最近聴いたレゲエやらダブやら

なんかもうムキになって聴いていたので相当大量の音源となり、面倒なのでアルバム毎の説明は割愛させてください……(手抜き)。

 

■Derrick Harriott Reggae, Funk & Soul 1969-1975

Derrick Harriott Reggae, Funk & Soul 1969-1975 [国内盤CD] (DSRCD009)

Derrick Harriott Reggae, Funk & Soul 1969-1975 [国内盤CD] (DSRCD009)

  • アーティスト: V.A.,Derrick Harriott,デリック・ハリオット,Chosen Few,I Roy,Junior Murvin,Bongo Herman & Les,他
  • 出版社/メーカー: Dub Store Records JPN
  • 発売日: 2016/10/14
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 ■This Is Augustus Pablo / Augustus Pablo

This Is Augustus Pablo

This Is Augustus Pablo

 

 ■Gee Baby + No More Running / Al Campbell

GEE BABY + NO MORE RUNNING

GEE BABY + NO MORE RUNNING

 

■Insight / Blackstones

Insight

Insight

 

Star Wars Dub / Phill Pratt

Star Wars Dub

Star Wars Dub

 

 ■Dub Plate Style remixed by Prince Jammy / Delroy Wilson

Dub Plate Style remixed by Prince Jammy [日本語解説付き国内盤]

Dub Plate Style remixed by Prince Jammy [日本語解説付き国内盤]

 

■Book Of Revelation + Variation On A Theme / Revelation

BOOK OF REVELATION+

BOOK OF REVELATION+

 

■The Magnificent 7 + Rough Road / V.A.

V/A

V/A

 

■Jah Loves Everyone + Impressions / Leroy Smart

JAH LOVES EVERYONE + IMPRESSIONS

JAH LOVES EVERYONE + IMPRESSIONS

 

 ■Little John/Unite + Anthony Johnson / Reggae Feelings

LITTLE JOHN & ANTHON

LITTLE JOHN & ANTHON

 

 ■Guerilla Dub / Aggrovators and Revolutionaries

GUERRILLA DUB

GUERRILLA DUB

 

■Dancehall: the Rise of Jamaica

Dancehall: the Rise of Jamaica

Dancehall: the Rise of Jamaica

 

■Rise of Jamaican Dancehall Culture Vol. 2

Vol. 2-Rise of Jamaican Dancehall Culture Part.1 [12 inch Analog]

Vol. 2-Rise of Jamaican Dancehall Culture Part.1 [12 inch Analog]

 

■Rainy Days + Diamonds / Al Campbell

Rainy Days/Diamonds

Rainy Days/Diamonds

 

■Soul Man Dub + Sings for the People / Junior Soul

Soul Man Dub/Sings for the Peo

Soul Man Dub/Sings for the Peo

 

■Harder Shade Of Black / V.A.

Harder Shade Of Black

Harder Shade Of Black

  • アーティスト: Gregory Isaacs,Augustus Pablo,Dirty Harry & Santic All Stars,Leonard Santic All Stars,Santic All Stars,Horace Andy,Big Joe,Jah Woosh,King Tubbys & Santic All Stars,I Roy,Paul Whiteman,Roman Stewart
  • 出版社/メーカー: PRESSURE SOUNDS
  • 発売日: 2010/02/06
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

■Studio One Dancehall - Sir Coxsone In The Dance: The Foundation Sound / V.A.

Studio One Dancehall - Sir Coxsone In The Dance: The Foundation Sound

Studio One Dancehall - Sir Coxsone In The Dance: The Foundation Sound

 

■M.P.L.A. / Tappa Zukie

M.P.L.A.

M.P.L.A.

 

■What A Gathering + One Love / Mike Brooks

WHAT A GATHERING + ONE LOVE

WHAT A GATHERING + ONE LOVE

 

■Innocent Lover + One And Only / Trevor Hartley & Earl George

INNOCENT LOVER + ONE AND ONLY

INNOCENT LOVER + ONE AND ONLY

 

■Long Shot / Battle Of The Giants: Expanded Edition / The Pioneers

LONG SHOT / BATTLE OF THE GIANTS: EXPANDED EDITION

LONG SHOT / BATTLE OF THE GIANTS: EXPANDED EDITION

 

橋本治の『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』を読んだ

父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない/橋本治

父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない (朝日新書)

今年1月に亡くなった橋本治さんの本はこの間出た『思いつきで世界は進む――「遠い地平、低い視点」で考えた50のこと』が最後なのかと思ったらまだあるのらしい。この『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』は「小説トリッパ—」で2017年秋季号から2018年冬季号で連載されていたものをまとめた時評集なのらしい。ちなみに7月には『黄金夜界』、8月に『お春』という小説が刊行される。

さてこの『父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない』は現在の日本の政治状況の体たらくとその根幹にある「男たちの論理」で作られた日本社会の終焉を「父権性の崩壊」を切り口に喝破した、実に橋本さんらしい時評集となっている。この橋本さんらしさは論旨展開のくどくどしさにも顕れるが、「言われなくても漠然とそういうことなんじゃないかと思っていたようなことを徹底的に例を挙げ連ねてはっきりさせる」というのが橋本さんの文章なので、「いつもの橋本節だあ」と楽しませるのだ。

