リー・ペリーの『The Complete UK Upsetter Singles Collection』、 Volume 1~4をコンプリート!

f:id:globalhead:20190220101413j:plain

■まだまだ続くリー・ペリー・フィーバー!

いやあ、オレにとって去年はホンット、レゲエ尽くし、リー・ペリー尽くしの年であった。じゃあ今年は?というとだな、なんとまだまだ「レゲエ尽くしリー・ペリー尽くし」が続行中なのだよ!

昨年のオレの「リー・ペリー・フィーバー」は主に「ブラックアーク期」と呼ばれる時期にリリースされたペリーさんの音源をとことん収集しまくる、というものだった。「ブラックアーク期」、それはペリーさんがノリにノッていた時期であり、レゲエ史にも残るペリーさんの最高の仕事ぶりが炸裂していた時期であり、狂いまくって銀河の彼方までレゲエのリズムを刻みまくっていた時期でもあった。多分この時期の重要なリー・ペリー音源は殆ど入手出来たと思う。

しかしこれで終わりにするのもちょっと寂しい。では「ブラックアーク期」以前はどうだったのだろう?こんな「プレ・ブラックアーク期」のペリーさんの活躍ぶりを代表する最高の音源のひとつがこの「Complete UK Upsetters Singles Collection」なのだ。

■100枚にのぼるシングルを網羅したコンピレーション 

68年、「People Funny Boy」の大ヒットにより一躍有名になったペリーさんは自身のレーベルUpsetterを立ち上げるが、TrojanレーベルがこれのUKリリースを請け負い、「UK Upsetter」というレーベル名シングルを発表、その数は100枚以上にのぼる。

そしてこのシングルを全て集めたコンピレーション が今回紹介する「Complete UK Upsetters Singles Collection」なのだ。それぞれCD2枚組でVol.1~4の4セットがリリースされており、その曲の総数はほぼ200曲(シングルはA面B面あるからね)!

しかしここで大きな障害が立ちはだかる。実は既に全アルバムが廃盤となっており、現在市場で売買されているのはびっくりするほど高額なプレミア価格を付けられたレア盤扱いのCDばかりなのである。1万円前後の価格が付けられたアルバムを見るにつけ「こりゃ無理だろ……」とため息をついていたのである。ハァー……。

しかし根気良く待っていると、意外と価格の落ち着いた中古品がポッと出ることがあり、そういうのを狙って1セットづつ地道に揃えていった。

■そこに落とし穴が!?

しかしだ。順調に揃えていったコレクションだが、「Volume.2」だけがなかなか値段が下がらない。これは探し方が悪いのかと思い、今度は海外のアマゾンまで行って探してみた。そうすると、まあギリ買えない事も無い価格の出物があった。で、注文したんだが、これが届いてみると、なんと記録面が傷だらけであり、再生してみるとやはり音飛びだらけではないか!?こんなのアリかよ!?

「カスを掴まされた……」。オレの落胆は甚だしいものだった。ここで鬼神の如くブチ切れたオレはもはや値段のことも省みず高額だった他の「Volume.2」を電光石火で購入!「やってやったぜ……」心も財政状況も傷だらけになりながらオレはリベンジを果たしたのである。

そして数日後。ふとアマゾンを彷徨っていると、「Volume.2」のお手頃価格の出品が……その差額6000円。「やったつもりがやっぱりやられた……」こうしてオレは床に突っ伏しさめざめと涙を流したのである。

■非常に完成度の高いコンピレーション

閑話休題。こうしてコンプリートした「Complete UK Upsetters Singles Collection」だが、全体を通して言えるのは、まずやはり、収録楽曲のクオリティがどれもとんでもなく高い、ということだろう。年代が年代なんで、スカ~ロックステディ~レゲエの過渡期的な音源が結構含まれるが、どれもとことん楽しい。なにしろどの音源もシングル曲なのでキャッチーさを目指したご機嫌な曲ばかりなのだ。

また、「UK Upsetters」のシングル曲のみなので、アルバム全体のトーンに統一感があり、ある意味傑作と謳われるペリーのどのコンピレーション・アルバムよりも聴きやすく、曲それぞれに好き嫌いが発生し難いのだ。大量の曲は流し聴きも可能だが、ふと気付いたときに発見があり、いつまで聴いても飽きることが無い。これはとても凄いことだ。

