狂気の狭間で揺れ動くジョーカー」という存在にどこまでも心を動かされる。

しかし「ここまでやってしまったか、もはやバットマンという物語に引導渡したのも同然ではないか」と思ったラストだったが、実は続編も刊行されたらしく(「バットマン:カース・オブ・ザ・ホワイト・ナイト」)いやこれは早く読んでみたい。なにしろ非常に完成度の高い作品であり、バットマンに関心のある方には是非お勧めしたい。

バットマン:ホワイトナイト

バットマン:ホワイトナイト

 

最近読んだコミックなどなど

■レベレーション(6)(完結)/山岸涼子

レベレーション(啓示)(6) (モーニング KC)

レベレーション(啓示)(6) (モーニング KC)

  • 作者:山岸 凉子
  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: コミック
 

山岸涼子の描くジャンヌ・ダルク物語完結編。ジャンヌ・ダルクの最期は誰もが知る所だろうが、それをどう料理するのか?が最大の興味だった。逮捕監禁され裁判を受けるジャンヌの言動と行動を事細かに描く部分がひたすら読ませる。そういった歴史事実のみならず、その中でジャンヌの「信仰」にどのような影響が出るのか?それは揺らぐのか?といった点の山岸的考察が実に迫真的で、そこから「信仰とは何か?神はいるのか?」というこの物語の本質が浮き上がってくる。そしてクライマックス、陰惨な火刑という史実から山岸の大いなる想像力が飛翔し、これ以上ない、と思わせるラストを迎える。これは素晴らしかった。コミック『レベレーション』は山岸の新たなる代表作となるのではないか。

■GIGANT ギガント(7)/奥浩哉

GIGANT(7) (ビッグコミックス)

GIGANT(7) (ビッグコミックス)

 

ダラダラしたロマンス&エロ展開の前巻だったが、この人の漫画はダラダラの後に大きな展開を迎えるというお約束になっていて、この第7巻では例の訳分からん未来人の皆様がいよいよ大活躍を始めるのだ。謎の一部も解明され、またちょっとお話が進んだ。いいんじゃないか。次巻は大戦闘が描かれるんだろう。楽しみだ。

ゴールデンカムイ(24)/野田サトル

やはり前巻で登場した謎の男が主要人物の一人となる第24巻。この新キャラ、なかなか魅力もあるしこれから物語を引っ張ってゆく形になるのだろう。これでまた金塊探索の新たなる派閥が出来てしまうことになるが、これ以上ややこしくしないでね……お願い。それにしても途中挟まれるあるエピソードが酷過ぎて、いやあホントこれは酷い(褒め言葉)。

■世界の終わりに柴犬と(1)~(3)/石原雄

世界の終わりに柴犬と (MFC) 世界の終わりに柴犬と 2 (MFC) 世界の終わりに柴犬と 3 (MFC)

「世界が崩壊し人っ子一人いなくなった東京の街を彷徨う女子高生と柴犬」というポストアポカリプス女子高生+柴犬コミックである。とはいえ決してシリアスなSF作品というわけではなく、「この世界がわたしと愛犬だけの世界になったら」というある種抽象的な世界が舞台とも言える。そして内容はコメディである。女子高生はもともと不登校学生であり、そういった孤独を埋めるのが愛犬だった。そしてこの愛犬ハル、喋るのだ。喋るどころかかなり理屈っぽいのが笑わせてくれる。彼らを取り巻く存在もやはり喋る動物であったり宇宙人であったり池の精霊だったりする。つまりファンタジーなのである。そんな世界で女子高生と愛犬との可笑しくもまた濃厚な世界が描かれてゆく。愛犬とはいえ女子高生のハルへの態度は一見冷淡であり邪険にすら見える事もあるが、それは実は親密さの裏返しなのだろう。そこに他の人間が介在する余地は無いし、無くてもいい。一見孤独な物語のように見えて充足している。つまり「他には何もいらない、君がいてくれるだけで、自分は十分満たされているんだ」という達観と親愛がこの物語なのだと思う。あと犬種に対する知識と理解が半端ない。これ読むと柴犬飼いたくなること必至。

