MUSIC

最近聴いたエレクトリック・ミュージック

■Berghain Funfzehn / Luke Slater Berghain Funfzehn [Analog] アーティスト:Luke Slater 発売日: 2020/05/22 メディア: LP Record ベルリンの人気レーベルOstgut TonからリリースされたUKテクノ・シーンの重鎮Luke Slaterのニュー・アルバム。いつものぶっ…

最近聴いたエレクトリック・ミュージック/Anjunadeepレーベルがエモ過ぎる件について

「最近こればっかり聴いている」というのがAnjunadeepレーベルからリリースされている様々なアルバムだ。ジャンルとしてはプログレッシヴ・ハウスの範疇に入るのだが、プログレッシヴ・ハウスという言葉から連想する大箱中心の産業ダンス・ミュージックとは…

最近聴いたエレクトリック・ミュージックその他

■Tunes 2011-2019/Burial TUNES 2011-2019 [輸入盤 / 2CD] (HDBCD048)_873 アーティスト:BURIAL,ブリアル 出版社/メーカー: HYPERDUB 発売日: 2019/12/06 メディア: CD UKダブステップ界の鬼才中の鬼才、burialがテン年代にリリースしたシングル全17曲を網…

ブルースを聴いていた

最近たまにブルースを聴いている。これまで全く聴くことは無かったし、とりたてて興味も無かったのだが、ある切っ掛けからちょっとばかり聴いてみたら、「こりゃいいな」と思ってしまったのだ。 その切っ掛けというのはアッティカ・ロックのミステリ小説『ブ…

Fabricがいつの間にか100番台を迎えそしてオレはEDMの世界に戻って来た

■EDMばかり聴いていた もうかれこれ20年以上、テクノやらハウスやらを始めとするEDMばかり聴いていた。こうしてオレが60歳近くなるまで聴いているということは、一生聴き続けるんじゃないかとすら思っていた。しかしどういう理由なのかは分からないのだが、…

ロキシー・ミュージックのボックスセットを購入した

以前も書いたことがあるが10代の頃のオレのロック・スターはデヴィッド・ボウイでありロキシー・ミュージックであった。今回はその、1971年に結成されたイギリスのロック・グループ、ロキシー・ミュージックについてゴチャゴチャと書くことにする。 ロキシー…

初期ジェネシスを聴いていた

■初期ジェネシスを聴いていた 最近しばらく初期ジェネシスを聴いていた。ジェネシスは60年代後期から活躍していたイングランド出身のプログレッシヴ・ロック・バンドで、初期ジェネシスとはピーター・ガブリエルが在籍していた1975年までの活動を指している。…

今年面白かった本とかコミックとか音楽とか

unsplash-logo Loverna Journey 今年も順調に押し迫ってきやがりました!と言う訳で今日は「今年面白かった本とか音楽とかコミックとか」と題し、今年オレのブログで取りあげたそれぞれのモノについてつらつらと羅列していこうかと思います。 目次 ■今年面白…

プリンスのアルバムをコンプリートした《後篇》

さて前回に引き続き「プリンス・アルバムをコンプリート」《後篇》に行ってみたい。多いからサクサク行くよ!(《前篇》はこちら ↓ ) ◎2001年~2010年 2001年: The Rainbow Children レインボー・チルドレン アーティスト: プリンス 出版社/メーカー: ビク…

プリンスのアルバムをコンプリートした《前篇》

ちょっと前まで、オレの中で空前のプリンス・ブームが訪れていた。そう、戦慄の貴公子、紫色大好き、よくわかんないマークに変名したことのある変人、2016年に突然の死を迎えた不世出のカリスマ天才アーチストのあのプリンスである。 プリンスの音楽に最初触…

プリンス『1999』スーパーデラックスエディション発売!

紫の伝説!プリンス初期の伝説的名盤『1999』が《スーパーデラックスエディション》として再発されたのでプリンス大好き今日もレロレロなオレとしてはこれはもう買わざるを得なかったのである。 この『1999 スーパーデラックスエディション』、なんとCD+DVD…

ドアーズ、あるいは「死」という名の強迫観念

■ドアーズのボックス・セットを買った ロック・バンド「ドアーズ」のボックス・セットを買った。ドアーズ、60年代中期から70年代初頭にかけてアメリカで活躍、ヴォーカルであるジム・モリソンのカリスマ性によりセンセ―ショナルな人気を誇ったバンドである。…

プリンスのBlu-rayセット 『Sign "O" The Times: Limited Deluxe Edition』

■Prince - Sign "O" The Times: Limited Deluxe Edition プリンスの最高傑作は何か?というとこれはもう間違いなく『パープル・レイン』と『サイン・オブ・タイムズ』のどちらかだろう。プリンスというキャラクターを究極まで推し進めたのが『パープル・レイ…

ボウイのユニークなライヴ・アルバム『Vh1 Storytellers』

デヴィッド・ボウイの『Vh1 Storytellers』は1CD+1DVDのライヴ・アルバムだ。2009年リリースというから知っている方はとっくに知っていると思うのだが、オレはつい最近知って慌てて購入してみた。そして聴いて&観てみると、これが結構ユニークなライヴ・ア…

心の鎧/映画『ロケットマン』

■ロケットマン (監督:デクスター・フレッチャー 2019年イギリス・アメリカ映画) イギリス出身の世界的ミュージシャン、エルトン・ジョンについては格別な思い入れがる。それはオレが一番最初に体験し熱狂したロックンロール・ミュージックが彼の曲だった…

