『ターミネーター:ニュー・フェイト』 を観た

ターミネーター:ニュー・フェイト (監督:ティム・ミラー 2019年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20191110133838j:plain

......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!

というわけで『ターミネーター:ニュー・フェイト』である。あの「痛めつけても痛めつけてもしつこくしつこく追っかけてくる」ターミネーターが登場するシリーズ最新作である。一応シリーズは全部観ている筈だが、なんかもう途中からどれも似たり寄ったりに思えてきてどれがどれやら、記憶をはっきりさせる為に今調べたらこれまで5作作られていて、これが6作目なのだとか。

とはいえこの『ニュー・フェイト』、「シリーズ2作目の”正統続編”で、そんなんなので今まで作った3作目以降は無かったことにしてちょんまげ!」ということになっているらしい。「その代わりサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが復帰して大暴れするから楽しみにしてよ!ちょっと年取っちゃったけど!」ということなのらしい。まあ要するに一回仕切り直しして話をシンプルに戻そうぜ(そのほうが観客集めやすそうだし)、ということなんだと思う。

ここで唐突に、「オレは何作目が好きなのか?」ということを過去記事から引用しておく。

ターミネーター』はどのナンバリングタイトルが面白いか?という議論がよく成されますが、オレ的には『1』は実は「ふーん」と観てしまったクチで、『2』で「なんかとんでもないことになってる!?」と驚愕し、『3』は「『2』の後だけど全然頑張ってると思うよ!」で、『4』は「…ええっと…うーん…でもCGのシュワが登場した時はメチャクチャ盛り上がったよね!?」と思った人間であります。

(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の)お話自体は例によって乱暴な作りで、タイムパラドックスの扱いも相変わらず適当ですが、ひたすらB級路線まっしぐらなその出来栄えにはいっそ清々しさを感じるほどであります。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』観た。 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

煎じ詰めるなら、「まあ、だいたい、適当に楽しい」と思いつつ観ており、「終わってるシリーズ」「○作目は観る価値はない」などというアンチな感想は殆ど抱いたことが無い筈だ。そもそも『ターミネーター』はシュワ主演であることと2作目が突出して注目を浴びた作品であったことでなんだか物凄いシリーズのように思われがちだが、全体的に「程々に心地よいB級SFアクションのフランチャイズ」ぐらいのもんじゃないかというがオレ自身の感想だ。で、それでええやん。SF設定も粗雑の限りだが、アクションの為の方便でしかない事は十分承知してるからあまり気にならないし、気にするような作品でもない。

長々と前置きを書いたが、実のところこの新作も、これまでと何も変わりなく「程々に心地よいB級SFアクションのフランチャイズ」であり、それ以上でもそれ以下でもない。やっていることは今までと殆ど変わりはない。未来から世界の運命を変える殺人ロボットがやってきて、同時にそれを阻止する任務を負った味方もやってきて、あらゆるものをぶっ壊しながら追いつ追われつのストーリーを展開するというものだ。変わるのは敵の機能であったり味方の要素であったりシュワの立ち振る舞いの違いだけだ。即ちアトラクション・ムービーとしての『ターミネーター』の、そのアトラクション要素を、目先を変えて「店内改装後の新装開店」してみせたのがこの『ニュー・フェイト』ということだ。だから今回は粗筋すら書く気がしない。

そんな訳なのでこの作品の評価はアトラクションとして楽しめたかどうかでしかない。そういった部分であるなら答はイエス、充分楽しんだ。まず初っ端からノンストップなアクションがいい。シリーズ物なので説明なしにガンガン行けるのだ。後半に行くにつれてムチャなシチュエーションが増えてゆくのもいい。登場するのがロボットであったり強化人間であったりするので、普通の人間の肉体機能以上のアクションが可能であるがために、こういったムチャなシチュエーションも可能になるのだ。そこに通常のアクション映画とは違う楽しさがある。この辺りは『デッドプール』も監督したティム・ミラーの面目躍如といったところだろう。

今回”目先を変えるために”再登場したリンダ・ハミルトンは、まあ居てくれるだけで充分というか、お年もお年なんでアクション自体にはそれほど期待するものは無い。なんかこう、「ご苦労様でしたッ!」という感じだ。シュワルツェネッガーに関しても、やはりまあ、ご老人なんだなあ、としか思えなくて、冴えたアクションを見せてくれるわけでもない。一応シリーズの「顔」なんで居てくれなきゃ困る、といった程度だ。一方、新型ターミネーターREV-9の機能にはまるで新味を感じなかった。2作目の液体金属が画期的過ぎたんだろうなあ。それに対し、やはり目を惹いたのは「未来から来た兵士」グレース役のマッケンジー・デイヴィスだろう。そのスレンダーな体躯と中性的で颯爽とした魅力、タッパを生かした豪快なアクションが結局物語を牽引しており、彼女が居たからこその『ニュー・フェイト』だったという気がしてならない。

