India

まるで不幸の絨毯爆撃みたいなインドのサスペンス映画『Kati Patang』

■Kati Patang (監督:シャクティ・サーマンタ 1971年インド映画) 「なんだこの不幸の絨毯爆撃みたいなオープニングは!?」1971年公開のインド映画『Kati Patang』を観始めたオレは愕然としたのである。『Kati Patang』はこんな具合に始まる映画だ。 ・主人…

内気青年の恋愛大作戦!?〜映画『Chhoti Si Baat』

■Chhoti Si Baat (監督:バス・チャタルジー 1975年インド映画) とっても内気な青年が素敵な女子に恋したけれど、どうしていいのか分からない!おまけにイケイケな恋敵まで現れてさあ大変!いったいどうしたら彼女を振り向かせられるんだ!?という1975年…

コッポラ作品『ゴッドファーザー』を原案としたインドの暗黒街物語〜映画『Nayakan』

■Nayakan (監督:マニ・ラトラム 1987年インド映画) 已むに已まれず警官殺しをしてしまった少年が成長し、暗黒街の顔役にのし上がってゆく。映画『Nayakan』は『ボンベイ』(1995)、『ディル・セ 心から』(1998)で知られるマニ・ラトラム監督により1987年に公…

密通の代償〜映画『Arth』【シャバーナー・アーズミー小特集】

■Arth (監督:マヘーシュ・バット 1982年インド映画) 1982年に公開されたマヘーシュ・バット監督作品『Arth』は夫の不倫による結婚生活の破綻とその顛末を描いた作品である。だがこの作品はこういったありがちなテーマを独特の展開で描き出したところが特徴…

凌辱の村〜映画『Nishant』【シャバーナー・アーズミー小特集】

■Nishant (監督:シャーム・ベネガル 1975年インド映画) ありふれた一組の夫婦が教師としてやってきたその村は、傲慢な領主が村人たちを非道に扱う無法の土地だった。そして悲劇が起きる。1975年にインドで公開された映画『Nishant』は、インド農村部の暗…

邪淫の果て〜映画『Ankur』【シャバーナー・アーズミー小特集】

■Ankur (監督:シャーム・ベネガル 1974年インド映画) 南インドの小さな村に、ラクシュミ(シャバーナー・アーズミー)とキシュタヤ(サドゥー・メヘル)という貧しい夫婦が住んでいた。聾唖の夫キシュタヤは陶工カースト(ジャーティ)だったが仕事が無く…

グル・ダット監督/主演作2作『Mr & Mrs '55 (55年夫婦)』『Sahib Bibi Aur Ghulam (旦那様と奥様と召使い)』

■偽装結婚の顛末〜映画『Mr & Mrs '55(55年夫婦)』(監督:グル・ダット 1955年インド映画) 懊悩と憂愁が売りの(?)グル・ダットは実はコメディ作品も撮っていたらしい。1955年に公開されたこの『Mr & Mrs '55』は偽装結婚を巡る男女のすれ違いを描いた…

巨匠グル・ダット監督作『紙の花』はグル・ダット版『Devdas』だったのではないか

■紙の花 (監督:グル・ダット 1959年インド映画) 『紙の花』は妻子ある映画監督が主演女優との不倫を疑われたことで転落するというメロドラマである。監督・主演を50年代ヒンディー映画界の巨匠と呼ばれるグル・ダットがつとめるが、この作品は彼の最後の…

家同士の対立で引き裂かれた二人〜映画『Parineeta』

■Parineeta (監督:ビマール・ロイ 1953年インド映画) 1953年にインドで公開されたモノクロ映画『Parineeta』は、カルカッタを舞台に、愛し合う一組の男女が家同士の諍いにより引き裂かれてしまう様を描いた文芸作品である。監督は社会派で知られ、『Do Bi…

出稼ぎに出た農夫とその息子が出会う様々な労苦と人情〜映画『Do Bigha Zamin』

■Do Bigha Zamin (監督:ビマール・ロイ 1953年インド映画) 映画『Do Bigha Zamin』は困窮のためカルカッタ(現コルカタ)に出稼ぎに出た農夫とその息子が出会う様々な労苦と人間関係を描くドラマである。インド公開は1953年、モノクロ作品。タイトルの意味…

