映画『エターナルズ』が面白かったので原作コミックを読んでみた

エターナルズ /ニール・ゲイマン (著)、ジョン・ロミータJr. (画)、石川裕人 (訳)

エターナルズ

ジャック・カービーが遺したMARVEL創世神話にゲイマンが挑む話題作がついに邦訳! 百万年前、太古の地球を訪れた天空族セレスティアルズは一群の猿人を捕らえ、遺伝子操作を行った。 その結果、誕生したのが神の如き力を備える超人類エターナルズと、彼らの影と言うべき変異種デヴィアンツである。 敵対を運命づけられた両者は、以後、長きにわたって人類史に足跡を刻んできた… 神と悪魔として。 そして今、100万年に及ぶ両者の対立の歴史に大いなる楔が打ち込まれる。 眠れる神の目覚めと共に。 "キング・オブ・コミックス"ジャック・カービーが創造した創世神話ニール・ゲイマンが新たな一頁を書き加える注目作、ついに邦訳。

先ごろ日本でも公開され話題を集めたMCU映画『エターナルズ』、評価は賛否両論らしいですがオレ自身はかなり好きな映画でしたね。よくあるヒーロー映画に見えながら永劫に生きる者たちの物寂しさが物語全体に漂っていて、そこにとても惹かれました。そろそろ今年の映画ベストテンを決める時期ですが、オレはその中に必ず入れるでしょう。

さてその原作コミックなんですが、原作者がなんとニール・ゲイマンなんですね。映画『コララインとボタンの魔女』、『パーティーで女の子に話しかけるには』、TVドラマ『グッド・オーメンズ』『アメリカン・ゴッズ』の原作者であり、コミックでは『サンドマン』の原作を担当していますが、実はオレ、どの作品も大好きなんですよー。そんなニール・ゲイマンが原作と聞いたらこれはもう読むしかないではないですか。

物語は大枠では映画と一緒です。太古の昔地球を訪れた超生命体セレスティアルズは超人類エターナルズを遣わし、長大な歴史の中で魔族デヴィアンツと戦いながら人間たちを指導してゆきます。しかし現代になり、思いもよらぬ異変が起きてしまうのです。その中でエターナルズ同士の対立があり造反があるといった部分も一緒でしょう。

映画と違うのは登場する幾人かのエターナルズは記憶を失い、人間として生きているという部分です。つまり記憶を失ったヒーローが次第に自らの力に目覚めてゆく、という物語になっており、最初からスーパーパワー全開のヒーローたちが活躍するわけではありません。また、映画では単なるモンスターだったデヴィアンツは、コミックではヒューマノイド体形で最初から知性を持ち言葉を話し、エターナルズを陥れようと画策しています。

読みどころはやはり謎に包まれたセレスティアルズの最終目的であり、何者をも寄せ付けぬ余りに巨大すぎる体躯の威容でしょう。そのセレスティアルズが地球で目覚めるとき何が起こるのか?がこの物語の中心となり、それを巡ってエターナルズとデヴィアンツ、さらにマーベルヒーローとの戦いが繰り広げられるのです(例によってマーベルユニバースとのクロスオーバーの物語となっており、アイアンマンと名前のよく分からないマーベルヒーローが何人か出てきます)。

エターナルズとデヴィアンツは人類に対する天使と悪魔の役割を担っており、彼らを創造したセレスティアルズの目的は彼らを通し人類に対して最終的な「審判」を下すことにあるんです。こういった構成からこの物語がヒーロー物語を通して神話それ自体を再話したものだということが明らかになります。このような神話的で壮大な物語構成はニール・ゲイマンの自家薬籠中であり、実に彼らしい物語だといえるでしょう。

エターナルズ

エターナルズ

Amazon

 

10年以上も人間ドックに通ったオレが明かす『人間ドック10の秘密』!

f:id:globalhead:20211127143031j:plain

Photo by Doctor Mako on Unsplash

人間ドックに行ってきた

この間の土曜日は毎年恒例となっている人間ドックに行ってきた。最近ちょっと頭がおかしいので(前からか)今回はオプションで頭部MRIを追加しておいた。おかげで料金がエライことになってしまい(トータル料金で¥44500ですぜ旦那!)、この間有機ELテレビを買っちゃったことも併せ、ただでさえ少ないオレの貯金が瀕死の雄たけびを上げている状態である。まああと暫くしたらオレがアラブの富豪の隠し子だという事が判明するのでちょっとの我慢だ(現実逃避)。

