最近読んだコミックあれこれ

■そせじ (4) /山野一

そせじ(4)

そせじ(4)

 

特殊漫画家・山野一ねこぢるとの出会いからその後「ねこぢるy」としてねこぢるの遺志を継いできたが、山野一名義で書き続けているコミック『そせじ』はかつての山野とねこぢるとの折衷的な旨味の詰まった作品となっている。そもそもこの『そせじ』は山野夫妻による双子娘の子育てコミックなのだが、世に数多ある凡百の子育てコミックとは大いにその味わいが違う。なにより「ねこぢるy」テイストのグラフィックはシュールかつ軟体動物的な美しいフォルムを見せ、一方そこで展開するシニカルさや生活臭に満ちたリアリズムは山野自身のテイストなのだ。ここで山野は「ねこぢるy」である自分から一歩踏み出し、新たなオリジナリティを獲得しようと模索しているように見える。まあゴチャゴチャ書いたが山野家の双子娘は火星からやって来た異生物のように可愛らしいし、子供らしい突拍子も無さ、理屈の通ら無さも実に楽しませてくれる。それに対する山野父さんのインチキさもまた素晴らしい味わいだ。またこの第4巻では双子の難産の経過を山野的リアリズムによって描いて行き、このシリーズの新たな展開をうかがわせる。電子出版のみの作品となるが、この『そせじ』はオレにとって早く続きが読みたい漫画の上位に位置している愛すべき作品なのだ。 

ゴールデンカムイ(22)/野田サトル

いよいよ金塊の在り処の真実に近付き、杉元/アシリパ一行の向かうべき先が見えてきて、物語はまさに佳境である。これまで敵味方入り乱れ、離合を繰り返してきたばかりに人間関係描写が複雑煩雑になり、最初の爽快感が薄れて来たなあと思っていたが、前巻ラストから杉元チームの人数と目的がシンプルになったことでそれが払拭されることになった。そういった意味で原点回帰的な構成になり実に快く読めるのだが、後半の「砂金掘り」のエピソードは一種のサイコサスペンス仕立てになっていて、いやこれはこれで今度は新しいぞ、とも感じた。次巻も期待だ!9月18日発売だぞ!ところであんまり関係ないけど、こないだユニクロアシリパさんTシャツ買ってしまった。漫画Tシャツを着る50代後半老人、どうよ。

f:id:globalhead:20200621162741j:plain

アオイホノオ (23)/島本和彦

アオイホノオ (23) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

アオイホノオ (23) (ゲッサン少年サンデーコミックス)

  • 作者:島本 和彦
  • 発売日: 2020/06/12
  • メディア: コミック
 

めでたく漫画家としての人生を歩みはじめたホノオ君だが高橋留美子に嫉妬の炎を燃やし映画『うる星やつら オンリーユー』に完膚無きまで打ちのめされあだち充に闘魂を燃やす、と相変わらずのルサンチマン展開だ!しかし今さっき調べたら島本和彦って実は父親から2社の社長職を継いで今大忙しというじゃないか。この『アオイホノオ』はそんな島本の漫画人生の総集編的な作品になるのかな。

■RaW HERO(5)/平本アキラ

平野アキラのエロエロ超人戦隊モノ第5弾、相変わらず意味もなくエロな露出とエロなドアップを繰り返すが、逆にこの「当為と化したエロ」の見せ方自体にエロなコミックへの批評性を感じてしまうのだ。そして今回も絶妙なタイミングで起こってはいけないことが起こり、このストーリーテリングの緩急の在り方には天才的なものすら感じる。平野の前作『監獄学園』は高校生が主人公という事からか露骨なセックスへの導入は控えていたように感じたが、この作品は社会人が主人公なのでモロにセックスの匂いを感じさせる展開が多く、その使い分け方と描写の違いにも平野の職業漫画家としての自負を感じる。

ダンジョン飯(9)/九井 諒子

ダンジョン飯 9巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 9巻 (HARTA COMIX)

 

ダンジョン飯』も9巻になるが、どんどん新キャラが増えその背景が語られてゆき、これら長編化の水増し要素ともなる部分を逆に物語世界をより奥行きのあるものとして描くことに成功している。もとより作者はファンタジー造詣に並々ならぬ資質を持っており、ディテールの上にディテールを重ねてゆくことで最初の印象とはどんどん違う、王道かつ肉厚なファンタジー作品としてこの物語を完成させるだろう。

聖☆おにいさん (18)/中村光

いつも「よくもまあこんな細かいネタを!」と楽しんでいた『聖☆おにいさん』だが、どうもこの巻から「細かすぎて伝わらない」ネタが多くなってきたように思える。ネタが尽きないマンガだなあ、と思ってたがいよいよそのネタが尽きて来たか。

■三大怪獣グルメ/ほりのぶゆき

三大怪獣グルメ

三大怪獣グルメ

 

