詠春拳を封印した男の新たなる戦い/映画『イップ・マン外伝 マスターZ』

■イップ・マン外伝 マスターZ (監督:ウエン・ウービン 2018年香港、中国映画)

f:id:globalhead:20190321151236j:plain

いわゆる”カンフー映画”についてはまるで暗いのだが、このジャンルを愛しているファンには少々嫉妬心めいたものがある。

子供の頃リアルタイムでブルース・リー体験をしたオレだが(小学4年生だったかなあ)、その後のカンフー映画ブームには乗り切れず、だからジャッキー・チェン映画あたりは全て素通りしていた。

「え、カンフー映画面白い」と気付いたのはジェット・リーがハリウッド進出したりチャウ・シンチーが流行ったりした頃である。その頃には香港カンフー映画は下火にはなっていたようだったが、ちょっと調べると長年カンフー映画ファンをやっている方の熱いブログがちらほら検索出来て、そしてそういった方のお勧めカンフー映画は確かに面白く、非常に参考になったりしていた。

だがそれでも、数十年分のカンフー映画史はオレには既に追うことのできる量ではなく、全貌を知る事はもはや無理だと思った。そしてそれらカンフー映画の傑作名作珍作をとことん享受し楽しんでいたカンフー映画ファンというのは、オレにはとても羨ましい存在だったのである。

だがその後、このオレがリアルタイムで「ノレる」ことのでき、ファンと名乗ることのできるカンフー映画が公開されたのである。それがドニー・イェン主演作『イップ・マン 葉問』だった。ブルース・リーの師匠と知られるイップ・マンを主人公にしたこのシリーズ作は主演ドニー・イェンのこれまで全く見たことの無い凄まじい身体能力と俳優としてのカリスマ性からオレを十分に魅了してくれた。オレは今でもカンフー映画ファンというものではないが、現在進行形でカンフー映画を楽しませてくれるドニーさん映画には一目置くことにしているのだ。

そんなドニーさんの主演作『イップ・マン』の外伝が登場だという。イップ・マン・シリーズ第3作『イップ・マン 継承』でドニーさん演じるイップ・マンとほぼ互角の戦いを見せたチョン・ティンチ(マックス・チャン)を主役に据え、『イップ・マン外伝 マスターZ』というタイトルで公開されるという。おおこれは観たい。という訳でオレはいそいそと劇場に足を運んだという訳である。監督は『スネークモンキー 蛇拳』『ドランクモンキー 酔拳』といった傑作カンフー映画監督のみならず『マトリックス』3部作や『キル・ビル』の武術指導を務めたこともあるベテラン、ユエン・ウービン。

物語は『イップ・マン 継承』のその後のチョン・ティンチを描くものだ。舞台は60年代末の英国植民地支配下にある香港、イップ・マンとの戦いに敗れたチョンは詠春拳を捨て、小さな食料品店を営み息子と二人ささやかな毎日を送っていたのだ。しかしある日暴漢に襲われていた二人の女性を救ったことから彼の運命は大きく変わりだす。暴漢たちの正体は町を牛耳るマフィアたちであり、チョンに手ひどくやられたことに恨みを持ち陰湿な報復に打って出たのだ。それは次第に街を覆う麻薬密売事件、英国警察まで関与する陰謀へと関わってゆくことになるのだ。

物語それ自体は特に新しいものではない。美女を救って面倒に巻き込まれるヒーロー、街のごろつきとの報復合戦、腐った警察機構との戦いなど、ノワールでもハードボイルドでも時代劇でも西部劇でも、何度も語られてきたような物語と言えるかもしれない。主役のチョンはお約束ともいえるアウトローめいた男で、終始無口だが戦わせると滅法強い。戦いの最中友情や仄かな愛情が芽生えたり、敵の報復に完膚なきまで叩き潰された後に復讐の炎を燃やして再び立ち上がったりと、定番のモチーフが物語られるだけだ。新しいと言えば主人公に小さな息子がいたりとか、敵マフィアの首領が女性であるとかそういった部分か。

