『三体Ⅲ 死神永生』はやりたい放題の超絶SFだったッ!?

三体Ⅲ 死神永生(上)(下) / 劉 慈欣 (著)、大森 望・ワン チャイ・光吉 さくら・泊 功(訳)

f:id:globalhead:20210606141624j:plain

三体文明の太陽系侵略に対抗する切り札「面壁計画」の裏で、極秘の仰天プランが進んでいた。三体艦隊の懐に、人類のスパイを送る――奇想天外なこの「階梯計画」の発案者は、若き航空宇宙エンジニアの程心(チェン・シン)。しかも、むかし彼女に片思いしていた孤独な男・雲天明(ユン・ティエンミン)が計画の鍵を握る。だが、この二人の関係が、のちに人類文明全体の運命を左右することになろうとは……。壮大なスケールで人類の未来を描く三部作、堂々の完結篇。

話題総なめのSF長編3部作『三体』が遂に完結!

あの『三体』の翻訳版完結編が遂に発売された。中国人SF作家・劉慈欣(リュウ・ジキン)によって書かれたこの物語は、圧倒的な科学力をもって地球を侵略せんとする三体星人と地球との、数百年に渡る熾烈な戦いを描いたものだ。この『三体』は3部作となっており、『三体』、『三体Ⅱ 黒暗森林』 そしてこの『三体Ⅲ 死神永生』によって完結を迎える。全世界2900万部売上とか、中国人初のヒューゴー賞受賞作とか、あれこれと話題満載ではあるが、それもひとえにこの物語がSF界の歴史を覆すとてつない傑作だったからだ。

かく言うオレ自身は、実は1作目『三体』はあまりノレなかったのだが、『Ⅱ』のそのとんでもない展開に度肝を抜かしついでに腰も抜かし、作者並びに早川書房関係者各位に「1作目の時にナメ切ったこと言ってホントにスイマセン」と心の中で平身低頭したという経緯があった。1作目にノレなかったのは、作者独特の作話の在り方に戸惑ったからなのだろうと思う(後述)。しかしその後読んだ『Ⅱ』は……今思い出しても鳥肌が立ちそうな、凄まじいカタストロフが描かれていたのだ!!

そうして満を持して『三体Ⅲ 死神永生』に取り掛かり読了したオレだったが、その感想はというと……

グワアアアア物凄かった~~~~~ッ!

『三体Ⅲ 死神永生』は物凄過ぎた

この『Ⅲ』と比べるならば『Ⅰ』はまだ初見の挨拶に過ぎず『Ⅱ』は準備体操でしかなかった。しかしこの『Ⅲ』ときた日にゃあ、もはや殲滅戦である。読者をぐうの音も出ないほどに叩きのめし宇宙の彼方まで吹き飛ばすギャラクティカファントムの如き超必殺技の連打連打連打がこの物語だったのである(オレも古いな)。

それは全宇宙全時空を舞台に展開する壮大極まりないエピックだ。奇想に溢れたハードSFアイディアを惜しげもなく「これでもか!これでもか!」とばかりにぶち込むその様は、まさに【SF満漢全席】とも呼ぶべき至高のSF料理!美味なる驚異でもって頭脳の味蕾を甘美に刺激するその物語はこれぞ中華の真髄とも言うべき至福のSF体験!もはやSF料理長・劉慈欣の匠の技にただただひれ伏すのみ!劉先生、オレもうお腹一杯です.......ッ!

なにしろヤバかった、これを読んだ後ではあらゆるSFが霞んだ。実際この『Ⅲ』の後に他のSF本読み始めたら物足りなくて物足りなくて、もう一回『Ⅰ』から読み直すか?と思ったほどだ。

やりたい放題の超絶SF

実際「小説」として読もうとすると、登場人物たちが冷凍睡眠を利用してガンガン時代を飛び越してゆく構成や、古臭く思える人間描写や紋切り型な人物造形や、アイディアに奉仕した形のストリーテリングなどイビツに感じる部分もある。『Ⅰ』を読んだときはそれが引っ掛かって楽しめなかったという経緯があった。しかし『Ⅱ』を経てそういった作者独特の話法に慣れてしまうと、「小説」という枠組みを飛び越えて作者が物語にぶち込む壮絶にして芳醇な「エスエフ味」にひたすら酔わされるんだよ!