さて今回は「10年以上も人間ドックに通ったオレが明かす『人間ドック10の秘密』」などというタイトルでお送りする本ブログであるが、困ったことにこのタイトルはハッタリである。『10の秘密』とかなんとか書くとはてなブログっぽいから書いただけであり(はてななんぞナメてナンボ)、実のところ内容は秘密でも何でもなく単なるオフザケであるのでまともに受け取ってはイケナイのである。

目次
1.病院着に着替える

さてこの日は朝8時に病院に到着、入ると既に結構な人がいて順番を待っていた。受付で問診票と検便を渡し料金を支払いロッカーで人間ドック用の病院着に着替える。この病院着というやつが薄黄緑色した超絶ダサい格好のものなのだが、このダサい格好をすることにより全てのヤル気を削ぎ「もうどうにでもしてください」心理的に全権委任してしまう効果があるのである。この病院着に着替えた途端人は子羊のように大人しくなりただ粛々と検査を受ける体勢に入るのだ。

f:id:globalhead:20211127155100j:plain

メェー
2.血液検査

注射針をぶっ刺され血液サンプルを何本も取られてしまう血液検査である。とはいえオレはあまり嫌いじゃなく、以前注射針から管を通ってアンプルに流れ出す自分の血をジットリと眺めていたら看護婦さんから「見ていて大丈夫なんですか?」と慄かれてしまった。相当珍しいヤツに見えたのらしい。ところでこの血液検査、血液成分によって様々な人体の状態を診るだけではなく、「物体X」かどうかを密かに診断しているのである。なので「物体X」の人は注意が必要だ。

f:id:globalhead:20211127152428g:plain

あ!こいつ物体Xだ!
3.身長・体重・視力・聴力・血圧・体組織検査

この辺りは検査される対象の基本的な人体構成を診る検査である。ただし一般的な人間、すなわちホモ・サピエンス限定であり、身長40メートル・体重35000トンのウルトラマンは残念ながら病院に計測機器が存在しないため、人間ドックを受けることはできない。また、視力と聴力があまりにスーパー過ぎるスーパーマンも受けても意味がない。体組織に関してはファンタスティック・フォーのザ・シングが計測しても「あなたは岩ですね」と言われるだけなのでやはり意味がない。

f:id:globalhead:20211127154159j:plain

ファンタスティック・フォーのザ・シング
4.網膜カメラ・眼圧検査

眼に光を当てたり風を当てたりする検査である。これは目をぱっちり開いたまま強い光や強い風圧にどれだけ耐えられるか!?という根性を判断する検査である。最強の根性を持った者には後で「目力チャンピオン」のベルトが授与されるらしい。もちろん全てデタラメであり、眼の状態や動脈硬化も診断できるのらしい。

5.頭部MRI検査

初体験の頭部MRI検査である。仕組みはわからないがなにやら超強力な磁力を照射して脳血管の状態を診るのらしい。しかし超強力な磁力を脳に当てて大丈夫なのか、とオレは思ったのである。レムのSF小説『インヴィンシブル(砂漠の惑星)』では異星の機械生命に超磁力を当てられ人間が痴呆になってしまうのだ。脳の電気信号がリセットされるのらしい。とはいえ実際そんなことがあるわけはなく、逆にピップエレキバンを使用したかの如くかえって健康になったりするかもしれない(論証無し)。

頭部MRIの検査時間は30分ほど。細長い寝台に寝かされ頭を固定され、さらに顔の上にドーム状の覆い被せられ、気分は鉄仮面の騎士である。MRIに金属は厳禁だが。その状態で頭からドーナツ型の機械に挿入されるのだが、なんかもうSFチックでゾクゾクモノであった。検査中は相当うるさい音がすると技師の方に言われ耳栓を貰ったのだが、実際響いてきたのは断続的に続きながら次第に変化してゆく強い電子音だった。ああこれは聴いたことがある、テクノの音だ!と思ったとたん次第に楽しくなり、響き渡る電子音に自分でリズムを付け曲作りをしていたオレであった。なんなんだオレは。

f:id:globalhead:20211127161021g:plain

MRIはテクノ・パーティーだった!?
6.腹部エコー検査

エコー検査である。お腹に「ヤッホー」と言ったらちゃんと「ヤッホー」と返ってくるか、そしてその「ヤッホー」の強弱、声の調子で臓器の状態を診る検査である。ごくまれに「ヨーレイホー」と返ってくることもあるらしいが、これはこれまで数例しか発見されていない希少な事例であり、学会に発表が必要である。もちろん全てクソつまらないデタラメであり、腹部に強い周波数の超音波を当てて様々な臓器の状態を診る検査である。

