ラテンアメリカ文学アンソロジーを4冊(+1冊)読んだ

思うところあって「ラテンアメリカ文学短編アンソロジー」ばかり集中して読んでいた。思うところ、というか実はただ単に積読が溜まりまくってしまいここは一気呵成に読まにゃ消化できんな、という事情があっただけなのである。

読んだアンソロジーのタイトルは『ラテンアメリカ怪談集』『20世紀ラテンアメリカ短編選』『エバは猫の中―ラテンアメリカ文学アンソロジー』『ラテンアメリカの文学 ラテンアメリカ五人集』の4冊。これと併せてもう一冊、『ボルヘス怪奇譚集』を勢いに任せて読んでしまった。この『ボルヘス怪奇譚集』、ラテンアメリカ文学ではなくて、古今東西の怪奇譚をボルヘスとカサーレスが編んだ抜粋集となっており、それなので記事タイトルも厳密さを考慮して「4冊(+1冊)」とさせてもらった。それではそれぞれをざっくり紹介してみよう。

 

ラテンアメリカ怪談集

ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)

ラテンアメリカ怪談集 (河出文庫)

 

ラテンアメリカ文学というと十年一日の如く「マジックリアリズム」呼ばわりし、便利な言葉なので何も考えることなく無反省に濫用しているオレである。確かにラテンアメリカ文学の多くには「現実の描写の中になんだか妙なモノがニョロッと混じっている」ことが多いんではないか、そしてそれがラテンアメリカ文学の面白さなんじゃないか、とオレは雑に認識して楽しんでいる。そういった部分でいうならこの『ラテンアメリカ怪談集』、普通にラテンアメリカ文学を編纂しても「怪談集」になりそうな所を、さらに「怪談集」と銘打って堂々と奇妙な話ばかり集めている部分で面白い。とはいえ、ホラーチックな怪奇譚という意味での「怪談」というよりも「奇妙な味」「変な話」な作品が多いのが正確だろう。中にはコメディタッチのホラー作もあるぐらいだ。同時にラテンアメリカ文学の面目躍如ともいうべき強烈に幻想的な作品も収められている。そして何より驚いたのは、詩的で美しい文章の作品がとても多い、という事だ。これは新たな発見だった。そんなこんなで実に充実したアンソロジーだった。 

 

■20世紀ラテンアメリカ短篇選

20世紀ラテンアメリカ短篇選 (岩波文庫)

20世紀ラテンアメリカ短篇選 (岩波文庫)

 

こちら『20世紀ラテンアメリカ短篇選』は岩波書店刊ということもあってか収録作全16篇どれもがおそろしくクオリティが高く、またラテンアメリカ作家の有名どころを余すことなく網羅し、さらにテーマ別に作品を分類しているという、この短編集におけるアンソロジストの力量の様を大いに伺わせるアンソロジーとして編集されている。分類された4つのテーマも「他民族」や「暴力的風土」、「都市化による疎外感」や「妄想と幻想」といった、ラテンアメリカ文学の特色といっていい部分を綺麗に区分けして作品選別が成されている部分で秀逸極まりない。これらテーマ分けがあるからこそ短すぎてアンソロジーには収録され難いが鮮烈な印象を残す掌編を幾つも目にすることが出来た。とまあここまで堅苦しく書いたが、これらテーマも横断的なものであり、やはり多くの作品において「現実の描写の中になんだか妙なモノがニョロッと混じっている」ことに変わりはないと思う。だから「文学作品」として読めるそれぞれの作品を「奇妙な味の作品」として気軽に楽しんでもいい筈だ。そしてこのアンソロジーにも、詩的で美しい文章の作品を幾つか目にした。ラテンアメリカ文学はマジカルであると同時にリリカルでもあるのだ。

 

エバは猫の中―ラテンアメリカ文学アンソロジー

エバは猫の中―ラテンアメリカ文学アンソロジー (サンリオ文庫)

エバは猫の中―ラテンアメリカ文学アンソロジー (サンリオ文庫)

 

