ゲーム・コミカライズ『ウィッチャー』シリーズ第3弾『ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS』発売

■ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS/ ポール・トビン (著)、ピオトル・コワルスキー (イラスト)

ウィッチャー 3:CURSE OF CROWS (G-NOVELS)

「累計販売本数3300万本突破」という化け物級のRPG、『ウィッチャー』シリーズのコミカライズ作品第3弾である。『ウィッチャー』の魅力はその徹底的に作りこまれた世界観とアウトローとして生きるヒーローの造形だろう。まあこういった書き方は紋切型にしかならないのだが、『ウィッチャー』には同工のRPGより頭一つ抜き出た完成度を感じる。

(と、ここまで書いておいてなんなんだが、ゲームのほうは途中までやって詰んじゃってるんだけどな……最近全くゲームやる暇が……)

その『ウィッチャー』のコミカライズ作品第3弾『CURSE OF CROWS』である。このコミカライズ・シリーズは、そもそもゲームそれ自体の作り込まれた世界観を元にしているため、コミックのみでも実に魅力的な物語を創出している。ある意味ゲーム『ウィッチャー』を知らなくとも楽しめるのではないか。

そしてこの『CURSE OF CROWS』、これまでの2作があくまでアナザー・ストーリーだったのに対し、ゲーム『ウィッチャー3 ワイルドハント』後の世界であることを明確に打ち出している。なにしろきちんとゲームの方はやりこめていないオレだが、主人公ゲラルトの養子である銀髪の少女シリ、ゲラルドのかつての恋人だった女大魔術師イェネファーが登場した時は大いに盛り上がった。

今作も例によってモンスター討伐に明け暮れるゲラルトを描くこととなるが、これまでと趣向が違うのは、「非常にRPGぽい物語展開を見せる」ということだろう。

RPGのコミカライズだからRPGぽいのは当たり前ではあるが、そうではなく、「住民からのモンスター討伐依頼」「探索」「撃破」のパターンが何度も繰り返されることになるのが本作なのだ。そしてこの展開も、最強モンスター・ストリガ討伐がまずメイン・クエストであり、それに付随して様々な「依頼」がサブ・クエストとして物語に差し挟まれることになるのである。この展開こそがまさに実際にRPGをプレイしているような感覚を読む者に与えることになる。そしてサブ・クエストそれ自体もメインと微妙に絡み合っていたり、物語世界を膨らませる効果を上げているのだ。

それと併せ面白いのは、この世界に登場するモンスターがどれもこれも凶悪残虐なのではなく、アプローチによっては大人しかったり友好的であったりする部分だろう。また、狂気に囚われた悪霊でさえも、その魂を鎮めることで調伏する場合もあるのだ。即ち例え相手がモンスターであっても処し方が人間的なのである。

こういった世界観設定、物語性だけではなく、グラフィックがなにしろ素晴らしい。微細に描き込まれた登場人物、背景、カラーリング、どれも美しい。主人公ゲラルトは強靭にして鷹揚であり、シリ、イェネファーは凛として気高く力強く、脇役たちも個性的に描き分けられ、さらにその全てが表情豊かで物語を生き生きとしたものにしている。ここまで細やかに感情の機微を表情に表わすことのできる技量の高さには唸らされる。

そしてその物語は、幾つかの、呪われた悲しい運命の物語なのだ。これら呪われた者に対峙する主人公ゲラルトの、慈悲と非情さのない交ぜになった戦いがなにより素晴らしい。今作『ウィッチャー 3: CURSE OF CROWS』は『ウィッチャー』コミカライズ作の最高傑作なのではないか。惜しむらくは巻末のあとがきでコミカライズ作がこれで終了である事が匂わされていることだ。ここまで素晴らしい作品を終了させるのはとても残念なので、機会があるならまた新作を紹介していただきたいと切に思う。

 

ウィッチャー 3:CURSE OF CROWS (G-NOVELS)

ウィッチャー 3:CURSE OF CROWS (G-NOVELS)

 
ウィッチャー 1: HOUSE OF GLASS (G-NOVELS)

ウィッチャー 1: HOUSE OF GLASS (G-NOVELS)

 
ウィッチャー 2: FOX CHILDREN (G-NOVELS)

ウィッチャー 2: FOX CHILDREN (G-NOVELS)

 

 

 

「カピバランド PUIPUI」でカピバラ三昧!