7.問診

胸やお腹や背中に聴診器を当てられナニカを診られる検査である。そして医者から「最近気になるところはありますか?」などと体調を聞かれたりする。ただしごくまれに「スペインの雨は……」と問いかけられることがあるのだが、この時「主に平地に降る」と答えられなければレジスタンス仲間ではないことが発覚し表に連れ出され処刑されるので要注意である。

8.レントゲン検査

当然寄生獣かどうかを発見するために行われる検査である。

f:id:globalhead:20211127162619j:plain

こいつは寄生獣です!
9.心電図検査

以下の動画は今回計ったオレの心音である。途中時計の音やレジの音や妖しい笑い声などの雑音が入っており、ちょっとヤバイんじゃないと思っている。どのくらいヤバイかというともはや『狂気』に近いくらいヤバイ。

10.バリウム検査

ゲップの出そうな発泡剤を飲まされ、その後水で溶いた粘土みたいなバリウムを飲まされ、その挙句グルグル回る台に寝せられて「あっち向け!」「こっち向け!」「赤巻紙黄巻紙って言ってみろ!」などとあれこれ注文を付けられるという、これを開発したのはナチのメンゲレなんじゃないかとさえ思わせるサディスティックな検査である。とはいえこの検査、実は宇宙飛行士の特性を見極めるための検査であり、高加速状態の宇宙船内や無重力の宇宙空間でゲロを吐かないかどうかがテストされているのである。ただしこれでパスしても宇宙飛行士になれるわけではなく、単に「宇宙空間でゲロを吐かない人」という認定がされるだけである。

f:id:globalhead:20211127170014j:plain

お父さんボクもう吐きそう!

さてバリウムを飲んだ後に問題となるのがバリウムうんち」である。面妖なる白いうんちが出てくるのである。かつてSF作家・星新一はこの白いバリウムうんちを大変珍しく思い、「黄色い絵の具を塗って棚の上にでも飾っておきたい」と語ったという逸話が残されている。

f:id:globalhead:20211127170616j:plain

「棚の上に飾っておきたい」
最後に

そんなこんなで人間ドックを終えたオレであるが、結果は4週間ほど先になるのらしい。ああ……なんか嫌な結果が出てないだろうな……それより先に病院から緊急連絡とかあったらどうしよう……などと戦々恐々としているオレである。なにしろオレは失われたアトランティス文明の守り人であり、オレに何かあったら「寝ずの番」の後任者を探さなければならないからなのである。

はるかなる朝 (MF文庫)

おまけ

検査後病院から出された昼食と病院から見下ろした街の風景。

f:id:globalhead:20211127181738j:plain

f:id:globalhead:20211127181746j:plain

4K有機ELテレビを買った

f:id:globalhead:20211123172522j:plain

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

発端はPS5の購入だった。購入してすぐ思ったのは「PS5なら4K画面のゲームできるんだよなあ、4Kのブルーレイも観られるんだよなあ」という事だった。しかしオレの家にある11年前に買った40インチ液晶テレビは2Kであり4K対応ではない。

ここで詳しくないなりに説明すると従来的なTVディスプレイは2K解像度=1920X1080画素でこれはフルハイビジョンと呼ばれていた。4Kと言っているのは4K解像度=3840X2160画素のTVディスプレイとなり、これは4K UHDTV(Ultra High Definition Television)と呼ばれる。単純に2Kの4倍の画素となり、つまりそれだけ細密なのである(※コメントで指摘があったので数字訂正した!ってかやっぱり数字に弱い!)。

しかしなあ、PS5でさえそれなりに出費があったのに4KTVかあ、まだまだ先だな、とは思っていたのだ。しかし思っているうちにボーナス時期が来たではないか。そこで悪魔が囁いたのである。「買おうよ」と。