それにしてもあれほどきっちり終わった『Ⅱ』の後に物語を転がしようがあるのか?と思ったら、この『Ⅲ』はさらにその上を行っていた。「『Ⅱ』までは大人しく書いてたけど『Ⅲ』は好き放題やらせてもらうからね、しっかりついてこいよ!」という作者の凶暴な笑みが目に浮かぶようだ。作者インタビューによると『Ⅰ』『Ⅱ』は出版社の要望により一般読者にも受け入れられやすいように書いたが、『Ⅲ』ではSFファン向けに書いたものであり、だからこそよりSF感溢れる物語になったのだそうだ。ああ、だからここまで確信犯的にやりたい放題の超絶SFに仕上がっていたのか!?

中国的なるもの

実のところ、ネタバレを一切排したいがために「どこがどう凄いのか」を一切書かずに「スゲエ!スゲエ!」ばかりを連呼して、大変要領の得ない文章になってしまったことはここで陳謝しておく。ただ最後に、この3部作を読んで一つ思った事を書いておこう。

これまで「中国SF」の、その「中国」の部分をあえてクローズアップせずに書いたが、それでもこの物語には「中国的なるもの」はやはり存在していると思うのだ。それは三体危機のその時その時の状況によりイデオロギーが揺れ動き、地球市民たちの感情が時に真逆に変わってしまう様だ。これが文化大革命を前後する中国のイデオロギー国民感情の変節の在り方にどうしても被って見えてしまう。

それは「暗黒森林理論」と併せ、「強大なる力への不信」がその底辺にあるような気がする。しかし、壊滅的なカタストロフに彩られたこの物語に、それでもどこか太平楽な楽観性を感じてしまうのは、やはり中国なるものの懐の深さ、度量の大きさがあるからではないかと思えるのだ。併せて、この『Ⅲ』は気恥ずかしくなるほどのロマンチックさに溢れた物語でもある。その大いなるロマンも含めて、大陸の気風が見え隠れする物語であったと感じた。 

参考:これまで書いた『三体 Ⅰ、Ⅱ』 の感想文

『三体』3部作

もう一つの「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」/映画『カムバック・トゥ・ハリウッド!!』

カムバック・トゥ・ハリウッド!! (監督:ジョージ・ギャロ 2020年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20210606143316j:plain

1970年代のハリウッドを舞台に、金に困った映画プロデューサーが老いぼれ俳優に保険金を掛け、映画撮影中に殺しちゃおう!と画策するというブラックなコメディ映画です。そしてこの作品、なにしろ配役が豪華!ロバート・デ・ニーロトミー・リー・ジョーンズモーガン・フリーマンとオスカー俳優たちが顔をそろえ演技の火花を散らしているんですね。監督はデ・ニーロ主演のコメディ作品『ミッドナイト・ラン』で脚本を手がけたこともあるジョージ・ギャロの監督初作品。 

1970年代のハリウッド。B級映画プロデューサーのマックスは、ギャングのレジーからの借金返済に頭を悩ませていた。そんなマックスが苦し紛れに思いついたのが、危険なスタント撮影での死亡事故で保険金を手にするというとんでもないトリックだった。マックスは往年のスターであるデュークを老人ホームから担ぎ出し、西部劇の撮影をスタートさせる。撮影の本当の目的は映画を絶対に完成させずに、撮影中にデュークに死んでもらうこと。しかし、マックスの目論見ははずれ、デュークが思いのほかしぶとかったために撮影は順調に進んでしまう。

カムバック・トゥ・ハリウッド!! : 作品情報 - 映画.com

映画の都ハリウッドを舞台にした映画は多々ありますが、最近ではやはりタランティーノ監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』がお馴染みでしょう。夢と欲望、虚飾と悪徳が、あたかも光と影のように強烈なコントラストをなす現代のバビロン・ハリウッドは、それだけで多くの物語を生む下地となっているのでしょう。

物語は、そんな虚飾の街で零細映画製作会社を経営する男マックス(ロバート・デ・ニーロ)と、製作資金を貸し出すギャングのレジーモーガン・フリーマン)が登場し、ハリウッドの裏側でセコくミミっちく生きる男たちの胡散臭さを大いに見せつけます。マックスとレジーに目をつけられたのが今やすっかり落ちぶれ名前も忘れられた老西部劇俳優のデューク(トミー・リー・ジョーンズ)。失意の中で再び映画主演の栄光を掴んだ彼ですが、保険金殺人のターゲットにされていることはもちろん知りません。こうしてまさしく「ハリウッドの光と影」の中で、映画製作は始まってしまうんです!

なにしろこの3大俳優が並び立ち、それぞれが大いに怪しい演技を見せつけてくれる部分で楽しめる作品です。同時にこの3人、デ・ニーロが77歳、モーガン・フリーマンが84歳、トミー・リー・ジョーンズが74歳、3人合計235歳、皴の数を合わせたら3千本という(?)、ジジイ揃いの配役!!この爺様たちが顔つき合わせて怪気炎を吐くものですから、その恐るべきシルバーパワーの奔流に観ていてタジタジとなること必至です!即ちこの作品、「ジジイ映画」としても楽しめるということですな!

