葉山に【クエイ兄弟展】を観に行った


先日は相方さんと一緒に葉山にある神奈川県立近代美術館<葉山館>へ【クエイ兄弟-ファントム・ミュージアム-展】を観に行きました。
ブラザーズ・クエイとしても知られるクエイ兄弟は、『ストリート・オブ・クロコダイル』で有名なアートアニメーション作家兄弟です。今回の【クエイ兄弟-ファントム・ミュージアム】展はアニメーションだけではなくアニメーションで使われた人形その他の展示、さらにポスターなどが紹介されているんですね。

アートアニメーションの分野で世界的に知られる双子の兄弟スティーヴン&ティモシー・クエイの歩みをたどるアジア初の本格的な回顧展。「人工の夜景」「ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋」「ストリート・オブ・クロコダイル」などのアニメーション作品、バレエ映画やMV、オペラや演劇の舞台美術といった兄弟による制作物を、映像やアートワークを通して紹介する。
クエイ兄弟の回顧展が神奈川で開催、公開制作や上映会も実施 - 映画ナタリー

これがチラシ。

葉山の神奈川県立近代美術館はこんなところです。

クエイ兄弟展に入る前に美術館のレストランでちょっとお高いハンバーガーを食べたり。

さて展示会。こんな雰囲気の展示物が沢山あってクエイ兄弟好きのオレとしてはワクワクしっぱなしでした。

"鹿の精液がなんちゃら"いうタイトルのこの作品だけ写真撮影がOKだったのでなんとなく撮影。

クエイ兄弟、暗くて汚くてオレは大変満足しました。でも相方さんはイマイチだったみたい。一通り見て外に出ると夏の青空が広がっていました。青空に旗がたなびいています。

トビに注意。

美術館の裏が海になっていたのでちょっと眺めてみることに。この狭い通りの向こうが海です。

海の家。

海水浴場は若い人でいっぱいでした。そういえば相方さんとこんな場所にあんまり来たことがなかったので相方さんはちょっとはしゃいでいました。

そんなわけで暗く汚いクエイ兄弟のあとに爽やかな青空と海風を体験して葉山を後にしました。

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム

クエイ兄弟 ファントム・ミュージアム