最近読んだSF:『時間の王』『ダリア・ミッチェル博士の発見と異変 世界から数十億人が消えた日』

時間の王 / 宝樹 (著)、稲村 文吾 (訳)、阿井 幸作 (訳)

俺は時間の王だ――自分の人生のあらゆる時間を自由に通り抜けられる。些細な事故に遭ったせいで思い出した瞬間に戻ることができる能力を手に入れた主人公は、子供のころに会った少女の命を救おうとするのだが……。中国SFの新星による7篇を収録した傑作集

中国SF作家・宝樹による時間SF短編集。ちなみに彼は『三体』の二次創作が人気を博し劉慈欣に認められ、さらにケン・リュウにより英語翻訳までされたという人。時間SFというとまずタイムトラベル物を思い浮かべるが、三国志を扱ったコミカルな作品『三国献麺記』、タイムトラベルの中ですれ違う男女を描く『成都往事』がそれに当たるだろう。しかしこの短編集ではそれのみに止まらず、『穴居するものたち』 『暗黒へ』では「果てしなき時間の流れ」そのものをテーマにする。またタイトル作『時間の王』などは「時間と意識」の物語であり、時間SFへの新たなアプローチだと感じた。ドタバタロマンス作『九百九十九本のばら』などは時間SFの構造を逆手に取ったある意味「非SF作」とも取れる作品。ショートショート『最初のタイムトラベラー』も目の付け所が上手い。総じて、時間SFとしてありふれたモチーフを用いながらも、中国作家らしい深い歴史感覚とアジア的なエモーショナルさで新鮮な味わいをもたらす作品が並ぶことになった。やはり中国SFはいい。

ダリア・ミッチェル博士の発見と異変 世界から数十億人が消えた日 / キース・トーマス(著)、佐田千織(訳)

ダリア・ミッチェル博士によって発見された謎のパルスコードは、高度な知性を持つ銀河系外の生命体が送信したものだった。 それは地球人のDNAをハッキングするコードであり、その結果、世界から数十億人が消失した。 パルスコードとは、いったいなんだったのか。 そして、消えたひとびとはどこへ行ったのか。 パルスコードの発見から5年。ジャーナリストのキース・トーマスが世界を変えた出来事の意味を明らかにする。 ミッチェル博士の私的な記録とアメリカ前大統領へのインタビューをはじめ、世界を変える現象に立ち向かった対策チームの機密記録、関係者へのインタビューをまとめた一冊が遂に刊行。

宇宙のどこかから送られてきた謎のパルスコードによって多くの人類が変異を起こし、世界が壊滅に瀕してしまう、というSF作品である。ファースト・コンタクト・テーマであり、異星人による地球侵略テーマであり、人類滅亡テーマのSFであるという事ができるが、実のところこのパルスコードの本来の目的は杳として判明しないのである。パルスコードにより人類は危機的な状況に至るけれども、それはたまたまそうなっただけで、異星人の目的は侵略ではなかったのかもしれない、そういった不可解さと謎めいた雰囲気が常に全体を覆う。そういった部分ではレム的な「異種知性体との不可能なコンタクト」を描いたものということもできる。物語はこれらを「ミッシェル博士の記録」といった形のドキュメント・タッチで綴ってゆく。こういった構成のため「上昇」と呼ばれる人類の災禍が具体的にどのようなものなのか中盤まで明かされず、読んでいて若干じれったく思えた。またドキュメント・タッチの構成はドラマ性を希薄にし物語的醍醐味に欠ける部分がある。そしてようやくこの災禍の真相が明かされるクライマックスは、これって超有名なSF古典の「アレ」じゃん?とちょっと思えてしまった。悪くはないんだがドキュメント構成の独特さだけで引っ張ってしまった部分があるかな。

最近読んだSFやらなにやら:『ネットワーク・エフェクト マーダーボット・ダイアリー』『破滅の王』

ネットワーク・エフェクト マーダーボット・ダイアリー / マーサ・ウェルズ (著)、中原 尚哉 (訳)

かつて大量殺人を犯したとされたが、その記憶を消されていた人型警備ユニットの“弊機”。紆余曲折のすえプリザベーション連合に落ち着くことになった弊機は、恩人であるメンサー博士の娘アメナらの護衛として惑星調査任務におもむくが、その帰路で絶体絶命の窮地におちいる。はたして弊機は人間たちを守り抜き、大好きな連続ドラマ鑑賞への耽溺にもどれるのか? 

