「マーダーボット・ダイアリー」シリーズ最新作『逃亡テレメトリー』を読んだ

逃亡テレメトリー マーダーボット・ダイアリー/マーサ・ウェルズ (著)、中原 尚哉 (訳)

逃亡テレメトリー マーダーボット・ダイアリー (創元SF文庫)

かつて大量殺人を犯したとされたが、その記憶を消されていた人型警備ユニットの“弊機”。紆余曲折のすえプリザベーション連合に落ち着いた弊機は、ステーション内で何者かの他殺体に遭遇する。連合の指導者メンサー博士をつけねらう悪徳企業グレイクリス社とかかわりがあるのだろうか? 弊機は警備局員インダーたちとともに、ミステリー・メディアを視聴して培った知識を活かして捜査をはじめるが……。ヒューゴー賞4冠&ネビュラ賞2冠&ローカス賞3冠&日本翻訳大賞受賞の大人気シリーズ、待望の第3弾! シリーズ短編2編を併録。

人類が宇宙開拓に乗り出した未来を舞台に、ちょっと風変わりなアンドロイド“弊機”が人々の危機を救う!というSFシリーズ『マーダーボット・ダイアリー』の新作です。

この“弊機”、どのように風変わりなのかというと、「TVドラマ好きの引きこもりでおまけにツンデレ、人間嫌いの振りをしながら、いざその人間たちの危機ともなれば凄まじい戦闘能力と高度なハッキング技術を駆使してこれを排除する」という存在なんですね。要するにアンドロイドのくせに「こじらせた性格」をしていて、そこがどうにも人間臭く感じさせてしまう、という部分に面白さを醸し出すシリーズなんですよ。

ちなみに“弊機”というのは日本での訳語で要するに”私”ということなんですが、”弊社”といった使い方に現れるような、いわゆる謙遜語をアンドロイドである自分に使用している、ということなんですね。でもこの“弊機”、実際はあまりへりくだった態度をとっていないので、「とりあえず呼び名だけでも人間様にへりくだって見せてますよ私は?」という皮肉と嫌味が込められている部分でも可笑しかったりするんですよ。

とはいえひねくれているのにも訳があって、それは「人型警備ユニット」という存在に対する人々の偏見や差別がそこにあるからです。もちろん“弊機”は人工物であり、人々は「モノ」に対するように“弊機”に対しているということではありますが、しかし“弊機”には自意識が存在し、その自意識が偏見や差別にうんざりしているということなんです。つまり「AIの人権」がこのシリーズのもう一つのテーマでもあるという事なんですね。

もちろんこういったキャラクター設定の面白さだけではありません。いざ戦闘ともなればドローンとハッキングを駆使して戦略を練り、敵と対峙したならば驚くべき戦闘能力でこれを撃破します。このサイバーストラテジー展開と戦闘アンドロイドとしてのハードアクションが実にSF的な旨味に満ちているんですよ。物語の多くは非人間的な悪徳宇宙企業の陰謀を暴きこれと戦うといったものですが、この辺りの世知辛い未来社会の在り方もまたSF作品ではお馴染みのものですよね。

今作の物語は“弊機”がやっと落ち着いた居留地で殺人事件が起こり、“弊機”がそれを解明する、といったもの。いわばSFミステリーとして展開するというわけなんですね。“弊機”のキャラにせよ敵対する悪徳宇宙企業の存在にせよ、既に世界観が出来上がった作品なので、大きな破綻は確かにありません。しかし“弊機”の愛する連続TVドラマのように、「いつものアレの続き」をワクワクしながら楽しむ、というのがこのシリーズの読み方になるでしょう。

それと“弊機”はアンドロイドなので性別はありません。単行本の表紙をよく見ると中性的な描き方をされているのが分かると思います。原書の表紙だともっとロボットぽい無機質な雰囲気で描かれていますが、どちらを思い浮かべながら物語を読むのかはあくまで好みでしょう。