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』の原型ともなった輪廻転生物語〜映画『Madhumati』

■Madhumati (監督:ビマール・ロイ 1958年インド映画) 物語は嵐の夜、倒木によって立ち往生してしまった車の様子から描かれる。車に乗っていた男たちはとりあえず近くにあった古い邸宅に避難する。廃屋となった誰もいないその邸宅で、物語の主人公となる男…

今年面白かったインド映画

今年もいろいろ面白いインド映画を観たが、ここではとりあえず「今年DVDや劇場で観た2015年〜2016年製作のインド映画」ということにしておきたい。その為「去年観た2015年製作のインド映画」はカウントされていない。そちらのほうは去年ブログで書いたオレ的…

今は亡き母の面影を辿って〜映画『Zubeidaa』

■Zubeidaa (監督:シャーム・ベネガル 2001年インド映画) 2001年に公開された映画『Zubeidaa』は一人の青年が顔も知らぬ亡き母の足跡を辿るため様々な人々の証言を聞いてゆくという物語である。主演にカリシュマー・カプール、ラジャット・カプール。他にア…

自分に瓜二つだという宝石強盗を探せ!〜映画『Jewel Thief』

■Jewel Thief (監督:ヴィジャイ・アーナンド 1967年インド映画) ひょんなことから正体不明の宝石強盗を追う羽目になってしまった男がいた。なぜなら、その宝石強盗は彼にそっくりだったからだ!?というのが1967年公開のインド映画『Jewel Thief』である…

双子姉妹の奇妙な恋の行方〜映画『Sharmeelee』

■Sharmeelee (監督:サミル・ガングリー 1971年インド映画) 瓜二つの双子の姉妹が一人の男性との結婚を巡って仲違いし……という1971年にインドで公開されたロマンス作品です。しかしこの物語、こんなよくあるような設定から始まるにもかかわらず、後半から…

俺はバンジョー弾きのストリート・ミュージシャンだぜ!〜映画『Banjo』

■Banjo (監督:ラヴィ・ヤーダヴ 2016年インド映画) タンジョー!それはオギャーオギャー!カンジョー!それは喜怒哀楽!サンジョー!それはスーパーヒーロー!エンジョー!それはネット記事!いや違うそうじゃない!インド映画『Banjo』はストリートミュ…

腐った政治は俺が正す!〜シャンカール監督映画『Nayak: The Real Hero』

■Nayak: The Real Hero (監督:シャンカール 2001年インド映画) 『インドの仕置人』(1996)、『ジーンズ 世界は2人のために』(1998)とシャンカールの映画を観てきたが、「他にシャンカール映画で観ることができる作品はあるのかなあ?」と思ったのである。…

分かち難き半身〜映画『ジーンズ 世界は2人のために』

■ジーンズ 世界は2人のために (監督:シャンカール 1998年インド/アメリカ映画) 先日観た『インドの仕置人』が実に面白かったので、同じシャンカール監督作品『ジーンズ 世界は2人のために』を観てみることにしました。この作品は2000年に日本公開されてい…

様々な形で張り巡らされたアンビバレンスの物語〜映画『インドの仕置人』

■インドの仕置人 (監督:シャンカール 1996年インド映画) のさばる悪を何とする!天の裁きは待ってはおれぬ!この世の正義もあてにはならぬ!闇に裁いて仕置する!わしはインドの仕置人!! ■『ロボット』監督シャンカールの放つ異色作 タイトルだけで既に…

インドの「AKIRA」が覚醒する!?〜映画『Akira』

■Akira (監督:A・R・ムルガードース 2016年インド映画) ■女ダバング・ソーナークシー・シンハー!? 西暦20XX年。オリンピック開催の為再開発の行われていたネオ・ニューデリーを巨大な光球が覆う。圧倒的な破壊力を秘めたその光球の中でネオ・ニューデリ…

