2017年を振り返るならまず引越しのことを書かねばならない

f:id:globalhead:20171228114916j:plain

今年2月に引っ越しをしたのだ

毎年年末には1年の総括をブログに書き出していたが(そしてそれらはたいていたいしたことのないことばかりだったが)、今年2017年に関しては、なによりも2月に決行した引越しのことを書かねばならないだろう(しかし引越しとは”決行”なのか?)。これを書かなければ今年を語ったことにならないからだ。

いや、引越しだなんて、たいていの方なら一つや二つ、あるいは三つも四つも経験されているだろうし、確かに大変だとはいえ、そんな大仰に騒ぐことじゃないんではないかと思われるかもしれない。だが、オレの場合はちょっと事情が違う。オレの今回の引越しというのは、以前のアパートに住み始めて以来実に37年振りの事だったからである。そしてその理由は「立ち退き」というものだったのだ。

大東京大四畳半生活

オレが上京したのは高校卒業後の18のときで、その時は新聞奨学制度で美術の専門学校に通いながら住み込みの新聞配達生活をしていた。最初は東京都江東区門前仲町。しかしここで店主と意見が対立して東京都葛飾区の新小岩に異動になる。オレはこの新小岩で精神的に病んでしまい、新聞配達も学校も辞めることになる。この間たった7ヶ月。その後渋谷区恵比寿に住む伯父のアパートに居候になり、その伯父の紹介で品川区のとある町のアパートに住むこととなった。つまりオレは上京して1年にも満たないうちに4回住処を変えていたのだ。

こうしてオレが一人住まいを始めたアパートは風呂なしトイレ共同の四畳半だった。今では骨董品めいているが当時(つまり40年近く前)には割りと当たり前によくあった。そして、恥ずかしながらここで白状するが、オレはこの風呂なしトイレ共同の四畳半に37年間、55歳のいい年したおっさんになるまで住んでいたのである。

何故か、というとこれはもう面倒だったから、というしかない。それと最初は、上京の理由だった就学が破綻した以上、とりあえず仮の宿としてここに住んでいるだけなのだ、という意識があった。東京に住む理由など何一つない以上、いつか実家に帰ろうと思っていたのだ。ところが性格の物ぐささと横着さが祟り(まあ両方同じ意味だが)、ずるずると驚異的な年月をここで過ごすことになったというわけだ。

その間中小企業に就職もし(29歳のときだ。それまでバイト生活だった。30になってまだバイトだとさすがに拙いだろうと就職した)、薄給ながらきちんとした固定給も貰い、微々たる額とはいえ貯蓄も試みたが、そうして生活がなんとなく安定してすら風呂なしトイレ共同の四畳半を引っ越すことをしなかった。さっき面倒だった、とは書いたが、その核心にあったのはいくら惨め臭かろうと生活を変えるのが怖かった、ということがあった。変えないことにより、望んでいなかった人生を歩んでしまうことになった自分の現実を直視するのを避け続けていたのだ。そしてその精神的逃避は、ひょっとしたらまだまだ数十年続いていたかもしれない。大家からアパートの立ち退きを要請されるまでは。

それは去年の暮れの事であった

立ち退きの理由、それはごく単純に、アパートの老朽化である。誰もが知るあの忌まわしい東北大震災の際、関東もまた甚大な震度の地震に見舞われたが、この時木造モルタル築56年の古アパートは歪んでしまい、あちこちで漏水やガス漏れ、床の陥没などが発見されたのだという。とはいえこれは立ち退き要請時に大家から聞いた話で、2階にあるオレの部屋には特にそれらしい影響は無かった。大家は1階の部屋に鉄骨の梁を張るなどして凌ごうとしたが、やはりガス水道の配管はいかんともしがたく、そもそも建物自体老朽化していたこともあって取り壊しを決め、それによりオレに立ち退きが要請されたのだ。

そのことが告げられたのが去年の暮れ。3月までに立ち退いて欲しいという。当然吃驚はしたが、それよりも、やっとここから引っ越す理由ができたな、とオレは思った。事情も事情であり、大家も大変恐縮していて、その時住んでいた部屋と同程度の部屋を見つけて斡旋もしてくれていた。ただまあ、なにしろ同程度(いや、大家も気を使ってくれたのだ)、その物件も多少広くはあったとはいえ風呂無し木造アパートであり、折角やっと引っ越すのだからと自分で人並みのアパートを探すことにして、大家の探してきた物件はお断りさせてもらった(ちなみに引越し時、大家は慰謝として10万円ほどの現金をよこしてくれて、これはなにかと入用だったので助かった)。