■闇を這う者 ラヴクラフト傑作集/田辺剛

闇に這う者 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

闇に這う者 ラヴクラフト傑作集 (ビームコミックス)

  • 作者:田辺 剛
  • 発売日: 2016/03/25
  • メディア: コミック
 

田辺剛によるコミカライズ版ラヴクラフト傑作集『闇に這う者』は「ダゴン」と「闇に這う者」が収録。まず「ダゴン」、いいですねえ、「難破した島には名状し難い”なにか”がいた!?」というシンプルの極みみたいなド直球コズミックホラーなんだが、この短い作品にクトゥルフ神話のエキスがギュッと詰まっている気がするなあ!そしてあの名文句中の名文句、「窓に!窓に!」が披露されるのもこの物語だ!もうヤンヤヤンヤですよ!「闇に這う者」は廃院と化した教会に巣くう「邪悪なるもの」に憑りつかれた作家の話、ああ!暗黒星ユゴスで作られし輝くトラペゾヘドロン!闇を彷徨うナイアーラトテップ!謎と不条理と怪異と狂気、何一つ説明されず解決もしないまま死によって終焉を迎えるおぞましき神話!かなりかっ飛ばして描かれているけどなんだか訳が分からない、でもなにか異常な事が進行している、という切迫感が迫真性を生んでいるなあ!闇そのもののように黒々としたグラフィックとなにがどうなっているのか分からないグジャドロした化け物のグラフィックがとてつもなくGOODであった!

SF映画『アンチ・ライフ』は予想を遥かに上回るトンチキ映画だったッ!?

アンチ・ライフ (監督:ジョン・スーツ 2020年カナダ映画

f:id:globalhead:20210117124729j:plain

2021年に入って間もないというのに、早くも「本年度ワーストワン」の評価を上げたくなっちゃうようなトンチキ映画の登場である。というか、観た事を早く忘れて何も知らなかった頃の清らかな自分に戻りたいとすら思ったぞ!

タイトルは『アンチ・ライフ』、予告編を観た時から既にトンチキな臭いが猛烈に漂っており、地雷間違いなしとは思ったものの、怖いもの見たさでついつい劇場に足を踏み入れてしまったのが運の尽き、これがもう最初の予想を遥かに上回るトンチキさで、もはや「酷かった」という感想しか思い浮かばない。自主製作映画だってもうちょっと可愛げがあるだろッ!?

一応物語のジャンルはSFアクションスリラーとなる。時は西暦2242年、地球は疫病の流行によって滅亡に瀕しており、選ばれた者たちは「ニューアース」と呼ばれる居住可能な惑星へ避難を開始していたところが主人公の乗る船で異様な殺人事件が発生、それは謎の寄生生命体が起こしたものだったのだ。主人公らは生きてニューアースに辿り着けるのか!?というもの。

まずなにしろ主人公が徹底的に魅力がない。恋人を追って宇宙船に密航した男という設定なんだが、なんかもうヌボッとした顔に髭面のスットコドッコイなキャラで、二言目には「家族を守るんだ(キリッ)」とか言うけどそもそも自分すら守り切れていない。だいたい大航海時代じゃあるまいし「宇宙船に密航」ってのもどうなのよ?そんな主人公が宇宙船で割り当てられた仕事が「便所掃除」ってのもなんなのよ?

その便所に「数百倍に希釈しないと何もかも溶かしてしまう謎洗剤」なんてのが出てきて「ああ、これが最後にモンスターを倒すアイテムになるんだろうな……」とすぐ分かっちゃう上に、この洗剤を加工するとアルコールになってみんなでそれを飲んでる、とかもう訳が分からない。他の登場人物は誰も彼もなんだか知らないが荒くれ者の脳筋野郎ばかり、それに合わせて物語展開も徹底して知能指数がアレな流れなんだ!

