バラエティ豊かな中国SFのショウケイス『月の光 現代中国SFアンソロジー』

■月の光 現代中国SFアンソロジー

月の光 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

国家のエネルギー政策に携わる男はある晩、奇妙な電話を受ける。彼のことを詳しく知る電話の男は、人類と地球の絶望的な未来について語り、彼にそれを防ぐ処方箋を提示するが……。『三体』著者である劉慈欣の真骨頂たる表題作ほか、現代の北京でSNS産業のエリートのひとりとして生きる主人公の狂乱を描いた、『荒潮』著者の陳楸帆による「開光」、春節の帰省シーズンに突如消えた列車とその乗客の謎を追う、「折りたたみ北京」著者の郝景芳による「正月列車」など、14作家による現代最先端の中国SF16篇を収録。ケン・リュウ編による綺羅星のごときアンソロジー第2弾。解説/立原透耶

もうこのブログで何度も書いているが、なにしろここのところ中国SFの活きがいい。このジャンルのパイオニアとも言えるケン・リュウ、『三体』で話題を呼んだ劉慈欣は言うに及ばず、日本でもぽつぽつと中国SFが翻訳され出版されるようになってきた。最近では陳楸帆の『荒潮』が特に面白かった。『翡翠城市』のフォンダ・リーは中国系カナダ人だが、この範疇に入れてもいいかもしれない。 中国SFとは言っても、厳密には「中国SF・中華SF・華文SF」とそれぞれ定義が異なってくるのだが、要するに「中華圏を背景持つ作者のSF」だと思ってもらうといい。

中国SF・中華SF・華文SFの定義

中国SFとは、中国本土の作家のSFとして定義される。今話題の劉慈欣、郝景芳の作品は中国SFに分類される。

中華SFは、中国本土+香港・台湾などの地域+諸外国の中華系移民など、中国にルーツをもつ作家のSFと定義される。中国系アメリカ人であるケン・リュウテッド・チャン、アリッサ・ウォン、台湾系アメリカ人であるジョン・チューなどの作品は中華SFに分類される。

華文SFは、中国本土+台湾・香港の作家の作品など、中国語で書かれたSFと定義される。基本的には、中国SFの定義に、台湾や香港などの地域を足したもの。

中国SF研究Ⅱ「『東北大SF研、中国SFを大いに語る』配布資料追記版」 - SF游歩道

中国SFの面白さは、その政治・民族的背景の違いがあることと同時に、それにより、人間や社会、さらには宗教に対する根底的な視点が欧米のそれと異なり、非常に新鮮に映ることが挙げられるだろう。ひどく大雑把で乱暴な言い方になるが、そこには「アジア的情緒の在り方への親近感」も加味されていると思う(同じアジア圏であっても日本と中国とでは根底にある思想/情緒性は自ずと違うであろうことは理解している)。

そんな中、新たな中国SFアンソロジー『月の光』が刊行された。これは2018年に刊行された中国SFアンソロジー『折りたたみ北京』の第2弾となるアンソロジーであり、『折りたたみ北京』と同様、ケン・リュウが編訳している。『折りたたみ北京』では中国SFのお披露目的ショウケイス作品が編集されていたが、この『月の光』では劉慈欣、陳楸帆、日本でも短編集が刊行された郝景芳らの作品が並び、前回よりもグレードの高さを感じさせる。

ところで「序文」でケン・リュウが書いているのだが、このアンソロジーは「中国SFの代表的な作品を集めるという意図はないこと、つまり、いわゆるベスト選集を編もうとしたのではない」といったことがあらかじめ告げられている。網羅的なものではなく私的に楽しめたものを優先した、ということなのらしい。これはケン・リュウアンソロジストとしての矜持ということなのだろうが、それにより個性的な作品が並ぶことになったように思う(とはいえ、中国SFに飢えている者としては、網羅的なアンソロジーも同時に期待したい)。全体的に、様々な才能を一冊に凝縮させた『折りたたみ北京』と比べると、バラエティの幅広さを感じさせるアンソロジーになっているように感じた。

作品を紹介しよう。

まず冒頭、AI人格とアラン・チューリングの半生とを並列しながら描いた夏笳『おやすみなさい、メランコリー」でガツンとやられた。「穿越小説」、いわゆるタイムトラベルを導入した歴史のifを描く張冉『晋陽の雪』はいつまでも読んでいたいと思わせる楽しさに満ち溢れていた。

糖匪『壊れた星』はサイコ・フィクションとでもいうべき作品か。韓松『潜水艇』『サリンジャー朝鮮人は皮肉な文明批判が冴える。程婧波『さかさまの空はポエティックなファンタジー作品だった。

宝樹『金色昔日』文革天安門事件も含む中国近代史を根底とした重量級のSF作品だ。物語の骨子は時代に翻弄される男女のラブストーリーだが、挿入されるSFアイデアがそれを単なるメロドラマにしていない。しかしこれ、初出は英訳だというが、中国でも出版できたのだろうか。今回のアンソロジーの中でも最も読み応えのあった作品の一つだ。

