中華ファンタジー・アニメーション映画『羅小黒戦記〜ぼくが選ぶ未来〜 』を観た

■羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)〜ぼくが選ぶ未来〜 (監督:MTJJ木頭 2019年中語映画)

f:id:globalhead:20201109101258j:plain

最近劇場で観たいと思うような映画がまるで公開されなくて、映画館通いも暫くお留守だったが、そんなある日オレの相方がこう言ったのである。「中華アニメ観ようぜ」。タイトルは『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)〜ぼくが選ぶ未来〜 』。なんでも一部で話題沸騰中なのだという。アニメを観る事は殆ど無いオレだったが、相方の誘いなら乗ろうじゃないか。という訳で例の国産アニメでごった返す劇場へと足を運んだのだ。

『羅小黒戦記』はファンタジー作品となる。妖精と人間が共生する世界を描くものだが、ビルが建ち車が走る現代の社会を舞台にしている所が面白い。主人公は開発により森を追われた猫の妖精・ロシャオヘイ(羅小黒)。人間社会を放浪するロシャオヘイは妖精であるフーシー(風息)ら一行に救われ、隠れ里でやっと安息を得るが、そこに「最強の執行人」と呼ばれるムゲン(無限)という人間が現れ、フーシーらと魔術対決を繰り広げた後、ロシャオヘイを連れ去ってしまう。ムゲンの目的は何なのか。「執行人」とは何なのか。フーシー一行はロシャオヘイを救う事が出来るのか。

面白い作品だった。まず、当然ではあるが日本のアニメとは物語や作画の「約束事の在り方」、別の言い方をするなら「フォーマット」が違うという部分が新鮮だった。まるでアニメを見ないのに知ったようなことを書くなら、物語の流れ方、エピソード時間の切り方、キャラクターの活かし方が違うなと思えたし、作画においてもキャラ彩色がフラットで影を付けて無理に立体感を出そうとしていない部分が物珍しく感じた。この彩色の在り方は日本初の長編カラー・アニメーション『白蛇伝』を連想した。さてこの作品の”売り”の一つとなっているバトルシーンはどうだろう。これが凄い、スピードが速い、スペクタクルでスリリングだ(上手く表現できないから横文字で誤魔化す)、相方は「速すぎて目が追いつかなかった」と言っていたがFPSゲームマイケル・ベイ映画で鍛えられたオレは割と追いつけた。それは地を駆け宙を舞い魔術パワーがぶつかり合う変幻自在なものだが、そこは中国だけにサイキックパワーや魔術ではなく「仙術」と言ったほうがいいのだろう。これらにはツイ・ハーク監督作品に通じる中国武侠映画の流れを感じた。ただ、和製アニメでも割と多そうなこういったバトルシーンとどれだけ違うのか、アニメ的語彙の少ないオレには表現のしようが無くて、だから文章で書こうとすると、どうにももどかしく感じる。

物語の構成の在り方からは「大きな物語の中の一つのエピソード」であるように思えた。後で調べるとやはりそういった立ち位置にある物語らしく、もともとはWebアニメとして公開されていた作品の、4年前の事件を描いた物語なのらしい。ただしこの作品だけ観ても十分楽しめるものとして作られている。また、だからこそ作品の持つ世界観の広大さが透けて見え、キャラクターにしても厚みのあるものが感じさせられ、物語により大きな興味を掻き立てられるのだ。

物語それ自体はどうだろう。安寧として過ごしていた豊かな自然を追われた妖精・精霊たちと人間との対立といったテーマはそれほど珍しいものではなく、ジブリアニメ辺りでも何作かあったが、それが後半『AKIRA』と化してしまう部分が現代的と言えるか。むしろこの作品では「自然を脅かす人間ダメ絶対」といった「環境問題映画」にはならずに、主人公ロシャオヘイが「人間側(共生)」と「反人間側(抵抗)」のどちらに与するべきか板挟みになる部分に独特さがある。

それはまた、クリーンに管理された近代化社会と自由でアナーキーな前近代社会のどちらを選択するのか、という物語でもある。そして歴史の不可逆性は望むと望まないとにかかわらず否応なく未来へと邁進してゆく。そこで後ろを振り返ることなく「共生」を選択してゆく主人公たちの姿には、矛盾を孕みながらも発展してゆく現代中国の姿が重ね合わされているのかもしれない。……と適当に思いついたことを書いてここは結んでおこう。 

www.youtube.com

 

過ぎ去りし懐かしの未来『真鍋博の世界』

真鍋博の世界 (愛媛県美術館 監修)

真鍋博の世界

この『真鍋博の世界』は愛媛県美術館で2020年10月1日~11月29日まで開催される「真鍋博2020」公式図録兼書籍となる。オレは真鍋氏の物凄いファン、というわけでは全然ないのだが、その表紙絵のどうにも懐かしい感触が気になってついついこの図録を購入してしまった。

イラストレーター、真鍋博の作品は多くはSF絡みで目にしていた。最もお馴染みなのは星新一の文庫本表紙かな?他にも筒井康隆E・E・スミスレンズマンシリーズの文庫本表紙を手掛けており、そんなわけだから浅はかにもすっかりSF界隈御用達だとばかり思っていたが、この『真鍋博の世界』を読んだらまだまだ驚くほど幅広い活躍をされていた。