最初のサスペンスは謎の生命体に寄生された男が「ううう……体に何かいる!」とかなんとか呻き始める所だが、こっからもう既視感ありまくりで観ているこっちまで呻き声が出る。この謎の生命体に寄生された人間が他の人間を襲い出す。つまりは宇宙船でゾンビ発生ってなお話なんだが、工夫すりゃあなんとでもサスペンスを盛り上げ面白くできるだろうに、なにしろ脳筋展開なんでいつも力でゴリ押し、おまけに宇宙船の中で機関銃をバリバリ撃ちまくる!?いやそれ謎の生命体よりもマズくないか!?で、劣勢ともなるとすぐ「俺たちゃダメだあ」と弱音を吐くメンタルの弱さ。ヤル気の無い脳筋って何の役にも立たんのな!

それと低予算映画ということからかセットが酷く、照明を暗くして誤魔化しているのはB級映画ではよくあるよな。壁面なんてプラスチックパレット貼ってるだけですよ……。それにしても「冷凍睡眠ポッド」が大工仕事で作ったようにしか見えない(扉がホームセンターで買ってきたような蝶番で留められてる……)上に、眠ってる人間を起こすのにポッドのガラス窓をバンバン叩くってどういうSFなんだ!?冷凍睡眠ポッドもそうなんだが居住室のベッドに枕が無くて、「寝るのつらいだろ」とそればっかり気になった……。

 しかしこんな酷い映画になぜかブルース・ウィリスが出演しており、主人公役じゃないんだが、彼がいたお陰でなんとか観られるものにはなっていた。最近ブルース・ウィリスが出演するB級映画じゃあ唐変木みたいに「いるだけ」なんだが、この映画では活躍してたよ!というか他のキャラがなんの活躍もしていないから相対的に活躍していたように見えただけかもしれんけど!彼が出て無ければレンタル店やサブスク辺りで作品数のカサ増しするだけのために存在する二束三文なSFサスペンスとしてしか扱われていない映画だったんだろうなあ!

宇宙忍者v.s.最強格闘軍団の死闘!/映画『アース・フォール JIU JITSU』

アース・フォール JIU JITSU (監督:ディミトリ・ロゴセティス 2020年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20210116164537j:plain

ニコラス・ケイジB級映画の似合う男だ。似合うというか、ニコケイが出演しているような映画は大概B級なのだ。観る側も「ニコケイが出演してるのか」と知るだけでどんな映画なのか即座に分かるという便利な試金石でもある。そんなニコケイ映画を、ニコケイ映画という理由から、何一つ期待すること無く観る。すると、期待していなかった分、割と面白い部分も発見できる。つまりニコケイは、逆説的に映画を面白くさせるという機能すら有しているのだ。ニコケイ、結構やるじゃないか。

そんな愛すべきニコケイの、新作映画が公開された。タイトルは『アース・フォール JIU JITSU』、なんでもSF映画なのらしい。ちなみに「JIU JITSU」は「柔術」ということなのらしい。つまり格闘映画でもあるのだ。SFと格闘と、そしてニコケイ。もう、この3つの要素が並んでいるだけで、心がホッコリしてくる。人生捨てたもんじゃないな、と思えてくる。だって、観る前から、こんなにトンチキさを感じさせてくれるなんて、他の映画じゃ、絶対に考えられない。

まあ、どうせトンチキSFだから、粗筋書くのもタルいんだが、取り敢えず説明しとくとだな。この映画、宇宙からやって来たニンジャ・エイリアンと、このエイリアンを倒すべく集結した、最強格闘家軍団との戦いを描くものなんだな。なんでエイリアンと格闘家は戦うのか?それはこのエイリアンが戦うのが大好きな奴で、彗星に乗って6年に一回地球にやってきては地球人格闘家と戦う、という事なのらしい。戦いを拒否したら地球を滅ぼすってんだからおっかない。いやー、なんだか格闘ゲームのとってつけたような設定みたいなお話ですね!

