MOVIE

縦横に広がる異様な脳内世界の光景/映画『アンチグラビティ』

■アンチグラビティ (監督:ニキータ・アルグノフ 2019年ロシア映画) ちょっと前に「ロシアのSF映画には意外と拾い物がある!」とこのブログで書いたばかりだが*1、またまたロシア製SF映画の登場である。こうして立て続けにロシア製SFをロードショー劇場で…

祝:DVD・Blu-ray発売!インドのスーパーヒーロー『フライング・ジャット』の活躍をみんなも観よう!

■フライング・ジャット (監督:レモ・デスーザ 2016年インド映画) (この記事は2016年9月2日更新の『弾よりも速く、力は機関車よりも強く!インドのスーパーヒーロー、フライング・ジャット登場!?〜映画 『A Flying Jatt』』を作品のソフト化に合わせ一部…

稀代の武術家の生涯を描く『イップ・マン』シリーズ、堂々の完結編/映画『イップ・マン 完結』

■イップ・マン 完結 (監督:ウィルソン・イップ 中国・香港映画) ■『イップ・マン』シリーズ完結編 あの『イップ・マン』が遂に完結である。最強の中国拳法・詠春拳の使い手であり、ブルース・リーの師匠としても知られ、19世紀末に生まれ激動の時代を生き…

最近ダラ観した韓国映画などなど

■パラサイト 半地下の家族 (監督:ポン・ジュノ 2019年韓国映画) パラサイト 半地下の家族 [Blu-ray] 発売日: 2020/07/22 メディア: Blu-ray う〜ん『パラサイト半地下の家族』、前評判が高くて気にはしてたんだけど実際観てみたら期待外れだったなあ。貧…

殺って殺って殺りまくれッ!?/映画『ランボー ラスト・ブラッド』

■ランボー ラスト・ブラッド (2019年アメリカ映画) シルベスター・スタローンの『ランボー』シリーズには特に思い入れが無く、全作観ているのかどうかもよく分からない(2作目と3作目が頭の中でごっちゃになってる)。しかし4作目に当たる『ランボー 最後…

最近ダラ観した韓国映画などなど

■EXIT イグジット (監督:イ・サングン 2019年韓国映画) EXIT [Blu-ray] 発売日: 2020/05/02 メディア: Blu-ray 韓国パニックアクション映画『EXIT イグジット』がとてつもなく面白かったッ!!毒ガステロに遭った韓国都市、拡散上昇するガスから逃れる為と…

終わりなき戦いの果てにあるもの/ロシア産侵略SF映画『ワールドエンド』

■ワールドエンド (監督:イゴール・バラノフ 2019年ロシア映画) ロシアのSF映画には意外と拾い物がある。 ロシアのSF映画と言えば古くには『惑星ソラリス』(1972)や『ストーカー』(1979)のような格調高い作品、『未来惑星キン・ザ・ザ』(1986)みたいなカル…

デヴィッド・リーンの初期の作品『旅情』と『逢びき』を観た【デヴィッド・リーン特集その5】

■旅情(監督:デヴィッド・リーン 1955年イギリス・アメリカ映画) アメリカに住む独身女性ジェーン(キャサリン・ヘプバーン)が念願のヨーロッパ旅行に出かけ、最終目的地である水の都・ヴェネツィアで一人のイタリア人男性と恋に落ちる。しかしその男性レ…

引き続きデヴィッド・リーン監督作『ライアンの娘』『インドへの道』を観た【デヴィッド・リーン特集その4】

■ライアンの娘 (監督:デヴィッド・リーン 1970年イギリス・アメリカ映画) 映画『ライアンの娘』は20世紀初頭のアイルランドの寒村が舞台となる。当時イギリス領であったアイルランドはイギリスに対して独立運動を繰り広げていた。物語の主人公は若き人妻…