まずこのアンソロジー、なんとあの「サンリオ文庫」から出版されたものである。だから廃刊書籍であり古本での購入となった(それほど高くなかった)が、なにしろサンリオ文庫ラテンアメリカ文学アンソロジーが出版されていたというのが驚きだった(実はサンリオ文庫マルケスヴォネガット、アーヴィング、ナボコフ、ピンチョンなど錚々たる海外文学を扱っていた恐るべき出版社だったのだ)。さらにこの年でサンリオ文庫を読むことになるとは夢にも思わなかった。さて内容はというとこれがよく言えばバラエティに富み、悪く言えば玉石混交、総じて肩肘張らない自由な「奇妙な味」作品集として楽しむことが出来る。きっと編者も楽しみながら作品チョイスしたであろう気さえする。発行は1987年、ちょうどラテンアメリカ文学が日本でも流行り始めたぐらいの頃だったのかもしれない。収録は16作、2作品が『ラテンアメリカ怪談集』と重複し、短編集『落葉』にも収録のマルケス作品が2作品収められている。ラストの『追い求める男』(フリオ・コルタサル)はジャズ小説になっており、テーマ・分量とも圧巻だろう。

 

ラテンアメリカの文学 ラテンアメリカ五人集

ラテンアメリカの文学 ラテンアメリカ五人集 (集英社文庫)

ラテンアメリカの文学 ラテンアメリカ五人集 (集英社文庫)

 

こちらは単にラテンアメリカ文学なだけではなく「五人集」とまで謳った作品集である。どう五人集なのかというとノーベル賞セルバンテス賞のいずれか、あるいは両方を受賞した作家・詩人で構成されているらしい。面子はバルガス=リョサ、パチェーコ、フエンテスアストゥリアス、パス。で、この作品集というのがこれまで紹介したアンソロジーと違い、殆どの作品でマジックリアリズム的幻想味ではなくド直球の文学作により占められていることだろう。もう冒頭のパチェーコ『砂漠の戦い』からラテンアメリカさんが「文学」と彫られた煉瓦でぶん殴ってくるような作品だし続くバルガス=リョサ『小犬たち』においてはラテンアメリカさんが「文学」と刻まれたエンジニアブーツでキックの連打をかましてくるような作品なのである。オクタビオ・パス作品に至っては【詩】だぞ【詩】(興奮して括弧入りにしてしまった)(そして全然意味が分からなかった)。ちょっとふざけ過ぎたが、ラテンアメリカのそれは欧米文学に散見する意識高い知識人のひ弱な悲哀を一蹴するような、生と死そして感情発露のコントラストの在り方がどこまでも眩いのだ。そこがラテンアメリカ文学の面白味だと思う。なおアンソロジーのラストはアストゥリアスグアテマラ伝説集』。オレこの作品の入った作品集これで3冊目だな。そして実はこの作品格調高すぎて実は苦手……。

 

 ■ボルヘス怪奇譚集

ボルヘス怪奇譚集 (河出文庫)

ボルヘス怪奇譚集 (河出文庫)

 

最後に紹介するのはラテンアメリカ文学ではなくボルヘスとカサーレスが様々な文献からの「短くて途方もない話」ばかりを抄録し一冊にまとめたものだ。それらは古今東西アラビアンナイトの昔から現代まで膨大かつ多岐に渡り、収録された数は数行のものから数ページのものまで92編、編者二人の書痴・書淫の凄まじさがおのずと浮き上がってくるだろう。タイトルは「怪奇譚」とはなっているが多くは不可思議で幻想的な内容のものであり、そして奇怪な運命と逃れられない死にまつわる話ばかりだ。確かに一篇一篇だけ抜き出して読むと木で鼻を括られたような気分にさせられるお話も多いが、これらが一冊に集合することによりボルヘス的な(あるいはカサーレス的な)超現実性を帯びた世界観が垣間見えてくるという仕組みでもある。今風に言うならDJミックスアルバム的な味わいのある作品集ということもできるだろう。

嵐の日に外なんか出ちゃダメ!/映画『クロール 凶暴領域』

 

■クロール 凶暴領域 (監督:アレクサンドル・アジャ 2019年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20191012113519j:plain