年の瀬に部屋探しなどしたくもなかったので、実際に行動を起こしたのは年が明け今年に入ってからだった。オレは引越し決行を2月に決めた。とはいえ、自分に住みたい町だの場所などはない。だからその時住んでいた近所で探してみた。実は旧アパートは通勤の便がよく、引っ越すことでその利便性を失いたくないというのがあった。数日間さらっと探し、これだと思えた2DKの物件があったので不動産屋に連絡を取り、部屋を見せてもらって2,3日後にそこに決定することを不動産屋に告げた。決めるのは早かったのである。家賃も一般的に言われている自分の月給の3割前後。最適の物件とはいえないにしても自分の給料ではこんなものだろうと妥協した。

段ボール箱40個だった

その後の引越し準備のどたばたは、まあ誰でも経験のあることだろうから、特に書かない。ただ、四畳半に住んでいたくせに、本とCDとDVDの数が半端ではなかった。相当捨てたにもかかわらず、それでも段ボール箱40個となり、さらにまだまだ増え続けた。それまで使っていた古びた家電製品や家財道具も殆ど捨てて(たいした量ではなかったが)、転居後にその殆どを買い直した。全部新しくして一からスタートしたかったのだ。引越しの準備から終了まではネットで調べるとたいていのことが載っていたのでそれほど苦労はなかった。

ただ、たったひとつだけ納得が出来なかったのはネットの移転・開通の遅さである。電気ガス水道転居届けなどは案外手続きが簡単だったが、それらを簡単にしてくれた(または簡単に情報を引き出せた)ネットだけが、申込みから開通までなんと50日掛かったのだ。先端である筈の業種が一番鈍重だったというのが皮肉に思えたが、ネット漬けの日々を送っていた者にとってスマホでしかネットを覗けない50日間はさすがにうんざりさせられた(後半慣れたが)。

そして新居だった

引越しをしたのが2月11日土曜日。そしてそれから数ヶ月間、週末になる毎に生活で使う細かな雑貨を買い揃え続け、ネットで(スマホで)家具を注文し、それらを組み立て続けた。慣れない大工仕事に肩を痛め夏になるまで肩が上がらなかった。そんな毎日が終わってやっと新居に馴染んでみると、これがもう、ひたすら居心地がいい。こんなに居心地がいいのならなぜ早く引っ越さなかったのかと思ったほどだ。なにか人生を無駄にしてしまったとすら思えた。まあ、オレの人生というのは、大概こんな具合に、無駄だらけではあるのだが。

これら引越しにまつわるあらゆる事は確かに大変ではあったが、最初に書いたように、社会で暮らす多くの方にとって、それらは粛々と行われるだけのことであって、大騒ぎすることでもないのだろう。ただ、50を過ぎてなお自分の現実を御座なりにしモラトリアムめいた生活を続けていたダメ人間のオレには一大事ではあったのだ。だが、オレはダメ人間ではあるが、それでも、やることはやったと思う。そういや引っ越して2ヶ月を過ぎた頃に大阪に住む長年付き合いのあるネット友達が東京に出張で来た際、家に泊めるなどしてもてなしたことがある。オレなりに頑張って整えた部屋に人を招くのはちょっと誇らしかった。その時オレは、そんなに自分はダメでもないな、となんとなく思えたのだ。

これらがオレの、今年の2月を前後して行われた引越しのあらましである。長々と書いたが、なにしろ今年は、この引越しが最大の出来事だった。そしてやっと引っ越したこの部屋で、来年一年目を迎えるというわけだ。来年も、そしてその後の年も、いい年にしてゆきたい。

というわけで皆さん今年もありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

2017年オレ的映画ベストテン!!!

2017年も押し迫り、今年も「オレ的映画ベストテン」の時期がやってまいりました。

とはいえ、……いやー、今年もあんまり映画観てません。去年のベストテンでも似たようなことほざいてましたが、今年前半はなにしろ引越しとその後の整理で映画館どころではなかったんです。さらに今年暮れからは仕事やらなにやらが忙しくなり話題作がまるで観られませんでした。

そんな訳ですので「2017年公開映画の厳選された10作」とかいうものではまるでなく「オレがぽつぽつ観た数少ない映画の中から適当に選んだ10作」程度のものだと思われてください。という訳でいつもながらの言い訳塗れの前フリはここまでにして行ってみよう!! 