デヴィッド・リーンにハマってしまった【デヴィッド・リーン特集:序章】

ついこの間まで家で積みDVDばかり消化していた。見栄を張って買ったはいいがまるで観ていなかった名作系の映画ばかり観ていたのである。その時に観た映画はこちらのエントリで紹介した。 とはいえ、観ていない積みDVDはまだまだ残っていて、「いやもうそろそ…

リュック・ベッソン印のビューティー・アサシン映画『ANNA/アナ』を観た

■ANNA/アナ (監督:リュック・ベンソン 2019年アメリカ・フランス映画) 例のアレによる緊急事態宣言が解除され、「久しぶりに映画でも行くか」と公開情報を漁っているオレの目に飛び込んできた映画タイトルが『ANNA/アナ』。なにやら女殺し屋が主人公の映画…

映画館もやってないのでタイトルだけ知ってて観たことのなかった巨匠映画監督の作品をあれこれ観ていた

基本的にオレはただただドンパチしてるだけのIQの低い映画や観た後すぐ忘れるようなひたすらしょーもない映画を頭をボンヤリさせつつウヘヘ……とか半笑いしながら観るのが大好きな怠惰極まりない人間なのだが、時たま意味不明な向上心がメラメラと燃え上がり…

オレのブログの歴代映画ベストテンをさらしてみる

unsplash-logo Felix Mooneeram そういや去年の暮、オレの尊敬する映画ブロガーのTaiyakiさんが「「映画テン年代ベストテン」を選ぶ前に過去9年間のベストテンを振り返る」という企画をやっていて、オレもそれに便乗しようと記事を書いていたのだが、途中で…

リティク・ローシャンが惚れ惚れするほどカッコいいインドのスパイ・アクション大作『WAR』!

■WAR (監督:シッダールト・アーナンド 2019年インド映画) インドのベテラン人気俳優リティク・ローシャンと現在人気爆発中(オレの中で)の若手アクションスター、タイガー・シュロフがタッグを組んで出演したアクション映画『WAR』であります。2019年に…

”癒し”という名の芸術/映画『ホドロフスキーのサイコマジック』

■ホドロフスキーのサイコマジック (監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 2019年フランス映画) ■ホドロフスキーによる心理療法「サイコマジック」 『エル・トポ』『ホーリー・マウンテン』などで知られるカルト映画監督アレハンドロ・ホドロフスキーはオレ…

在日コリアン家族と北朝鮮から帰国した兄/映画『かぞくのくに』

■かぞくのくに (監督:ヤン・ヨンヒ 2012年日本映画) 映画『かぞくのくに』は大阪出身の在日2世であるヤン・ヨンヒが監督し2012年に公開された日本映画である。これまでドキュメンタリーを撮って来た彼女の初のフィクション作品であるのらしい。そして物語…

ロックによる反人種差別運動/映画『白い暴動』

■白い暴動 (監督:ルビカ・シャー 2019年イギリス映画) オレのパンク・ミュージックの初体験は1977年、セックス・ピストルズのリリースホヤホヤのアルバムでだった。「今これが一番新しいんだぜ」と友人に聴かされたその音楽は、当時プログレッシヴ・ロッ…

最近観たインド(関連)映画3作

■ホテル・ムンバイ(監督:アンソニー・マラス 2018年オーストラリア・アメリカ・インド映画) ホテル・ムンバイ [Blu-ray] 発売日: 2020/03/03 メディア: Blu-ray 映画『ホテル・ムンバイ』は2008年、インドの都市ムンバイで実際に起きたイスラム過激派によ…

最近ダラ観したDVDやらブルーレイやらサブスクやら

■ジェミニマン (監督:アン・リー 2019年アメリカ映画) ジェミニマン ブルーレイ+DVD [Blu-ray] 発売日: 2020/03/04 メディア: Blu-ray 腕利き殺し屋が自分のクローンと戦っちゃう羽目に!?というSFアクション。劇場はスルーしたんだけどレンタルで観たら…

『バーフバリ』的超絶展開が巻き起こるインド・アクション映画『サーホー』!