性被害に遭ったにもかかわらず罪に問われた女性を救え〜映画『Pink』

■Pink (監督:アニルッダー・ローイ・チョウドゥリー 2016年インド映画) この作品『Pink』は性被害に遭った女性たちを巡る裁判を描いた作品なのらしい。う〜ん、これは重そうだ。しかも主演がアミターブ・バッチャンで、彼が弁護士となるのだろうがポスタ…

故殺か?正当防衛か?海軍将校による殺人事件裁判〜映画『Rustom』

■Rustom (監督:ティヌー・スレーシュ・デーサーイー 2016年インド映画) 1950年代のボンベイを舞台に、一人の海軍将校が起こした殺人事件を巡る裁判を描いたのがこの『Rustom』となる。公開時結構話題にもなったしボックスオフィスの成績も悪く無い。ただ…

気付いたらそこはパキスタン!?〜映画『Happy Bhag Jayegi』

■Happy Bhag Jayegi (監督:ムダッサル・アズィズ 2016年インド映画) 結婚式を逃げ出してきたインドの女性が、気が付いてみたらパキスタンにいた!?ええ!?どうしたらいいの!?というロマンチック・コメディです。そもそもなんでパキスタンに行っちゃっ…

凸凹刑事コンビの誘拐犯大捜査!〜映画『Dishoom』

■Dishoom (監督:ローヒト・ダーワン 2016年インド映画) 大会中のクリケット選手が誘拐された!それを追う刑事二人!しかしこの二人、水と油のような凸凹コンビでして……というアクション・コメディです。刑事コンビ役に『Dhoom』(2004)、『Housefull 2』(20…

悲痛な過去を持つ男が引き起こした誘拐事件〜映画『Madaari』

■Madaari (監督:ニシカント・カマト 2016年インド映画) 政府要人の息子が誘拐された。犯人の目的はなんなのか?やがてある悲痛な事件が背後にあったことが明るみに出る。2016年にインドで公開された映画『Madaari』は、誘拐事件を通して社会の不正を訴え…

喪われた古代都市モヘンジョダロの姿を描く歴史絵巻〜映画『Mohenjo Daro』

■Mohenjo Daro (監督:アーシュトーシュ・ゴーワリカル 2016年インド映画) モヘンジョダロである。2016年公開のインド映画『Mohenjo Daro』は失われた謎の古代都市モヘンジョダロを舞台にした作品なのである。モヘンジョダロ。紀元前2500年から紀元前1800…

少年少女のロマンスを瑞々しい映像で描きながら恐るべき展開を見せる問題作『Sairat』

■Sairat (監督:ナーグラージ・マンジュレー 2016年インド映画) 良家の娘と貧しい少年とのカーストを超えた恋。2016年に公開されたマラーティー語映画『Sairat』は、インド映画ではお馴染みの美しくもまた辛苦に満ちた恋を、瑞々しく情感に溢れた映像で描…

7時間2分で65キロもの距離を走破した4歳の少年の実話映画『Budhia Singh : Born to Run』

■Budhia Singh : Born to Run (監督:ソーメンドラ・パティー 2016年インド映画) インドに住むたった4歳の少年が世界最年少のマラソンランナーとして記録を打ち立てた。少年の名前はブディヤー・シン。彼は7時間2分で65キロもの距離を走破したのだ。映画『B…

ドラッグによる精神の解放を描くインドのヒッピー映画『M Cream』

■M Cream (監督:アグニア・シン 2016年インド映画) 映画『M Cream』はデリー大学に通う4人の男女が中心となって描かれるインディペンデント系のロード・ムービーだ。作品は2014年にロードアイランド・フィルム・フェスティバル上映後2016年にインドで一般…

消えゆく映画館へのエレジー〜『Cinemawala』

■Cinemawala (監督:カウシィク・ガングリー 2016年インド映画) 映画『Cinemawala』は西ベンガルの小さな町を舞台に、廃業した映画館の館主とその息子との対立を描くノスタルジックなベンガル語映画である。主演はパラン・バナルジー、それに『女神は二度微…