とはいえジジイだけに任せておくわけにはいきません。海千山千の映画プロデューサー役にザック・ブラフ、マックスの甥っ子役にエミール・ハーシュ、マックスの陰謀が蠢く映画監督に抜擢された女性監督役にケイト・カッツマンと、中堅俳優たちがジジイの暴走を食い止める介護役相手役として登場し、それぞれに素晴らしい存在感を見せてくれるんですね。他にも動物プロデューサーのおっさんとか、レジーのバカそうな子分とか、味のある演技を見せてくれる俳優が沢山登場して実に楽しませてくれるんですよ。

なにより可笑しいのは、これまで駄作愚作失敗作ばかり製作してきたマックスが、陰謀遂行の為に内容など何も気にせず製作した西部劇が、デュークの大活躍と新人女性監督の思い切りの良さにより、徐々に大傑作へと仕上がってゆくという皮肉です。この映画内映画、老ガンマンを演じるデュークが実に渋くて、実際に完成した作品を観てみたいと思わせるほどカッコいいんですよ。また、「当て馬抜擢」とはいえ、この時代に女性映画監督というものを登場させたことにこの作品の面白さがあります。

総じて、この作品に横溢するのは、一つの「映画愛」なんですね。マックスは映画を愛するあまり犯罪を思いつき、ギャングのレジーも映画が好きだからこそ映画に出資します。引退を決意していたデュークが返り咲いたのも己の映画愛ゆえです。その他、この映画に登場する殆どの人たちが、それぞれの「映画愛」によって動いているんです。そんな「映画愛」を支え、時にその「映画愛」ゆえに破滅させる、ハリウッドという街の妖しい魅力、それがこの作品の本当の主人公なのかもしれません。 

何度もコンティニューして敵を撃破しろ!/映画『コンティニュー』

コンティニュー  (監督:ジョー・カーナハン 2021年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20210606131703j:plain

ゲームオーバーになっても「コンティニュー」すれば何度も同じゲームにチャレンジができるように、「何度も同じ時間軸を繰り返してしまう!」というお馴染みタイムループものテーマのSF映画であります。主演の「コンティニュー男」を『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』シリーズのフランク・グリロが演じ、その妻をナオミ・ワッツ、さらにイケズな敵役をメル・ギブソンが演じているのも見どころ。監督は『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』『バッド・ボーイズ フォー・ライフ』のジョー・カーナハン。 

 元デルタフォース特殊部隊員のロイは、毎朝、目覚めた瞬間に謎の殺し屋に襲われ、殺される日を繰り返していた。銃で撃たれ、爆弾で吹き飛ばされ、刃物で刺され、何度殺されても生き返るロイは、生と死のループを繰り返し、同じ1日を無限に生きていた。死のループから抜け出すために何度もトライ&エラーを重ねる中、科学者である元妻からタイムループの鍵を握る極秘計画の手掛かりをつかむ。真実を暴き、追われる身となった元妻を救うため、自ら殺し屋集団のもとに出向いたロイは、計画の責任者である軍属科学者ヴェンター大佐の居場所を突き止めていく。

コンティニュー : 作品情報 - 映画.com 

それにしても「タイムループ」映画、『オール・ニード・ユー・イズ・キル』や『ミッション:8ミニッツ』といったSF作品、『トライアングル 殺人ループ地獄』や『ハッピー・デス・デイ』といったホラー作品、最近公開された『パーム・スプリングス』など沢山作られていて、このテーマへの関心の高さがうかがえます。その根本にあるのは「同じ時間を繰り返す」という不条理感、「何度もやり直して成功に近づける」という非現実的なゲーム感覚、それと併せ「あの時こうしていたら」という後悔や悔恨をやり直せるというファンタジーがその中で再現されるからでしょう。

この『コンティニュー』はなんだかよくわからないSF的な理由により同じ朝に何度も目覚め沢山の殺し屋に命を狙われ、殺されてはまた蘇って敵の撃破術を学びながら謎の核心に近づいてゆくという物語です。「タイムループ」テーマの作品としてはオーソドックス過ぎるほどの作りですが、ではどのあたりで他の「タイムループ」映画と差別化されていのでしょう。