ヒューゴー賞ネビュラ賞ローカス賞・日本翻訳大賞受賞&2年連続ヒューゴー賞ローカス賞受賞と、そうそうたる受賞歴を持つ『マーダーボット・ダイアリー』の続編(拙ブログの感想文はこちら)。舞台は人類が銀河を経巡る未来、主人公となる警備アンドロイド“弊機”は自己ハッキングしてこっそり自由行動を可能にしている。この“弊機”、TVドラマ好きの引きこもりでおまけにツンデレ、人嫌いの振りをしながらいざ人間たちの危機ともなれば、凄まじい戦闘能力と高度なハッキング技術を駆使して彼らを救うのだ。この“弊機”が醸し出すユーモア感覚と迫真のアクションとが作品の要となる。さて前作は中編4部構成の物語だったが、今作は長編作品となっている。全体的なテイストは相変わらずで、物語的には前作を踏襲し、悪賢い「企業」の暗躍と「エイリアン・テクノロジー」とが事件の中心となる。逆にSFアイディアは特に突出したものではなく、むしろストラテジー的なSF戦闘アクションに特化していると言っていいだろう。この調子でさらに続編が作られそうだ。

破滅の王 /上田早夕里

一九四三年、上海。「魔都」と呼ばれるほど繁栄を誇ったこの地も日本軍に占領され、かつての輝きを失っていた。上海自然科学研究所で細菌学科の研究員として働く宮本は、日本総領事館からある重要機密文書の精査を依頼される。驚くべきことにその内容は、「キング」と暗号名で呼ばれる治療法皆無の細菌兵器の論文であり、しかも前後が失われた不完全なものだった。宮本は、陸軍武官補佐官の灰塚少佐の下で治療薬の製造を任されるものの、即ちそれは、自らの手で究極の細菌兵器を完成させるということを意味していた―。

このコロナ禍でウイルス絡みの終末SFが注目されたが、この作品では太平洋戦争のさなかに日本軍によって作られた破滅的な細菌兵器が描かれる。舞台となるのは上海租界、ここで細菌学科研究員が軍から猛毒の細菌兵器に関する論文を査読するよう命令されることから物語は始まる。太平洋戦争で日本軍で細菌兵器ともなれば石井四郎と731部隊だが、物語の背後で暗躍する様が描かれはするものの中心的な役割ではない。むしろ描かれるのは厳しい軍監視下にある主人公が、細菌兵器を隠滅すべく薄氷を渡るが如き綱渡りをしてゆくサスペンスだ。物語は史実を交えながら綿密に構成され、死を賭して行動する主人公と冷徹な軍部との駆け引きは強烈な緊張感を醸し出していた。ただし物語への誠実さが裏目に出たのか構成が真面目過ぎておりフィクションとしての飛躍に乏しく、もっと大胆な展開が欲しいと感じてしまった部分で惜しい作品だった。

映画『エターナルズ』が面白かったので原作コミックを読んでみた

エターナルズ /ニール・ゲイマン (著)、ジョン・ロミータJr. (画)、石川裕人 (訳)

エターナルズ

ジャック・カービーが遺したMARVEL創世神話にゲイマンが挑む話題作がついに邦訳! 百万年前、太古の地球を訪れた天空族セレスティアルズは一群の猿人を捕らえ、遺伝子操作を行った。 その結果、誕生したのが神の如き力を備える超人類エターナルズと、彼らの影と言うべき変異種デヴィアンツである。 敵対を運命づけられた両者は、以後、長きにわたって人類史に足跡を刻んできた… 神と悪魔として。 そして今、100万年に及ぶ両者の対立の歴史に大いなる楔が打ち込まれる。 眠れる神の目覚めと共に。 "キング・オブ・コミックス"ジャック・カービーが創造した創世神話ニール・ゲイマンが新たな一頁を書き加える注目作、ついに邦訳。

