映画『地球に落ちてきた男』のスチール写真集が発売

David Bowie : The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

Taschenといえば良質なアートを安価な美術書で提供する出版社で、オレもたまにアート本を購入していたが、そのTaschenからボウイの、しかも映画『地球に落ちてきた男』のアートブックがつい最近出されていたとは知らなかった。どうやら映画公開40周年を記念して刊行されたものらしい。

映画『地球に落ちてきた男』についてはついこの間ワッシュさんの「お酒映画ベストテン」絡みで関連記事を書いたので宜しければ読んでください。公開40年を経て今だオレの脳裏に鮮烈に焼き付いている作品なので、これのアートブックの発売は感慨無量だった。書籍の体裁はハードカヴァー14x19.5cm、厚さ4.4cmで480ページものページの中に写真が網羅されており、しかもこれが現在のアマゾン価格で¥2355という驚異の安さなのがさらに嬉しい。

収録写真は殆どがモノクロなのだが、逆にこれがソリッドな映像美を感じさせてくれてしみじみと見入ってしまう。その内容は映画のスチールだけではなく撮影風景やオフショットにまで及び、当時のボウイと撮影隊との雰囲気が手に取るように伝わってくる。当然初めて目にする写真が多く、映画の感動がまたしてもふつふつと心を覆ってゆくのだ。

それにしても、映画公開40年を経てこのように書籍化される映画作品というのも稀有であるということが言えはしないか。もちろんオレを含む世界中に存在するボウイファンにとって記念すべき作品であることは確かだが、同時にカルトSFクラシックとしてひとつの金字塔となった作品であることも出版の理由であると考えることもできる。

当然ボウイファンなら必携の1冊であり、鑑賞用・展示用・保存用・贈答用として2冊3冊と購入することも必至、まさに一家に一冊の素晴らしい写真集という事が出来るだろう。

ボウイがこの世を去って早2年が過ぎたが、このようにしてまた新たなボウイアイテムが出されるというのは天のボウイからの贈り物のようにすら感じるのだった。

f:id:globalhead:20180519124643j:plain

f:id:globalhead:20180519124653j:plain

f:id:globalhead:20180519124705j:plain

■TASCHEN Booksサイト

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

 

 

 

キュートなメルヘンなんかじゃない!?映画『ピーターラビット』は実はスラップスティック・バトル・コメディだった!?

ピーターラビット (監督:ウィル・グラック オーストラリア・アメリカ・イギリス映画)

f:id:globalhead:20180520143152j:plain

ピーターラビット」といえば英国風に格調高い水彩画のウサギのイラストとこのキャラを使ったクッキーの缶と何かのCMぐらいしか知らない。ピーターラビットのクッキーは大昔実家にいた小学生の頃の妹によく送っていた。可愛らしいから女の子が喜ぶと思っていた。ちゃんと調べるとこのウサちゃんはビアトリクス・ポターの児童書に登場する主役キャラクターということらしい。

で、この可愛らしいウサちゃんのCG実写化映画を後頭部の毛髪が減少し歯周病と加齢臭に悩まされどこもかしこも臭いまくっているクソジジイのオレ様ごときが何故観に行く事になったかというと、ひとえにオレの愛する相方が是非観に行きたいからとオレにせがんだからである。

以前このブログの『パディントン2』の記事でも書いたがオレの相方はモフモフフカフカしたものが好きである。だからきっとピーターラビットのモフモフフカフカしたCG描写に惹かれたのであろう。後から聴いた話だと絵本も全部読んでいたらしい。オレも実際の所、相方の影響でモフモフフカフカしたものがそれほど嫌いでもないので、じゃあ、ということで映画『ピーターラビット』を観に行く事にしたわけである。

お話はというとイギリスの風光明媚な田園地帯で今日も明るく楽しく朗らかに過ごすピーターラビットと仲間たちの心温まる愛と勇気と冒険の物語……というのとは実はちょっと違った。まあ全然違っているわけではないが、観始めてみるとふわふわひよひよした子供向けだけの作品という訳では決して無かったのだ。

実はこの物語、イギリスの田舎町にある家庭菜園付き屋敷に越してきた男トーマス(ドーナル・グリーソン)と家庭菜園の野菜を狙う害獣ピーターラビット一派の血で血を洗う抗争劇が描かれているのである。「血で血を洗う」はちょっと盛っちゃったが、殴打や投擲や電撃など、様々な暴力行為と戦闘行為が次々に描かれ、しまいには爆破作戦まで決行されてしまうのである。まあ過激!

主人公トーマスとピーターたちとの大立ち回りはほとんどアニメ『トムとジェリー』状態だ。このスラップスティックさを大いに笑うのがこの作品のキモとなっているのである確かに登場する動物たちのCGは愛くるしいが、実際観てみると愛くるしいというよりも憎々しいのだ。決してハートウォーミングでラブリーな(だけの)映画じゃないんだぜ!?もちろん子供が観ても安心な程度のマイルドさで描かれているから家族連れで観ても全然OK。むしろ劇場では小さな子供たちがキャッキャ言って喜んでたよ!そういうこのオレ(a.k.a.クソジジイ)もキャッキャ言って喜んでたね!キャッキャ!