参考:これまで書いた『マーダーボット・ダイアリー』シリーズ作品の感想

最近読んだコミックあれこれ

雨と君と(4) /二階堂 幸

雨の日に拾ったタヌキとどことなく気だるげな女子との心安らぐ日々。二階堂幸の『雨と君と』は凡百の動物漫画と一線を画す、静謐と孤独とが世界を覆う物語だ。4巻目になっても主人公女子は未だ謎めいているし、登場人物が増えても彼女の確固とした孤独は揺るぎはしない。なぜなら彼女にはやんちゃなタヌキという対話の相手がいるからだ。そしてこのタヌキは実存ではなくどこか象徴的な存在のような気がする。タヌキとの対話は実は自分自身との対話なのではないかと思えてくるのだ。そういった部分でこの物語は不思議な奥深さを感じさせる。それとこの作品、「次にくるマンガ大賞2022」コミック部門において4位を獲得し、累計で30万部売れているのらしい。静かで淡々とした物語だけに知る人ぞ知る作品だと思っていたら、結構な支持を集めているのらしく、それもびっくりした。

ミラーマン2D(2)/久正人

久正人の描く円谷特撮ヒーローリバイバル。このミラーマン、TVでやっていた時は裏番組(『シルバー仮面』)を観ていたので熱狂的なファンというわけではなかったが、それでも設定のアレコレには心惹かれるものは感じていた。このコミック版ではTV版の要素を幾つか引っ張ってきているようだが、TV版を観ていなかったオレには分かるようで分からないそれらの要素がもどかしい(TV版を知らないと理解できないという意味ではない)。とはいえそこは久正人印のコミックなのでクオリティの高さはお墨付きだろう。

ふたりスイッチ(1)/平本アキラ

監獄学園(プリズンスクール)』の平本アキラによる新作。今作のテーマは「男女キャラの心と体が入れ替わった」というよくあるもので最初は鼻白んだのだが、流石は平本、実際読んでみると笑いがこらえきれないほど面白い。そして相変わらずの寸止めのエロと可愛らしい女子を描かせたら平本の右に出る者はいないだろうと再確認させられた。なにより平凡な設定の中に「歩くゴーヤ」なる訳の分からないものが登場し、今後どう話に絡んでくるのかが気になる。

モンテ・クリスト伯爵/森山絵凪

A・デュマの名作長編小説『モンテ=クリスト伯』を読み終え、その記念としてコミカライズ作品も読んでみることにした。この『モンテ・クリスト伯爵』、小説版では5巻を超える大部の内容をたった1巻で完結させており、いったいどうなってるのだろうと思ったのだが、実際読んでみると原作の骨子をきっちりと収めた非常に秀逸な内容となっていた。これはコミック版作者である森山絵凪氏がもともと『モンテ=クリスト伯』の大ファンであり、だからこそこれだけ巧くまとめ上げられたという事なのだろう。後半は若干駆け足にも感じたが、丁寧に読むなら瑕疵とも感じなかった。同時に、コミックならではの脚色も逆に物語を際立たせることに成功しており、作者の非凡さが感じ取れる内容となっている。あと、絵が上手いのがいいね。

西遊妖猿伝 西域篇 火焔山の章(4)/諸星 大二郎

諸星のライフワーク『西遊妖猿伝』の最新単行本。なにしろここまで長く続くとこの巻だけ取り上げてああだこうだと言えないのだが、とりあえずこの「西域篇 火焔山の章」がもうお終いかな?ということは伝わってきた。急かすわけにはいかないのだが、そろそろ次の展開が知りたいところだ。

バットマンゴッサム・バイ・ガスライト/ブライアン・オーガスティン (著), マイク・ミニョーラ (イラスト), エドゥアルド・バレート (イラスト)

巨匠マイク・ミニョーラの描くバットマン・コミックは19世紀へと時代を遡り、ロンドンからゴッサムシティに渡ってきた切り裂きジャックバットマンが追い詰める!というパラレルワールドを描いたものだ。題材が題材だけに宿命的に暗鬱とした作品だが、そこがまたバットマン・ワールドと上手く噛み合っている。とはいえ、なんだか読んだことがあるんだよなあ、と思ったら、これって以前小学館から出版され現在廃版の『バットマン/ヘルボーイ/スターマン』に収録されていた作品じゃないか。これ、プレミア価格の古本で買って持ってるんだよなあ。ただし二つの単行本を比べてみるとこちら『ゴッサム・バイ・ガスライト』のほうが印刷クオリティが高いのだ。それと併せ、続編となる『マスター・オブ・ザ・フューチャー』も収録されている(ただし非ミニョーラ作品)。それでよしとしようかな。