先ごろ日本でも公開され話題を集めたMCU映画『エターナルズ』、評価は賛否両論らしいですがオレ自身はかなり好きな映画でしたね。よくあるヒーロー映画に見えながら永劫に生きる者たちの物寂しさが物語全体に漂っていて、そこにとても惹かれました。そろそろ今年の映画ベストテンを決める時期ですが、オレはその中に必ず入れるでしょう。

さてその原作コミックなんですが、原作者がなんとニール・ゲイマンなんですね。映画『コララインとボタンの魔女』、『パーティーで女の子に話しかけるには』、TVドラマ『グッド・オーメンズ』『アメリカン・ゴッズ』の原作者であり、コミックでは『サンドマン』の原作を担当していますが、実はオレ、どの作品も大好きなんですよー。そんなニール・ゲイマンが原作と聞いたらこれはもう読むしかないではないですか。

物語は大枠では映画と一緒です。太古の昔地球を訪れた超生命体セレスティアルズは超人類エターナルズを遣わし、長大な歴史の中で魔族デヴィアンツと戦いながら人間たちを指導してゆきます。しかし現代になり、思いもよらぬ異変が起きてしまうのです。その中でエターナルズ同士の対立があり造反があるといった部分も一緒でしょう。

映画と違うのは登場する幾人かのエターナルズは記憶を失い、人間として生きているという部分です。つまり記憶を失ったヒーローが次第に自らの力に目覚めてゆく、という物語になっており、最初からスーパーパワー全開のヒーローたちが活躍するわけではありません。また、映画では単なるモンスターだったデヴィアンツは、コミックではヒューマノイド体形で最初から知性を持ち言葉を話し、エターナルズを陥れようと画策しています。

読みどころはやはり謎に包まれたセレスティアルズの最終目的であり、何者をも寄せ付けぬ余りに巨大すぎる体躯の威容でしょう。そのセレスティアルズが地球で目覚めるとき何が起こるのか?がこの物語の中心となり、それを巡ってエターナルズとデヴィアンツ、さらにマーベルヒーローとの戦いが繰り広げられるのです(例によってマーベルユニバースとのクロスオーバーの物語となっており、アイアンマンと名前のよく分からないマーベルヒーローが何人か出てきます)。

エターナルズとデヴィアンツは人類に対する天使と悪魔の役割を担っており、彼らを創造したセレスティアルズの目的は彼らを通し人類に対して最終的な「審判」を下すことにあるんです。こういった構成からこの物語がヒーロー物語を通して神話それ自体を再話したものだということが明らかになります。このような神話的で壮大な物語構成はニール・ゲイマンの自家薬籠中であり、実に彼らしい物語だといえるでしょう。

エターナルズ

エターナルズ

Amazon

 

10年以上も人間ドックに通ったオレが明かす『人間ドック10の秘密』!

f:id:globalhead:20211127143031j:plain

Photo by Doctor Mako on Unsplash

人間ドックに行ってきた

この間の土曜日は毎年恒例となっている人間ドックに行ってきた。最近ちょっと頭がおかしいので(前からか)今回はオプションで頭部MRIを追加しておいた。おかげで料金がエライことになってしまい(トータル料金で¥44500ですぜ旦那!)、この間有機ELテレビを買っちゃったことも併せ、ただでさえ少ないオレの貯金が瀕死の雄たけびを上げている状態である。まああと暫くしたらオレがアラブの富豪の隠し子だという事が判明するのでちょっとの我慢だ(現実逃避)。

さて今回は「10年以上も人間ドックに通ったオレが明かす『人間ドック10の秘密』」などというタイトルでお送りする本ブログであるが、困ったことにこのタイトルはハッタリである。『10の秘密』とかなんとか書くとはてなブログっぽいから書いただけであり(はてななんぞナメてナンボ)、実のところ内容は秘密でも何でもなく単なるオフザケであるのでまともに受け取ってはイケナイのである。