とか言いつつ実際観始めたらこれが、結構楽しめたじゃないか。「期待してない分楽しめるニコケイ効果」が出たせいもあるかとは思うが。まずお話なんてあってないようなもの、設定はインチキだしプロットもグダグダではあるんだが、その分映画の間中殆ど誰かと誰かが戦っている。映画それ自体が「格闘」にのみ特化しているのだ。煎じ詰めるなら「エイリアンと人間、どっちが強いか!?」というお話でしかないから、そこを徹底的に描いているのだ。この構成なにかに似てるなあと思ったら昔の香港アクション映画なんだよな。物語はインチキだけどアクションは面白い、みたいなさ。

まずエイリアンだが、出てくるのは1体のみ。変なゴーグルして強化服みたいのを着ている。格闘技に長け、剣や棒を操り、手裏剣を投げ、おまけに光学迷彩で透明化することが出来る。こんなヤツがジャングルで人間を狙うんだね!……ってかそれ、『プレデター』やないかい!?おまけに傷を負ってもすぐ修復してしまい殆ど無敵。「俺より強い奴と戦いたい」と地球にやってきた割にチートだらけだろお前!?

一方人間側だが実はニコケイは主役じゃなくて、怪しげな戯言をのたまう導師みたいな役。格闘もするが、ニコケイに格闘って、ホント似合わねえ……。実際の主役はアラン・ムーシ演じるジェイクという名のタフガイで、こいつは格闘万能。もう一人、トニー・ジャー演じるケウンのムエタイまたツエエエ!ていうかトニー・ジャーが出てるのが何しろ嬉しい映画だよな!他にもカポエラ使いや鈍器使い、ヌンチャクやボウガン使いの女など9人の戦士が登場するんだな。そういやフランク・グリロも出演してるよッ。

そんな感じでニンジャ・エイリアンと地球人戦士との戦いが次々と描かれてゆくことになるんだが、地球人戦士が持つ得物がそれぞれ別なので変化が付き、延々描かれる戦いに退屈しないんだ。まあニンジャ・エイリアンが「やられてもリカバリーすりゃいいしー」というチート野郎な上に、地球人戦士が実のところあんまり強くなくて「宇宙一の猛者を決める壮絶極まる戦いッ!!」ってなアクションには手が届いていないんだが、少なくとアクションのみで飽きさせる事なくラストまで繋いだ潔い作りが好印象だったな。こういう気楽に観られて映画館出たらすぐ忘れてしまうセンスの映画、オレは嫌いじゃないな。

そういやニュー・オーダーのシングルが発売されていたのを忘れていた

New Order / Be a Rebel

Be a Rebel

そういやニュー・オーダーの5年振りとか言うニュー・シングル、『Be a Rebel』 が去年の9月に出ていたんですが、聴くのすっかり忘れていましたね。ニュー・オーダーのファンなのにいかんなあ。ファンの皆さんはとっくに聴かれていることでしょう。

で、今さっきやっとBleepでD/L購入して聴いたんですが、まあ相変わらずのニュー・オーダーってことでいいんじゃないでょうか。すなわち甘酸っぱくて相当にゴキゲン!

歌詞対訳なんかはこちらにありました。 

PVはこちら!

ちなみにシングル『Be a Rebel』にはリミックス含め4曲が収録されていますが、その後またしても同曲のリミックス・シングル2作がリリースされており、『Be a Rebel (Remixes, Pt. 1)』では3曲、『Be a Rebel (Renegade Spezial Edit)』では1曲収録となっております。

もともとニュー・オーダーのリミックス曲はどれもクオリティが高く、元が同じ曲でも印象が全然異なる場合があり、さらに相当にダンサンブルなのでこれは全曲聴くしかないでしょう。特に「Be a Rebel (Maceo Plex Remix)」では一瞬「ブルー・マンデー」のフレーズが流れてドキッとさせられますよ。さあ全部集めて君も『Be a Rebel』マスターになろう! 

Be a Rebel

Be a Rebel

  • 発売日: 2020/11/13
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
Be a Rebel [Remixes Pt 1]

Be a Rebel [Remixes Pt 1]

  • 発売日: 2020/12/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
Be a Rebel (Renegade Spezial Edit)

Be a Rebel (Renegade Spezial Edit)

  • 発売日: 2020/10/14
  • メディア: MP3 ダウンロード