生と、死と、屁と。~映画『スイス・アーミー・マン』

■スイス・アーミー・マン (監督:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン 2016年アメリカ映画) 『スイス・アーミー・マン』。それは、屁の、屁による、屁の為の物語である。 屁。それが体内から排出されるガスの事である。しかし、ゲップは屁とは呼ばな…

インディアン・シネマ・ウィーク/ICWジャパン2017でインド映画三昧だった

《目次》 【インディアン・シネマ・ウィーク/ICWジャパン2017】を観に行った マーヤー /MAYA (監督:アシュウィン・サラヴァナン) 今日・昨日・明日/ INDRU NETRU NAALAI (監督:R・ラヴィ・クマール) デモンテの館 / DEMONTE COLONY (監督: R・アジャ…

ノイズにまつわる7つの物語~アンソロジー映画『始まりは音から~インド詩七篇~』【IFFJ2017公開作】

■始まりは音から~インド詩七篇~ (原題:SHOR SE SHURUAAT)(監督:ラーフル・V・チッテラー、アミーラー・バルガヴァ他 2016年インド映画) 《目次 》 「ノイズ」をテーマとした7編のインド短編作品アンソロジー 1.『アーザード~自由~(Azaad)』監督:…

映画『サルカール3』はインドの『アウトレイジ』だったッ!?【IFFJ2017公開作】

■サルカール3 (原題:SARKAR 3)(監督:ラーム・ゴーパル・ヴァルマー 2017年インド映画) 政治の裏側でドロドロと蠢く魑魅魍魎たちが互いに貪り合う様を描いた政治犯罪スリラー映画『Sarkar 3』でございます。 この映画、なんといってもみんな怖い顔をして…

二つの恋の狭間~映画『心~君がくれた歌~』【IFFJ2017公開作】

■心~君がくれた歌~(原題:AE DIL HAI MUSHKIL) (監督:カラン・ジョーハル 2016年インド映画) 映画『Ae Dil Hai Mushkil』はパリとウィーンを舞台に、二つの愛を通して自分を見つめ直してゆくある男の物語だ。 まずこの作品は『Kuch Kuch Hota Hai』『…

思い出に変わるまで~映画『僕の可愛いビンドゥ』【IFFJ2017公開作】

■僕の可愛いビンドゥ [原題:MERI PYARI BINDU] (監督:アクシャイ・ローイ 2017年インド映画) ある小説家の男が回想する一人の女性との甘くほろ苦い思い出。映画『Meri Pyaari Bindu』は恋と友情の狭間で揺れ動き、時に交差し時に離れてゆく男女の心の様…

巴里の印度人~映画『ベーフィクレー~大胆不敵な二人~』【IFFJ2017公開作】

■ベーフィクレー~大胆不敵な二人~ [原題:BEFIKRE] (監督:アディティヤ・チョープラー 2017年インド映画) 映画『Befikre』はパリで出会った一組のインド男女の恋と友情の行方を描いたロマンチック・コメディだ。 主演となるのは『銃弾の饗宴-ラームとリ…

"乳の道"はどこへ至るのか~映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』

■オン・ザ・ミルキー・ロード (監督:エミール・クストリッツァ 2016年セルビア・イギリス・アメリカ映画) 《目次》 エミール・クストリッツァという傑出した映画監督 クストリッツァの新作映画『オン・ザ・ミルキー・ロード』 象徴と抽象 "乳の道"はどこ…

『プロメテウス』と『エイリアン』を繋ぐ作品~映画『エイリアン:コヴェナント』

■エイリアン:コヴェナント (監督:リドリー・スコット 2017年アメリカ映画) 『プロメテウス』って映画あったじゃないですか、リドリー・スコットの。あれ、製作サイドからも『エイリアン』の前日譚だとか実はちょっと違うだとかなんだかゴニョゴニョした…