とはいえ、オレは零細中小勤務の身でありそれほどいい給料を貰っているわけではない。貯金だってまあなんと言うかかんと言うかという額である。買うとしても今まで液晶40インチだったのを4Kの液晶50インチぐらいにすりゃあいいのかな、と思ったのだ。有機ELテレビという選択肢もあったが、確かに映像面にはそそるものがあったけれども、液晶の1.5~2倍ぐらいの値段がする。あの値段はオレの給料では正直無理だ。有機ELと液晶の性能比較は結構調べたが、映像面において有機ELのほうが絶対ベターなんだがなあ。

といったわけで最初は液晶55インチの線で行こうとしていたのだが、ふと部屋の大きさとTVラックの大きさを計ると55インチは大き過ぎ、48インチがやっと限界である。まあ48インチでも十分大きいが。しかしそこでふと思ったのだ。待てよ、48インチなら高額な有機ELテレビもお買い得品があるんじゃないのかと。で、調べるとあるじゃないか、液晶よりは高いが、手が出ないほどの値段ではない製品が。そして性能面などいろいろ比較してみると、ドルビーアトモス対応の製品が幾つかある。やはり映画を観るなら音響もしっかりしておいたほうがいいからな。

そして吟味した結果手に入りやすい値段でまあまあ性能もいい4K有機ELテレビをみつけ、購入の運びとなった。届いた製品は、話には聞いていたが本当に薄くって(有機ELディスプレイは厚さが5ミリ程度しかないのだ)、これを一人で設置するのは相当に気を使った。そして設定を終え、まずはゲームをやってみることにした。

するとまあこれが、笑っちゃうほど、というか本当に笑ってしまったのだが、メチャクチャ凄い画面だった!今までのはなんだったんだ、というぐらいに凄い!画面が大きいのは勿論だが、有機ELの特徴である黒色の深度が非常に深く、鮮やかさと相まってコントラストが高く奥行きを感じさせる迫真的な映像となっているのだ。オレはこの時「スゲエスゲエ!」と言いながらゲーム1本一気にクリアしてしまったほどだ!

音響面もやはり凄かった。購入した製品はフルレンジ4個、ツィーター2個の計6つのスピーカーが付いているのだが、これがもうディスプレイの上から下から左右から軒並み音響がほとばしり出るではないか。実は今までテレビにはサブウーファー付きのサウンドバーを使用していたのだが、これがお役御免となってしまう、という嬉しい誤算が付いてきたのだ。

4Kゲームの凄さは体験できたが、映画はどうかと思い、とりあえず4Kで観たい映画は……と考えてソフト購入したのが『ブレードランナー2049 4K』と『プロメテウス』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 4K』。『2049』はドルビーアトモスで、いやもうこれも映像も音もあんまり凄くて観ながらゲラゲラ笑ってしまった(笑う映画じゃないが)。『プロメテウス』は冒頭の大自然の映像が息を呑んじゃうぐらい美しくて、続く大宇宙のシーンは宇宙空間が黒々としていてやっぱり凄かったなあ。一方『ワンス・アポン~』は若干画面が暗く、これは調整の必要があるようだ。4Kブルーレイはこれからも揃えたいが、出費が大変なので吟味して購入しなきゃな。これから『デューン砂の惑星』や『エターナルズ』も4Kで自宅で観られるのかと思うとワクワク感が止まらない!

(しかし4Kで観たい、という映画が『ブレードランナー2049』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と『プロメテウス』と『デューン砂の惑星』と『エターナルズ』というのが実にオレらしい)

4Kでサブスクといえばアマプラにも幾つかあるが、ネトフリは高いほうのプランに変えなきゃいけないので、これはパスでいいな。ディズニープラスは契約していないのだが、4K対応作品があるらしいので今後契約の予定である。いやーディズニープラスでアレやコレや観てたら時間が幾つあっても足りないじゃないか。正直ブログなんか書いてる暇なんかないんだよ!オレに4K観させろよ!