最近聴いたレゲエやらダブやら

なんかもうムキになって聴いていたので相当大量の音源となり、面倒なのでアルバム毎の説明は割愛させてください……(手抜き)。 ■Derrick Harriott Reggae, Funk & Soul 1969-1975 Derrick Harriott Reggae, Funk & Soul 1969-1975 [国内盤CD] (DSRCD009) アー…

リー・ペリー・アルバムの落ち穂拾いをやっていた

1年近くリー・ペリーの作品をしつこく収集してきたのだが、重要作というのはもう殆どコレクションしてしまい、あとは目に付いた作品を評価は気にせず行き当たりばったりに購入するようになってきた。まあ落ち穂拾いである。ただしリー・ペリー作品なのでつま…

最近聴いたレゲエやらダブやらロックステディやら

■Consider Yourself / The Inturns Consider Yourself [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRPS086) アーティスト: The Inturns 出版社/メーカー: Beat Records / Pressure Sounds 発売日: 2015/01/31 メディア: CD この商品を含むブログ (1件) を見る Channel On…

ペット・ショップ・ボーイズのライブ2CD+Blu-ray+DVDアルバム『Inner Sanctum』

■Inner Sanctum / Pet Shop Boys こないだの4月1日に観に行ったペット・ショップ・ボーイズ日本武道館公演『PET SHOP BOYS The Super Tour』がとってもよかったので、最近発売された彼らのライブ作品『Inner Sanctum』を早速購入しちゃったオレである。 この…

4月1日、ペット・ショップ・ボーイズ武道館公演。

このあいだの4月1日はエレクトロ・ポップ・デュオ、ペット・ショップ・ボーイズ(PSB)の武道館公演を観に行った。会社帰りに行くのもかったるかったので、この日は有給を取り、余裕を持って臨むことにした。 実はオレはPSBデビュー時からのファンである。最…

リー・ペリーの『The Complete UK Upsetter Singles Collection』、 Volume 1~4をコンプリート!

■まだまだ続くリー・ペリー・フィーバー! いやあ、オレにとって去年はホンット、レゲエ尽くし、リー・ペリー尽くしの年であった。じゃあ今年は?というとだな、なんとまだまだ「レゲエ尽くしリー・ペリー尽くし」が続行中なのだよ! 昨年のオレの「リー・ペリ…

レゲエとは、ダブとはなんなのか。レゲエ・ドキュメンタリー2作を観て考えた。

■2作のレゲエ・ドキュメンタリーDVD もう1年近く、レゲエばかり聴いている。以前はエレクトロニカ一辺倒だったのだが、今やレゲエしか聴けない。リー“スクラッチ”ペリー作品への熱狂的評価から始まったオレのレゲエ熱は、70年代前後のルーツ・レゲエ探求へと…

今年面白かった本とか音楽とかコミックとか

unsplash-logo Mahdiar Mahmoodi と言う訳で今日は「今年面白かった本とか音楽とかコミックとか」と題し、今年オレのブログで取りあげたそれぞれのモノについてつらつらと羅列していこうかと思います。 《目次》 今年面白かった音楽 ◎リー・ペリー関係のブロ…

リー・ペリーのコンピレーション・アルバムを紹介してみる

リー・ペリーはこれまでに膨大な数の曲やプロデュース作を製作しており、その全貌を把握するのは骨の折れる作業だが、一度「沼」にハマってしまったファンであればとことんズブズブと「リー・ペリー沼」の深淵を追い求め、その彼方にある(あるいは「沼」の…

最近聴いたレゲエ/ダブ・ミュージック (その4)

■DJ Tracking / DJ Tracking DJ TRACKING アーティスト: DEB PLAYERS 出版社/メーカー: BADDA MUSIC/OCTAVE-LAB 発売日: 2005/07/09 メディア: CD クリック: 2回 この商品を含むブログ (1件) を見る Dennis BrownのレーベルD.E.B. Musicからリリースされたデ…

最近聴いたレゲエ/ダブ・ミュージック (その3)

■Super Star Collection / Leroy Smart Super Star Collection アーティスト: Leroy Smart 出版社/メーカー: Third World 発売日: 2006/12/11 メディア: CD この商品を含むブログを見る レゲエ・ヴォーカリストLeroy Smart、70年代後期にリリースされた名作…

最近聴いたレゲエ/ダブ・ミュージック (その2)

■Spear Burning / Burning Spear Spear Burning (PSCD33) アーティスト: Burning Spear 出版社/メーカー: PRESSURE SOUNDS 発売日: 2003/05/20 メディア: CD クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 孤高のルーツ・レゲエ・アーチストBurning Spearのレア…

最近聴いたレゲエ/ダブ・ミュージック (その1)

■Roots of Dub & Dub From the Roots / King Tubby Roots of Dub & Dub From the Roots アーティスト: King Tubby 出版社/メーカー: Mollselekta 発売日: 2003/11/18 メディア: CD 購入: 1人 クリック: 1回 この商品を含むブログ (3件) を見る キング・オブ…

リー・ペリーのプロデュース・アルバムを紹介してみる

一般にダブ・マスターのようにとられているリー・ペリーの真価は、実はそのプロデュース作にあると言っていい。ペリーのプロデュースはシンガーの魅力を100%引き出す手腕に優れているからだ。ペリーは一見強烈なエゴの持ち主のようにも見えるが、プロデュー…

リー・ペリーのインスト3部作と他にあれこれ紹介してみる

リー・ペリーのインスト3部作(正確には「アップセッターズのインスト3部作」)である。「え、ダブとインストってどう違うの?」と聞かれると返答に困ってしまう音楽的知識の乏しいオレではあるが、ダブ・ミュージックがオリジナル音源をダブ処理した作品だ…