第1位:ブレードランナー 2049 (監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171209194440j:plain

"「生の虚しさと儚さ」「生きる事の孤独」「自分が何者であるのかという不安」。これら『ブレードランナー』の孕むテーマは、人が生きる上で直面する普遍的な問い掛けであり、不安ではないか。そしてだからこそ、『ブレードランナー』の物語は我々の心を捉え、歴史を超えて語り継がれてきたのではないか。そして、監督を変え、35年の月日の末に完成した『2049』も、この根底となるテーマは全く変わっていない。それを活かせていたからこそ『2049』は1作目の世界観ときっちりリンクした正統な続編として完成したのだ。"(ブログ記事より)

第2位:T2 トレインスポッティング (監督:ダニー・ボイル 2017年イギリス映画)

f:id:globalhead:20171209194806j:plain

"無様なだけでしかなかった自分の人生に、年老いることにより、落とし所を見つけられるか見つけられないか、それがこの『T2』という物語だったのだ。物語では、クライマックスにおいて、その「落とし所」を、見つけられる者も、見つけられない者もいる。だが、人生が遣る瀬無く、そして、その遣る瀬無い人生を生きてきてしまったことに、誰もが変わりない。その遣る瀬無さが、映画を観ていたオレの胸に、まるでブーメランのように、深々と突き刺さってきたんだよ。人生を選べたか、選べなかったか、実はそんなことは重要じゃないんだ。ただ、何をしたとしても、何をしなかったとしても、それでもどうしても心に湧き起らざるを得ない遣る瀬無さが、オレには、堪らなく痛かったんだよ。"(ブログ記事より)

第3位:スター・ウォーズ/最後のジェダイ (監督:ライアン・ジョンソン 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171217113748j:plain

"『最後のジェダイ』はその中で、ジェダイという名の【救世主】の喪われた世界と、そのジェダイを新たに継ぐべき者が生まれようとする過渡的な状況を描く作品だ。それは【救済】と【希望】がまだ手探りでしかない状況なのだ。だからこそ否応なく物語は熾烈であり過酷なのだ。それは、夜明け前の漆黒の暗闇を描く作品だからなのだ。そしてこの状況は、『最後のジェダイ』を新3部作の中盤の在り方として最も正しく、最も正統的なドラマとして成立させているのだ。善が悪の中に今まさに飲み込まれようという混沌と混乱の渦中にありながらも、【新たなる希望】を模索して止まない物語、これこそがスター・ウォーズではないか。こうして『最後のジェダイ』は、新3部作の中盤にありながらスター・ウォーズ・サーガの新たなる傑作として堂々と完成したのである。"(ブログ記事より)

第4位:トリプルX 再起動 (監督:D・J・カルーソ 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171209194827j:plain

今回のベストテンも結構しょーもない映画を沢山挙げているんですが、この『トリプルX 再起動』はその中でも群を抜いてしょーもない映画でしたね。もうホント支離滅裂で荒唐無稽で馬鹿馬鹿しいアクション映画なんですが、でもねー、なんか好きなんっすよーこれー。映画の出来なんか全然たいしたことないんですが、ドニーさんとトニー・ジャーコレステロールハゲと並んで立ってるだけで嬉しくなっちゃうじゃないですか。ルビー・ローズさんも素敵でしたよねー。でもね、なにより、インドの宝石・ディーピカー・パドゥコーン様が出演なさっている、ただこれだけで30点ぐらいの映画が1億点ぐらいまで跳ね上がるわけですよ。ディーピカー様の御姿を日本の劇場で観られる。これだけでも僥倖と言わねばならないし、インド方向に五体投地したくなってしまうわけですよ。

第5位:オン・ザ・ミルキー・ロード (監督:エミール・クストリッツァ 2016年セルビア・イギリス・アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171209194848j:plain

"『オン・ザ・ミルキー・ロード』はそれら戦争が終わり生き延びた人々が、その未来に何を負って生きるのか、を描こうとしたのではないか。戦争が終わり平和が訪れても、生き延びた人々が喪ってしまったものは決して還ることはない。その平和は、安寧なのではなく、喪われたものの記憶と過ごさざるを得ない、終わることの無い喪の時間であると言うこともできるのだ。しかし、人は過去にのみ生きることはできない。何がしかの未来へと自らを繋げなければならない。そしてそれは、生命の溢れる"ミルキー・ロード"へと至る道でなければならないのだ。あのラストには、そういった意味が込められていたのではないかとオレなどは思うのだ。"(ブログ記事より)第6位:エンドレス・ポエトリー (監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 2016年フランス、チリ、日本映画)