山野一の出産・育児コミック『大難産』がとても面白かった

大難産/山野 一

大難産

鬼畜漫画家・山野一が双子を授かって子育てに奮闘する様子を描いたコミック『そせじ』(そせじ=双生児の意味だろう)は山野一の漫画家人生を刷新する名著だったと思う。『そせじ』は電子出版のみで現在4巻まで描かれている。

この『大難産』は『そせじ』で描かれる双子がどのような難産で生まれたのかを描くものとなっている。なぜ単なる難産ではなく「大難産」なのか。それは胎内にいる双子が「TTTS=双胎間輸血症候群」という非常に珍しい難病に罹っており、当時世界でも3つの病院でしか行われていないという最先端医療を受けることになったからである。この作品では双子がやんちゃに過ごす幸福な現在と山野夫妻が難病治療に奔走する過去とを交互に描きながら、夫妻がどのようにしてこの試練を乗り越えたのかを明らかにする。

とはいえそこは「元・鬼畜漫画家」の山野一、描写が一筋縄ではない。別に鬼畜に描いているわけではないが、これが普通の漫画家であれば困難な状況の真摯な吐露に至る部分を、どこか奇妙に弛緩し時として作者のオフザケが噴出する展開となっているのだ。これは別に不真面目なのではなく、山野一の「元・鬼畜漫画家」としての透徹した矜持がそうさせているのだろう。状況は困難だが決して深刻ぶらず飄々と描いているのだ。まずここが優れている。

山野の妻の性格や双子の描き方はきっちりとフィクショナブルであり、ああこれは脚色なのだなとすぐに分かる仕掛けになっている。ただドキュメンタリータッチにするのではなく漫画としての面白さをまず優先させようとしたのだろう。こういった山野のプロフェッショナルな態度が作品に稀有な面白さを持ち込む。時として描かれる幻想描写がまたもや素晴らしい。この辺り、ねこぢるyとして培ってきたサイケデリックな資質が生きているのだろう。

そしてなにより山野はグラフィックとデザインの両方に高いセンスを持っている。ギャグマンガのタッチではあるが背景の書き込みが密であり、全体的に内容の濃いグラフィックだ。特に軟体生物のようにクニャクニャと暴れ回る双子のグラがとても可愛らしい。構成にしても緩急自在であり、熟練の技を感じる。もうこれは売れまくるべき作品だろう。みんなも買おう。

(コミック『そせじ』の感想はこちらこちらを参考にしてください)

そせじ(4)

そせじ(4)

Amazon

 

SOMPO美術館『印象派からエコール・ド・パリへ スイス プチ・パレ美術館展』を観に行った

印象派からエコール・ド・パリへ  スイス プチ・パレ美術館展

この間の3連休初日は新宿にある「SOMPO美術館」に『印象派からエコール・ド・パリへ  スイス プチ・パレ美術館展』を観に行っていました。SOMPO美術館はあのゴッホの名作『ひまわり』を所蔵している事でも有名な美術館でしょう。このSOMPO美術館、大昔に一回だけ行ったことがあるのですが(確かポップアート展でした)、その時もこの「ひまわり」を観て圧倒された記憶があります。

今回の展覧会でコレクションを披露するプチ・パレ美術館はスイス・ジュネーヴにあり、19世紀後半から20世紀前半のフランス近代絵画を中心として収蔵しています。実は1998年から現在まで休館中なのだそうですが、今回は約30年ぶりに日本でのコレクション展となりました。

《展覧会概要》世紀転換期のパリでは、多くの画家たちが実験的な表現方法を探究し、さまざまな美術運動が展開されました。プチ・パレ美術館の特徴は、ルノワールユトリロなどの著名な画家たちに加え、才能がありながらも、あまり世に知られていなかった画家たちの作品も数多く収蔵していることです。本展では、この多彩なコレクションから38名の画家による油彩画65点を展示し、印象派からエコール・ド・パリに至るフランス近代絵画の流れをご紹介します。

