最近聴いたエレクトロニック・ミュージック

f:id:globalhead:20210111161924j:plain

Kelly Lee Owens 

■古風 / 冥丁

古風

古風

  • アーティスト:冥丁
  • 発売日: 2020/09/27
  • メディア: CD
 

最近注目しているエレクトロニック・ミュージックは広島在住のアーテイスト冥丁(メイテイ)による3rdアルバム『古風』。日本の古い文化をモチーフに、和楽器や民謡の断片、映像音声をサンプリングし、それにピアノのメロディを乗せることで、ノスタルジックなジャポネスク世界を表出させている作品だ。それは単に”和風”を気取ったものではなく、むしろそういった”和風”を解体した後で再構築した、コンテンポラリーな味わいのエレクトロニック・ミュージックとして完成しているのだ。だがそうしたアブストラクトなコラージュと化した音の中から、それでも聴こえてくる”日本の音”にたおやかな情緒を感じ、存在しないいにしえの日本を幻視してしまう。非常にコンセプチュアルでありながら、高い独創性も併せ持つ優れた作品として完成している。CDを購入したのだが、紙製のジャケットやブックレットの意匠がまた凝っており、こういった部分にも周到なセンスが伺われる。今回のベスト・アルバム

■Decision Time / Charles Webster

Decision Time

Decision Time

  • 発売日: 2020/11/20
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

UKの古参ハウス・プロデューサー、Charles Websterによる19年振りともなる新作アルバム。曲はハウスのみにとどまらずダウンテンポアンビエント・テイストのものなど変幻自在の豊かさに満ち、1曲1曲に深い味わいのあるメロディとヴォーカルが聴ける非常に完成度の高いリスニング・アルバムとして完成している。お勧め。 

■Inner Song / Kelly Lee Owens  

Inner Song

Inner Song

  • アーティスト:Kelly Lee Owens
  • 発売日: 2020/08/28
  • メディア: CD
 

看護士からミュージシャンに転職したというユニークなキャリアを持つ英ウェールズ出身のプロデューサー/シンガー、Kelly Lee Owensの2ndアルバム。柔らかな感触のミニマル・テクノとドリームポップが融合したサウンドに囁くようなヴォーカルがかぶさる非常にキュートな1枚。

■Maybe We Could / Kllo

Maybe We Could (日本独自CD化/解説・歌詞・対訳付き) [ARTPL-125]

Maybe We Could (日本独自CD化/解説・歌詞・対訳付き) [ARTPL-125]

  • アーティスト:Kllo
  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: CD
 

オーストラリア・メルボルンのエレクトロ・デュオKlloによる2ndアルバム。バラエティに富んだ楽曲と親しみやすいメロディ、陰影のある女性ヴォーカルが聴かせるポップな1枚。

■Suddenly / Caribou

Suddenly (解説・歌詞・対訳付き / 紙ジャケット仕様) [ARTPL-128]

Suddenly (解説・歌詞・対訳付き / 紙ジャケット仕様) [ARTPL-128]

  • アーティスト:Caribou
  • 発売日: 2020/02/28
  • メディア: CD
 

Calibouのアーティスト名で知られるカナダ人プロデューサー、Dan Snaitによる6年振りのアルバム。メリハリのあるエレクトロニック・サウンドにメロウなヴォーカルがかぶさり豊かな情緒性を感じさせる作品。

■Fading / Pole

Fading [帯解説付 / 国内仕様輸入盤CD] (TRCI-68)

Fading [帯解説付 / 国内仕様輸入盤CD] (TRCI-68)

  • アーティスト:Pole,ポール
  • 発売日: 2020/11/06
  • メディア: CD
 

ミニマル・ダブのベテラン・プロデューサーPoleの5年振りとなるアルバム。アンビエントなダブ・サウンドにジャズやミニマルのテイストが加わった作品。

■Sweet Company / Jabu

Sweet Company

Sweet Company

  • アーティスト:Jabu
  • 発売日: 2021/01/22
  • メディア: CD
 

ブリストルを拠点に活動するダウンテンポ/トリップ・ホップ・トリオJabuの2ndアルバム。メランコリックなメロディの中に夢見る様な淡いヴォーカルが現れては消えてゆくサウンド。 

