アストリアス『大統領閣下/グアテマラ伝説集』を読んだ(ラテンアメリカ文学)

■大統領閣下 グアテマラ伝説集/アストリアス

f:id:globalhead:20190331191748j:plain

先日読んだイサベル・アジェンデの『精霊たちの家』がたいそう面白かったのでもう少しラテンアメリカ文学を読んでみるべえかと思い手にしたのがグアテマラの作家、ミゲル・アンヘル・アストリアスによる『大統領閣下/グアテマラ伝説集』。集英社ラテンアメリカの文学」第2巻として刊行されたもので長編『大統領閣下』と短編集『グアテマラ伝説集』の二つが収録されている。

ちなみに集英社ラテンアメリカの文学」は1975~1983年に全18巻で販売された全集で、結構な名作が集められている。オレが読んだこのアストリアス作品は8年ほど前に古本で購入し、例によって永らく積読していたものだ。どうやら『精霊たちの家』と同じ時期に購入したらしく、あの当時何かの理由でラテンアメリカ文学フィーバーがオレの中に訪れていたのだろう。この作品自体はどこからも復刊されておらず、現在古本は結構な高値で取引されてるようだ。

物語はラテンアメリカのある国の恐怖政治を描いたものだ。物語冒頭で、ある大佐が狂犬病の乞食に殺害される事件が起き、大統領がこの事件を利用して自らと政治的対立にある軍人、カナレス将軍に罪をなすりつけ抹殺しようとするのが最初のあらましである。そんな中主人公である大統領側近ミゲル・カラ・デ・アンヘルは人間的良心からカナレス将軍を救うことを決意し、さらに将軍の娘カミラに恋してしまう。しかし秘密警察はカナレス将軍亡命計画を察知し、次第にアンヘルへの包囲網が狭まってゆくのだ。

作品内では言及されないがこの「ある国」とはアストリアスが生まれたグアテマラのことであり、作中の恐怖政治とは1898年から1920年まで22年間続いたマヌエル・エストラーダ・カブレーラ大統領独裁政権を指したものだ。アストリアスはこの作品をカブレーラ大統領失脚後10年の歳月を掛けて書き上げたという。しかし大統領失脚後も政情不安と社会的荒廃は続き、グアテマラにようやく春が訪れるのは1944年のことになる。

というのが長編『大統領閣下』の粗筋と背景なのだが、実際のところ、読んでいて少々キツかった。まず訳文のせいなのか10年に渡る推敲が裏目に出たのか、文書のトーンが一致せず、読んでいて戸惑わされるのだ。

独裁政権がもたらす不条理な逮捕・投獄・拷問の生々しい恐怖、将軍亡命の為に命を掛けた綱渡りを演じるアンヘルの緊張感、これらは「ラテンアメリカ独裁政権小説」とも呼ぶべき政治小説的な側面として迫真的だ。他方、要所要所で挿入されるマジックリアリズム的な幻惑性に満ちた文章は登場人物たちの揺れ動く感情の様を描き出す。同時に、貧困と無知に塗れた庶民たちの肥溜めのような生活振りを描く場面はどうにもグロテスクで嫌悪感を催させる。

これらが渾然一体となりラテンアメリカの熾烈な現実とそこに陰鬱な幻想性を持ち込んだことが小説『大統領閣下』をラテンアメリカ十大小説とまで呼ばせるまでにしたのだろう。とはいえオレ個人としてはそれぞれの描写が水と油のようにちぐはぐに感じてしまい、読んでいてリズムというかテンポを乱されてしまうのだ。ガチガチなリアリズムに固められた描写の後にポエティックで非現実的な文章が入り、その後下品な連中が馬鹿騒ぎを始め、どうもこういう断章化された構成が煩雑で落ち着かない読書にさせてしまう。

それと併せ、物語の息苦しいばかりの救いの無さと絶望感もちょっと苦手に感じた。もちろん恐怖政治を描いたからにはそこに恐怖と絶望しかないのも理解は出来るが、「それだけ」ってぇのもちょっとキツかあないか。そして物語だけ取り出すなら「それだけ」の小説だしな。あとあまりにも下劣な登場人物ばかりなのもげんなりさせられたなあ。それが当時のありのままの社会の様子だったって言われりゃそれまでなんだがな。

なお同時収録の『グアテマラ伝説集』については以前個別にまとめられた書籍を読んでたので割愛。感想はこちら。こっちの短編集のほうも読んでて戸惑ったみたい。 

大統領閣下 (ラテンアメリカの文学 (2))

大統領閣下 (ラテンアメリカの文学 (2))

 