4K4Kうるさくて本当に恐縮だが、やはり映像ってのは耽溺してナンボだよなあ、精緻で美しいほど没入感が高まるからなあ、そういえばオレの「4Kで観たい映画」って全部映像が素晴らしかった映画ばかりなんだよなあ。なんかそういう性向なんだと思うよオレは。

……とまあひとしきり盛り上がったオレなのだが、アァ、クレジットカードの請求見るのがコワイ……(計画的に買ってはいるが、心情的にね)。

府中市美術館に『動物の絵』展を観に行った

f:id:globalhead:20211123155622j:plain

先日は府中市美術館へ開館20周年記念展『動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり』を観に行きました。9月から開催されていたそうなんですが、自分はつい最近Twitterで知り、「これは行かねば!」と思ったのですが、終了が11月28日だったものですから慌てて行く羽目になりました。

とはいえ美術館の場所が府中……東京暮らしももう40年になりますが府中は行ったことがありません。調べると自分の自宅から70分余りと微妙な遠さ。しかも電車は京王線なんだそうですが、京王線自体今まで1回乗ったか乗らないか。多少不安でしたが動物の絵に会いたい一心でエイヤア!とばかりに出かけました(途中府中駅と間違って甲府駅降りてしまったことはナイショです)。

というわけでドタバタしながら府中市美術館に到着。近くには武蔵野公園もある長閑な住宅地に建っていました。

f:id:globalhead:20211123160927j:plain

エントランスには記念撮影用のホリゾントがあります。なんで写真切れちゃったんだろ。

f:id:globalhead:20211123161056j:plain

展覧会では日本画を中心にヨーロッパの動物絵画も幾つか展示されていました。日本画は掛け軸など古い作品が中心に近代絵画までが扱われますが、どれも実に味わい深い動物たちの絵が並べられていましたね。その中でも特に気に入ったのが長谷川潾二郎の「猫と毛糸」と「猫」。

f:id:globalhead:20211123161859j:plain

長谷川潾二郎 猫と毛糸

f:id:globalhead:20211123162005j:plain

長谷川潾二郎 猫

「猫ならなんでいいのか!」と言われそうですが、だって超絶的に可愛いらしかったんだもん!オレは街中で猫を見かけるとつい「ニャー」と話しかけてしまうんですが、この絵を観たときも小声で「ニャー」と話しかけちゃいました。

他にも可愛らしい動物画が沢山ありました。これは円山応挙の「藤花狗子図」。これ卑怯なぐらいにモッフモフじゃないっすか!?

f:id:globalhead:20211123163735j:plain

円山応挙 藤花狗子図

尾形光琳の「竹虎図」なんてもうファンジーグッズのキャラクターみたいな顔してるんですよ!?

f:id:globalhead:20211123162856j:plain

 尾形光琳 竹虎図

徳川家光の「木兎図」。なんかユーリ・ノルシュテインのアニメにこんなキャラ出てなかったか……。というか徳川家光って絵をたしなんでいた風雅な将軍だという事を初めて知りました。

f:id:globalhead:20211123163401j:plain

徳川家光 木兎図

ヨーロッパ絵画ではピカソシャガール、ルドンなど有名画家の展示があったのも嬉しかったです。ピカソの絵は目の隅に入った途端にハッとするほど清廉な印象でしたね。シャガール、ルドンの幻想味も好みです。

f:id:globalhead:20211124042520j:plain

ピカソ 子羊を連れたポール

f:id:globalhead:20211123164419j:plain

シャガール 翼のある馬

f:id:globalhead:20211123164436j:plain

ルドン ペガサスに乗るミューズ

ところで日本に比べて西洋では動物の絵が非常に少ないらしいんですね。これは動物を崇める事を禁じたキリスト教の教義、人間を描くことを第一とした芸術感、が背景としてあるからなのだそうです。それでも絵画に動物が登場するときは、それは動物をひとつの「象徴」として描いているということなんですね。例えばこのアルブレヒト・デューラーの『アダムとエヴァ』では、猫は「残忍」を、兎は「多淫」を、鹿は「陰気」を、牡牛は「鈍重」を表しています。これらの「象徴」を通し、楽園を追放されたアダムとエヴァの前途多難さを表しているという事なんですね。

f:id:globalhead:20211123165026j:plain

アルブレヒト・デューラー アダムとエヴァ

さてたっぷりと動物画を堪能し、美術館を出た後は武蔵野公園をぶらぶらしながら帰りました。秋深まり公園はすっかり紅葉となり、もう冬も間近ですが爽やかな空気で一杯でしたね。

f:id:globalhead:20211123170402j:plain

逆光で噴水を撮ったら木が黒潰れになり、なんだか夜のような昼のような不思議な写真になりました。マグリットにこんな雰囲気の絵がありましたね。

f:id:globalhead:20211123170706j:plain

黒く、熱く、暗い、インドの超絶バイオレンス・ムービー『囚人ディリ』!