目次
1.病院着に着替える

さてこの日は朝8時に病院に到着、入ると既に結構な人がいて順番を待っていた。受付で問診票と検便を渡し料金を支払いロッカーで人間ドック用の病院着に着替える。この病院着というやつが薄黄緑色した超絶ダサい格好のものなのだが、このダサい格好をすることにより全てのヤル気を削ぎ「もうどうにでもしてください」心理的に全権委任してしまう効果があるのである。この病院着に着替えた途端人は子羊のように大人しくなりただ粛々と検査を受ける体勢に入るのだ。

f:id:globalhead:20211127155100j:plain

メェー
2.血液検査

注射針をぶっ刺され血液サンプルを何本も取られてしまう血液検査である。とはいえオレはあまり嫌いじゃなく、以前注射針から管を通ってアンプルに流れ出す自分の血をジットリと眺めていたら看護婦さんから「見ていて大丈夫なんですか?」と慄かれてしまった。相当珍しいヤツに見えたのらしい。ところでこの血液検査、血液成分によって様々な人体の状態を診るだけではなく、「物体X」かどうかを密かに診断しているのである。なので「物体X」の人は注意が必要だ。

f:id:globalhead:20211127152428g:plain

あ!こいつ物体Xだ!
3.身長・体重・視力・聴力・血圧・体組織検査

この辺りは検査される対象の基本的な人体構成を診る検査である。ただし一般的な人間、すなわちホモ・サピエンス限定であり、身長40メートル・体重35000トンのウルトラマンは残念ながら病院に計測機器が存在しないため、人間ドックを受けることはできない。また、視力と聴力があまりにスーパー過ぎるスーパーマンも受けても意味がない。体組織に関してはファンタスティック・フォーのザ・シングが計測しても「あなたは岩ですね」と言われるだけなのでやはり意味がない。

f:id:globalhead:20211127154159j:plain

ファンタスティック・フォーのザ・シング
4.網膜カメラ・眼圧検査

眼に光を当てたり風を当てたりする検査である。これは目をぱっちり開いたまま強い光や強い風圧にどれだけ耐えられるか!?という根性を判断する検査である。最強の根性を持った者には後で「目力チャンピオン」のベルトが授与されるらしい。もちろん全てデタラメであり、眼の状態や動脈硬化も診断できるのらしい。

5.頭部MRI検査

初体験の頭部MRI検査である。仕組みはわからないがなにやら超強力な磁力を照射して脳血管の状態を診るのらしい。しかし超強力な磁力を脳に当てて大丈夫なのか、とオレは思ったのである。レムのSF小説『インヴィンシブル(砂漠の惑星)』では異星の機械生命に超磁力を当てられ人間が痴呆になってしまうのだ。脳の電気信号がリセットされるのらしい。とはいえ実際そんなことがあるわけはなく、逆にピップエレキバンを使用したかの如くかえって健康になったりするかもしれない(論証無し)。

頭部MRIの検査時間は30分ほど。細長い寝台に寝かされ頭を固定され、さらに顔の上にドーム状の覆い被せられ、気分は鉄仮面の騎士である。MRIに金属は厳禁だが。その状態で頭からドーナツ型の機械に挿入されるのだが、なんかもうSFチックでゾクゾクモノであった。検査中は相当うるさい音がすると技師の方に言われ耳栓を貰ったのだが、実際響いてきたのは断続的に続きながら次第に変化してゆく強い電子音だった。ああこれは聴いたことがある、テクノの音だ!と思ったとたん次第に楽しくなり、響き渡る電子音に自分でリズムを付け曲作りをしていたオレであった。なんなんだオレは。

f:id:globalhead:20211127161021g:plain

MRIはテクノ・パーティーだった!?
6.腹部エコー検査

エコー検査である。お腹に「ヤッホー」と言ったらちゃんと「ヤッホー」と返ってくるか、そしてその「ヤッホー」の強弱、声の調子で臓器の状態を診る検査である。ごくまれに「ヨーレイホー」と返ってくることもあるらしいが、これはこれまで数例しか発見されていない希少な事例であり、学会に発表が必要である。もちろん全てクソつまらないデタラメであり、腹部に強い周波数の超音波を当てて様々な臓器の状態を診る検査である。

