2008-03-01から1ヶ月間の記事一覧

クレージーキャッツ メモリアル DVD-BOX

DVD

クレージーキャッツ メモリアル DVD-BOX出版社/メーカー: イーネット・フロンティア発売日: 2007/11/23メディア: DVD購入: 2人 クリック: 23回この商品を含むブログ (6件) を見るモンティ・パイソンと同じく、やはり一生のうち一度は対決しておくべきだと考…

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX

DVD

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント発売日: 2008/02/20メディア: DVD購入: 6人 クリック: 278回この商品を含むブログ (193件) を見る声優の広川太一郎氏の訃報を聞き、氏が生前吹…

レディオヘッド、あるいは私的ロック・ミュージックの終焉

In Rainbows[輸入盤CD](XLCD324)アーティスト: Radiohead,レディオヘッド出版社/メーカー: XL Recordings発売日: 2007/12/31メディア: CD購入: 4人 クリック: 104回この商品を含むブログ (185件) を見るレディオヘッドを聴いたのは『OK Computer』が一番最初…

災厄の街 (監督:トビー・フーパー)

保安官のケヴィンは幼い頃の不可思議でおぞましい事件により父母を亡くし、それ以来得体の知れない”それ”に怯えながら暮らしていた。そしてケヴィンの誕生日が迫るある日、街中では異様な事故や狂った事件が多発していた。ケヴィンは思った、「24年前のあい…

ノイズ (監督:ブラッド・アンダーソン)

あらゆる物音が異常なまでに大きく聞こえてしまう男の悲劇。…と書くとなんだか面白そうなんだが、最初っから御終いまでずっと、耳に響く大きな音に錯乱する男の姿ばかり描かれると飽きてしまうんだよな。物語は原作ありらしいが、アイディアそれ自体は面白い…

妻の死の価値 (監督:ロブ・シュミット)

ある夫婦が深夜のドライブで事故を起こし、夫は生命を取り留めたものの、同乗した妻は全身に大火傷を負い、二目と見られぬ姿と化したまま瀕死の重体となっていた。夫は妻の安楽死を望んだが、その夜から醜く焼け爛れた妻の生霊が夫に取り憑き始めた…。監督は…

新進・ベテランホラー監督による13の恐怖〜《13 thirteen Box.2》(後篇)

13 thirteen DVD-BOX VOL.2出版社/メーカー: 角川エンタテインメント発売日: 2008/02/13メディア: DVD クリック: 3回この商品を含むブログ (5件) を見るTVホラーシリーズ《13 thirteen DVD Box.2》の紹介、後編です。これで《13 thirteen》シリーズは全13作…

愛と欲望の毛皮 (監督:ダリオ・アルジェント)

なにしろ監督がダリオ・アルジェント。冒頭から、惨殺死体→毛皮工場→下劣さを撒き散らす主人公の毛皮商→ヌードダンサー→ストリップ小屋の赤い壁→映画『ホステル』の拷問部屋を思わせる小部屋→ダンサーに言い寄り拒絶される主人公…といった感じの、淫靡で下品…

Vの伝染 (監督:アーネスト・ディッカーソン)

肝試しに葬儀屋へ死体を見に行った若者二人が出会ったモノとは。う〜〜ん、これは駄作!葬儀屋で襲ってきたゾンビみたいな奴がつまりは吸血鬼で、襲われた主人公が吸血鬼化した後、肉親を襲うかどうか悩んじゃう、というのが一応の筋書きなんだが、どこかで…

ワシントン・コード(監督:ピーター・メダック)

祖母の葬式の為に久々に生家に戻ったある一家。彼らはその生家の地下室にある、米初代大統領ワシントンの肖像画の中から、奇妙な手紙を発見する。それは、ワシントンが生前、人肉を喰う性癖を持っていたことを証明するものだった…。J・ワシントンがカニバリ…

新進・ベテランホラー監督による13の恐怖〜《13 thirteen Box.2》(前篇)

13 thirteen DVD-BOX VOL.2出版社/メーカー: 角川エンタテインメント発売日: 2008/02/13メディア: DVD クリック: 3回この商品を含むブログ (5件) を見る以前も紹介したホラーTVシリーズ《13 thirteen》のDVD Box.2が発売されました。このBox.2では6作のホラ…