とはいえド定番の物語だからこそ安心して観られるだけでなく、そこに盛り込まれるアクションの壮絶さと切れとスピード感はこの映画ならではといっていいものだ。なにしろチョンを演じるマックス・チャンのアクションがとことんいい。小柄で細面にも関わらずいざ格闘となるとスピード頼りだけではない重量感のある攻撃を見せ、「殺しにかかっている」ことがありありと伝わってくる。しかも詠春拳を自ら封じているという設定により『イップ・マン 継承』とはまた違ったアクションを見せる。そして遂にその封印を解いた時の鬼神の如き戦いがさらに圧巻なのだ。

敵役もいい。まずタイ・アクション界のスター、トニー・ジャーの参戦が嬉しい。オレは実はカンフー映画自体よりもトニー・ジャー映画を愛し続けてきた男なので、彼の出演作であるというだけでもこの作品は見逃せない。そしてマフィアの首領役ミシェル・ヨーの女性ならではの華麗なる殺陣がこれまた魅せる。しかしこの人は美人だ、そして驚くことにオレと同じ年齢だというではないか。凄い。ラスボスとして登場するのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ、そして『ブレードランナー2049』の出演があるWWEスーパースター、デイヴ・バウティスタだ。この重量級の体躯を持つファイターとチョンがどういった戦いを見せるのかが今作の最大の見所となるのだ。

アクションのみならず60年代香港のネオン輝く風俗街とそこで生きる人々を中心に据えたドラマもまたいい。正編である『イップ・マン』は品行方正な主人公のせいか真っ当すぎる舞台ばかり描かれたが、この作品にあるのは夜と闇の世界に生きる人たちの物語でありノワールの舞台として申し分ない。ここで語られる正義は市民としての正義なのではなく生存のためのギリギリの正義なのだ。またそういった舞台のあり方が『イップ・マン』と完全に差別化されており「外伝」と名付けられているにも関わらずあたかも「新章」の如き印象すらある。

といったわけで褒める部分しか見つからない相当に優れた、そして十分に興奮することのできるカンフーアクション映画作品だった。この完成度ならば続編製作もあるやもしれず、その時はまたトニー・ジャーミシェル・ヨーの参戦があると嬉しい所だが、今度はイップ・マン/ドニー・イェンが客演という形で『マスターZ』の物語を盛り上げてくれてもいいかもしれない。楽しい映画だった。 

www.youtube.com

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック

イップ・マン 序章&葉問 Blu-rayツインパック

 
イップ・マン 継承 [Blu-ray]

イップ・マン 継承 [Blu-ray]

 

リー・ペリーの『The Complete UK Upsetter Singles Collection』、 Volume 1~4をコンプリート!

f:id:globalhead:20190220101413j:plain

■まだまだ続くリー・ペリー・フィーバー!

いやあ、オレにとって去年はホンット、レゲエ尽くし、リー・ペリー尽くしの年であった。じゃあ今年は?というとだな、なんとまだまだ「レゲエ尽くしリー・ペリー尽くし」が続行中なのだよ!

昨年のオレの「リー・ペリー・フィーバー」は主に「ブラックアーク期」と呼ばれる時期にリリースされたペリーさんの音源をとことん収集しまくる、というものだった。「ブラックアーク期」、それはペリーさんがノリにノッていた時期であり、レゲエ史にも残るペリーさんの最高の仕事ぶりが炸裂していた時期であり、狂いまくって銀河の彼方までレゲエのリズムを刻みまくっていた時期でもあった。多分この時期の重要なリー・ペリー音源は殆ど入手出来たと思う。

しかしこれで終わりにするのもちょっと寂しい。では「ブラックアーク期」以前はどうだったのだろう?こんな「プレ・ブラックアーク期」のペリーさんの活躍ぶりを代表する最高の音源のひとつがこの「Complete UK Upsetters Singles Collection」なのだ。

■100枚にのぼるシングルを網羅したコンピレーション 

68年、「People Funny Boy」の大ヒットにより一躍有名になったペリーさんは自身のレーベルUpsetterを立ち上げるが、TrojanレーベルがこれのUKリリースを請け負い、「UK Upsetter」というレーベル名シングルを発表、その数は100枚以上にのぼる。

そしてこのシングルを全て集めたコンピレーション が今回紹介する「Complete UK Upsetters Singles Collection」なのだ。それぞれCD2枚組でVol.1~4の4セットがリリースされており、その曲の総数はほぼ200曲(シングルはA面B面あるからね)!