【スイス プチ・パレ美術館展】 | SOMPO美術館

展示では19世紀後半の印象派、新印象派から始まり、ナビ派とポン=タヴァン派を経て20世紀初頭のフォーヴィズムキュビスムへと繋がっていきます。またそれらの芸術運動とは距離を置いたポスト印象派、エコール・ド・パリの作品を展示することにより、フランス近代絵画の重要な芸術運動をすべて網羅する形となっています。今回の展覧会ではそれらの流れが非常に分かり易く展示されており、優れた展覧会であったと感じました。

そしてフランス近代絵画が中心という事からか、やはりとても美しく、そして「美」にこだわった作品が並んでいました。どの作品も明るい色彩と豊かな抒情に溢れ、生きることを愛しそれを謳歌するかのような作品ばかりでした。そういった部分でも実に充実した展覧会だったと言えるでしょう。キレッキレの前衛作品ばかりが並ぶ美術展も好きですが、こういった観ていて心がほっとするような美術展もまたいいものです。これもまた絵画を見る喜びのひとつですね。では例によって気に入った作品を展覧会のテーマに沿いながら紹介してみようと思います。

第1章 印象派

《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》 ピエール・オーギュスト・ルノワール

この展覧会では「フランス近代絵画が印象派を発端としてどのように変遷していったか」を作品を通して提示してゆきます。まずはその印象派、作品は少なかったのですが、やはりこのルノワールの作品は貫録を感じさせましたね。

第2章 新印象派

《遠出する人》アンリ=エドモン・クロス

《ファン・デ・フェルデ夫人と子どもたち》テオ・ファン・レイセルベルヘ

印象派は、スーラの絵画で有名な点描表現を使った作品が並びます。細かな点としてカンバスに置かれた色彩が隣り合う別の色彩と相補する形で新たな色彩を表出させるのです。これらは印象派絵画の持つ色彩と光線の扱い方をさらに検証し、より科学的に計算することで成り立つ芸術運動なんです。

第3章 ナビ派とポン=タヴァン派

《ペロス=ギレックの海水浴》 モーリス・ドニ

《休暇中の宿題》モーリス・ドニ

ナビ派とポン=タヴァン派、初めて知った芸術運動の名前だったのですが、ポン=タヴァン派は伝統的な絵画表現や印象派から距離をとり、より平面的で内面的な絵画を目指したものだそうです。その流れにあるナビ派は、さらに装飾的な表現を追求した作品を生み出しました。

第4章 新印象派からフォーヴィズムまで

《室内の裸婦》アンリ・マンギャン

ナポリ若い女》シャルル・カモワン

点描を追求した新印象派の画家たちはそこからさらに自由な表現方法を追い求め、フォーヴィズムへと行き着きます。大胆なタッチと鮮やかな色彩が中心となったこれらの絵画運動は短期間のものでしたが、その後のキュビスムへと繋がってゆくのです。

第5章 フォーヴィズムからキュビスムまで

スフィンクス》ジャン・メッツァンジェ

《ワトーへのオマージュ》アンドレ・ロート

印象派~新印象派フォーヴィズムを経て、画家たちの関心は色彩よりも空間と質感の表現へと移ってゆきます。ピカソはそこで《アヴィニョンの娘たち》で有名なキュビスムを生み出し、多くの画家たちがそれに影響されてゆきます。キュビスムはモチーフの形態を多くの面に分割・解体し、それを再統合させた表現方法で、後期ではモチーフと周囲の空間すら融合してゆくことになります。

第6章 ポスト印象派とエコール・ド・パリ

《ノートル=ダム》モーリス・ユトリロ

コントラバスを弾く女》シュザンヌ・ヴァラドン

こういった多様な展開を見せた芸術運動の傍らで、それらに影響されることなく距離を置いた画家たちもいました。この画家たちを総称してエコール・ド・パリと呼ぶのだそうです。