イカ・タコ・カニが巨大化し、イカラ、タッコラ、カニーラという名の3大海鮮怪獣となって日本を襲った!現場に向かったSMAT(シーフード・モンスター・アタックチーム)が怪獣たちの手足を切り落とし、もしやと思って食べてみるとメッチャ美味い!?というギャグ漫画『三大怪獣グルメ』である。一応河崎実監督による映画『三大怪獣グルメ』のコミカライズである。漫画はほりのぶゆき、監修に久住昌之が参加しているが、久住さんがなにを監修したのかはよく分かんない……。それにしてもこの漫画、東宝怪獣映画『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ/決戦!南海の大怪獣』と怪獣設定が似ているんだがどうなってるんだろうか。パロディということでいいのだろうか。物語のほうもパロディ満載で、このテの特撮系のネタや、昨今の世相などがあれこれと盛り込まれてはいる。展開の在り方は相当ドタバタしているし、なんだか思い付きのままに進めている感じもするんだが、このナンセンスさを狙っているのかもしれない。

終わりなき戦いの果てにあるもの/ロシア産侵略SF映画『ワールドエンド』

■ワールドエンド (監督:イゴール・バラノフ 2019年ロシア映画

f:id:globalhead:20200621112728j:plain

ロシアのSF映画には意外と拾い物がある。

ロシアのSF映画と言えば古くには『惑星ソラリス』(1972)や『ストーカー』(1979)のような格調高い作品、『未来惑星キン・ザ・ザ』(1986)みたいなカルト作品もあるが、もっと最近だと『プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星』(2008)、『ダーケストアワー 消滅』(2012)、『ガーディアンズ』(2017)、『アトラクション 制圧』(2017)など、ハリウッド作品並みに派手なVFXを使用し大衆受けしやすいストーリーを持った作品が製作され、日本でも公開されている。

これらロシア産SF映画の特徴はいかにもロシアを思わせる武骨さであり、ハリウッド製のSF映画とは一味違う物語展開の在り方だろう。お国が違えば物語の切り口も自ずと違ってくるという訳だ。かつて社会主義連邦国家だったという政治的歴史性、広い国土と寒冷な気候、ロシア特有の文化風俗と人種構成、こういった背景が物語の色合いを独特のものにしているのだ。ロシア産SF映画には奇妙なエグみや泥臭さがあり、そういった「臭み」が逆に面白味へと繋がったりする。

最近日本でも公開されたロシア産SF映画『ワールドエンド』を観たが、これもなかなかの拾い物だった。SFジャンルとしては「侵略モノ」ということになるだろうか。ある日突然、世界中の全ての電力が喪失し、同時に人々も突然死し、あるいは謎の消失を遂げていた。地球でこの未曽有の危機を免れたのはロシアの一地域だけだった。ロシア軍特殊部隊は原因究明の為調査を開始するが、派遣された部隊はどれも全滅し音信不通となってしまう。そして混乱する軍部に1人の異星人が現れ、人類滅亡と地球移住計画について語り始める。その頃、消失した人間たちは異星人の操り人形となり、ロシアの都市を攻撃し始めたのだ。

こうした物語を背景にしつつ、作品においてはロシア軍対異星人に操られた人間たちとの凄まじい戦闘が徹底的に描かれてゆく。これら傀儡となった人間たちの様相はさながらゾンビである。死んではおらず人肉も食わないが、自分の意志を持たず死も恐れず圧倒的な数で相手に襲いかかる様子はゾンビ映画のそれだ。しかも彼らは銃を所有し、ロシア軍と銃撃戦を繰り広げるのだからゾンビよりもタチが悪い。殺しても殺しても後から後から雲霞の如くゾンビ人間が湧いて出る光景は、『ワールド・ウォーZ』のロシア篇が作られたらこうだったろうとすら思わせる。ロシア軍は次々と兵を失い、弾薬も尽き果て、希望無き敗走を余儀なくされてしまう。 人類に勝利の道はあるのか?

主人公となるのがロシア兵であり、銃撃戦をメインとする攻防が描かれてゆくこの作品は、ある意味ミリタリーSF作品と呼ぶこともできる。その終わりの無い熾烈な戦闘の描写は『ブラックホーク・ダウン』すら思わせる。時代背景は近未来に設定されており、車両や装備も近未来風だ。しかしそのデザインはハリウッド的なスマートさではなく、あくまで武骨で重厚な、実にロシア風のものになっている。兵士たちの行動や性格設定も武骨そのものであり、ヒロイックなキャラも存在せず、華がないと言えばそれまでだが、こういった泥臭い地味さが実にロシアのミリタリー作品だなと感じさせる。近未来と言えば途中描かれる近未来ロシアの都市は実に『ブレードランナー』しており、こういった部分のSF的楽しさもある。

終盤においては人類と異星人との太古における関係性が言及され、あたかも『プロメテウス』を思わせる真実が描かれることになるが、この辺は話を膨らませるための大風呂敷程度に思っておけばいいかもしれない。なにしろこの映画のキモは徹底的な銃撃戦なのだから。とはいえ「人間はなぜ殺し合うのか、なぜ殺し合いを止めないのか」という暗い問い掛けは、実はこの物語の背景の根本となっているもののような気がする。それはなにか。