しかしここで大きな障害が立ちはだかる。実は既に全アルバムが廃盤となっており、現在市場で売買されているのはびっくりするほど高額なプレミア価格を付けられたレア盤扱いのCDばかりなのである。1万円前後の価格が付けられたアルバムを見るにつけ「こりゃ無理だろ……」とため息をついていたのである。ハァー……。

しかし根気良く待っていると、意外と価格の落ち着いた中古品がポッと出ることがあり、そういうのを狙って1セットづつ地道に揃えていった。

■そこに落とし穴が!?

しかしだ。順調に揃えていったコレクションだが、「Volume.2」だけがなかなか値段が下がらない。これは探し方が悪いのかと思い、今度は海外のアマゾンまで行って探してみた。そうすると、まあギリ買えない事も無い価格の出物があった。で、注文したんだが、これが届いてみると、なんと記録面が傷だらけであり、再生してみるとやはり音飛びだらけではないか!?こんなのアリかよ!?

「カスを掴まされた……」。オレの落胆は甚だしいものだった。ここで鬼神の如くブチ切れたオレはもはや値段のことも省みず高額だった他の「Volume.2」を電光石火で購入!「やってやったぜ……」心も財政状況も傷だらけになりながらオレはリベンジを果たしたのである。

そして数日後。ふとアマゾンを彷徨っていると、「Volume.2」のお手頃価格の出品が……その差額6000円。「やったつもりがやっぱりやられた……」こうしてオレは床に突っ伏しさめざめと涙を流したのである。

■非常に完成度の高いコンピレーション

閑話休題。こうしてコンプリートした「Complete UK Upsetters Singles Collection」だが、全体を通して言えるのは、まずやはり、収録楽曲のクオリティがどれもとんでもなく高い、ということだろう。年代が年代なんで、スカ~ロックステディ~レゲエの過渡期的な音源が結構含まれるが、どれもとことん楽しい。なにしろどの音源もシングル曲なのでキャッチーさを目指したご機嫌な曲ばかりなのだ。

また、「UK Upsetters」のシングル曲のみなので、アルバム全体のトーンに統一感があり、ある意味傑作と謳われるペリーのどのコンピレーション・アルバムよりも聴きやすく、曲それぞれに好き嫌いが発生し難いのだ。大量の曲は流し聴きも可能だが、ふと気付いたときに発見があり、いつまで聴いても飽きることが無い。これはとても凄いことだ。

それと、音質がとてもいい。別にリマスターしてあるとかそういうのではないが、UK原盤の保存状態が非常に良かったのではないかと思われるのだ。リー・ペリーほどの古いアーチストになると、原盤が紛失し「盤おこし」と言ってレコード盤からCD化されたような音源やアルバムが存在するのだ。これはどうしたって音質が悪く下手すると針飛びやノイズ音まで入っている。CDなのに。それが皆無でかつクリアな音で聴けるこのコンピはそれだけでも貴重だ。

ルーツ・レゲエの登場はレゲエを世界へと飛翔させたが、同時にルーツに拘る硬直さも生み出してしまった。しかしここで聴くことの出来るペリーとアップセッターズの楽曲の数々は、まだまだ自由で弾けるようなリズムに溢れたポピュラー・ミュージックとしてのジャマイカン・サウンドである。時代を超えて輝く素晴らしいリー・ペリー&アップセッターの楽曲の数々。高額出品もあるのだが、もし聴くのであれば是非全巻コンプリートすることをお薦めする。少なくともオレにとっては一生モノだ。 

 

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 1

The Complete U.K. Upsetter...

The Complete U.K. Upsetter...