それと、音質がとてもいい。別にリマスターしてあるとかそういうのではないが、UK原盤の保存状態が非常に良かったのではないかと思われるのだ。リー・ペリーほどの古いアーチストになると、原盤が紛失し「盤おこし」と言ってレコード盤からCD化されたような音源やアルバムが存在するのだ。これはどうしたって音質が悪く下手すると針飛びやノイズ音まで入っている。CDなのに。それが皆無でかつクリアな音で聴けるこのコンピはそれだけでも貴重だ。

ルーツ・レゲエの登場はレゲエを世界へと飛翔させたが、同時にルーツに拘る硬直さも生み出してしまった。しかしここで聴くことの出来るペリーとアップセッターズの楽曲の数々は、まだまだ自由で弾けるようなリズムに溢れたポピュラー・ミュージックとしてのジャマイカン・サウンドである。時代を超えて輝く素晴らしいリー・ペリー&アップセッターの楽曲の数々。高額出品もあるのだが、もし聴くのであれば是非全巻コンプリートすることをお薦めする。少なくともオレにとっては一生モノだ。 

 

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 1

The Complete U.K. Upsetter...

The Complete U.K. Upsetter...

 


The Upsetters - Man From M.I.5 (1969) Upsetter 310 A

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 2

The Complete U.K. Upsetter

The Complete U.K. Upsetter

 


let it be - The Soulettes

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 3

Vol. 3-Complete UK Upsetters Singles Collection

Vol. 3-Complete UK Upsetters Singles Collection

 


The Stingers - Give me Power

■The Complete UK Upsetter Singles Collection Volume 4

Complete UK Upsetters Singles Collection 4

Complete UK Upsetters Singles Collection 4

 


Bob Marley and The Wailers - African Herbsman

 

つれづれゲーム日記:『Vikings:Wolves of Midgard』の巻

■Vikings:Wolves of Midgard (PS4/Xbox One/PC/Mac

f:id:globalhead:20190217091220j:plain

ゲーム『Vikings:Wolves of Midgard』である。なにしろバイキングが主人公でありそしてミッドガルドの狼だというではないか。ミッドガルドというのは北欧神話における「人間の住む地」ということであり、『ロード・オブ・ザ・リング指輪物語)』における「中つ国」の語源ともなった言葉である(多分)。

おう。ミッドガルドの狼と呼ばれるバイキングの人が大いに暴れまわるゲームなのか。豪気じゃのう。豪気じゃのう。ゲーム内容は『ディアブロ』の如きハクスラゲームだというじゃないか。いいねえハクスラ。なにより「たいしたことやってないけどやった気になれるゲームジャンル」というのがいいねえ。なんか輸入盤ソフトしか売ってなかったのだが(注:後述あり)、ハクスラならたいして英語判んなくともなんとかなりそうなので購入してみたのだ。

まずキャラ作成は男女それぞれから選び、あとはヘアスタイルとかタトゥー入れるかどうかとメイン武器なんぞを決める。バイキングだっちゅうんだからもちろん男だろ。とことんガチムチで見るからに野蛮かつ頭が悪そうでもうこれしかないよな。ヘアスタイルはモヒカン&編み込みという、血に飢えた蛮族らしいのに決定だ。タトゥーもメッチャ入れるぞ。武器は剣と盾だな。完成したキャラは見るからに暴力以外興味のなさそうな凶悪キャラだぞ。かっこええのう。

というわけでゲーム開始だ。ハクスラだからなにしろとことん敵モンスターをぶっ殺してとことん落し物拾ってとことん自分を強化して悦に入ればいいだけだ。ようし殺すぞ。殺すぞ。殺して殺して殺しまくるんだ。おりゃおりゃおりゃ!おお、楽しいのう、楽しいのう。

舞台はバイキング世界だから雪一色だ。なんか寒そうだなあ。ってか寒さゲージがあんじゃんか。寒さゲージ溜まると凍って動けなくなんじゃんか。なんだこれ。おお、焚き火がある。お、これにあたるとゲージが消えるぞ。なんだこのシステム。敵を殺し落し物を拾い、さらに時々焚き火にあたる。変なシステムだが、要するに焚き火から焚き火へ渡り歩けばいいだけの話だ。所々でチェックポイントがあるから戦闘途中でもセーブされてるみたいだ。