Netfrixのカルト・ドラマ『The OA』と主演したブリット・マーリングの魅力について考えてみる

■Netfrixのカルト・ドラマ『The OA』 Netfrixオリジナル・ドラマ『The OA』はある女性が飛び降り自殺から救出されるところから始まる。彼女の名はプレイリー・ジョンソン、病院で意識を取り戻した彼女は驚くべき事実を語り出した。彼女が7年前に養父母の元か…

あのハチャメチャ中華アクション・ファンタジーが帰ってきた!?~映画『西遊記2 妖怪の逆襲』

■西遊記2 妖怪の逆襲 (監督:ツイ・ハーク 2017年中国映画) あの『西遊記 はじまりのはじまり』の続編が遂に公開されると聞きこれは観に行かねばと思ったのである。この『西遊記1』、誰もが知るあの三蔵法師と孫悟空の物語を、『少林サッカー』『カンフーハ…

暗黒皇帝の誕生日:フレンチなヤツを食ったった!

さて9月9日に55歳の誕生日を迎えたオレはこの日、相方さんのおごりで食事をしに行くことになったわけである。これまでモンゴル料理だの南インド料理だのレッド・ロブスターだのに行ったオレであるが、今回はいよいよフレンチなのである。フレンチ……オレ…

GO!GO!ゴーゴー!55歳!(......)

なんと今日はオレの55歳の誕生日なのである。 55歳。ぞろ目である。55、という数字はGO!GO!とも読めないでもない。イケイケである。やる気満々である。しかしそんなもん単なる字面である。55歳にイケイケもやる気満々もあるものか。どっちかっつうとヘ…

『アラン・ドロンのゾロ』とシルビア・クリステルの『卒業試験』の頃

『アラン・ドロンのゾロ』と『卒業試験』はどちらも1975年に日本で公開された外国映画だ。今回の記事は、オレが中学生の頃に公開されたこの二つの映画にまつわるお話を書く。 当時のオレは北海道の田舎に住んでいたのだが、田舎ということもあって映画館でか…

風邪感染したオレは新感染したゾンビ映画を観に行った。~映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

■新感染 ファイナル・エクスプレス (監督:ヨン・サンホ 2016年韓国映画) 風邪ひいた。夏風邪である。体がだるい。頭も痛い。だが、映画の席を予約してあったので観に行かなければならない。映画のタイトルは『新感染 ファイナル・エクスプレス』。きしくも…

エミール・クストリッツァ&ノー・スモーキング・オーケストラのライブが最高過ぎた!

エミール・クストリッツァといえば『アンダーグラウンド』『白猫・黒猫』等、鬼気迫る映像とマジック・リアリズム的物語世界を描く名映画監督である。アレハンドロ・ホドロフスキーと並びオレが最も敬愛する映画監督の一人だ。 そのクストリッツァがやって来…

DCスーパーヒーロー格闘ゲーム『Injustice2』がとっても面白い

オレはDCコミック映画が好きである。バットマンやスーパーマンが登場するいわゆる「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」というヤツである。 『マン・オブ・スティール』。傑作だった。 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』。秀作だった…

最近ダラ観したブルーレイだのDVDだの

◎キングコング:髑髏島の巨神 (監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 2017年アメリカ映画) キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメン…

戦場のイノセンス~映画『ワンダーウーマン』

■ワンダーウーマン (監督:パティ・ジェンキンス 2017年アメリカ映画) ■ワンダーウーマン、降臨。 ワンダーウーマン、映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でその姿を初めて目にして以来オレの胸は高鳴りっぱなしであった。彼女があの勇…

「ネパール&チベットレストラン レッサム フィリリ」でネパール気分だった

この間の日曜、品川で相方さんと一緒に映画を観た帰りに夕食をとるため寄ったのがネパール・チベット料理店「レッサム フィリリ」。面白い店だったのでちょっと紹介してみたいと思います。なお写真は暗い照明で撮ったものばかりで少々汚いのをお許しください…