 


The Upsetters - Man From M.I.5 (1969) Upsetter 310 A

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 2

The Complete U.K. Upsetter

The Complete U.K. Upsetter

 


let it be - The Soulettes

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 3

Vol. 3-Complete UK Upsetters Singles Collection

Vol. 3-Complete UK Upsetters Singles Collection

 


The Stingers - Give me Power

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 4

Complete UK Upsetters Singles Collection 4

Complete UK Upsetters Singles Collection 4

 


Bob Marley and The Wailers - African Herbsman

 

つれづれゲーム日記:『Vikings:Wolves of Midgard』の巻

■Vikings:Wolves of Midgard (PS4/Xbox One/PC/Mac

f:id:globalhead:20190217091220j:plain

ゲーム『Vikings:Wolves of Midgard』である。なにしろバイキングが主人公でありそしてミッドガルドの狼だというではないか。ミッドガルドというのは北欧神話における「人間の住む地」ということであり、『ロード・オブ・ザ・リング指輪物語)』における「中つ国」の語源ともなった言葉である(多分)。

おう。ミッドガルドの狼と呼ばれるバイキングの人が大いに暴れまわるゲームなのか。豪気じゃのう。豪気じゃのう。ゲーム内容は『ディアブロ』の如きハクスラゲームだというじゃないか。いいねえハクスラ。なにより「たいしたことやってないけどやった気になれるゲームジャンル」というのがいいねえ。なんか輸入盤ソフトしか売ってなかったのだが(注:後述あり)、ハクスラならたいして英語判んなくともなんとかなりそうなので購入してみたのだ。

まずキャラ作成は男女それぞれから選び、あとはヘアスタイルとかタトゥー入れるかどうかとメイン武器なんぞを決める。バイキングだっちゅうんだからもちろん男だろ。とことんガチムチで見るからに野蛮かつ頭が悪そうでもうこれしかないよな。ヘアスタイルはモヒカン&編み込みという、血に飢えた蛮族らしいのに決定だ。タトゥーもメッチャ入れるぞ。武器は剣と盾だな。完成したキャラは見るからに暴力以外興味のなさそうな凶悪キャラだぞ。かっこええのう。

というわけでゲーム開始だ。ハクスラだからなにしろとことん敵モンスターをぶっ殺してとことん落し物拾ってとことん自分を強化して悦に入ればいいだけだ。ようし殺すぞ。殺すぞ。殺して殺して殺しまくるんだ。おりゃおりゃおりゃ!おお、楽しいのう、楽しいのう。

舞台はバイキング世界だから雪一色だ。なんか寒そうだなあ。ってか寒さゲージがあんじゃんか。寒さゲージ溜まると凍って動けなくなんじゃんか。なんだこれ。おお、焚き火がある。お、これにあたるとゲージが消えるぞ。なんだこのシステム。敵を殺し落し物を拾い、さらに時々焚き火にあたる。変なシステムだが、要するに焚き火から焚き火へ渡り歩けばいいだけの話だ。所々でチェックポイントがあるから戦闘途中でもセーブされてるみたいだ。

そんなこんなでボスキャラの登場だ。うわ、堅いなこれ。倒し方わかんねーな。ありゃ、もう殺されちまった。なんだよ。まあ再トライしよう。再トライ再トライ。・・・・・ありゃ?コンテニューしないぞ?なんじゃこりゃ?おかしいぞ。で、ここでやっとネット調べてみたのだ。そうするとゲームには「ヴァルハラ・モード」というのがあるらしくてだな。これは死ぬと自キャラが二度と復活できないというモードなのらしいが、ゲーム開始時に知らずにチェック入れたようなんだな。ちゃんと調べろよオレ・・・・・・これまでのプレイ時間はなんだったんだよ・・・・・・。

これはもうちょっときちんとシステム調べるべきだな、と思いやっとネットをあれこれ覗いていたら、なんとこの『Vikings:Wolves of Midgard』、PS4ダウンロード版のみだが日本語版が存在しているという記事を見つけてしまった。タイトルは『VIKINGS – ミッドガルドの狼』。値段もディスクのソフトとたいして変わり無い。えええええ・・・・・・・。オレはあまりのことにゲームを続けられなくなってしまった。こういうのをネットでなんというのか皆さんお知りであろう。そう、「情弱」ってヤツですね、ハイ・・・・・・。


Vikings: Wolves of Midgard - Teaser Trailer

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - XboxOne

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - XboxOne

 
Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - PS4

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - PS4