進化の過程でどれだけ知能を発達させ文明を築き上げ地球全土の覇者として我が世の春を謳歌する人類であろうとも、いざ自然界に放り出されたら食物連鎖の結構な下、狂暴な肉食獣の前にあってはあっさり餌食になるだけの存在でしかありません。ライオンや虎、狼に熊、ヘビやらサメやらピラニアやら、果てはアリの大群まで、人間を喰ってやろうと手ぐすね引いて待っている連中ばかりではありませんか!そして今回紹介する映画で登場するのはワニ!この『クロール 凶暴領域』は大嵐の中人喰いワニに追い掛け回されてサア大変!という人喰いサスペンスなんですね!

物語は単純至極、舞台はフロリダ、主人公は大学競泳選手のヘイリー、巨大ハリケーンが猛威を振るっている真っ最中、彼女は連絡の取れないお父さんを探して昔住んでいた家の軒下に潜ってみたのですが、お父さんは見つけたものの絶賛食いもん探し中のワニ御一行様ともご対面しちゃった!?というお話なんですね。ワニがいるから軒下から出られない!おまけに豪雨の雨水が入り込み水位が上がってこのままだと溺れ死んじゃう!?いったいどうしたらいいの!?という絶体絶命の危機を描いたサバイバル・サスペンスがこの映画なのですよ!

この映画に出て来る人喰いワニは近所のワニ園から逃げ出したワニで、別に遺伝子操作や放射能の影響で巨大化したワニだとか首が二つあるとか空を飛んだりとかはしない普通のワニなんですが、まあしかし普通だろうがなんだろうがワニはワニ、シーユーレイーターアリゲイター、でっかい口とでっかい尻尾をパクパクブンブンさせて襲ってくるタチの悪い連中なわけですからたまったもんじゃありません!しかもそれが1匹2匹ではなくあっちにもこっちにも大量に沸いてくださっていて足の踏み場もありません!ワニ怖い!ワニ怖い!

監督は『ハイテンション』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『ピラニア3D』といったホラー映画の佳作を撮って来たアレクサンドル・アジャ。これは期待も高まるというものですね!主人公を『月に囚われた男』『メイズ・ランナー』シリーズ、『パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』に出演なさっていたカヤ・スコデラーリオ、お父さん役を『オーバードライブ』『ローンレンジャー』『メイズ・ランナー』シリーズのバリー・ペッパーが演じております。

正直申しますと最初この映画、「単にでっかいワニが出てきてキャアキャア言うヒロインを追っかけまわすだけの大雑把で十把一絡げなモンスターホラーなんだろなあでも観るけど」などとちょっとナメたことを思ってたんですが、しかし実際観てみると意外や意外、これが実にしっかり作られたスリラーサスペンス作品だったのでここは監督に土下座して謝るしかありません。そりゃだってアレクサンドル・アジャだもんなー。

この映画がどうしっかり作られていたかと申しますと、ひとつの危機から次の危機へ、手を替え品を替え主人公を窮地に陥れ、そのたびに主人公は脱出口を探しワニと戦いあるいは回避し、延々と決死のサバイバルを強いられ続ける、という展開の在り方でしょう。これにより常に緊張感が途切れる事なく持続しているんですね。

この「主人公は喉から手が出るほど手にいれたいものがあり(希求)」「しかしその為に恐ろしい目に合い(試練)」「からくもそれを切り抜ける(達成)」といった構造は物語作りの基本なんですが、それが結末に向けてどんどん難易度を上昇させてゆく、といった点で実にエンターティメント作品のツボを押さえた作りになっているんですね。物語の舞台となるのも最初の軒下という閉環境から外の開かれた環境へ、またしても閉環境へと繰り返され、実にメリハリが効いている。ここも実に巧みだ。こういった物語作りだけではなく、ワニがバックンバックン人を喰いまくる「もうヤメテー!」と言いたくなるような残虐シーンもバッチリ描かれて、もう言う事なしなんですね。