というわけで『ターミネーター:ニュー・フェイト』レヴュー 、全巻の終了である。

......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!

www.youtube.com

風邪っぴきオヤジの顛末、あるいは奇妙な夢の話

f:id:globalhead:20191104135414j:plain

unsplash-logo Adam Nieścioruk

風邪ひいた。おまけに2週間も風邪っ引き状態である。現在は快方に向かっているが長引いてるせいもあって結構しんどい。いつもなら風邪ぐらいでブログにつけないことにしているが、今回は(いつも通り)全くネタがないのであえて書くことにする。

まあなにしろ詳細もなにもなく風邪だ。咳が出て鼻水が出て悪寒がして熱が上がって頭がクーラクラのあの風邪である。あえて説明するほどのものでもない。しかしいつもなら3日4日大事にしていればなんとか治っていたものの、2週間ともなると長過ぎだ。長引くと飽きる。体はしんどいがそのしんどいのすら飽きる。最初こそ会社を早めに抜けてさっさとメシ食って薬飲んでさっさと寝ていたのだがそれでもよくならないから飽きて来る。酒も抜いていたが抜くのも飽きたから結局飲んでいる。体験上風邪で酒飲んで治ったためしはないのはよく知っているが、なにしろ飽きまくっていたので結局飲んで案の定治らない。そのうちなんとかなるだろうと思いつつやっぱりなんともならないのはオレの人生においては多々見受けられることだ。平常運転じゃないか。いいのかこれを平常と呼んで。

風邪引いた最初の辺りに、既に席取ってしまっていた映画があったので戦々恐々としながら観に行った。そしてゼイゼイいいながら習慣的にブログにつけた。10月28日のブログ記事あたりな。しかしさすがに体力気力が続かず1週間はブログ休んでたな。Twitterもあんまり書く気がしなくてこっちもツイートが減った。しかしブログにしてもTwitterにしても書かないなら書かないで別にいいやあ、と思えてくるし、同時に人様のブログやらツイートやらを読む気も無くなってくるんだよな。で、あーネットとオレの関わりってのも、まあ別に無くてはならないもんでもなんでもなく、その気にならなくなったらいつでも消え去れるし消え去っても気にならないもんなんなんだなあと改めて思ったな。特にTwitter、あれ今まで眺めている時間が結構、というかかなり多かったんだが、全部関わりを断ったとしてもなーんも困らないツールだったんだなあ、としみじみ思えた。実の所、Twitter眺めてる時間あったら本でも読んでた方がずっと有意義だよ。まあ風治ってきたら結局シコシコ書き込んでるけどな!

ところで、なるべく睡眠時間は多めに取ることにしているんだが、そのせいか最近物凄くよく夢を見るんだ。実はオレ、夢をまるで見ない性分でな、まあ見ていても忘れているということもあるのかもしれないが、なにしろその夢をよく見るようになって、そしてなんとなく内容を覚えているということなんだよな。で、この夢というのが、風邪ひいてるから悪夢を見るとかそういうのではなくて、なんだか実に平凡というか、とりたてて奇矯であったり奇抜であったりするような夢じゃないのだよ。まあ夢の内容をくどくどしく書くのはあまり好きじゃないんだが、知ってるような知らないようなどこかの街をたらたら歩いて、知っているような知らないような人たちと会って、なんかしたりしなかったりしているという、ただ単に何かどこかで生活しているらしいだけの夢なんだよな。そんな夢を毎日観るのだよ。それらの夢はあまりに平凡過ぎて、全部繋がっているような繋がっていないような、ただなんとなく「何度も夢に出て来る世界」ではあるようなんだよな.。ありゃなんなんだろうな。まあ思いっきり妄想を膨らませるなら「どこかにあるかもしれないもう一つの世界とそこで生きるもう一人の自分」ということになるのだろうが、オレはそもそもひたすらしみったれてるだけの糞リアリストなので、当然単なる妄想でしかないと思っている。夢如きに意味や理由など求めるような書生じみた年でもないしな。ただ、なんだか最近寝る前に、「またあの世界に行くのかな」という妙な予感と期待があるのは否めないんだ。もちろん明日っから一切そんな夢を見なくなっても全く気にもしないだろうしすぐさま忘れ去ることは分かりきってはいるけどな。まあちょっとだけ妙な話、というわけだ。

というわけで特にオチもなにもない。あってたまるか、という気もするが。なお風邪治りかけであちこち出歩いてしまいご迷惑を掛けた方もいるかと思うのでここで陳謝しておきます。大変申し訳ない。ちなみに相方にはうつしてしまい、微妙に睨まれている。

『IT』第2章にして最終章、映画『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』を観た。

■IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 (監督:アンディ・ムスキエティ 2019年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20191104104806j:plain

スティーブン・キングの最高傑作とも謳われるホラー小説『IT』の映画化作品、第2章にして完結編である。2017年に公開された1作目の邦題は『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』 、そして今作の邦題が『IT イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』。なんだか長ったらしいし似通ってるので原題にあやかりそれぞれ「第1章」「第2章」と呼ぶことにする。