7.問診

胸やお腹や背中に聴診器を当てられナニカを診られる検査である。そして医者から「最近気になるところはありますか?」などと体調を聞かれたりする。ただしごくまれに「スペインの雨は……」と問いかけられることがあるのだが、この時「主に平地に降る」と答えられなければレジスタンス仲間ではないことが発覚し表に連れ出され処刑されるので要注意である。

8.レントゲン検査

当然寄生獣かどうかを発見するために行われる検査である。

f:id:globalhead:20211127162619j:plain

こいつは寄生獣です!
9.心電図検査

以下の動画は今回計ったオレの心音である。途中時計の音やレジの音や妖しい笑い声などの雑音が入っており、ちょっとヤバイんじゃないと思っている。どのくらいヤバイかというともはや『狂気』に近いくらいヤバイ。

10.バリウム検査

ゲップの出そうな発泡剤を飲まされ、その後水で溶いた粘土みたいなバリウムを飲まされ、その挙句グルグル回る台に寝せられて「あっち向け!」「こっち向け!」「赤巻紙黄巻紙って言ってみろ!」などとあれこれ注文を付けられるという、これを開発したのはナチのメンゲレなんじゃないかとさえ思わせるサディスティックな検査である。とはいえこの検査、実は宇宙飛行士の特性を見極めるための検査であり、高加速状態の宇宙船内や無重力の宇宙空間でゲロを吐かないかどうかがテストされているのである。ただしこれでパスしても宇宙飛行士になれるわけではなく、単に「宇宙空間でゲロを吐かない人」という認定がされるだけである。

f:id:globalhead:20211127170014j:plain

お父さんボクもう吐きそう!

さてバリウムを飲んだ後に問題となるのがバリウムうんち」である。面妖なる白いうんちが出てくるのである。かつてSF作家・星新一はこの白いバリウムうんちを大変珍しく思い、「黄色い絵の具を塗って棚の上にでも飾っておきたい」と語ったという逸話が残されている。

f:id:globalhead:20211127170616j:plain

「棚の上に飾っておきたい」
最後に

そんなこんなで人間ドックを終えたオレであるが、結果は4週間ほど先になるのらしい。ああ……なんか嫌な結果が出てないだろうな……それより先に病院から緊急連絡とかあったらどうしよう……などと戦々恐々としているオレである。なにしろオレは失われたアトランティス文明の守り人であり、オレに何かあったら「寝ずの番」の後任者を探さなければならないからなのである。

はるかなる朝 (MF文庫)

おまけ

検査後病院から出された昼食と病院から見下ろした街の風景。

f:id:globalhead:20211127181738j:plain

f:id:globalhead:20211127181746j:plain

4K有機ELテレビを買った

f:id:globalhead:20211123172522j:plain

Photo by Glenn Carstens-Peters on Unsplash

発端はPS5の購入だった。購入してすぐ思ったのは「PS5なら4K画面のゲームできるんだよなあ、4Kのブルーレイも観られるんだよなあ」という事だった。しかしオレの家にある11年前に買った40インチ液晶テレビは2Kであり4K対応ではない。

ここで詳しくないなりに説明すると従来的なTVディスプレイは2K解像度=1920X1080画素でこれはフルハイビジョンと呼ばれていた。4Kと言っているのは4K解像度=3840X2160画素のTVディスプレイとなり、これは4K UHDTV(Ultra High Definition Television)と呼ばれる。単純に2Kの4倍の画素となり、つまりそれだけ細密なのである(※コメントで指摘があったので数字訂正した!ってかやっぱり数字に弱い!)。

しかしなあ、PS5でさえそれなりに出費があったのに4KTVかあ、まだまだ先だな、とは思っていたのだ。しかし思っているうちにボーナス時期が来たではないか。そこで悪魔が囁いたのである。「買おうよ」と。

とはいえ、オレは零細中小勤務の身でありそれほどいい給料を貰っているわけではない。貯金だってまあなんと言うかかんと言うかという額である。買うとしても今まで液晶40インチだったのを4Kの液晶50インチぐらいにすりゃあいいのかな、と思ったのだ。有機ELテレビという選択肢もあったが、確かに映像面にはそそるものがあったけれども、液晶の1.5~2倍ぐらいの値段がする。あの値段はオレの給料では正直無理だ。有機ELと液晶の性能比較は結構調べたが、映像面において有機ELのほうが絶対ベターなんだがなあ。