f:id:globalhead:20171209194900j:plain

"『リアリティのダンス』がホドロフスキーの「胎動篇」だとすると、この『エンドレス・ポエトリー』は「躍動篇」だということができる。前作において中心的に描かれた父親との軋轢の物語は完結し、ここでは個人としてのアレハンドロがどのように人生と芸術に目覚めてゆくかが描かれるという訳だ。しかし、「父と子の軋轢」というある種普遍性を帯びた前作に比べ、この作品はより個人的であり、同時に「芸術とは何か」という抽象的な物語になっており、実の所”芸術”に興味が無ければ放埓の限りを尽くしたボヘミアンな群像描写に「この人たちナニやってるの?」という感想で終わってしまうきらいもある。とはいえ、それを抜きにすれば次々と表出するマジカルな映像の妙にとことん堪能できる作品だろう。"(ブログ記事より)

第7位:キングコング:髑髏島の巨神 (監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ 2017年アメリカ映画

f:id:globalhead:20171209194915j:plain

"確かに見た目はドデカイ猿なんだけれども、なんかこう荒ぶる神みたいに獰猛かつ神々しいのよ!ストーリーでも実際そういう扱いだったが、「単にデカイ猿」以上の超自然的なものを醸し出してるのよ。だからこそ堂々と「モンスター」なわけなのよ。で、このコングが、映画始まってそうそうガンガン出てきやがるのさ!『ジョーズ』やギャレゴジみたいに気を持たせつつ徐々に姿を現したりなんかしないんだよ!「自分らコング映画観に来よったんやろ!思いっきり観しちゃるわ!とことん観るとええねん!(適当な関西弁)」てな感じで出し惜しみしないんである。まずここがいい!いやしかしコングだけなら飽きてしまうかもしれない。そこを「コングだけちゃいまっせ!おぜぜ貰った分ぎょうさんサービスしたるわ!(適当な関西弁)」とばかりに奇っ怪な巨大怪獣が総出演なのですよ!"(ブログ記事より)

第8位:ベイビー・ドライバー (監督:エドガー・ライト 2017年イギリス・アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171209194927j:plain

"音楽が主人公のひとつのアイデンティティとなり、音楽が物語に豊かさを与え、そしてその音楽が物語をドライブさせてゆくといった展開はもともと監督エドガー・ライトの真骨頂だった。エドガー・ライトは自身のそういった資質と趣向を120%活かした映画を撮りたいとかねてから願っていたに違いない。この『ベイビー・ドライバー』は銀行強盗を中心に据えたクライム・サスペンスの形を取っているが、むしろ「最高のBGMに相応しい最高の映像と物語」を追及した時、それがクライム・サスペンスに行きついたという事ではないのだろうか。"(ブログ記事より)第9位:ワンダーウーマン (監督:パティ・ジェンキンス 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171209194936j:plain

もうね。なんと言ってもガル・ガドット様ですよ。例え映画自体に賛否両論あったとしても、ガル・ガドット様がたまらなく美しい」という事実だけは、これはもう決して覆すことは出来ない事なんですよ。そのたまらなく美しいガル・ガドット様がですね。露出度の多いコスチュームを着てですよ。飛んだり跳ねたり、とてもとても激しい動きをしてみせるんですよ。殴ったり蹴ったり、それはもう、とてもとても激しい動きですよ。この、「たまらなく美しいガル・ガドット様」の「とてもとても激しい動き」を観ることができる、それ以上の、いったい何が必要だというのでしょう?

第10位:ドクター・ストレンジ (監督:スコット・デリクソン 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20171219000420j:plain

実はこの『ドクター・ストレンジ』、劇場で観て無いんですよ。物凄く観たかったんですが、公開時丁度引っ越し真っ盛りで、映画どころじゃなかったんですね。で、やっと落ち着いた頃ソフトが出たんで購入して観たんですが、いやー、楽しかったー。限りなくカルトめいた物語にもニヤニヤしてしまいましたが、巨大な万華鏡のようにクルクルと姿を変えてゆくビル群とかキラキラと宙に浮かぶ黄金の曼陀羅とか「なにがどうなってんだ」と驚嘆してしまうVFXが綺麗で綺麗で見とれてしまいましたね。これ3Dで観たかったなあ。それにしてもカンバーバッチさんがアメコミ・ヒーロー演じるなんて想像もできませんでしたが、これが意外とハマッていたのにもビックリさせられました。

カンフーでヨガでインディー・ジョーンズ!?~映画『カンフー・ヨガ』

■カンフー・ヨガ (監督:スタンリー・トン 2017年中国・インド映画)

f:id:globalhead:20171223142640j:plain

中国4000年の歴史・カンフーとインド6000年の歴史・ヨガが合体したッ!?両方合わせて1万年ッ!?というアクション映画『カンフー・ヨガ』でございます。

主演は誰もが知るカンフースター、ジャッキー・チェン。しかし映画を観始めてふと気付きましたが、オレ、ジャッキー・チェンの映画を劇場で観るの、初めてかもしれない!?そもそもこれまでの人生でジャッキー映画を殆ど観ていない!?むしろ、今回悪役で出演しているインド俳優ソーヌー・スードが出てるインド映画のほうが沢山観てる!?