最近読んだコミック

西遊妖猿伝 西域篇 火焔山の章(2) / 諸星 大二郎

諸星大二郎のライフワーク的作品『西遊妖猿伝』の「西域篇」が「火焔山の章」として新たに判を変え、その第2巻が異例のスピードで刊行である(まあちょっと薄くなったしなあ)。しかも3巻は今年秋発売予定とか宣伝打ってるじゃないか。嬉しいけど大丈夫か講談社。諸星先生を座敷牢に幽閉して執筆以外のことをさせずに新刊出してるんじゃないのか。というか、そうでもしなけりゃ絶対完結しそうにない作品だしな。だいたい執筆開始が1984年で、もうじき40周年ってどういう漫画なんだ。まあ1976年から執筆されて未だ未完だという『ガラスの仮面』には負けるけどな、いや、勝ち負けじゃないだろ!?そういや久々に『西遊妖猿伝』の第1巻を読んだけど、メチャクチャ黒々とした絵と怨念に満ち溢れた鬼哭啾啾たる物語で、うわ最初はこんな作品だったか、と改めて思い出した。最近の枯れた画質と展開も好きだけどね。どちらにしても物凄く引き込まれる物語だもの。 

DEATH NOTE短編集 /小畑 健、大場 つぐみ

いや、やっぱり『デスノート』は日本の漫画史に残っちゃうようなエポックメイキングな漫画だったと思うよ。連載当時はオレですらハマったもの。オレの部屋にある数少ないジャンプコミックの一つだしな(他は諸星の初期単行本)。いわゆるミステリードラマとしてダントツに面白かったし、これ書いたヤツ頭イイな、と普通に頭悪い感想持ったもんな。あとジャンプコミックにしては緻密を極めたグラフィックがとてもいい。その短編集となるのが今作なんだが、落ち穂拾い的なものであるにせよ、ファンなら買いってことでOKじゃない? 

ダンジョン飯(10) / 九井 諒子

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

 

ダンジョン飯』もいよいよ佳境となるが、それにしても1巻目が出たときにこれほどきっちりした世界観とある種心を抉る様な展開の物語になるとは思っていなかったな。そもそも作者の九井諒子がファンタジーに対して圧倒的な造詣を持ちそれを100%活かしながら作者のほんわかしたテイストでまとめてある部分で面白い作品なんだが、話が進むにつれほんわかの陰に結構残酷な設定や展開が侵入してきて、なおさら侮れない漫画家だという気がしてきた。この10巻では遂にラスボスたる狂乱の魔術師と対峙することになる一行だが、この狂乱の魔術師自体究極の絶対悪というのものではなく脛に傷持つ悲しい存在であることが描かれなかなかに一筋縄にはいかないんだ。これまだまだ続くんじゃないかな?

ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル / 九井 諒子

とまあそんなわけで勢いで『ダンジョン飯』の設定資料集買っちゃったんだが、これが単なるファンブックに留まらない恐るべき充実ぶりで、想像以上に素晴らしい内容だった。確かに『ダンジョン飯』ガイドブックではあるが、その緻密な設定の在り方は本編の漫画知らなくても、これだけで一つのファンタジー本ということで楽しめちゃうんじゃないのか?と思わせるほどだ。単行本と同じ判型でカラーページが多いので若干価格が高いのだが、本来この内容なら大型サイズの美麗本として発売されてもおかしくないような内容じゃないか。というか、これは大型本で読みたかったとすら思えたぞ。なにより、それぞれの主要キャラの立ち姿や登場モンスターがカラーで味わえる。絵は丁寧だし十分オリジナリティを感じる。これは大きな判型で堪能したかったぞ。どちらにしても非常に優れた設定集だ。ファンなら迷わず買いだ。

■女子高生VS (1) (2) / 氷川へきる

女子高生VS(1) (電撃コミックスNEXT)

女子高生VS(1) (電撃コミックスNEXT)

 
女子高生VS(2) (電撃コミックスNEXT)

