Le petit chat de Lisa

家族とヴァカンスに出かけたリザ。市場にいくと「みゃおみゃお」と子猫の鳴き声が。子猫を飼いたいリザ。でもパパとママは大反対。膨れっ面のリザが部屋に戻ると近所の子猫を発見!”トンペット”と名札がしてあるのにもかかわらず勝手に”ミョゾティス”と名づけるリザ。家族に隠れてミョゾティスを飼うことに。ところがばれてしまい...。ワイングラスでミルクをあげたり相変わらずカタストロフなリザがとってもキュート!
http://www.h6.dion.ne.jp/~omeisha/gaslisa.htm

洋書店で見つけあまりのキャワイさに「あああなにこれもう」と10分ばかり壮絶なメンチを切ったけれども敗北、いそいそとレジに持ってゆく羽目になった一冊。なんか犬だかウサギだかよく判んない生き物が子猫と戯れてるんですよどうですかどう思いますか。調べると「リサとガスパール」というフランスのシリーズ物の絵本で邦訳もあり結構有名らしい。全然知らなかったか今まで見てても気付かなかったんだろうな。それにしても木に登って下りられなくなった子猫を助けてますよ一緒に写真撮ったりしてますよどうですかどうなんですか。今回買ったのは新刊みたいでアマゾヌに書影はありませんが「リサとガスパール」で検索すると一杯出てくることと思われます。それにしても子猫の名前ミョゾティスですよなんかモゾモゾしそうな名前ですよどうですかそのへんどうなんですか。ああああヤヴァイこれはもう壮絶にヤヴァキャワイイ!