もうひとつ見どころとなるのは、これが決して主人公一人の闘いなのではなく、そこに重傷のお父さんがいて、彼を守りつつ同時に協力し合い、体力と知力と己がスキルを生かしながら危機を乗り越えてゆく、という点でしょう。単に力任せ運任せの大雑把なお話じゃないんですよ。主人公とお父さんとのたった一つの目標、それは「なんとしてでも生き延びること」です。そして生き延びるためにあらん限りの事をする、ということです。「自分が盾になるからあなたは逃げて!」みたいな安易すぎてオレの大嫌いな玉砕特攻隊展開など全くありません。

生き延びるためにはタフであらねばならないし、また、タフであろうとしなければならない。その悪あがき、もがきっぷり、負けてたまるか、死んでなるものか、この強靭な意思の在り方がたまらなく熱いし、そのために知力と体力とスキルをあらん限りに駆使する様が実に素晴らしい!そしてここで指摘した「スキル」というのは主人公が競泳選手である、という点なんですね。つまり水に強い、水中をものともしない、水の中でもワニと互角の泳ぎが出来る、主人公に与えられたこの1点の「特色」により、物語の展開にさらに幅が広がり、さらに新たなサスペンスも生じさせられる、こういった着眼点も巧い作品なんですよ。だからタイトルにある「クロール」というのはワニの這い回る様とかゾッとする物語とかいう意味とは別に、主人公の水泳選手としてのクロールも掛けている、ということなんですよ。

というわけで映画『クロール 凶暴領域』、物凄く新しいことをやっているとかそういう作品ではもちろんありませんが、職人芸的なエンターティメント作品として十分面白くて楽しめる、なかなかの佳作でありましたよ!まあこの作品からなにか教訓的なものを無理矢理ヒリ出すとするのなら、「嵐の日に外なんかに出ちゃダメ!」ということでありましょうか!?いやー台風接近の日に観に行ってよかった!(外に出たんじゃないかよオレ)

ところで最後に唐突に、「人喰い映画」第一人者であるとみさわ昭仁さんのサイト「人喰い映画祭」と単行本「人喰い映画祭 【満腹版】 ~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~」をここで紹介しておきましょう。是非ご参考までに!

人喰い映画祭 【満腹版】 ~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~

人喰い映画祭 【満腹版】 ~腹八分目じゃ物足りない人のためのモンスター映画ガイド~

 

【参考】アレクサンドル・アジャ作品レビュー

それは巨大台風だった

f:id:globalhead:20191014112820j:plain

いやーこないだ来た台風は物凄かったですね。皆さんご無事だったでしょうか。なんでも百年に一度とか千年に一度とか人類始まって以来とか宇宙開闢以来とかいろんなことが言われてましたが、なんにしろ「あれこれとんでもなかった」ことだけは確かだったでしょう。

オレは関東在住の人間なんですが、その関東に台風が上陸するという予報が12日土曜日の21時頃だったんですね。まあそれ以前にも相当な雨風で既にあちこちで被害を出してましたがね。とりあえず3連休は台風とその後の混乱で遊びに出るどころじゃないだろうなあと思ってたので、金曜日までにベランダのもの片付け、あと観たい映画があったので金曜のレイトショーでサクッと観ておきました。雨はそれほどでもなかったかな。あと食料はいつも買い置きする癖をつけてるのでたいした買い込みませんでしたが、表に出たくなかったので酒と煙草は多めに買っておいたな!

台風本チャンの12日は部屋に引き籠ることにしてブログの下書きしたりTVで映画観てたりとダラダラしてましたね。でもなんかこーメディアでああだこうだと危機感煽るもんだから、あんまり物事気にしないオレですら落ち着かなくてしょっちゅうツイッター眺めてたなあ。いろいろ台風被害が出ているのはニュースで知りましたが、オレの住んでるアパートは水害とか地滑りとかそういうのがまず起こらないような場所にあるので、物凄く心配だったということもないんですが、流石に15時ぐらいにはスマホの防災アプリから避難勧告通知が来て焦りましたね(避難するほどでもなかったのでしませんでしたが)。それと、雨風も凄かったですが、そんな時に地震まで起ったんでびっくりさせられましたよね。