つれづれゲーム日記:『Titan Quest(タイタンクエスト)』の巻

■Titan Quest(タイタンクエスト)(PS4/Xbox One/Nintendo Switch/PC)

f:id:globalhead:20190407180248j:plain

ハクスラが欲しいか」ある夜オレが惰眠をむさぼる布団の枕元にゲームの神が降りてきてこう言ったのである。寝惚け眼でオレは答えた。「ハクスラっすか。いいっすねえ。アレとかコレとかソレとかゲーム積みまくって全然クリアしてないけどなんかいいハクスラゲーあるんっすかムニャムニャ」。ゲームの神は言った。「そのタイトルは『タイタンクエスト』。2006年にPCで発売されたハクスラゲーの10周年記念リニューアル版じゃ。そなたも昔PCでやった覚えがあるじゃろ」。

おお『タイタンクエスト』。ハクスラゲーの金字塔『Diablo2』発売後、しばらくこのジャンルが枯渇していたときに現れたハクスラ中毒者の救いの神の如きゲームである。『Diablo』シリーズが剣と魔法の中世暗黒時代を舞台としているのと比べ、この『タイタンクエスト』は古代ギリシア古代エジプトなどを舞台にしており差別化が計られている。ただしこの時はPC/英語版のみの発売だった。ゲームの神は続けた。「そう、その『タイタンクエスト』がリニューアルされコンシューマーゲーム版として去年発売されておるのじゃ。今回も日本発売は無く輸入盤購入となるが案ずる必要は無い。輸入盤ではあるがきちんと日本語対応しておるのじゃ。輸入盤の映画ブルーレイなんぞでもこういった対応のものが多くあるのう。そういった訳なので安心してポチるがよい」「え?あ、くれるんじゃなくてやっぱ買うんっすか」「安心せよ、アマゾンならXboxOne版は今ならなんとたいへんお安い¥1999じゃ。お徳じゃろ?」「はあ」「ではさらばじゃ!have a nice game!」……こうしてあっけにとられているうちにゲームの神様はオレの寝室から消えたのである。というかあれはアマゾンから来た工作員だったのではないのか?

というわけでゲームの神様(ないしはアマゾンの工作員)の薦めもあり『タイタンクエスト』のXboxOne版を購入し早速プレイしてみた。始めると最初のムービーこそ字幕は付かなかったがゲームそれ自体には確かに字幕が付いている。ただしウインドゥが小さくて見難いかな……あとインベントリ画面ではアイテムの上に説明文が重なるのでちょっと不便だ(キー操作で消せるが)。ゲーム本編も元が2006年のゲームであることと、序盤が荒地や草原ばかり歩きまわされること、モンスターが神話伝説を元にしたものが多いことなどから見た目に新鮮味が無くなんとなく地味である。ゲームの雰囲気もどことなくのどかでおどろおどろしさが希薄だ。

それとこれも序盤だからなのだが、アイテムを多く持てないのが難儀だ。ハクスラはモンスターをぶっ殺して落としたアイテムを奪ってそれを装備したり売ったりしてナンボのゲームジャンルでもあるのだが、アイテム袋がすぐ一杯になってしまうので落ちているアイテムを全部拾えないのである。ではどうすればいいかというと街に戻ってアイテムを売りさばくか、安っぽそうなアイテムは拾わない:持っていたら捨てる、ということをすればいいのだが、根が貧乏性で出来ているオレは落ちているアイテムは勿体ないから全部拾わなきゃ気が済まないのである。

という訳でモンスターを倒した後二束三文にしかならないアイテムをちまちま拾っては袋が一杯になったらポータルで街に戻りそれをまたちまちま売りさばく、ということを延々繰り返している。おかげでストーリーが全然進まないのだが、落ちているアイテムを見るともう矢も楯もたまらず拾わずにはいられない。街とフィールドを頻繁に行き来するのは煩雑で面倒臭いんだが、それよりもオレの生来の貧乏性のほうが勝ってしまうのである。

こうして冒険の目的をすっかり忘れ、ただひたすらちまちまと、フィールドで伸び伸びとして過ごすモンスターの皆さんを惨たらしく虐殺し、たいした金にもならないクズみたいなアイテムを後生大事に拾い集め、慇懃な街のアイテム屋に足元みられながら買い叩かれるということを繰り返していると、なんかもう自分がゲームヒーローでもなんでもなく、単なるゴミ拾いのホームレスになってしまったような気分が段々してくるのである。なにか自分がこのゲーム世界の最下層で惨めな人生を送る食い詰め者の様な気がしてくるのである。なんだ。なんなんだ。なんでゲームごときでこんなどんよりした思いを味合わなきゃならないんだ。なぜならそれはオレが生来の貧乏性だから……。こうしてまたオレはゲーム世界で虚無と徒労に塗れまくるのであった。ああ、諸行無常……。