といったわけで最初は液晶55インチの線で行こうとしていたのだが、ふと部屋の大きさとTVラックの大きさを計ると55インチは大き過ぎ、48インチがやっと限界である。まあ48インチでも十分大きいが。しかしそこでふと思ったのだ。待てよ、48インチなら高額な有機ELテレビもお買い得品があるんじゃないのかと。で、調べるとあるじゃないか、液晶よりは高いが、手が出ないほどの値段ではない製品が。そして性能面などいろいろ比較してみると、ドルビーアトモス対応の製品が幾つかある。やはり映画を観るなら音響もしっかりしておいたほうがいいからな。

そして吟味した結果手に入りやすい値段でまあまあ性能もいい4K有機ELテレビをみつけ、購入の運びとなった。届いた製品は、話には聞いていたが本当に薄くって(有機ELディスプレイは厚さが5ミリ程度しかないのだ)、これを一人で設置するのは相当に気を使った。そして設定を終え、まずはゲームをやってみることにした。

するとまあこれが、笑っちゃうほど、というか本当に笑ってしまったのだが、メチャクチャ凄い画面だった!今までのはなんだったんだ、というぐらいに凄い!画面が大きいのは勿論だが、有機ELの特徴である黒色の深度が非常に深く、鮮やかさと相まってコントラストが高く奥行きを感じさせる迫真的な映像となっているのだ。オレはこの時「スゲエスゲエ!」と言いながらゲーム1本一気にクリアしてしまったほどだ!

音響面もやはり凄かった。購入した製品はフルレンジ4個、ツィーター2個の計6つのスピーカーが付いているのだが、これがもうディスプレイの上から下から左右から軒並み音響がほとばしり出るではないか。実は今までテレビにはサブウーファー付きのサウンドバーを使用していたのだが、これがお役御免となってしまう、という嬉しい誤算が付いてきたのだ。

4Kゲームの凄さは体験できたが、映画はどうかと思い、とりあえず4Kで観たい映画は……と考えてソフト購入したのが『ブレードランナー2049 4K』と『プロメテウス』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 4K』。『2049』はドルビーアトモスで、いやもうこれも映像も音もあんまり凄くて観ながらゲラゲラ笑ってしまった(笑う映画じゃないが)。『プロメテウス』は冒頭の大自然の映像が息を呑んじゃうぐらい美しくて、続く大宇宙のシーンは宇宙空間が黒々としていてやっぱり凄かったなあ。一方『ワンス・アポン~』は若干画面が暗く、これは調整の必要があるようだ。4Kブルーレイはこれからも揃えたいが、出費が大変なので吟味して購入しなきゃな。これから『デューン砂の惑星』や『エターナルズ』も4Kで自宅で観られるのかと思うとワクワク感が止まらない!

(しかし4Kで観たい、という映画が『ブレードランナー2049』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』と『プロメテウス』と『デューン砂の惑星』と『エターナルズ』というのが実にオレらしい)

4Kでサブスクといえばアマプラにも幾つかあるが、ネトフリは高いほうのプランに変えなきゃいけないので、これはパスでいいな。ディズニープラスは契約していないのだが、4K対応作品があるらしいので今後契約の予定である。いやーディズニープラスでアレやコレや観てたら時間が幾つあっても足りないじゃないか。正直ブログなんか書いてる暇なんかないんだよ!オレに4K観させろよ!

4K4Kうるさくて本当に恐縮だが、やはり映像ってのは耽溺してナンボだよなあ、精緻で美しいほど没入感が高まるからなあ、そういえばオレの「4Kで観たい映画」って全部映像が素晴らしかった映画ばかりなんだよなあ。なんかそういう性向なんだと思うよオレは。

……とまあひとしきり盛り上がったオレなのだが、アァ、クレジットカードの請求見るのがコワイ……(計画的に買ってはいるが、心情的にね)。