ジャンパー (監督:ダグ・リーマン 2008年アメリカ映画)

初めてこの映画を知ったときは「タイトル”ジャンパー”かよ!?防寒着かよ!?」などと思ったオレである。そう。田舎に住んでいたときは秋冬ともなればジャンパーを着込んでいた。しかも田舎では”ジャンバー”と呼んでいた。田舎だけに訛っているのである。し…

無頼三昧の日々

昨日は新宿で映画観る為に9時っから出掛け、劇場に1番で並んでいたオレである。そんなに観たかったのか?と言われるとそう言う訳でもなく、単に暇なヤツなだけなんである。 映画鑑賞後は新宿をブラブラ。無頼派のオレにとって新宿、いわゆる”ジュク”は庭みた…

ななさん

金曜の晩は会社の武闘派アブラダコ密教僧【う】と飲み。しかし武闘派アブラダコ密教僧ってなんやねん。あれよ、漫画『孔雀王』に出てくる如意棒担いでバケモノと血みどろになって闘う裏高野の修行僧みたいなやつね。1個の粒が野球の球ぐらいあるような数珠を…

《毛じらみの夢》

シルベスター・スタローンの出世作『ロッキー』には”イタリアの種馬”という言葉が出てくるが、その点オレなどは”品川区の当て馬”と言う事ができよう。読んで字の如く今の所品川区限定であるが、将来的には数々の熾烈な当て馬トーナメントを勝ち進み、いつか”…

おれはあめりかじんだ

おれはあめりかじんだ。じゃんくふーどとびーるがすきだからな。だからおれはあめりかじんだ。 おれはあめりかじんだ。おれはきんぱつのねえちゃんがすきだ。だからおれはあめりかじんだ。 おれはあめりかじんだ。ばかとほらあがだいすきなんだ。だからおれ…

シンギュラリティ・スカイ / チャールズ・ストロス

シンギュラリティ・スカイ (ハヤカワ文庫SF)作者: チャールズストロス,Charles Stross,金子浩出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2006/06/01メディア: 文庫購入: 4人 クリック: 59回この商品を含むブログ (86件) を見る■特異点の空この間読んだ『残虐行為記録…

ゲーム脳日記

「デビルメイクライ4」クリア。いいゲームであった。中盤主人公がネロからダンテに代わり、これまでクリアしたマップを逆戻りする構成はなんかケチられたようなような気分だが、まあサクサク進んだからよしとするか!?あとダンテの武器にUFOみたいなのに乗…

駅前コンビニ待ち合わせ事件

先週金曜日、会社の送別会があったことはこの間書いたが、我が事務所のA君もそれに参加する為、退社後、送別会の催されるお店へと向ったのであった(オレは野暮用があったので彼とは別であった)。ここで説明させていただくと、オレとA君の所属は横浜の本社…

連行されました

昨日の話。朝職場のオンボロ倉庫に着いたら、早朝だというのに事務所の前にやたら人が群れているではないか。なんだろな?と思って話をすると、なんと入国管理官と警察の方だと。そして既に来ていたフィリピン人労働者の皆さんのうち、若干1名が就労ビザを持…

深夜日記(AM1:41)

いやあ、「ちょっとだけ」と思って始めた「デビルメイクライ4」が止められなくなっちゃってこの時間ですよ!あと1ステージでクリアですよ!でもさすがにくたびれたから明日の楽しみに取っておきますよ! 深夜に書く日記だからと言ってダークな自己言及やメロ…

4ヶ月、3週と2日 (監督:クリスティアン・ムンジウ 2007年ルーマニア映画)

1987年、チャウセスク独裁政権末期のルーマニア。堕胎には厳しい懲罰刑が科せられるこの時代に、女子大生のオティリア(アナマリア・マリンカ)はルームメイトであるガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)の違法な中絶手術を助ける為、夜の街を奔走する。 そもそも…

ライラの冒険 黄金の羅針盤 (監督:クリス・ワイツ 2007年アメリカ映画)

舞台はこの世界とは次元を異にするもう一つの平行世界。ここでは人々は「ダイモン」と呼ばれる動物の形をした精霊を従わせ、世界は「教権」と呼ばれる宗教の支配下だった。主人公ライラ(ダコタ・ブルー・リチャーズ)は何者かにさらわれた親友を探す為に旅…