横浜のちょいとした外れに「カピバラ・カフェ」が出来たらしいんですね。猫カフェや犬カフェ、梟カフェがあるこのご時世に、カピバラ・カフェが今まで無かったこと自体が不思議でならなかったんですが、やっと隻眼の経営者が現れたという事なんでしょう。というかさ、お金持ってたら、オレがやってみたかったよカピバラ・カフェ。

お店の名前は「カピバランド PUIPUI」。横浜市営地下鉄センター南から歩いて15分位の所にあります。バスだともうちょっと早いようですが、歩いてゆくと途中でイイ感じの公園があり、これからカピバラと接する楽しみをさらに豊かにしてくれるんですよ。

お店は商店街の一角にあって、そこがまた不思議な感じなんだけど、ウィンドウの前には「見学台」があり、入店しなくても中のカピバラを目撃できる、という心憎い作りになっています。

f:id:globalhead:20180715140031j:plain

入場料は現在キャンペーン期間中という事でおとな500円、こども300円。カピバラ3頭と触れ合うだけでこれを高く感じるか安く感じるか、ということなんですが、入場した後の感想は、決して高くない。それだけ満足感がありました。また、一度入園したらその日は何度でも出入りできる仕組みになってます。

何はともあれ入場!入場料を支払いお店のスタッフの方から紙コップに入ったエサを手渡されます。この時注意を受けたのは「ズボンやスカートの裾、靴紐などを齧るので注意してください」とのこと。おお、元気があってよろしいじゃないの!そしてこれがお店のカピさんたち!

f:id:globalhead:20180715141220j:plain

f:id:globalhead:20180715141231j:plain

カピさんたちのいる場所は柵で区切られているんだけど、柵の中は入場可能。そしてまたこのカピさんたちが元気で元気で!

f:id:globalhead:20180715141453j:plain

「ご飯おくれよう~」と早速スカートの裾を引っ張られています!

f:id:globalhead:20180715141556j:plain

「ご飯!?ご飯!?」と動きの激しいカピ!

f:id:globalhead:20180715141526j:plain

オレに撫で転がされ法悦状態のカピ!

f:id:globalhead:20180715142135j:plain

「ご飯美味しいなあモグモグ」

f:id:globalhead:20180715141621j:plain

「おじさんどこから来たの!そしてご飯はどこ!?」

f:id:globalhead:20180715142309j:plain

「ご飯見つけた!」

f:id:globalhead:20180715142432j:plain

「……ん?なんか抱っこされてるぞ?」

f:id:globalhead:20180715142909j:plain

やっぱりジーンズ齧られた!

いや~なにしろ元気がよくて元気がよくて、おまけに毛並みの色つやもよくて、ここ最近出かけた動物園で触れ合いしたカピバラの中でも最高峰に健康極まりないカピさんたちでした。

やっぱりねー、大きな動物園だと入園者も多く、その分ストレスも多くてカピバラが疲れちゃってて、ちょっと不健康そうに見えるカピもちらほら見かけたものですから、カピは大好きだけどこうなっちゃうのは可愛そうだなーと複雑な心境だったことが最近行った動物園では多かったんですよ。

ところがこの「カピバランド PUIPUI」はカピバラの飼育だけに特化していて、おまけに清潔な環境で温度・湿度管理が徹底しており、お店の方が常に側に付いて目を掛けているものですから、カピバラたちの元気さが段違いなんですよね。当然、愛情もたっぷり注がれて飼育されているのでしょう。

こういう部分で、他のカピバラを飼育している動物園とは全然違うのが肌で感じるんですよ。ここがカピバラ好きにとっては「料金は決して高くない」と思わせる理由なんですね。飲食物は無かったですがまさに「カピバラ・カフェ」なのですよ。

そんな訳で最近では最高に楽しかったカピバラ体験でした。カピバラ好きは是非行くべきだし、ちょっと興味のある方でも、動物園の混雑に出向くよりは気軽にカピバラ体験ができるという点でお勧めできますね。これからはグッズも充実させるということなのでそちらのほうも楽しみです。また行こう!

f:id:globalhead:20180715145436j:plain

「また一緒に遊ぼうね」

(おしまい)

こちらも併せてどうぞ。

カピバランド PUIPUI】

■住所
〒224-0007
神奈川県横浜市都筑区荏田南5-8-13 1F

■営業時間
11:00~19:00(近隣駐車場有り)

■アクセス
東急田園都市線江田駅」からバス7分
横浜市営地下鉄センター南駅」からバス6分
バス停「折田公園前」下車徒歩3分

 

 

ジュラシック・ワールド新作は「炎の王国」というよりは炎上案件だったッ!?/『ジュラシック・ワールド/炎の王国』

ジュラシック・ワールド/炎の王国 (監督:フアン・アントニオ・バヨナ  2018年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20180714161448j:plain

恐竜テーマパーク映画ジュラシック・シリーズ第5弾である。で、のっけから言うと前作である『ジュラシック・ワールド』がオレには大変つまらない映画だった。シナリオが杜撰、設定が杜撰、描写が杜撰、という杜撰3連星のようなうんざりさせられる映画だった。しかしだ。オレは思ったのである。「ま、この映画はきょーりゅーさんたちが大暴れする様子をエシャエシャいいながら楽しめればいい映画なのであって、お話の内容にグダグダ言うのは筋違いなのかもな」と。そんな訳でオレは仕切り直しの意味を込め、大変つまらなかった『ジュラシック・ワールド』の続編『ジュラシック・ワールド/炎の王国』を観に行く事にしたのだ。今度は気楽に楽しもう。そう思いながら観始めたオレなのだが、あにはからんや、ザルみたいなシナリオで大いに呆れ果てさせてくれた前作に輪を掛けて雑なお話で、オレを大いに脳死寸前にさせてくれたよ!というわけで今回は若干ネタバレあり。