意志を持たないゾンビの如き大群とロシア軍との終わりなき戦い、というモチーフの背景にあるものはなんなのか。これは1979年から1989年にかけて行われたソ連アフガニスタン侵攻を揶揄したものではないだろうか。10年に及ぶ長期の戦闘、ソ連側戦死者1万4000人以上、アフガン側はその数倍の戦死者を出したというこの紛争は「ソ連ベトナム戦争」とまで呼ばれた。そして経済的にも対外的にも疲弊したソ連が遂に崩壊する原因を生み出した紛争でもあった。映画『ワールドエンド』の物語は、アフガン侵攻におけるソ連軍の泥沼の如き戦闘と、絶望的で虚無的な結末のアレゴリーであったのかもしれないとオレは思うのだ。

www.youtube.com

デヴィッド・リーンの初期の作品『旅情』と『逢びき』を観た【デヴィッド・リーン特集その5】

■旅情(監督:デヴィッド・リーン 1955年イギリス・アメリカ映画)

f:id:globalhead:20200606115106j:plain

アメリカに住む独身女性ジェーン(キャサリン・ヘプバーン)が念願のヨーロッパ旅行に出かけ、最終目的地である水の都・ヴェネツィアで一人のイタリア人男性と恋に落ちる。しかしその男性レナード(ロッサノ・ブラッツィ)は妻子ある身だった、というデヴィッド・リーン1955年監督作『旅情』である。

なにより目を惹くのはこれでもかとばかりに美しく撮影されたヴェネツィアの情景だろう。オレもこれまで映画や記録フィルムでヴェネツィアの映像を見たことはあるけれども、ここまで魅了させられる映像は無かったかもしれない。それはただ単に名所や美景を羅列するのではなく、映画ならではのアングル、カット割り、光線、編集で見せてゆくのだ。当然これらの映像には、作品の主役たる二人の男女の心理情景も加味され、それゆえのロマンチックさなのだろう。

さてこの作品は単純に言うなら「不倫モノ」でしかないのだが、デヴィッド・リーンの手にかかると格段の文学性を感じさせるものになる。ジェーンは気が強く物事をはっきり言う典型的なアメリカ女として描かれ、一方レナードは人生と愛をあけすけに楽しもうとするこれも典型的なイタリア男だ。ここにもデヴィッド・リーンの「異文化とのコミュニケーション」が描かれるのだ。

恋に憧れながら自らの頑なさで恋を逃してきた女ジェーンは最初レナードを許さないが、人生を愛する彼の態度にいつしか心を開く。この恋は許されないものではあったが、レナードに人生を愛することを教えられたジェーンは、彼と別れ、そこからまた新しい一歩を歩み出すのだ。これもまた、人生の発見ではないか。ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞受賞作。

旅情 [Blu-ray]

旅情 [Blu-ray]

  • 発売日: 2012/06/08
  • メディア: Blu-ray
 

■逢びき (監督:デヴィッド・リーン 1945年イギリス映画)

f:id:globalhead:20200608081842j:plain

駅の待合室で出会った男女が恋に落ちる。しかし、二人は互いに配偶者を持つ者同士だった。そんな二人の狂おしい想いを描くのが1945年に公開されたデヴィッド・リーン監督作『逢びき』である。モノクロ。実際のドラマ構成は、二人の別れから始まり、その二人の出会いから別れまでを、主人公女性ローラ(セリア・ジョンソン)が回想する形で描かれる。そしてその回想は実は、夫への、声に出さない懺悔の形で行われるのだ。

回想における、ローラが出会った男性アレック(トレヴァー・ハワード)との心ときめく日々、それと同時に、嘘を重ねてゆくことへの罪悪感、それらがない交ぜになった心理描写がこの作品のメインとなる。つまり「不誠実ではあったが一線は越えなかった妻の懺悔」という形で、この当時の映画的なモラルとしてはギリギリに格調高い描写で押さえているような気がした。古い作品であり今現在観るとありふれたロマンス映画にも見えてしまうが、非常に抑制された感情表現の在り方にイギリス映画らしさを感じる事が出来るだろう。また作品内で描写される駅待合室(お茶や軽食を出すのだ)や映画館、レストランなどの風俗も観ていて楽しい。

しかし、それにしてもデヴィッド・リーンはなぜにこれほどまでに「不倫モノ」ばかり描きたがるのか。リーン監督自身が人生で6度の結婚を経験した恋多き男で、「恋に制約があることが許せない」ことが「不倫モノ」へと帰結させたのか。デヴィッド・リーンの多くの作品は「異文化とのコミュニケーション」で成り立っているが、非常にこじつけがましく書くけれども、「女性という他者=異文化」とのコミュニケーションの模索が、そもそもの原動力だったのではないだろうか。英国映画協会「イギリス映画100選」第2位、カンヌ映画祭グランプリ受賞。

逢びき [DVD]

逢びき [DVD]

  • 発売日: 2002/12/20
  • メディア: DVD