郝景芳『正月列車』は可笑し味に溢れたショート・ショート、飛氘『ほら吹きロボット』はレムやカルヴィーノを思わせる諧謔的な寓話だ。

そして劉慈欣『月の光』。幾つものSFアイディアを惜しげも無くつぎ込み、ただしドラマとしては単に携帯電話を掛けているだけ、というこの構成は良くも悪くも劉慈欣らしい。しかし十分脂の乗った作家が描いた勢いのある作品だと言える。

吴霜『宇宙の果てのレストラン――臘八粥』もファンタジックな味わいのある寓話。馬伯庸『始皇帝の休日』始皇帝ビデオゲームを合体させたスラップスティック作。PCゲームファンならラストで爆笑だろう。顧適『鏡』は叙述的実験性を伺わせる作品。王侃瑜『ブレインボックス』はテクノロジーによりあからさまになる感情の残酷さが描かれる。

さて陳楸帆だ。『開光』SNSを題材としてテクノロジーの生む皮肉な顛末を描くが、陳楸帆らしい高密度な情報量がSF的な醍醐味を大いに感じさせる。一方『未来病史』は架空の病症を羅列しながら異様な未来像を提示する。陳楸帆は現在中国SFでも最も先端を突っ走っている作家だと思うけどな。

最後は王侃瑜、宋明煒、飛氘らによる中国SF史の片鱗を伝えるエッセイ

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

  • 作者:郝 景芳
  • 発売日: 2018/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

学園ホラーコメディ映画『スローターハウス・ルールズ』を観た

■スローターハウス・ルールズ (監督 クリスピアン・ミルズ 2018年イギリス/アメリカ/カナダ映画

f:id:globalhead:20200405172550j:plain

オレはサイモン・ペッグが結構割と好きである。『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ』あたりの有名作、『ミッション・インポッシブル』や『スタートレック』などの人気シリーズは言うに及ばず、TVシリーズ『SPACED/俺たちルームシェアリング』を始めとする地味であまり知られていない主演作品もチマチマ探して観ているぐらいだ。ペッグさんはイギリス労働者階級でオタク野郎、要するに呑気なクズを演じさせるとピカイチで、同じ呑気なクズとして親近感が湧くのである。

そんなペッグさんの未公開映画がNetflixで放送される、というから楽しみにしていた。しかも盟友ニック・フロストとの共演だというからこれは目が離せない。タイトルは『スローターハウス・ルールズ』、なんだかカート・ヴォネガットの小説『スローターハウス5』とジョン・アーヴィングの小説『サイダーハウス・ルール』を足したようなタイトルじゃないか(両方映画化作品あり)。ポストモダン小説の名作として名高い両作のタイトルからかっぱらってきたのだとしたらペッグさんもなかなか趣味がいい。

製作はペッグさんとニック・フロストが興した映画会社「Stolen Picture」。これが第1作目らしい。監督のクリスピアン・ミルズって誰?と思ったら、ペッグさん主演映画『変態小説家』(なんちゅうタイトル!)を監督した人じゃないか。あれは変な映画だったなあ。

お話はイギリスの名門寄宿学校スローターハウス学園に入学した主人公生徒が、いけ好かない学長や上級生にうんざりしつつ友情や恋を育むけれど、その学園にはなにやら怪しい影が迫っていた……というもの。その「怪しい影」の正体というのが凶暴なモンスターで、後半は学園大パニック!となる、という感じ。いわば『ハリー・ポッター』にロバート・ロドリゲスのほうの『パラサイト』を足したような雰囲気だろうか。一応ペッグさんは脇役で、とても情けない教師役、一方フロストさんは学園の近所でキャンプするニューエイジなヤク中親父の役。ああ、両方ともハマリ役だ……。

さて前半で目を引くのはスローターハウス学園のイヤッたらしい上級生たちやファシズムっぽい校則の狂いまくった雰囲気。そもそも「スローターハウス」って「屠殺場」って意味で、そんな名前の学校自体そもそもおかしいだろ!?こんな具合に全体的に陰気な皮肉が散りばめられているのもこの作品の特徴だ。このブラックさにノレるかノレないかで観ている人の評価も変わって来るんじゃないかな。オレ的には全然OKだけどね!

スクールカーストってのはアメリカのドラマや映画でも目にする事があるけど、これがイギリスともなるとシュールなぐらい頭がおかしくて、さらに頽廃の匂いがしてくる。さすが歴史ある大英帝国だけあって狂気もたっぷりと熟成されているのだ。あと「親戚に戦争犯罪者がいる」ってパワーワードだよなあ。こんだけ狂っていたら元ピンク・フロイドロジャー・ウォーターズだって『アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール』なんて曲書いちゃうよなあ。この上級生たちの狂気は後半も「ラテン語クラブの変態パーティー」という形でしっかり花開いております。