女子高生VS(2) (電撃コミックスNEXT)

 

 女子高生にもアイドルにも興味はないし(一応アイドル漫画ということになっている)、作者の氷川へきるという方も存じ上げていなかったが、Twitterでフォローしている「奇書が読みたいアライさん(@SF70687131)」さんが取り上げていたのに興味を抱いたのである。だってアナタ、可愛らしい女子高生に交じって殺人イルカとか出てるんだぜ(しかも相当雑な描線)?で、読んでみるとこれが只者ではない漫画であった。一応女子高生アイドルが主人公の4コマなんだが、なんというか、お話が、壊れている。アイドルものなのにひたすら壊れた方向に爆走している。さっきの殺人イルカ(なぜかこいつもアイドル)のみならず、ロボットだの宇宙人だのゾンビだの人喰い怪生物だの訳の分からない魔人教団が登場し、さらに時々単なる穴埋めとしか思えないどうでもいい4コマが挿入され、作話はどこまでも破綻し、作者の「女子高生もアイドルも編集がやれって言うからやっただけで本当はメチャクチャなものを適当に描いてグハハとか笑いたいだけなんだあああ」という意欲というかヤル気の無さというか狂った方向性が咲き乱れているのである。ふざけた絵やギャグの雰囲気としては平野耕太が暴走した時のギャグ展開と非常に似ている。というかこれ平野が描いたんじゃね?とたまに思わされる。しかしこの作品、女子高生とアイドルの好きな読者には理解の埒外だろうし狂った漫画の好きな人には見た目で引っ掛からないという不幸な側面もある。とはいえなにしろ崩壊感覚に満ち溢れた楽しい作品であった。

あれこれ買い揃えた。

家電絡みの細かいものをあれこれ購入してしまい出費がかさんだのであった。ここで何をあれこれ買ったのかを記録しておきたい。

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー 

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー

Bose Companion 2 Series III multimedia speaker system PCスピーカー

  • 発売日: 2013/06/12
  • メディア: エレクトロニクス
 

永らく使っていたパソコンのスピーカーがお逝きになってしまい、急遽代わりのスピーカーを購入したのである。オレはパソコン作業している時(つまりブログ書いてるときな!)は延々音楽を鳴らしているので、スピーカーが無いとお話にならないのである。実のところこういった「音モノ」はきちんと試聴して購入すべきなのだが、なにしろデブ症、じゃなくて出不精の人間なので店舗まで行ってああだこうだすること自体イヤで、値段とネームバリューと評判をざっと調べ、まあまあ安物ではなく多分音も悪くないであろうスピーカーということでこのBOSEのヤツを購入した。今使っているが音の分離が良くなかなか優れた製品だ。ちょっと低音が強めにも感じるが、こういうのは慣れだよ慣れ!

■Fire TV Stick - Alexa対応音声認識リモコン付属 | ストリーミングメディアプレーヤー

今までサブスク関係はPS4経由で観ていたのだが、最近何かと話題のDisney+はPS4非対応なのである。 ううむ。観たいぞDisney+。ディズニーアニメには興味は無いが、マンダロリアンとかワンダヴィジョンとかなにやら面白そうではないか。ではどうしたらいいかというと、いろいろ方法はあるがAmazon製品Fire TV StickをTVに繋ぐという手があるのらしい。4K対応の製品もあるがそもそもTV自体4KじゃないのでHD画像のこちらの製品にしてみた。実際繋いでみると、今度はわざわざPS4を立ち上げなくていいばかりか、これまでPS4のコントローラーで操作していたものをリモコン操作でできるようになり、これはこれで便利になったではないか。というわけなのだが、まだDisney+には入会していない。これでもういつでも入会できるからOKだと思えてしまうと、じゃあ今すぐじゃなくてもいいじゃん、と妙に安心してしまったのである。