まず全体にゲーム的展開にコミック調のキャラクターやアクションがフィーチャーされているという点でしょう。これらは最近公開されたダニエル・ラドクリフ主演の殺人ゲーム映画『ガンズ・アキンボ』と通じるものを感じます。そしてコミック調であるがゆえに、タイムループの理由や原理に突っ込んで言及せず、またミステリアスな展開に持ち込むことなく、シンプルに痛快アクションに徹しているという点でしょう。

しかしある意味ありがちと言えるこの物語を最も引き立てているのは、主演のフランク・グリロの、ダルくガサツで草臥れきったキャラクターと言えるでしょう。同時に敵役を演じるメル・ギブソンの食えない悪党ぶりも物語を大いに盛り立てます。そして殺伐とした男たちの世界でナオミ・ワッツの輝きはこの物語に大きく寄与しているでしょう。言うなれば平凡になりがちな物語を出演者の魅力で見せているのがこの作品だともいえます。

そういった部分で、「タイムループ」映画としての新鮮さは無いにせよ、俳優たちの存在感で安心して楽しめる映画になっていると言えるでしょう。ややこしいことは抜きにして、徹底的におバカなアクションを気楽に楽しむ、それがこの『コンティニュー』なんですね。なんですね。なんですね。なんですね。……ああっ!?何度も繰り返してる!?

トライアングル [DVD]

トライアングル [DVD]

  • メリッサ・ジョージ
Amazon

迫りくる人類の危機にジェラルド・バトラーが立ち向かう!? / 映画『グリーンランド 地球最後の2日間』

グリーンランド 地球最後の2日間 (監督:リック・ローマン・ウォー 2020年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20210606120945j:plain

ジェラルド・バトラーである。レオニダス王として100万のペルシア軍と戦い、『エンド・オブ』シリーズではシークレットサービスとしてアメリカとイギリスをテロから救い、『ジオストーム』では気象学者として気象異常から地球を救った男である。とにかくいろんなもんから救ってくれるという点でかつてのチャールトン・ヘストンのごとき頼れる男なのだ。そんなバトラーさんが今回相手にするのは地球を危機に陥れる巨大隕石なのだ。

 突如現れた彗星の破片が隕石となり地球に衝突した。さらなる巨大隕石による世界崩壊まで残り48時間に迫る中、政府に選ばれた人々の避難が始まる。建築技師の能力を見込まれたジョン・ギャリティ、そして妻のアリソンと息子のネイサンも避難所を目指して輸送機に駆けつけた。しかし、ネイサンの持病により受け入れを拒否され、家族は離れ離れになってしまう。人々がパニックに陥り、無法地帯と化していく中、生き残る道を探すギャリティ一家が目にしたのは、非常事態下での人間の善と悪だった。

グリーンランド 地球最後の2日間 : 作品情報 - 映画.com

さて今回もバトラーさんが八面六臂の超人的な活躍で地球を危機から救うのか!?その剛腕で降り注ぐ隕石を次から次へと宇宙へ叩き戻すのか!?と思ったら実の所そういう映画ではなかった。バトラーさんはどこにでもよくいる市井の人でしかなく、ただただ家族を守ろうと右往左往するだけである。彼が持つたった一つの力、それは妻と子供を愛する力だけだ。地球滅亡まであと48時間というときに、愛の力だけでいったい何ができるのか?というのがこの映画のテーマでもある。

しかし「地球に巨大隕石が落下し人類滅亡の危機が迫る」というこの物語、あまりにもありふれ過ぎていて大丈夫なのか?なにか隠し玉でもあるのか?と思っていたら、やはり直球の天体衝突ディザスタームービーでしかない。しかし、降り注ぐ隕石と破壊される都市のSFXの禍々しい美しさ、災害が世界中に広がってゆく恐怖感や市民のパニック、しっかりしっとりと描かれる家族愛、生きるか死ぬかのハラハラ展開など、非常に丁寧に作られていて退屈させず鑑賞できるのだ。併せて主演のバトラーさんも妻役のモリーナ・バッカリンもいい演技を見せてくれて感情移入しまくりなのだ。

「天体衝突ディザスタームービー」というのはこれまでも山ほど作られてきた。『地球最後の日』(1951)、『メテオ』(1979)、『ディープ・インパクト』(1998)、『アルマゲドン』(1998)と枚挙に暇がない。それらは地球の危機に対し、科学合理主義であったりとか、軍事力であったりとか、あるいはマチズモでもって対処し打ち勝ってきた。しかしこの『グリーンランド』では、家族への愛というある意味ちっぽけで非力なものでしか対処しない、対処できていないのだ。