Titan Quest - Release Trailer Console

Titan Quest (輸入版:北米) - PS4

Titan Quest (輸入版:北米) - PS4

 
Titan Quest (Nintendo Switch) (輸入版)

Titan Quest (Nintendo Switch) (輸入版)

 
Titan Quest (Xbox One) (輸入版)

Titan Quest (Xbox One) (輸入版)

 

アジアン・ビューティーの活躍するアクション映画3作/『ハイ・フォン:ママは元ギャング』『MARIA マリア』『ジャイアント・チリペッパー』

■ハイ・フォン:ママは元ギャング (監督:レ・ヴァン・キエ 2019年ベトナム映画)

f:id:globalhead:20190602192556j:plain

アジアン・ビューティーの活躍するアクション映画3作」というタイトルで今回紹介する映画3作、まず最初はベトナム映画『ハイ・フォン:ママは元ギャング』。

主人公の名はハイ・フォン、物語は臓器売買目的で誘拐された娘を救うため、その母が鬼神の如く戦いを繰り広げる、というもの。ベトナムの長閑な農村に暮らす一介の主婦ハイ・フォンにそんな力があるのか!?と思ったら実は彼女、ベトナム武術の修得者でありさらに元ギャングの用心棒だった、という過去を持っていたんですね!

要するに『ジョン・ウィック』『イコライザー』タイプの「怒らせた奴は実は殺人マシーンだった!?」という作品なのですよ!しかもその殺人マシーンが女性である、という部分がこのジャンルの中では新鮮なんですね。見た目はか細くともすわ格闘となると恐るべき体技を駆使し相手を血の海に沈めるハイ・フォン母さんに心のときめきが収まりません!

演じるのはゴー・タイン・ヴァン/英語名ではベルニカ・グゥ、モデルや歌手も務めるベトナムの人気女優さんですが、なんといってもあの『スターウォーズ/最後のジェダイ』でローズのお姉さん役として登場し冒頭で華々しく散ってしまう役を演じてる方でもあったんですね!

それにしても彼女、素で見ると相当の美人さんなんですが、この映画『ハイ・フォン』では憤怒と苦痛に歪んだ鬼気迫る形相で登場し、さらに繰り出すアクションは目にも止まらぬ疾風の如き凄まじさ、アクション俳優としても並々ならぬポテンシャルを秘めた方でありました。ベトナムの風光明媚な農村地帯、さらには大都市ホーチミンの街並みなど、ロケーションの新鮮さもこの作品の魅力でありましょう。現在Netflixで公開中ですのでアクション好きの方なら是非ご覧になってください!

(↓見目麗しいベルニカ・グゥお姉さま)

f:id:globalhead:20190602192618j:plain

こちらのブログ記事ではもっと詳しく作品の魅力を紹介しております!

 
■MARIA マリア (監督:ぺドリング・ロペス 2019年フィリピン映画

f:id:globalhead:20190602193027j:plain

続きましてはフィリピン映画『MARIA マリア』、こちらもNetflixで公開中のヒロイン・アクションなんですね。主人公の名はマリア、彼女は夫と娘に囲まれマニラにある裕福な家で幸福に凝らす女性だったんですね。しかーし!そんなマリアの家にギャングが乱入、彼女の夫と娘を殺してしまうんです!生き残ったマリアはギャングに復讐を誓い、ここに血で血を洗う抗争がおっぱじまるという訳なんですな!そして実は、ありふれた主婦であったはずのマリア、なんと元凄腕の殺し屋だったんです!えーっと『ジョン・ウィック』『イコライザー』タイプの……ってこんなのばっかりかい!?

まあなにしろ「怒らせた奴は実は殺人マシーンだった」ってェお話なんですが、さすがに「またかよ」とは思いましたけどね。こういった構成を持った作品であるという以外特に特色とか見所などがある訳ではないB級作で、アクションもよく見るとヘボイし敵のマフィアも凶悪冷徹な悪の組織というよりはブチ切れやすいだけの田舎ヤクザという体たらく。とはいえ「アクション映画の紋切型は律儀にトレースしている」作品なので多大な期待さえ持たなければ暇つぶしに見る程度には問題ない作品だとは思います。