■Mayflash XBOX ONE メディア リモコン

オレは実はブルーレイ/DVDプレイヤーを持っておらず、これらディスクを再生する時はいつもPS4を使っていたのである。ところが最近、このPS4のディスク読み込みにどうも不具合が出てきて難儀していたのだ。特にブルーレイを読み込まなくなった。ではどうしたかというと、オレはXboxOneというゲーム機をもう一台持っているので、そちらで観ることにしたのだ。しかしXboxOneのコントローラーは、放置しておくと勝手に電源が切れる仕様になっているので、ディスク視聴に使用するのにはちょっと難点があった。途中でポーズとか巻き戻しとかしたい時に面倒なのだ。というわけでこのXboxOneリモコンを購入してみたのだが、純正品でない分安かったが、反面、赤外線の照射範囲が狭くてきっちり本体に向けて操作しなければ言う事を聞かない。しかしまあ値段なりと思えば許容範囲であるし、今までより便利になった分買ってよかった。ところで、PS4とXboxOneでは映像ディスクを再生した際、XboxOneのほうが色彩がヴィヴィッドでオレはこっちのほうがお気に入りなんだよな。それと、PS4の不具合もあることだし、早くPS5が欲しいぞオレは。いったいいつ買えるのかなPS5。

そんな日々だったッ!?

それは和風助六だったッ!?

「和風助六」というのがスーパーに置いてあったのである。置いたあっただけではなく買って食したが。オレは実は助六寿司が好物なのだ。しかし「和風」ってドユコトなのだ。

……などと言いつつネットを検索したら「洋風助六」が存在するらしいではないか。

なるほど、洋風具材の助六寿司……。例えばコンソメベースのスープに生ハムとアスパラガスが乗ったラーメンがあったらそれは「洋風ラーメン」というが如きものであろうか。ではターメリックライスにタンドリーチキンと玉ねぎのアチャールが具材として用いられれば「インド風助六」となるのだろうか。いや今思い付きで書いたのだがこれちょっとイケそうだな。

ちなみに「助六」の語源は歌舞伎の演目からなのだそうな。

それは「一応に永遠と味あわせざる負えないふいんきうる覚えなシュミレーション」だったッ!?

例によってTwitterをダラダラと眺めていたら「語句誤用例」として次のようなツイートがあったのである(元ツイートは現在見られない)。

「いやー”永遠と”とか”ふいんき”とか使うって有り得ませんよねー」と思いつつ読んでいたのだが、「味あわせる」……いやこれひょっとして使っちゃってるかもしれない。気になったオレは自分のブログで語句を検索にかけ、使用例があったか確認してみたのである。なにしろ17年もブログやって膨大な文章を書いているので一つや二つあるに違ない。

その結果以下のようなものであった。

・延々と→永遠と(0件)

・一様に→一応に(0件)

・うろ覚え→うる覚え(0件)

・ふんいき→ふいんき (わざと誤用しているのが1件)

・シミュレーション→シュミレーション(4件+誤用が発覚した例として1件)

・せざるを得ない→せざる負えない(0件)

・味わわせる→味あわせる(1件)

「味あわせる」は1件 だったが「シュミレーション」が4件もあったとは……。何年もやってるクセにつくづく修行の足りない粗忽ブロガーであるな、と思ったオレであった。ちなみに誤用の発覚したブログ文章はメンド臭いので直してない(横着)。

それは「古典ロック100選」だったッ!?

そういやワッシュさんのブログ記事で次のようなものを知ったのである。

20世紀までに出たロックアルバムのうち聴くべき100枚を網羅したものらしい。こういった個人ベストは編者の好みが出てどうしても偏らざるを得ず、だからそのセレクションは話半分で受け取って面白がった方がいいだろう。それよりも100枚のアルバムを厳選し並べるのは相当な労力と時間が掛かったであろうな、とチンピラブロガーの端くれとしてはそちらに敬意を表したい。

とはいえ、やはり個人的に、「100枚選ぶならコレを入れろ!いや、ちょっと入れてもらえたら嬉しいです!」というのはあって、いらぬ口出しとは思いつつここに「100枚の中に無かったアルバム」を幾つか挙げておきたい。というか挙げさせて!