そう、この作品、格調高い英国田園風子供絵本ピーターラビットからは想像もつかないやんちゃな動物たちの暴れまわるドタバタ映画だったのである。それだけではない。人間の登場人物たちが誰も彼も変人なのだ。トーマスは潔癖症で半ばサイコだしピーターたちを庇護する地元の女性ビア(ローズ・バーン)も理解不能の抽象画を描きこじらせ気味のナチュラリストだったりする。その他の人間たちも大なり小なりどこか変だ。「変人だけど本当は善人」ではなく、「善人なんだろうが所詮変人」な連中ばかりなのである。

しかし面白いけどなんなんだこの映画?と思ったのだが、これは「コンサバティブな一般市民」と「パンクだったりフーリガンだったりするアナーキーな若者(=ピーターラビット)」との対立(と和解)を暗喩的に物語に持ち込んだんじゃないかなと解釈してみた。コンサバな一般市民は変人としておちょくり、一方ピーターたちはアナーキーさゆえに人間ではなく動物(的)な存在として描かれるのだ。そういった微妙に意地悪な視点がこの作品のそこかしこに見られ、それが可笑しさを生んでいる。しかし決してシニカルに過ぎたりニヒリスティックだったりはせず、きちんとファミリームービーの範疇に落とし込んでいるところがこの作品の良さだろう。

これは製作者側の、「喋るだけではなく服まで着てる動物をCG映像化し人間と絡ませるというのはどういうことか?」「それはなんでもアリのファンタジーとして成り立たせるのか、だとしてもその中でリアリティの基準はどこまであればいいのか?」という葛藤があったからこその結果なのではないかと思うのだ。つまり「子供と家族向けに製作されるであろう映画だけれどもだからといって誤魔化しや方便はなるべく使いたくない」という気概がそこにあったのだろう。作品内ではこういった作品にありがちな予定調和的な描写にあえて「これって予定調和的だよね」とわざわざ自らを茶化している箇所まである。こういった部分でできるだけ誠意のこもった作品にしたいという製作者側の意気がこの作品を良質なコメディ作品として成立させているのだ。


映画『ピーターラビット』予告 

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

ピーターラビットのおはなし (ピーターラビットの絵本 1)

 

もだえ苦しむブログ中毒者地獄の味噌蔵日記

f:id:globalhead:20180519092733j:plain

毎年のことだが連休明けは仕事が怒涛の如き忙しさで、覚悟はしていたが流石にヘバッた。見た目は一見がっしりしてそうだが実は単に不摂生が澱のように沈殿しているだけのデブでしかないオレに深夜残業などさせるな。そもそも年なんだよッ!還暦近いんだよッ!

深夜残業。確かにその日だけは遣り遂げられる。しかし後日以降の疲労蓄積は体力回復を殆ど許さない状態になる。つまり疲れが溜まってずーーっと仕事どころじゃなくなってしまうのだ。おかげで速攻で風邪を引きもう10日ほど経つというのに未だに調子が悪い。さらに瞼にチックが出て間欠的にちっくちっくと痙攣している。いつもはシャワーオンリーの風呂嫌いだがこの間はさすがに風呂に入った。温まった。

だがしかしオレがよく読むあるブログのブロガーの方などはいつも深夜残業だの休日出勤だのされていて頭が下がる。オレには真似できない。真似したらチんじゃう。いつも淡々と残業報告を挙げられている彼の日記には敬意を込めていつもそっとはてなスターを付けている。毎回つけるとストーカーだと思われるかもしれないのでなんとなく間を抜きながらスターをつけるこのオレの繊細な心配りに自分でも惚れ惚れしてしまう。彼は最近口にチマメがーとか言ってたのでビタミンB錠剤を飲むことをお勧めする。粘膜系に効果がある。

疲れには寝るのが一番なんだが、実は最近『ツイン・ピークス リミテッド・イベント・シーズン』のBlu-ray Boxを購入してしまいこれが面白くてたまらない。これについてはいつか書こう。しかしなにしろ観ていると面白くて続き続きと観てしまい寝れなくなる。酷い。

そんな毎日だったものだから先週一週間は全くブログを更新していなかった。ただでさえ最近は週3とか週2と更新が減っているのだが、一週間まるまるゼロというのははてなダイアリーを始めた頃から見ても初めてである。まあ実際には休日に書き溜めしたものをウィークデイに更新していたのだが、この間の休日は流石にクタバッていて書き溜めどころではなかった。そもそも昼間っからビール飲んでたしな。

とはいえ「一週間まるまるゼロ」とは言いつつ、それで何が困るのかというと実の所全く何も困らなかった。そもそも今現在ブログなんぞ惰性で書いているだけなのでこんなもんほっぽらかしといても問題ないのだ。おまけに一週間更新してなくともPVはまるで変わらないかむしろ増えているぐらいだ。ブログでアフィがーアクセス数がーとか汲々としながらのたまっている一部のはてなブロガーにオレのこの「書かずにアクセスUP法」を伝授したいぐらいである。

とか言いつつこうして今書いているのはある種の業であり宿痾であり呪いであり生活習慣病である。でもちゃんと洗濯もしたし台所も片付けたし買い出しだって終わってるんだ。まだこんな朝なのに。そういや朝飯まだだったな。今日はこれから宅急便受け取ってから映画観に行くんだ。意外ときちんと生活はしてるんだ。

でまあ何が言いたいかというと、ブログは書きたいんだが、もっと書いてる時間短縮して他の事もやりたいんだよなー。こんな文章だって一個一時間、長いのだと2時間ぐらい掛けて書いてるんだけど、もうそんなに時間掛けたくないんだよなーこの時間をもっと他の事に割り当てたいんだよなーと思ってるんだよな。思ってるんだけど、今回だって結局この長さでやっぱり一時間ぐらい掛かってるじゃないか!?どーしてくれるんだよオレ!?買ったゲームやってる暇ないじゃないか!?

そんな訳で一週間ブログ更新してなかったので書いてみた日記であった。特に深い意味も意義もないのでそこんとこヨロシク。

【第3類医薬品】新ネオビタミンEX「クニヒロ」 270錠

【第3類医薬品】新ネオビタミンEX「クニヒロ」 270錠