そんなこんなでボスキャラの登場だ。うわ、堅いなこれ。倒し方わかんねーな。ありゃ、もう殺されちまった。なんだよ。まあ再トライしよう。再トライ再トライ。・・・・・ありゃ?コンテニューしないぞ?なんじゃこりゃ?おかしいぞ。で、ここでやっとネット調べてみたのだ。そうするとゲームには「ヴァルハラ・モード」というのがあるらしくてだな。これは死ぬと自キャラが二度と復活できないというモードなのらしいが、ゲーム開始時に知らずにチェック入れたようなんだな。ちゃんと調べろよオレ・・・・・・これまでのプレイ時間はなんだったんだよ・・・・・・。

これはもうちょっときちんとシステム調べるべきだな、と思いやっとネットをあれこれ覗いていたら、なんとこの『Vikings:Wolves of Midgard』、PS4ダウンロード版のみだが日本語版が存在しているという記事を見つけてしまった。タイトルは『VIKINGS – ミッドガルドの狼』。値段もディスクのソフトとたいして変わり無い。えええええ・・・・・・・。オレはあまりのことにゲームを続けられなくなってしまった。こういうのをネットでなんというのか皆さんお知りであろう。そう、「情弱」ってヤツですね、ハイ・・・・・・。


Vikings: Wolves of Midgard - Teaser Trailer

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - XboxOne

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - XboxOne

 
Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - PS4

Vikings Wolves of Midgard (輸入版:北米) - PS4

 

 

【ネタバレあり】善悪という二元論的な観念への揺さぶり/映画『キャプテン・マーベル』

■キャプテン・マーベル (監督:アンナ・ボーデン & ライアン・フレック 2019年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20190317083057j:plain

■要注意:今回は【ネタバレあり】です!

アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』ラストのあの惨劇から1年。今年5月に公開されるその続編『アベンジャーズ/エンドゲーム』への重要な架け橋となる作品『キャプテン・マーベル』が公開されました。オレも早速劇場に足を運びましたが、今回は【ネタバレあり】ってことで感想を書いてみます(『インフィニティー・ウォー』ラストも含む)。そんな訳なのでネタバレ回避されたい方はここでブラウザを閉じましょう!

・・・・・・

■強い!強すぎるぞキャプテン・マーベル!

『インフィニティー・ウォー』クライマックス、宇宙最凶のヴィラン・サノスの計略により「宇宙の全生命が半分にされる」という未曾有の大殺戮が実行されました。自らもまた消滅しつつあることを知ったニック・フューリーは、宇宙を救うであろう最後の頼みの綱となるある人物に助けを請います。その人の名は、キャプテン・マーベル。

まずなんといってもこのキャプテン・マーベル、『インフィニティー・ウォー』ラストのその最後の最後に突然名前が出され、「これっていったい誰のこと!?」と相当にゾワゾワしましたよね!?アメコミに詳しい方ならお馴染みなのでしょうが、オレには全くの白紙の存在だった。劇場を出てすぐさま検索したんですが、そこに登場したのは凛とした闘志を秘めた女性ヒーローの姿でした。

映画『キャプテン・マーベル』に対する期待と興味というのは、「そもそもどんなヒーローなのか?」「ヒーローたちがあれだけかかって倒せなかったサノスへの最後の切り札になるこのキャプテン・マーベルっていったいどれだけ強いのか?」そして「どうして今までMCU世界に登場しなかったのか?」ということになるんじゃないでしょうか。そういった部分で映画『キャプテン・マーベル』は期待と興味の尽きない作品として登場した訳なんですね。

そして映画はこれらの疑問全てに見事に応えてくれる作品でした。なんといってもねアナタ、このキャプテン・マーベルハンパなく強いです。「これもう殆どチートだろ!?」と思っちゃうぐらいの強さです!彼女なら「完膚無きヒーローの敗北」を喫した『インフィニティ・ウォー』の雪辱を果たし、『エンドゲーム』においてサノスへ壮絶な逆襲をかけるであろうことを大いに期待していいでしょう(まあ意外とアントマンがとんでもない活躍をする予感もあるが)!また、今のところ弱点の見当たらない最強カード、キャプテン・マーベルを、都合のいいデウスエクスマキナにしないためにどう描いてゆくのかも『エンドゲーム』の楽しみでもあります。