ストランデッド(紙ジャケット仕様)

ストランデッド(紙ジャケット仕様)

 
アナザー・グリーン・ワールド(紙ジャケット仕様)
 
Trans-Europe Express

Trans-Europe Express

  • アーティスト:Kraftwerk
  • 発売日: 2003/02/11
  • メディア: CD
 
INTROSPECTIVE:FURTHER

INTROSPECTIVE:FURTHER

  • アーティスト:PET SHOP BOYS
  • 発売日: 2018/03/02
  • メディア: CD
 
フォックストロット

フォックストロット

  • アーティスト:ジェネシス
  • 発売日: 2018/06/20
  • メディア: CD
 
Q: Are We Not Men? We Are Devo

Q: Are We Not Men? We Are Devo

  • アーティスト:Devo
  • 発売日: 1990/10/25
  • メディア: CD
 
イマジネイション通信 +2 (紙ジャケット仕様)

イマジネイション通信 +2 (紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:原マスミ
  • 発売日: 2007/05/23
  • メディア: CD
 
FLOWER

FLOWER

  • アーティスト:MUTE BEAT
  • 発売日: 1994/05/20
  • メディア: CD
 
A Message to You Rudy (2002 Remaster)

A Message to You Rudy (2002 Remaster)

  • 発売日: 2016/08/16
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
The Pleasure Principle [輸入盤CD] (BBL10CD)

The Pleasure Principle [輸入盤CD] (BBL10CD)

 
North Marine Drive(+5) (紙ジャケ仕様/SHM-CD)

North Marine Drive(+5) (紙ジャケ仕様/SHM-CD)

  • アーティスト:Ben Watt
  • 発売日: 2017/11/22
  • メディア: CD
 
Blue Lines

Blue Lines

  • アーティスト:Massive Attack
  • 発売日: 2016/01/15
  • メディア: CD
 

......なんだ、結局自己ベストじゃないか!? しかしこの調子で好きなアルバム選んでたら100枚ぐらいあっという間に出そうだな。やらないけど。

ちなみにワッシュさんの元記事はこちらである。ワッシュさんが言うに「メタラー版」という事なのらしい。

 

それは謎のSFだったッ!?/『中国・アメリカ 謎SF』

中国・アメリカ 謎SF /柴田 元幸 (編集, 翻訳), 小島 敬太 (編集, 翻訳) 

中国・アメリカ 謎SF

謎マシン、謎世界コンタクト、謎の眠り―。朗読劇『銀河鉄道の夜』で10年にわたって共演し、文学的感性が共鳴しあう柴田元幸と小島敬太が贈る魅惑の〈謎SF〉アンソロジー。 中国・広州に活動拠点を移した小島は、SFブームに沸く中国に滞在中に買いあさり読みあさってきた中から、柴田はアメリカの現代文学最前線をさらに掘り進め、選りすぐりの面白いSF作品を披露しあう。 知性が閃き、弾けるユーモア、謎めいた想像力が漂い出る、本邦初の書籍化・全7作品の共演! 現実世界では、政治的には手を繫ぐ関係ではない中国とアメリカだが、〈謎SF〉のもとでは呼応しあうと同時に、明確な違いも見えてくる。 現代中国とアメリカの作家たちが描く未来像から、逆に照らし出される21世紀とは。 巻末に柴田と小島の対談を付す。

 『中国・アメリカ 謎SF』である。タイトルから想像するに、中国とアメリカの謎のSFを収録したアンソロジーらしい(ってそのまんまやないか)。謎SF。それはいったいなんなのであろうか。謎SFの謎を解明するため、我々はボルネオの秘境へと旅立ったのである(旅立たない)。

それにしても「謎SF」。これはもうタイトルの勝利としか言いようがない。SFであるというだけで既に奇々怪々なのものであろうことは明々白々であろうに、さらにそれに「謎」と念押しするのである。面妖である。珍妙である。これはもう読んで確かめる以外に術はないではないか。

さて冗談はさておき、編者による「まえがき」によると、持ち寄った作品に何が共通しているのか?を考えた時に「何らかの大きな謎に触れようとしている作品、着想・設定・着地点などがどこか謎めいている作品」であることから「謎SF」というタイトルに落ち着いたのらしい。しかもそれらの作品の作者は、日本でほぼ未紹介の作家だというではないか。これは確かに面白そうだ。