世の中には「『天井桟敷』と『ポチョムキン』も観ていないのに映画語るなよ?」みたいなシネフィルな方もいらっしゃるようですが、オレの場合「ジャッキー映画も観て無いのにカンフー映画やアクション映画のことは語れないよね?」と言われても返す言葉もございません(まあ語るつもりもないけど)。

そんなわけでジャッキー映画を殆ど観ていないオレがなんで今回この『カンフー・ヨガ』を観たかと申しますと、そりゃもうアナタ、予告編のインドテイストに「うおおおインドだインドだ!インドが出て来る映画は観なきゃダメなんだッ!?」と激しく舞い上がったからなのでございます。世に言う【インド脳】というヤツでございます。

お話は中国に住む考古学者ジャック(ジャッキー・チェン)がインドの考古学者アミスタ(ディシャ・パタニ)から太古に失われたインドの財宝探しを持ちかけられ、中国・ドバイ・インドと大冒険を繰り広げるというもの。しかしそんなジャック一行にインドの大富豪ランドル(ソーヌー・スード)が財宝を奪おうと迫りくるのです!

いやそれにしても冒頭、財宝の来歴を描く古代インドの戦争の描写が既にして『バーフバリ』していて驚きましたね!太古に繰り広げられた架空のインド大戦を描くインド映画『バーフバリ』は2部作になっており、第1部『バーフバリ 伝説誕生』に続く第2部『バーフバリ 王の凱旋』は12月29日から日本公開されますのでもんの凄く面白いからみんな是非観てくれよ!!

f:id:globalhead:20171223160748j:plain

あ、『カンフー・ヨガ』でしたね。財宝探しに出向くジャック一行でありますが、これがもう既にして『インディ・ジョーンズ』なんですな。中盤からの展開もあんまり『インディ』してるもんですからわざわざ映画の中で「『インディ・ジョーンズ』みたい」なんて言ってるぐらいです。しかしむしろ「『インディ』によく似た『ロマンシング・ストーン』」ぐらいのつもりでこの映画を観ればいいのだと思います。

とはいえ、「『インディ』ぽい」とは言いつつ、謎解きやら財宝発見やらは「こんなに簡単でイイの?」と思っちゃうほどポンポン進んでしまいます。実はその辺は主眼じゃなくて、その後の財宝を巡る大奪還劇とそれに伴うアクションの面白さがこの作品の見所です。そして遂に明らかになる歴史の陰に隠されたあるものの全貌へと物語は大いに盛り上がってゆく訳ですな。

正直シナリオはご都合主義だし矛盾も多いのですが、そんなことよりも世界を股に掛けた大冒険のロケーションの楽しさと、敵味方分かれてのカンフーアクションの痛快さにとことん特化して作られた作品だと感じました。そしてもちろんジャッキー・チェンのスター性、そしてそのコミカルな味わいを徹底的に楽しむ作品だと言うことが出来るでしょう。ヤヤコシイお話などまるでなく、老若男女誰もがとことん安心して観られる娯楽作という事です。

インド俳優が多数出演してインドも一部舞台となる作品ではありますが、当たり前っちゃあ当たり前なんですが基本的にはやはり中国/香港映画の味わいが勝る作品ではありましたね。そんな中、日本じゃ『ダバング 大胆不敵』の公開作があるソーヌー・スード兄いは黒光りしたインドテイストをギンギンにばら撒いてたし、女優のディシャ・パタニもいい具合にインド美女ぶりをアピールしてましたね。このディシャ・パタニ、実は大ヒットしたインド映画『M.S.ドーニー ~語られざる物語~』にも出演されてまして、おまけに次回作はあのタイガー・シュロフ主演の『Baaghi 2』だっていうじゃありませんか!?映画には歌と踊りのシーンもありますし、そんな部分でインド映画ファンにも嬉しい『カンフー・ヨガ』でありましたよ。

↓お美しいディシャ・パタニ様

f:id:globalhead:20171223155758j:plain


映画『カンフー・ヨガ』 本予告