そもそも今回のお話というのは前作で壊滅したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」が存在する島で火山噴火が起き、そこに今だ生息する恐竜たちを救え!というお話である。ここで考えてほしいのは、巨額の資本と先端科学技術を投入し莫大な利益を得ようと計画されたテーマパーク施設が、実はいつ火山噴火が起こって壊滅してもおかしくないような危険な島に建立されていた、ということである。前作では安全基準が果てしなく皆無だったことによって引き起こされたバカな事件を見せつけられたけど、今作ではさらにその施設というのが危険な立地条件であることを最初っから無視されていたということになってしまう。なんつーかここの企業の連中というのは金儲けるつもりがあるのか?と思ってしまう。

で、その島に生息する恐竜を救助するってなお話も、いやいや、そもそも先端バイオ技術で恐竜生成が可能であるなら、別に救わないでまた作っちゃえばいいだけの話なんでね?と思っちゃう訳である。で、実際作ってたしな。確かに「恐竜愛護団体」みたいのも出てきて「人工であろうと生命遵守」なんて話があり、そして財団は恐竜救出に興味がある、というのが物語の端緒となる訳だが、ちょっと待て、危険種も含む恐竜救った後どうするか具体案が全く示されないまま救出に赴くって有り得ないだろ。まあこの辺りは実は陰謀絡みで、恐竜救助にはある理由が隠されているんだが、あんまり詳しいことは書かないでおく。ただこれだって、ある特殊な恐竜をたった一匹必要だっただけだし、陰謀してる連中もアメリカのラボで作れてコスト的につり合うのなら大量に恐竜を救助する必要なかったじゃない?

それと、救助した大量の恐竜をどうアメリカに持ち込むんだ、という話がある。なにしろアメリカは「私企業が人工に作った恐竜を政府が救う訳にはいかない」ということになっていて、そこに大量のコンテナに詰められた肉食獣も含む恐竜をどう水揚げしたんだ?という疑問がある。それ政府の許可取ってないよな?だから極秘裏ということなんだろうけど、あんなデカイもの、コンテナの隙間に麻薬隠して持ち込むのと訳が違うんだぞ。あの財団はコロンビアの凶悪な麻薬カルテル以上に密輸のスキルが高いって事なのか?

さて全ての大元であるロックウッド財団の総帥ベンジャミンはカリフォルニアの私邸に恐竜製作のラボを持ってたりするんだが、基本は善人でジュラシック・ワールド崩壊や人工恐竜の絶滅に心を痛めている。ただし彼の部下で実質経営者イーライというのが悪党で裏であれこれ陰謀を巡らせていたわけなんだが、そもそもベンジャミンは自分の屋敷でこれだけ大掛かりな陰謀が進行しているのを、体調が芳しくないとはいえ全く察知できなかったのか?あれ自分ちの地下にショッカー基地あるようなもんだぞ。人や物資の出入りだって相当ある筈だろ。

で、いよいよ恐竜たちがアメリカに陸揚げされた理由が分かる訳だが、アレに集まった人たち、世界の富豪とかな訳なのか。そしてそんな金出してまで闇でアレが欲しいものなのか。なんかこう「下品で趣味の悪い金持ち」の紋切型を並べてるみたいでこの辺り物凄く薄っぺらい描写にしか見えないんだよな。しかも!こいつらクライマックスでとっとと逃げ出してあんまり恐竜に殺されないんだよ!傭兵よりもこいつら皆殺しにしたほうが楽しいだろ?!前作じゃあ結構一般市民ヤってた割に今作じゃヌルいんだよな!全く使えねーヤツだよな監督のバヨナは!

そしてなにしろあのラスト!あれでいいのかよ!?ってか普通にマズイだろ!?というかあの流れを作ったある登場人物の責任はどうなっちゃうんだ?なんかゴチャゴチャ取ってつけたような理由言ってたけど言い訳になってないんだよ!?説得力皆無だぞお前!?あれじゃあ「炎の王国」じゃなくて「炎上案件」だよ!?製作者ただ単に次作に繋げたかっただけなんだろうけど、あの流れは安易すぎないか?

とはいえ前作と同じくニンゲンの皆さんが恐竜たちにバクバク食い殺されるシーンだけはやはり楽しかったです。あと次回作はもっと人が死にそうなので公開されたら文句言いつつまた観に行きます。やっぱさーこういうのは一般人が大量虐殺されてナンボですよ。以上。


『ジュラシック・ワールド/炎の王国』最新予告