■サーホー (監督:スジート 2019年インド映画) 近未来のインドを舞台に、警察・マフィア・大泥棒とが三つ巴となり虚虚実実の駆け引きを繰り広げあうというアクション大作がこの『サーホー』だ。主演にあの『バーフバリ』サーガでバーフバリ王を演じたプラ…

学園ホラーコメディ映画『スローターハウス・ルールズ』を観た

■スローターハウス・ルールズ (監督 クリスピアン・ミルズ 2018年イギリス/アメリカ/カナダ映画) オレはサイモン・ペッグが結構割と好きである。『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『ホット・ファズ』あたりの有名作、『ミッション・インポッシブル』や『ス…

最近ダラ観したDVDやらブルーレイやら

■王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 (監督:ツイ・ハーク 2010年香港・中国映画) 王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン …

自由を請い求める生き方/映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』

■ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 (監督:キャシー・ヤン 2020年アメリカ映画) DCエクステンデッド・ユニバース映画『スーサイド・スクワッド』、あれこれ毀誉褒貶はあろうがオレにはお気に入りの映画のひとつである。なぜならそれは、ハーレイ・クインと…

「バーグ&ウォールバーグ」によるネトフリ映画『スペンサー・コンフィデンシャル』を観た。

■スペンサー・コンフィデンシャル (監督:ピーター・バーグ 2019年アメリカ映画) Netflixのハリウッド有名映画監督登用作品はあまり期待しないことにしているのだが、今回の『スペンサー・コンフィデンシャル』の放送はちょっと楽しみにしていた。なんとい…

そこに疎ましい因習や階級があったとしても/映画『あなたの名前を呼べたなら』

■あなたの名前を呼べたなら (監督:ロヘナ・ゲラ 2018年インド・フランス映画) ■家政婦とその主人 映画『あなたの名前を呼べたなら』はインドの大都市ムンバイを舞台にした、一人の家政婦とその主人との物語です。 主人公の名前はラトナ(ティロタマ・ショ…

『地獄の黙示録 ファイナル・カット』を観た。

■地獄の黙示録 ファイナル・カット (監督:フランシス・フォード・コッポラ 2019年アメリカ映画) ■オレと『地獄の黙示録』 泥沼のベトナム戦争を描く1979年公開のフランシス・フォード・コッポラ監督作『地獄の黙示録』が【ファイナル・カット】と銘打って…

インド映画の魅力がぎっしり詰まった奇跡の玉手箱『プレーム兄貴、王になる』

■プレーム兄貴、王になる (監督:スーラジ・バルジャーティヤ 2015年インド映画) (この記事は2016年2月16日に更新した「インド貴族の屋敷を舞台にしたボディダブル・ストーリー〜映画『Prem Ratan Dhan Payo』」を作品の日本公開に合わせ一部内容を変更し…

最近レンタルでダラ観した映画あれこれ

■ホームステイ ボクと僕の100日間 (監督:パークプム・ウォンプム 2018年タイ映画) ホームステイ ボクと僕の100日間 [DVD] 出版社/メーカー: 株式会社ツイン 発売日: 2020/02/05 メディア: DVD 「死んだはずの“ボク”の魂が自殺した高校生の肉体に宿り、100日…

迫真の体感映画/『1917 命をかけた伝令』

■1917 命をかけた伝令 (監督:サム・メンデス 2019年イギリス・アメリカ映画) 第1次世界大戦は戦車や銃、毒ガスや戦闘機など近代兵器を駆使した初の戦争として知られるが、無線技術はまだ不都合が多く、遠隔地との連絡は有線で繋ぐか伝書鳩や兵士を使っての…

映画『グッドライアー 偽りのゲーム』を観た

■グッドライアー 偽りのゲーム (監督:ビル・コンドン 2019年アメリカ映画) ヘレン・ミレンが好きだ。好きだ、と言っても全作品観ているとか部屋にポートレートを飾ってるとか待ち受け画面にしているとか来世では嫁にしたいとかそういうのではなく、観てい…