一方主人公少年少女の友情や恋の描写はまあまあ、退屈はしないけどグッと来るほどのこともなくて、「普通」に流れちゃった部分でドラマ的な弱さはあるかもしれない。まあオレ、ガキンチョにそもそも興味無いし、ペッグさんとフロストさんが見られたからそれでいいや。そして後半のモンスターホラー展開、肉体破壊がそこそこ描写され、イヤ~ンなグロ趣味を堪能させてくれます。結局なんだったんだアレ?とは思いますが、いや、気にしない気にしない。全体的にペッグさんの大好きそうな悪趣味とブラックユーモアが満開で、興行的には失敗だったみたいだけど、ペッグさん楽しんで作ったんだろうなあ。ええ、オレも十分楽しませていただきました。


 

30周年の男

f:id:globalhead:20200405151616j:plain

オレのごとき誠にしょうもないオッサンであろうとも、一応はサラリーマンであり給与生活者であり会社員であったりはするのである。そんな真性プロレタリアートのオレであるが、このたびなんと勤続30周年を迎えたのらしく、勿体ないことにこの間会社にて表彰を受けたという訳なのである。

当たり前の話ではあるが、勤続30周年ということは今の会社に勤めだしたのが30年前という事になる。30年前、オレは29歳だった。

オレが北海道のウルトラギガド田舎から上京したのは18歳の時だ。なんだかよく分からん専門学校に入学する為だったが、東京の太陽が眩し過ぎて脳細胞がオーバーヒートを起こし3ヶ月でドロップアウト、以降バイトで糊口をしのぎながら明日をも知れぬモラトリアムな日々を送っていた。そんなバイト生活を10年も続けていたのだからヤル気の無さは山のごとしである。しかも同じ職場で10年バイトしていた。当時はまだフリーターという言葉すらなかったから、オレはそのハシリという事になるであろう。エッヘン(偉くない偉くない)。

しかし29歳のある日、「来年30になっちゃうし、このままバイトだとヤヴァイだろ」と、やっと人並みの危機感を覚えたのである。で、就職活動でもしようかと思ったが、学歴も無くスキルも無く向上心も無く性格が胡乱なだけが取り柄のオレに出来る仕事がたいしたあるわけでもなく、やりたいと思う仕事もありはしなかった。それでどうしたかというと、バイト先の目の前にいつも暇そうにしていた倉庫会社があったので、これなら楽そうと思い、「人いりませんか」と乗り込んだのだ。だいたい暇そうな会社に求人があると思う所がオレという人間の浅はかさなのだが、なんと求人していたらしくあっさりその会社に入社することが出来た。丁度バブル期でもあったので、社会も割とイージーモードだったのだ。

そしてその会社に30年……なのかというと実はちょっと違うだ。勤めだしたその会社、最初はよかったものの、バブル期に長者番付に名を連ねる程になった社長が欲をかき、次第にブラック化していったのだ。儲けたから社員に還元、ではなくて、さらにもっと儲けるには給料切り詰めて社員から搾り取れ、という方向に行っちゃったのである。要するにサービス残業制とボーナスカットを導入したのだ。おまけに社長の息子が役員として入社したのだが、これが見事な性格破綻者で、社内の雰囲気は最悪、人員も大量に離職していった。業務的にもグレイなことをやっていたので、業種の査察が入って睨まれていたりもした。多分あのままだと会社を続けていられなかっただろう。

その時役員の一人が、「これじゃイカン」ということで、同業他社との合併話を社長に持ち込んだ。その話は上手くいき、合併したというのがオレの今の会社という訳なのである。ただここでも一波乱あって、一度合併話を呑んだ社長が掌返しをして「やっぱ合併しないわ」とか言い出したのだ。ここで急遽、合併を推進していた役員による全社員参加の合同会議が行われた。それはほぼ社長の吊るし上げで、それぞれに不安を抱えていた社員たちは「話ちげーじゃねーか」と社長に詰め寄った。それに社長が気圧される形でやっと合併が決まったのだ。

とまあ、そんな経緯があったうえでの「勤続30周年」だった。実質的には2社を渡り歩いたことになるが、合併という形ではあるので、合併前の会社からカウントして30年なのだ(前の会社で18年、今の会社で12年勤めたって感じかな)。今の会社では、少なくともきちんとした給与とボーナスが支払われているのでそこそこ満足している。福利厚生なんかもしっかりした会社であろうと思う。なにしろオレは学歴も無くスキルも無く向上心も無く性格が胡乱なだけが取り柄のしょうもない社会人なので、こんなツブシの効かない人間は石に齧りつくように地味に地道にやっていくしかなかった。

あれやこれやキツイこともあったがなんとか30年だ。そして数年後は定年である。まあその後も何がしかの仕事をすることにはなるだろうが(あんまり貯金無いんっす……)。今現在、例の新型コロナウィルスの為に社会の先行きが相当に不透明だし、正直より困難になってゆく予感もするのだが、それでもやはりオレごときのような者は、これからも地味に地道にやっていくしかないと思っている。

……とまあカッコよく〆るつもりだったが、表彰された翌日にあろうことか大ミスを犯してしまい、社長に直筆反省文を書く羽目になってしまった。いやあ、ご迷惑を掛けてしまった皆さん、誠に申し訳ありません……本当に反省してます……。

f:id:globalhead:20200405164918j:plain