今年面白かった本とか音楽とかコミックとか

f:id:globalhead:20181227195655j:plain

unsplash-logo Mahdiar Mahmoodi

と言う訳で今日は「今年面白かった本とか音楽とかコミックとか」と題し、今年オレのブログで取りあげたそれぞれのモノについてつらつらと羅列していこうかともいます。

《目次》

 

今年面白かった音楽

Arkology

今年はね!なんといってもレゲエですよ!レゲエでダブでリー・ペリー!オレはこれまでずっとエレクトロニカ界隈の音ばかり聴いていたのですが、なんだか突然飽きてしまい、5月からはずっとこれらレゲエ界隈の音を憑りつかれたかのように聴いていましたね。レゲエだダブだは昔からたまに聴いてはいたのですが、今回は津波の如きマイブーム到来でしたね。なんかこう、思いっきりポジティヴになりたかった、負けるもんか、と思いたかった、それらの気分にレゲエやらダブやらの強靭なリズムが、ズゴゴン!とフィットしたのですよ。

リー・ペリー関係のブログ記事

リー・ペリー関係で紹介したアルバムの数は50枚弱!全部購入して聴きました!

◎その他レゲエ・ダブ関係のブログ記事

レゲエ・ダブ関係で紹介したアルバムの数は50枚以上!全部購入して聴きました!

◎その他音楽関係のブログ記事

今年の頭には「ブラック・ジャズ」にハマりあれこれコンピレーション・アルバムをそろえていました。

 

今年面白かった本

◎小説

本は週1冊程度読めればいいかなーというペースで読んでいました。だいたいSFとかその辺りばっかりです。その中で面白かったのは:

■リアリティのダンス / アレハンドロ・ホドロフスキー 

リアリティのダンス

リアリティのダンス

 

「リアリティのダンス / アレハンドロ・ホドロフスキー」 はここで紹介しています。

最近読んだ本 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー / ケン・リュウ編 

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ 5036)

 

「折りたたみ北京 現代中国SFアンソロジー / ケン・リュウ編」はここで紹介しています。

現代中国SFアンソロジー『折りたたみ北京』が最高に面白い - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■七人のイヴ Ⅰ~Ⅲ / ニール・スティーヴンスン 

七人のイヴ ? (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

七人のイヴ ? (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

 

「七人のイヴ Ⅰ~Ⅲ / ニール・スティーヴンスン」はここで紹介しています。

 

■任務の終り(上)(下)/スティーヴン・キング

任務の終わり 上

任務の終わり 上

 
任務の終わり 下

任務の終わり 下

 

「任務の終り(上)(下) 」についてはここで紹介しています。

"退職刑事ホッジズ"シリーズ3部作完結編にして最高傑作の登場/S・キング長編小説『任務の終り』 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■竜のグリオールに絵を描いた男/ルーシャス・シェパード

竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

竜のグリオールに絵を描いた男 (竹書房文庫)

 

「竜のグリオールに絵を描いた男」についてはここで紹介しています。

妄執と強迫観念に彩られたダークファンタジーの傑作/竜のグリオールに絵を描いた男 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

チェコSF短編小説集/ヤロスラフ・オルシャ・jr.編

チェコSF短編小説集 (平凡社ライブラリー)

チェコSF短編小説集 (平凡社ライブラリー)

 

チェコSF短編小説集」についてはここで紹介しています。

『チェコSF短編小説集』を読んだ - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

◎映画関係の写真集

David Bowie : The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

 

デヴィッド・ボウイ主演映画『地球に落ちてきた男』のスチール写真集です。この本はここで紹介しています。

映画『地球に落ちてきた男』のスチール写真集が発売 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■Taxi Driver / Steve Schapiro

Taxi Driver

Taxi Driver

 

映画『タクシードライバー』のスチール写真集です。この本はここで紹介しています。

スティーヴ・シャピロによる映画『タクシードライバー』写真集 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■The Making of Stanley Kubrick's 2001 - a Space Odyssey / Piers Bizony

The Making of Stanley Kubrick's 2001 - a Space Odyssey

The Making of Stanley Kubrick's 2001 - a Space Odyssey

 

映画『2001年宇宙の旅』のメイキング本です。この本はここで紹介しています。

映画『2001年宇宙の旅』のメイキング本『The Making of Stanley Kubrick's 2001 - a Space Odyssey』 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

今年面白かったコミック

まあコミックも本なんですが、別のカテゴリにしておきました。

◎海外コミック

ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途 / マイク・ミニョーラ 

ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途 (DARK HORSE BOOKS)

ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途 (DARK HORSE BOOKS)

 

ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途」はここで紹介しています。

海外コミック2作:『ヘルボーイ・イン・ヘル:死出三途』『ウィッチャー 2:FOX CHILDREN』 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

バットマン/ヘルボーイ/スターマン/マイク・ミニョーラ

バットマン/ヘルボーイ/スターマン」はここで紹介しています。

ミニョーラが描くバットマン作品『バットマン/ヘルボーイ/スターマン』 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■ヴァレリアン/ ピエール・クリスタン、ジャン=クロード・メジエール

ヴァレリアン (ShoPro Books)

ヴァレリアン (ShoPro Books)

 

「ヴァレリアン」はここで紹介しています。

映画『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』があまりにも面白かったから原作バンドデシネ『ヴァレリアン』を読んでみた - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS/ ポール・トビン (著)、ピオトル・コワルスキー (イラスト)

ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS (G-NOVELS)

ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS (G-NOVELS)

  • 作者: ピオトルコワルスキー,ポールトビン,Paul Tobin,Piotr Kowalski,江原健,本間覚
  • 出版社/メーカー: G‐NOVELS
  • 発売日: 2018/07/13
  • メディア: コミック
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

「ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS」 はここで紹介しています。

ゲーム・コミカライズ『ウィッチャー』シリーズ第3弾『ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS』発売 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

◎国内コミック

国内コミックに関しては紹介ブログで2,3行程度のコメントしか付けていないので個別にリンクは貼らないことにしました。それぞれここらあたりに書いています。

最近読んだコミック - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

最近読んだコミックなどなど - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

最近読んだコミックあれこれ - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

 

■古本屋台/Q.B.B.

古本屋台 (書籍扱いコミック)

古本屋台 (書籍扱いコミック)

 

ダンジョン飯(6)/九井 諒子

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)

 

 監獄学園(28)/平本 アキラ

監獄学園(28) (ヤンマガKCスペシャル)

監獄学園(28) (ヤンマガKCスペシャル)

 

■雨の日はお化けがいるから/諸星大二郎

波よ聞いてくれ(5)/沙村広明

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(5) (アフタヌーンKC)

 

■ベアゲルダー(4)/沙村広明

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

ベアゲルター(4) (シリウスKC)

 

■GIGANT(ギガント)(1)(2)/奥浩哉

GIGANT 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

GIGANT 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)

 
GIGANT(2) (ビッグコミックス)

GIGANT(2) (ビッグコミックス)

 

聖☆おにいさん(15)(16)/中村光

聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(16) (モーニング KC)

 

■レイリ(5)/室井大資(絵)、岩明均(原作)

ドリフターズ(6)/平野耕太

ドリフターズ 6 (ヤングキングコミックス)

ドリフターズ 6 (ヤングキングコミックス)

 

 

……以上でした!来年もまた楽しい音楽や本やコミックと出会いたいですね。でわでわ~~。