囚人ディリ (監督:ローケーシュ・カナガラージ 2019年インド映画)

f:id:globalhead:20211121172126j:plain

最近日増しに気温も下がり、すっかり冬っぽくなってきたこの日本に、ホットな国インドから地獄の炎の如く暗く熱い超絶バイオレンス・ムービーがやってきたのである。タイトルは『囚人ディリ』、インドはインドでも南インドタミル語の映画なのだ。華やかな歌や踊りも無く、ただただ黒々とした闇の中を、黒々とした男たちが黒々とした憤怒と激情に塗れ、血管ブチ切れ気味に闘争を繰り広げる映画、それが『囚人ディリ』なのだ。

物語の発端は警察の特殊部隊が犯罪組織から大量のドラッグを押収する部分から始まる。報復に打って出た犯罪組織はまず郊外のゲストハウスに集まる警官たちに毒を盛る。昏睡した警官たちを助けるには80キロ先の市街地にある病院まで搬送しなければならない。そこで白羽の矢が立ったのが拘留中の謎の男ディリ。しかしディリの運転するトラックに犯罪組織の刺客どもが次々に襲い掛かり行く手を阻む!

一方、市街地に建つ警察本部。ここにも犯罪組織の魔の手が迫っていた。警察本部にいたのは数名の大学生と赴任したばかりの田舎警官ただ一人。警察本部に籠城する彼らに血に飢えた暴漢どもが雲霞の如く群がり始めた!果たして彼らに生き延びる術はあるのか!?

物語はこのように二つの場所を舞台とし、それぞれに緊張感みなぎる攻防戦が火を噴き、肉唸り骨軋む壮絶な暴力の嵐が巻き起こるのだ。映画はこれをたった一夜の出来事としてノンストップで描いてゆく。

作品を言い表すのに映画評論家・江戸木純氏のこのツイートが最も的確だろう。的確過ぎてオレにこれ以上のことが言えないぐらいだ。

19日(金)公開の『囚人ディリ』は、『要塞警察』+『マッドマックス2』&『恐怖の報酬』な面白さ。つまり『リオ・ブラボー』と『駅馬車』というアクションの古典的名作のエッセンスを現代タミル語映画に蘇らせたインド映画ファンだけでなく全アクション・ファン必見の傑作。パンフに書きました。 pic.twitter.com/sGnUjYq84w

江戸木純(JUN EDOKI) (@EdokiJun) November 15, 2021

ジョン・カーペンター監督作『要塞警察』の如き警察署籠城のサスペンス、ジョージ・ミラー監督作『マッドマックス2』の如き狂気の暴走集団との追撃戦、ウィリアム・フリードキン監督作『恐怖の報酬』の如き命懸けの輸送ミッション。これらが混然となったアクションの合間に、謎の男ディリの秘められた過去、苦痛に満ちた現在が語られる。そしてひとたび戦いともなれば、あたかも鬼神が取り憑いたかの如きディリのウルトラ・バイオレンスが炸裂するのだ。その血腥さ、暗く燃える情念のさまはどこまでも凄惨を極め、怒り心頭に達したディリが疾風迅雷となって敵を次々と屠ってゆくアクションには劇場で思わず拍手喝采したくなったほどだ。

物語テンポ的には序盤がどうにももったりしており、また警察の腐敗体質やぞんざいな勤務態度、粗野な登場人物やどこの田舎だと思わせるインフラの粗雑さなど、大都会を舞台にした欧米アクションと比べると戸惑ってしまうシーンも多々ありはする。また、ディリの人生を巡るエピソードの在り方は過剰に感傷的に感じてしまう。しかしこのスマートさ皆無の泥臭さが逆に、暴力の生々しい恐怖と暴漢どもの底知れぬ非情さ、そして主人公ディリの噴火山の如き激情を観る者に叩き付ける。黒く、熱く、暗い、漆黒の闇の中で燻る溶岩の如き物語、それがこの『囚人ディリ』なのだ。