そして予報にあった関東上陸時間にいきなり強風でアパートがブブブンッ!と唸ったもんだから「いよいよおいでなすったか!」と身構えちゃいましたね。まあその時間は酒盛りして酔っぱらってましたがね。その後1時間かそこらで台風は過ぎ去り、まだ雨風はありましたが、深夜にはだいたいが収まってたなあ。

翌日の日曜は台風一過ですっかり晴れ渡り朝から気温も上がってきていました。やれやれやっと洗濯ができる!悪天候だったもんだから溜まってたんですよ!実は換えのパンツがなくなってしまいヤバかった(ツイートしたら「裏返して履くのがいい」と助言された)!今回のオレの台風被害はひとえにこの「換えのパンツがなくなった」、これに尽きますね(すいません骨の髄まで能天気で)。でもまあ昨日の緊張感が残っていてあんまりなにかやる気が起こらず、結局またダラダラとツイッター眺めてたなあ。昼過ぎには相方さんの家に行こうとしたんですがJRがまだ復旧してなくて、私鉄で若干遠回りして相方さんのもとまで辿り着き、会って「台風凄かったねー」「凄かったねー」と状況報告しあってました。

祝日である今日は既に電車も動き出し、スーパーにも食料品が並び始めて、ホント首都圏ってのは復旧早いなあと感心しておりました。そんなわけで土日はすっかり台風で潰れてしまったので、やっと今日お休みの日になったような気分です。いやーしかし明日からのオレの仕事、混乱しまくってるのが確定で、今からちょっと頭が痛いです。

ところでオレ、生まれが北海道なもんですから、18で上京するまで台風って体験した事がなかったんですよね。北海道って基本的に台風来ないから。だから子供の頃、漫画で台風の描写が描かれてもピンと来なかったんですよ。まあ雨風が凄い、というのは分かるんですが、台風が来るからってんで家の戸口や窓に板を打ち付ける、なんて描写を読むにつけ、「いったいどんだけ!?」と首を傾げてたぐらいでしたね。

ついでに言うと雨戸ってのも、北海道の住居には無かったもんですから、何の為にあるのかさっぱり分からなかった。そんな事言い始めたら縁側ってものすら無かったですね、少なくともオレの育った近所の家には。だから本州の、というか内地の住宅様式って、TVや漫画で見る事はあっても、なんか別世界の話の様に感じてました。サザエさんの家とかね。なんにしろ、「台風が来るので戸口や窓に板を打ち付ける」って本当にやってたんだしょうかね。漫画だけの大袈裟な表現だったんでしょうか。

台風が無く、あと梅雨も無い北海道ですが、その代わり雪があるんですよねー。特に吹雪ともなると、それこそ台風並みにまともに立って歩くことができなくなったりします。だから強風それ自体には割と慣れっこの部分があって、あくまで首都圏で体験した台風に限るんですが、台風台風と大騒ぎしてる割には「え?こんなもん?」と最初思ってしまったぐらいです(もちろん別の地方ではもっと凄まじい風速や雨量になっているのでしょうから、本当にあくまで自分が首都圏で体験したものに限ってです)。あと雨と雪とでは体感の在り方が全然違いますよね。北海道のさらさらした雪は吹雪いても靴や衣服はそれほど濡れないので(それ相応の防寒着を着ている事あるし)、大変といえば大変なんですがそれほど不快感が高くはないのと比べ、暴風雨の雨で全身濡れネズミになるのは不快指数マックスですよね。だから当然単純に比べられるものではないのですが。

そんなわけで今日はまったりXboxOneゲーム『Gears 5』で遊んでました。今回の新作、フィールドの扱いがプチMMOしてて新鮮だし楽しいですね。それと今回ほどほどにホラー風味なのが良い。あとレンタル映画でツイ・ハーク監督作『タイガー・マウンテン~雪原の死闘~』とマ・ドンソク主演の韓国映画犯罪都市』を観てました。アジア映画って物語への拘り方がハリウッド作とはちょっと違ってて観ていて驚かされるし面白いですね。

Gears 5 - XboxOne 【CEROレーティング「Z」】

Gears 5 - XboxOne 【CEROレーティング「Z」】

 
犯罪都市(字幕版)

犯罪都市(字幕版)