これは、科学も、軍事に代表される国家の力も、そしてマチズモですらも、もはや自分たちを守る力ではない、という醒めた諦観があるからなのではないか。そして最後に残ったもの、最後に信用でき身を預けることができるのは、人間関係の最小単位である「家族」だけなのだ。かつての「天体衝突ディザスタームービー」のド派手で荒唐無稽な展開と比べると当たり前すぎる展開を見せるこの作品が、どこかリアルで身に迫るのは、「信用できるものも身を預けることのできるものもない」という現代の不安の在り方にどこか通じ、それをえぐり出しているからではないだろうか。そんな事を思った作品だった。

メテオ<完全版> (2枚組) [DVD]

メテオ<完全版> (2枚組) [DVD]

  • ビリー・キャンベル
Amazon

 

パンデミックにより滅亡した世界を彷徨う子供たち/長編SF小説『マザーコード』

マザーコード /キャロル・スタイヴァース (著)、金子 浩 (訳)

マザーコード (ハヤカワ文庫SF)

2049年アフガニスタンで使用されたバイオ兵器が暴走し、致死的病原体となって世界じゅうに広まった。人類滅亡を目前にして、遺伝子操作により病原体に免疫を持つ子供たちが作りだされ、〈マザー〉と呼ばれるロボットに託される。それから12年──〈マザー〉ボットに育てられた少年カイは、ほかの〈マザー〉の子供たちと出会い、ある決断を迫られるが……破滅した世界での希望の子供たちを描いた、近未来SFサスペンス

パンデミックによる人類滅亡……というタイムリー過ぎるテーマで描かれるSF作品である。しかし、最初「作者狙ったな」と思っていたのだが、実はこの作品は世界的にコロナ禍が吹き荒れる以前の2019年に書き上げられたものなのらしい。作者であるキャロル・スタイヴァースはもともと医療検査技術関連の人物で、この『マザーコード』は長編デビュー作であるとのこと。

この作品では2つテーマが描かれることになる。まずはなにしろ「パンデミック」だ。アメリカ軍が極秘裏に開発していたウィルス兵器を実戦使用してしまい、それが開発段階では予期しなかった形で変容しじわじわと世界を蝕んでゆく。このウィルス兵器、「肺炎のような症状を起こす」という部分がまず恐怖だ。作者がコロナ禍を予見していたのではないかとすら思わせるが、そういえば小松左京の『復活の日』も「風邪のような症状」のウィルスが世界を滅ぼす作品だった。

この「安全使用できるはずのウィルス兵器がなぜ暴走を起こすことになるのか」という部分の科学的な書き込みが秀逸で実に説得力があり、だからこそ恐るべき迫真性をもって伝わってくる。そして撃退不可能の死の病となり世界は徐々に滅亡へと突き進むことになるのだ。この作品世界では「ワクチン」的なものの製造が間に合わず、「解毒剤」と呼ばれるものがアメリカのごく少数の集団に投与されることになる。

この作品のもう一つのテーマは「ロボットAI」だ。そして実はこの作品の主軸はこの部分にある。アメリカは滅亡に瀕した世界に子孫を残すため、遺伝子操作によりウィルス免疫を持つ子供たちを生み出す計画を遂行するが、その子供たちの育成と保護を担うロボット製作も同時進行させるのだ。ロボットAIには卵子提供者である母親の人格が使われ、それが「マザーコード」と呼ばれるものなのだ。

このロボット「マザー」は子供を機内に搭乗させることができ、飛行能力を持ちさらにレーザー兵器まで搭載している。予測不能の事態から徹底的に子供たちを守ることのできる仕様なのだ。作者によると、なんとあの「エヴァンゲリオン」がヒントになったのらしい。計画段階であったために「マザー」は30体しか製作されておらず、そしてある事件により子供たちを乗せたマザーは主人公である管理者たちのもとから飛び立ち行方不明となる。この子供たちの行方を追う主人公らと、砂漠地帯を10数年彷徨うことになる子供たちの姿がこの物語のメインなのだ。

そして物語は「マザーコード」という名のAIの強烈な母性と、強烈な母性ゆえに全ての他者を外敵ととらえ拒み続けるAIの行動を描くことになる。その「マザー」を捜索し、子供たちを救出したいと願うのも、実は彼らの卵子精子提供者の親たちなのである。すなわちこの物語の基調となるのは子供たちを守り慈しもうとする「強烈な親の愛」であり、その愛により対立する人間とAIとののっぴきならない確執となるのだ。パンデミック、ロボットAIといったSF的アイディアの背後に存在するこの愛情の存在が物語にエモーショナルな奥行きを与え、人類滅亡の絶望感を乗り越えた希望の形を提示しようとする。そういった部分に思わぬ収穫を感じた作品だった。