しかも編者の一人である柴田元幸氏はこれまで『どこにもない国―現代アメリカ幻想小説集』『夜の姉妹団』『いずれは死ぬ身』といった素晴らしいアンソロジーを組まれた「カリスマ翻訳家」と異名を持つ方であり(どれも読み応えたっぷりです)期待は大いに高まる。

まず冒頭、中国作家ShakeSpace(遥控)「マーおばさん」からして奇妙な作品である。コンピューターのチューリングテストを引き受けた男が知ったある真実を描くが、この「真実」の内容が既に「!?!?」なのである。いや、こんなSF読んだことないわ。ここからもうこのアンソロジーに引き込まれる。

続いてインド系アメリカ人作家ヴァンダナ・シン「曖昧機械―試験問題」。これもなんとも形容し難いお話で、時間と空間、存在と非存在の狭間を描いたとでも言えばいいのだろうか。ある意味ボルヘス的な迷宮世界を表出させていると言ってもいいかもしれない。謎だ、これはとても謎な話だ。

「焼肉プラネット」梁清散。来た。遂に来た。謎の謎たる所以の謎SFが。この『焼肉プラネット』、謎の惑星に不時着した宇宙船から出てきた男が見たものは、地表を埋め尽くす「生きた焼肉」だったッ!?というトンデモないお話なのだ!いやそれにしたって「生きた焼肉」って。分からない。もう分からない。全ては謎だ、謎なんだ!

「深海巨大症」ブリジェット・チャオ・クラーキン。これは「シー・マンク」なる謎の海棲生物を探す為に潜水艦で海に潜った男女の、その心の行き違いというか痴話喧嘩の行方を描いたものなのだが、徹底的な閉塞感と冷めた諦観の描き方、それに呼応する形の謎生物、といったテーマがスリップストリーム文学*1していて、要するに大いに謎めいているのだ。

「改良人類」王諾諾コールドスリープにより600年後の未来に目覚めた男が見たのは完璧な「素晴らしき新世界」だったが……という物語。遺伝子デザインされた人類の未来を描くこの作品は映画『ガタカ』のさらにその先を見ていると言っていいだろう。そこには社会的閉塞感とアナーキズムとの狭間が垣間見える。

「降下物」マデリン・キアリンはタイムマシンにより500年後の未来に行った女性が見る事になる核戦争後の世界を描く。世界は終わっている、というより、ずっと終わっていたし、これからも終わり続ける、といった希望の無さと、「深海巨大症」と同様の淡々とした諦観に包まれた物語で、これもスリップストリームの味わいがある。

そしてラスト「猫が夜中に集まる理由」王諾諾。「猫は何故夜集会を開くのか」という大いなる謎に「シュレデンガーの猫」が関わってくるという奇想に満ちた話で、ラストに相応しいキュートな作品となっている。「改良人類」と同じ王諾諾の作品だが、なぜこのアンソロジーに同作者の2つの作品が収録されたか納得の出来栄え、というか王諾諾の作品集を読みたくなってくること確実の珠玉作。だから、次に王諾諾作品集を出しなさい白水社さん。 

全体に共通しているのは、現代中国とアメリカの、若い作家たちによる、それぞれに時代感覚に満ち溢れた作品ばかりであるといった点であろう。SF的なテクノロジーを扱いながらもそれらからどこか一歩引いた態度であり、閉塞感と諦観が同時に存在しつつ、それが今まさに「リアル」である世界でどう希望を捨てずに生きていくのかが模索されているのがこれら作品ではないか(「焼肉プラネット」は知らんけど)。なにしろどれも非常に新鮮であり、アンソロジーとしても大成功だと思う。 

中国・アメリカ 謎SF

中国・アメリカ 謎SF

  • 発売日: 2021/01/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

*1:SFやファンタジーなどの非主流文学や、主流(メインストリーム)文学(純文学)といった型にはまったジャンルの境界を越えた、一種の幻想文学もしくは非現実的な文学のことである。伴流文学、変流文学、境界解体文学とも言われる