表紙絵でいうと早川から出ているアガサ・クリスティー作品の文庫本表紙は殆ど真鍋氏の作品なのらしい。図録では80冊にのぼるアガサ・クリスティー作品表紙が並べられているが、同様のモチーフながら全て差異がありクオリティはどれも高い、というのには驚かされた。真鍋氏のイラストレーターとしての高い技量とイマジネーションがこの80冊の表紙からグイグイ迫ってくる。

他に、サリンジャーライ麦畑でつかまえて白水社版とかカポーティ―『カメレオンのための音楽』早川書房版とか、どこかで見たことのある表紙絵が真鍋氏の作だと知ってやはり驚いた。クラークの『幼年期の終り』創元版(地球を巨大な鳥が爪で掴んでいる絵)も真鍋氏だったんだなあ。

もちろん図録では表紙絵だけではなく、真鍋氏の多岐に渡る作品が収録されている。やはり最も目を惹いたのは1970年に大阪で開催された日本万国博覧会の様々なポスターだろうか。

1970年と言えばオレが小学校に上がりたての頃で、当時ガキンチョだったオレはこの万博に大いに興味を掻き立てられていた。しかし日本の最北端の片田舎に住むオレの貧乏一家が大阪くんだりまで旅行になんぞ行ける筈もない。そんなだったから、いつも雑誌の大阪万博特集を穴が開くほど眺め渡し、奇妙な形状をした各国パビリオンの数々に大いに夢を膨らませていた。だから今回真鍋氏による万博ポスターを見た時も、大いに懐かしみつつ、描かれたそれぞれのパビリオンがどこの国のものか殆ど覚えていた自分にちょっと驚いたりした。

真鍋氏のイラストのイメージはこの万博ポスターに代表される明るく軽やかで色彩感に満ちた未来像だった。もちろん真鍋氏の作品はそれだけにとどまるものではないが、軽妙極まりない筆致という部分では一致しているのではないか。今はもうとっくに過ぎ去ってしまったレトロフューチャーの未来。そんな懐かしい世界を『真鍋博の世界』で堪能したオレだった。f:id:globalhead:20201017190642j:plain

f:id:globalhead:20201017190645j:plain

f:id:globalhead:20201017190650j:plain

真鍋博の世界

真鍋博の世界

  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

Global Communicationのリマスター・ボックスセット『Transmissions』

■Transmissions / Global Communication

f:id:globalhead:20201016153929j:plain

Global Communication(以下GC)と言えば94年にリリースされた伝説のアルバムであり唯一のオリジナル・アルバムでもある『76:14』だろう。静謐に満たされたその音響は一聴よくあるアンビエント作と思わせながら、聴き込むほどにそれが一音一音に細心の注意を払って設計され構築された電子的シンフォニーであることが伝わってくる。ユニットの一員であるトム・ミドルトンはクラシック音楽を学んでおり、そういった素養が影響している部分もあるだろう。アルバム『76:14』は時代を超えたネオ・クラシカルであり、アンビエント・ミュージック、エレクトロニック・ミュージックの一つの金字塔としてこれからも評価され続ける名盤であることに間違いはない。

そしてその『76:14』がリマスターされ、豊かな音質へと蘇って再発されることとなった。さらにこのアルバムに加えて、Chapterhouseのリミックス作『Chapterhouse Retranslated by Global Communication - Blood Music: Pentamerous Metamorphosis』、これまでのシングル&リミックスを集めた『Curated Singles & Remixes』を加えた3枚組CDボックスセット『Transmissions』としての発売である。エレクトロニック・ミュージック・ファンにとってこれはもう必携のボックスセットだろう。なお音楽評論家ベン・カーデューによる詳細なライナーノーツの貴重な邦訳が読める国内仕様輸入盤を特にお勧めしたい。 

という訳で以下にボックスセット3枚のアルバムをざっくり紹介。

●76:14 [REMASTERED EDITION]

f:id:globalhead:20201016155317j:plain

ガーディアン紙が「底知れぬほど美しい時代を超えた傑作」と評したアンビエントテクノの名作『76:14』。その幽玄な音の響きはスピリチュアルなリラクゼーション・ミュージックとしても音の構成の妙味を楽しむコンテンポラリー・ミュージックとしても優れている。全10曲”76分14秒”のサウンドスケープを完走してそこから現実世界に還った時、心身が浄化されたかのような清々しさと穏やかな感情に満たされていることに気付くはずだ。 

www.youtube.com

●Chapterhouse Retranslated by Global Communication - Blood Music: Pentamerous Metamorphosis [REMASTERED EDITION]

f:id:globalhead:20201016155350j:plain

長々しいタイトルのアルバムだが、90年代に活躍したシューゲイザー・バンド「Chapterhouse」のアルバム『Blood Music』をGCが全面的にリミックスし「Retranslated=再翻訳」した作品が本作となる。ギター・ロックであるオリジナル作品の全てのパーツを解体し取り払い、GCの音としてほしいままに再構築した作品であり、そしてアンビエント作として完成した本作は『76:14』と比しても遜色ない高いクオリティの作品だという事が出来るだろう。 

www.youtube.com

●Curated Singles & Remixes

f:id:globalhead:20201016155413j:plain

名作『76:14』で知られるGCはこのアルバムの他にも様々なシングルや他アーチストのリミックス作をリリースしており、それらの幾つかとさらに未発表曲を集めたのがこの『Curated Singles & Remixes』となる。アンビエント調なだけではなくビートの刻まれたハウス調の曲も存在するが、それでも全体のトータリティーは整っており、GCの音のぶれなさが伺える。欲を言えばGCの全てのシングル&リミックス曲を聴いてみたかった。

www.youtube.com