ディグりまくる音楽ジャンキーの為のクライム・サスペンス映画『ベイビー・ドライバー』

■ベイビー・ドライバー (監督:エドガー・ライト 2017年イギリス・アメリカ映画) ■監督エドガー・ライトの新たなる傑作 エドガー・ライト監督による新作映画『ベイビー・ドライバー』を観た。最高に興奮させられる映画だった。白熱のカーチェイス&カーバ…

ホキ美術館に行ってきた

先日は相方さんと一緒に千葉の土気(トケ)にある「ホキ美術館」に行ってきました。トケにあるホキ。ホキのあるトケ。トケホキ。……特に深い意味はありません。 とはいえ、千葉の土気駅というとオレの住処から電車で2時間余りあります。ちょっとした小旅行で…

『ブルー・マーズ』~200年に渡る火星テラフォーミングの歴史を描く畢生のSF大作、遂に完結

■ブルー・マーズ(上)(下) / キム・スタンリー・ロビンソン 地球の治安部隊は火星の軌道上にまで撤退し、無血革命は成功するかに思われた。だが和平交渉中、過激な一分派が宇宙エレヴェーターに攻撃を開始する。第一次火星革命の悪夢が繰り返されてしまうの…

インドからの逃走~映画『Badrinath Ki Dulhania』

■Badrinath Ki Dulhania (監督:シャシャンク・カイターン 2017年インド映画) ■結婚を誓った男女のすれ違いを描くドラマ ヴァルン・ダワン、アーリヤー・バット主演による映画『Badrinath Ki Dulhania』は結婚を誓った男女のすれ違いを描く恋愛ドラマだ。…

シャー・ルク・カーン主演映画『ライース』に関するあれこれ

■ライース (監督:ラーフル・ドーラキヤー 2017年インド映画) ■オレが『ライース』を観ることができるようになるまでの苦闘の歴史(?) シャー・ルク・カーン主演の映画『ライース(Raees)』は禁酒法の布かれたインドのある州で、密造酒を売りさばき財を築…

あのスパイダーマンが帰ってきた~映画『スパイダーマン ホームカミング』

■スパイダーマン ホームカミング (監督:ジョン・ワッツ 2017年アメリカ映画) 「ああ、また『スパイダーマン』がリブートか……」とオレは遠い目をしていた。思えばサム・ライミ版の『スパイダーマン』が公開されたのが2002年。それから15年、ライミ版が3部…

『トランスフォーマー/最後の騎士王』はしっかりSFしたヴィジュアルが好印象だった!!

■トランスフォーマー/最後の騎士王 (監督:マイケル・ベイ 2017年アメリカ映画) ロボットアクション映画『トランスフォーマー』シリーズが好きかと言われると、一時期までは微妙だった。1作目は高速かつ精緻に描かれるロボットたちの変形ぶりに度肝を抜か…

シャー・ルク・カーン主演の新作インド映画『ジャブ・ハリー・メット・セジャル』を観た

■ジャブ・ハリー・メット・セジャル (監督:イムティヤーズ・アリー 2017年インド映画) 久しぶりにSpaceBoxさんのところで主宰しているインド映画上映会に行ってきた。タイトルは『ジャブ・ハリー・メット・セジャル(Jab Harry Met Sejal)』、シャー・ル…

それはロシアだったッ!?

先日は相方さんのお誕生日会ということで銀座へロシア料理を食べに行ったのである。 とはいえ、相方さんの誕生日は実は6月で、1ヶ月以上後の誕生日会だった。6月のこの時期は相方さんが仕事で多忙を極め、それどころではなかったが故の一足遅い誕生日会だっ…

極悪女ミイラはハクいチャンネーだったッ!?〜映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』

■ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (監督:アレックス・カーツマン 2017年アメリカ映画) 映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』である。「マミー」というのはミイラの事でお母さんとか乳飲料とは関係ない。1932年に公開されたホラー映画『ミイラ再生』の…