『IT』はアメリカの架空の地方都市デリーを舞台にした恐怖譚である。まず第1章における時代は1988年。街で子供ばかりの行方不明事件が立て続けに起こり、主人公ビルの弟も雨の中姿を消す。そして夏休み、ビルを筆頭にした”ルーザーズ・クラブ”の少年少女7人は行方不明事件の真相を知ることになる。それは大昔から街の下水道に巣食う”それ=IT”の仕業だった。”それ”はあらゆる恐怖を撒き散らしながら子供たちに襲い掛かるが、7人は協力し合って”それ”を倒すことに成功する。しかし、”それ”が27年おきにこの街を襲っていたことを知った彼らは、27年後に”それ”が街で猛威を振るいだした時にまた再開することを誓って物語は終わる。

この物語における恐怖の本質であり、ペニーワイズと呼ばれるピエロの格好をした怪物は、あくまで仮の姿でしかない。子供たちの前に変幻自在な形となって現れ恐怖に陥れる得体の知れない存在ということから”それ(IT)”と呼ばれているという訳だ。そして第2章では、第1章の27年後、再び活動を始めた”それ”と対峙するため、すっかり大人となったルーザーズ・クラブの7人に集合が掛けられる、というところから物語は始まるのだ。

原作自体は随分昔に読んだが、なにしろ大昔なので単純なアウトラインしか覚えていない。おまけに映画化作品以前にTV版として製作公開された『イット』とも記憶がごっちゃになっている。だからこの映画版がどれだけ原作に忠実なのか、はたまたどこが違うのか、という事はまるで指摘できないのだが、それでも、原作、あるいはキングという作家の持つテイストを非常に丁寧に・丹念にそして相当のリスペクトを込めて製作されているということはしっかり伝わってくる作品だった。キング原作の映画作品は玉石混交なのだが、この『IT』はその中でも非常に成功している作品だし、あくまで原作に寄り添おうという真摯さにおいては最高のキング原作映画かもしれない。

それは子供時代を描く第1章においてはビタースウィートなノスタルジーの形となって描かれるし、大人になった主人公らを描く第2章においては現実の壁に阻まれて苦渋を味わい続けるそのままならなさ、といった形で描かれる。第1章において子供たちの未来にはいかようにも輝ける予感があった筈であったのに、その未来に到達した第2章にあるのは味気ない現実への失望感でしかない。確かに大人になり猥雑な現実の中で生きるという事は、味気ない失望を受け入れ続けるという事なのかもしれない。しかしこの第2章では、そんな彼らが27年振りに集い、大いなる恐怖である”それ”と再び対峙することにより、各々の中で失われていた「何か」を取り戻そうとする、という物語となっているのだ。それは物語内において「子供時代の失われた記憶」として描かれるが、その「失われた記憶」とは、「”生”の実感」そのものの事だったのではないだろうか。

映画的に見るなら、子供時代を描く第1章と大人となった第2章のそれぞれの俳優が、本当にそのまま成長した姿なのではないかと思わせるほどそっくりでびっくりした(こんな雰囲気 ↓ )。

f:id:globalhead:20191104125028j:plain

成長後の姿を演じるジェームズ・マカボイにしてもジェシカ・チャスティンにしても、それなりに個性のある俳優の筈なのに、最初からしつらえてあったようにすら見えてしまったが、これは顔つきが、というだけではなく演技・演出・メイクが一体になった成果なのかもしれない。

ホラー演出やクリーチャー造形に関しては、これは昨今の新進ホラー監督による先鋭的なそれとはまた別な、 ジョー・ダンテあたりの時代を思わせるグロテスクの中にコミカルさが入り混じったもので、最近のホラーが怖すぎて観ることの出来ないオレにも十分楽しめた。これはペニーワイズ→クラウン→サーカスや遊園地を連想させるダークファンタジー風味な演出/クリーチャー造形ということだったのかもしれない。

なにより驚いたのはこの第2章の中に頻繁に過去の子供時代シーンが挿入されていたことで、しかもこれらのシーンはどれも第1章には無かった、または別視点のシーンばかりだったということだ。これは第1章撮影時に、この第2章製作も見越して子役たちのシーンを撮り溜めしていたということなのだろうか。なぜなら子供というのはとても早く成長するからで、そして第1章と第2章の間には2年の間があるからだ。正確なところは分からないのだが、どちらにしろ、この第2章の中に、まるで決して色褪せない記憶のように主人公たちの子供時代が鮮やかな映像となって挿入されている部分に、奇妙に感銘を受けてしまった。


映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』予告編

IT〈1〉 (文春文庫)

IT〈1〉 (文春文庫)

 
IT〈2〉 (文春文庫)

IT〈2〉 (文春文庫)

 
IT〈3〉 (文春文庫)

IT〈3〉 (文春文庫)

 
IT〈4〉 (文春文庫)

IT〈4〉 (文春文庫)