しかし本作の不満はこの作品が凡作であるという事にはありません。この作品に触れたのは「珍しいフィリピン産アクション」という部分だったのですよ。そもそもフィリピン映画に馴染が薄い上、フィリピンという国やマニラの街すらよく知らないので、どんな風景を見せてくれるのかな、とちょっと楽しみだったんですがね。なんかアジア系映画ってそういう「臭み」を体験したい部分ってあるじゃないですか。ところがそういった部分は妙にハリウッド的に小奇麗に漂白されており、「フィリピン的な特色」をあまり感じられなかったのが最も残念でしたね。

さて今作の主演であるアジアン・ビューティーはフィリピン生まれの女優クリスティーン・レイエス。 フィリピンでは映画・TV・モデルと大活躍されており、今作でもか細い体躯ながらアクションシーンを目いっぱいに演じておりました。こうした彼女の魅力で底上げされた映画でもありましたね。

f:id:globalhead:20190602193122j:plain 

 

ジャイアント・チリペッパー (監督:ノンタコーン・タウェースク 2008年タイ映画)

f:id:globalhead:20190602193700j:plain

 さてトリを務める映画作品は2008年公開とちょっと古い『ジャイアント・チリペッパー』、タイ映画です。タイ・アクションはその面白さにはお墨付きですが、今作の主演となるアジアン・ビューティーはなんとローティーンのオコチャマ!しかもビューティーというよりは「憎々しい面構え」の悪ガキ風情の二人!二人のお名前はサシサ・ジンダーマニー、ナワラット・テーチャラタナプラスート、この二人の悪ガキがどんなアクションを見せてくれるのでしょう。

f:id:globalhead:20190602200056j:plain

物語にまず登場するのが身長210㎝の巨漢の白人男バーニー。体躯に似合わず小心者の彼は旅先のタイ/パタヤで強盗に身ぐるみ剥がされ、路上で途方に暮れておりました。そんな彼を救ったのが二人姉妹ドーキャ(サシサ・ジンダーマニー)とカテン(ナワラット・テーチャラタナプラスート)。バーニーは姉妹の母が営む食堂で名物ソムタムを御馳走されますが、あまりの辛さにバーニーが怪力男に大変身、店を全壊させてしまいます!一方、とある強盗団が伝説の宝石を盗み出し、それを移送しようとしていましたが……。

脚本・製作監修・武術指導は『マッハ!』シリーズや『チョコレート・ファイター』で監督・製作を務めたパンナー・リットグライ。さらに大男バーニーを演じたのが『マッド・マックス 怒りのデスロード』でリクタスを演じた元プロレスラー、ネイサン・ジョーンズだってェのも見所でしょう。

物語は店を建て直すためにバーニーと姉妹があれやこれやのことに手を出し奮闘する様が描かれますが、それがいつしか強盗団の盗んだ宝石の在り処と交差してしまい、バーニー&姉妹が強盗団に狙われ万事休す!といった流れになっていきます。実は姉のドーキャは相当なムエタイ使い少女で、小柄な彼女の生み出すパワフルなムエタイ技に驚かされますが、このドーキャと妹カテンとのけなげな姉妹愛がなかなかに泣かせる物語になっています。

一方、バーニーは身体ばかりデカくて全く使い物にならず、悪漢が迫ってきても怯えるばかり。このバーニーがいつどうやってソムタムを食べて狂暴化するのかが物語の鍵となります。最初っから狂暴化しっぱなしだとお話になりませんから、クライマックスまでずーっと引っ張ってゆく訳なんですよ。面白いのは、別に辛い物ならなんでもいい筈だとは思うんですが、なぜかソムタムじゃなきゃダメなんですね!ちなみにソムタムというのはタイ料理で食べられる青パパイヤのサラダなんですが、確かにちょっと辛いです!それにしてもソムタム食べて別人格の狂暴男ってまるでハルクですな。

シナリオ自体は結構雑で「なんでこーなんの?」と思わされる部分も多いのですが、ムエタイ少女のアクションと狂暴化したバーニーのプロレス技を駆使したアクションが実に豪快で楽しませる作品になってるんですね。だいたい最後なんて小型旅客機を破壊しちゃうんですよ!?また、このバーニーが食堂を建て直し、名物ソムタム・シェフとして観光客に人気を集めるシーンなんぞは非常にキュートで微笑ましかったですよ。

とはいえオコチャマ二人でアジアン・ビューティーを名乗るのはちょいと看板に偽りアリなので、ここはチョイ役で登場するアクション女優キャサリン・エークタワットクンさんの写真を載せて〆といたしましょう!

f:id:globalhead:20190616120908j:plain

ジャイアント・チリペッパー [DVD]

ジャイアント・チリペッパー [DVD]