ヴィンセント・ファン・ゴッホ《ひまわり》

《ひまわり》フィンセント・ファン・ゴッホ

さてここまでの展覧会作品とは別に、SOMPO美術館では所蔵作品の展示・常設も行っています。東郷青児ルノワールの諸作品もそうですが、やはり何と言ってもゴッホの《ひまわり》でしょう。この《ひまわり》は今年から撮影可となっており、オレもいそいそと写真を撮ってきました。それにしてもやはりホンモノは鬼気迫る迫力があります。カンバスに乗った絵の具がまるで生き物のような生々しさを持ち、そこで息衝いてさえいるかのように感じさせるゴッホの作品は、ある種不気味な存在感を醸し出し、「絵画」というもののひとつの到達点であると同時に、唯一無二の作品であると言っていいでしょう。

劉慈欣のSF短編集『老神介護』を読んだ

老神介護/劉慈欣(著)、大森望(訳)、古市雅子(訳)

老神介護 (角川書店単行本)

SF超大作『三体』シリーズでSF界を席巻した劉慈欣の最新短編集。昨日紹介した『流浪地球』に続き今日は『老神介護』を紹介。

『老神介護』に収録の作品は全5作、同時発売の『流浪地球』が宇宙進出や異星人との遭遇を描く作品が多かったのに比べ、この『老神介護』では「地球の歴史、地球の内側」に目を向けた作品が多く感じた。では作品をざっくり紹介。

  • 「老神介護」……突如地球にやってきた宇宙船の大群から降り立ったのはかつて人類を創造し、そして今人類に介護を求めてやってきた神々だった!?この神々、すっかり老いぼれてボケまくっているもんだから人類に邪険にされイジメに遭う、という情けない展開が気の毒ながら大いに笑えてしまう。後半は一転、銀河を駆ける神々の煌びやかな描写の壮大さに劉慈欣SFの醍醐味を感じた。ケン・リュウの中国SFアンソロジー『折りたたみ北京』に「神様の介護係」のタイトルで重訳されていた作品を中国語から新たに訳出。
  • 「扶養人類」……「老神介護」の続編だが前作と打って変わってこちらは中国闇社会を中心として描くハードノワール作品となる。それにしても劉慈欣、ノワールを書いてもイケるとは驚かされる。テーマとしては侵略SFとなるが、あちこちに『三体』の片鱗が伺われる。同時にこの作品は劉慈欣が短編に頻繁に用いたがる「(中国の)貧困と格差」がもう一つのテーマとなっている。それにしても引き出し広いな劉慈欣。
  • 白亜紀往事」……知能を持った蟻と恐竜が共存し高次元の文明を築き上げて2000年、その社会は瓦解の危機を迎えていた。隠された地球の歴史を描いた作品だが、というよりも劉慈欣の蟻好きが高じて描き上げられた作品という気がしてならない。どうやら長編化した作品もあるようだ。
  • 「彼女の眼を連れて」……見知らぬ女性の為に大自然の情景を写す小型モニターを持ち歩く男の話。劉慈欣にしてロマンチックな物語だが、女性の正体というのが想像もつかない事情が隠されていて驚かされる。なんでも中国の国語の教科書に採用された作品らしい。
  • 「地球大砲」……同時発売の短編集『流浪地球』は「地球を宇宙船にして飛ばしちゃえ!」という話だったが、こちらは「中国から南極まで一直線のトンネルを掘っちゃうよ!」というお話だ。奇想天外というか稀有壮大というか、どちらにしろ馬鹿馬鹿しい発想ではあるが、劉慈欣はそれに科学的な考証(実現不可能なものも含め)を加えることでSF的醍醐味とリアリティを導き出すことを可能にしているのだ。同時にこの作品は短編集『円』収録の作品「地火」に通じる「地底開発SF」であり、『流浪地球』収録の「山」にもそのアイディアが持ち込まれるが、これも蟻と同様、劉慈欣の「地底への執着」が伺われるという部分で面白い。著者の父親が炭鉱労働者だったという経緯もそこにあるのだろう。それは同時に、そんな父親の背中を見て育った著者の、ひとつの人生観なり社会観が反映したものだとも言えはしないだろうか。