■善悪という単純で二元論的な観念への揺さぶり

とはいえこのマーベル姐さん、最初から最強状態で登場するわけではありません。彼女がどう自らの力に気付きその能力を最強のステージにまで発揮できるようになるのか?が映画『キャプテン・マーベル』の物語となります。

しかしそういった「気付き」と「学び」の物語(?)であると同時に、この作品には独特のストーリーテリングが存在しています。それは「善悪という単純で二元論的な観念への揺さぶり」です。

物語は冒頭、遠い銀河のどこかにおける惑星間戦争が描かれます。クリー人と呼ばれる人たちが、侵略者スクラス人と戦っていたのです。このとき、キャプテン・マーベルはまだヴァースという名のクリー人特殊部隊員です。クリー人対スクラス人の戦いは地球へと飛び火し、ヴァースはたった一人スクラス人の追っ手と戦うことになります。

実はこの冒頭、オレには相当退屈でした。描写が、ではなく設定が退屈だったのです。またぞろ「悪」の侵略者に抵抗する「正義」の軍団の戦いかー、これって世界の警察・覇権国家アメリカと政治的にテロ国家と名付けられた他の国とのパラノイアックな戦争行為をメタファー化したいつものアレじゃんかよーって思えちゃったんですよ。ここでどれだけ「正義」が振りかざれようと、結局はアメリカの自己正当化と自己満足の代替行為でしかなかったりするんですね。

なーんて心の中でブツブツ言いながら観てたら、なんと真相は逆だったことが判明します。実際はヴァースの属するクリー人が侵略者であり、スクラス人はその犠牲者でありさらにヴァースを追ってきたスクラス人はその戦争による難民だった、ということだったんですね。

■命というものに対する愛の力

ここで冒頭に提示された「善と悪」との「絶対的な二元論」が突然崩壊を見せるんです。この辺の描き方は実に今日的であると同時にスーパーヒーロー作品としても斬新です。例えば昨今の国家間政治状況において単純な「善悪」など存在しません。あるのはお互いの抱える政治的思惑であったり経済的背景であったりします。それは国家という大きな枠組みの間で行われますが、その構成要素であるひとつひとつの人々にとっては、戦争は惨禍でしかありません。その中で人々は死に、悲惨な難民が生み出されるのです。

映画に登場するスクラス人はその戦争による難民であり戦争被害者です。これを知ったヴァースは、己が惑星国家の一兵卒/国家権力の尖兵であることを止め、難民救助という「己自身の中にある正義」を遂行するために持てるだけの力を使おうとするのです。そしてそれはかつての仲間や上司との戦いをも意味するものだったのです。

ここで映画のクライマックス、キャプテン・マーベルとなったヴァースがなぜかつての特殊部隊リーダー、ヨンの命を奪わなかったのか、敵艦隊を全滅させなかったのかが理解できます。キャプテン・マーベルの戦いにおける第一義は難民救済であり、敵殲滅という戦闘行為にはなかった、ということです。そしてキャプテン・マーベルはスクラス人の安寧のために自らも付き添い、宇宙の彼方へと旅立つのです。これにより『キャプテン・マーベル』の物語が単純な「正義対悪の戦い」を描くものではなく、「虐げられた者を救い出来るだけ寄り添おう」とするヒーローのものであることが提示されるわけです。

スーパーヒーローの物語はとかく「善に仇なす悪を成敗する」ものとして描かれますが、「その大きな戦闘の中で虐げられた者の救済」は忘れられがちです。そしてキャプテン・マーベルはそれら「虐げられた者」を救うため力を振るいます。それは命というものに対する愛の力でもあります。映画『キャプテン・マーベル』は主人公の痛快極まりない強大な力をとことん楽しむことのできる作品ですが、同時に、主人公の持つ強大な愛の在り処をも描いた作品だったともいえるのではないでしょうか。


「キャプテン・マーベル」日本版本予告