さらに橋本さんらしさは論旨の寄り道と脱線の仕方にも顕れるが、橋本ファンにとってはこの「寄り道と脱線」が一番面白かったりする。なんといっても今回の「寄り道と脱線」は様々な映画作品を挙げている点で、一人の映画ファンであるオレにとっては実に楽しい。それはまず歴代『スター・ウォーズ』シリーズで、橋本さんは新3部作『フォースの覚醒』『最期のジェダイ』、そして『ローグ・ワン』まで触れているので楽しいったらありゃしない。

さらにスーパーヒーロー映画にも触れていて、ティム・バートン版『バットマン』やリチャード・ドナー版『スーパーマン』から始まり現在のDCEU作品『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』まで触れつつ、スパイダーマンあたりにもちらちら言及している。これら様々な映画作品は今回の時評集における「父権性の崩壊」を軸に取り上げられたものだが、橋本治独特の映画評としても思いもよらぬ切り口を見せており映画ファンにも一読の価値があるのではないか。特に「スーパーヒーローには(基本的に)父親がいない」という部分からの論理展開は括目すべきものがある。

この時評集ではこうして「父権性の崩壊」、「男の論理の終焉」を扱うが、返す刀で「じゃあ女はどうなんだろう?」ということにも触れている(そしてそれが『最期のジェダイ』におけるレイアやレイの活躍と重ね合わされる)。しかし橋本さんは別に「じゃあこれからは女の時代だ」と言ってるわけではなく、「「男の論理」の中で永らく支配されてきた女たちにはまだ「女の論理」は確立されえていない」と説く。そしてそこから女系天皇の歴史を説いてゆくクライマックスからが今回の醍醐味かもしれない。

例によって橋本さんなので、「これからはこうなるよ!」と結論を出すわけではなく、「もう全然違う時代がやってくるんだから覚悟しなよ!」と投げっ放しとなるんだが、この「変わってゆくし、変わってしまうんだ」というのが橋本流であり、実の所投げっ放しというよりは「全部説明したからあとは自分でしっかり見極めるんだ!」ということなのだ。

というか今回も思ったのだが、橋本さんの時評集というのはくどくどしさや脱線も含めた橋本さんの思考の流れと歴史から拾ってくる膨大な参照例の列挙を浴びることの楽しさだったりする。鋭い時評を述べながらも実の所最後まで橋本さんが「論客」めいたものではなかったのは、橋本さんが「論旨ありき」だけの人ではなかったからなのかもなあ、とちょっと思わされた。

父権制の崩壊 あるいは指導者はもう来ない (朝日新書)
 

冷戦下にある男女の数奇な愛の遍歴/映画『COLD WAR あの歌、二つの心』

■COLD WAR あの歌、二つの心 (監督:パヴェウ・パヴリコフスキ 2018年ポーランド・イギリス・フランス映画)

f:id:globalhead:20190714122249j:plain

映画『COLD WAR あの歌、二つの心』は冷戦下のヨーロッパを舞台に、二人の男女の数奇な愛の遍歴を描いたドラマだ。 監督はポーランドで活躍するパヴェウ・パヴリコフスキ。オレは以前彼の作品『イーダ』を観て大変感銘を受け、今作も観てみることにした。こちらの『COLD WAR』も『イーダ』と同じモノクロ・スタンダードサイズの画面設計が成されている。

《物語》

冷戦に揺れるポーランドで、歌手を夢見るズーラとピアニストのヴィクトルは音楽舞踊団の養成所で出会い、恋におちる。だが、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、パリに亡命する。ズーラは公演で訪れた先でヴィクトルと再会、幾度かのすれ違いを経て共に暮らし始める。しかし、ある日突然ズーラはポーランドへ帰ってしまう。あとを追うヴィクトルに、思いもかけぬ運命が待ち受けていた。

公式サイトより)

主人公であるヴィクトルとズーラはそれぞれが異なる背景と異なる気質を持った間柄だ。ヴィクトルはアカデミックな知識人で沈着冷静な男。一方ズーラは庶民出の自由気ままで気分の浮き沈みの激しい女。コインの裏表のような二人だからこそ惹かれあうのだが、相反する性格故に対立すると途端に深い溝が生まれてしまう。物語はこんな二人が、ポーランド、ベルリン、ユーゴスラビア、パリと経巡りながら、何度も何度も和合し離反する様を描いてゆく。和合と離反。要するに延々くっついたり離れたりを繰り返すのである。この「くっついたり離れたりを繰り返す男女」の着想は、監督自身の両親から得られたものなのだそうだ。

という物語なのだが、オレはなんだか神妙な顔をしながら観てしまった。まず「くっついたり離れたりを繰り返す」というのがオレにはあんまりよく分らない。まあそれだけ気性が激しく情熱的であるということなのだろうし、世にはそういった男女もいることは知らない訳ではないのだが、この「諦め所の見つけられないしつこさと執着心」というのがオレのメンタルにはどうにも受け入れがたく、理解できないのだ。多少の確執があっても踏ん張って適切な落としどころを見つけようとするか、それでもどうしてもダメならさっさと未来に目を向けるか、どちらかじゃないかと思ってしまうような人間なのだ。執着心が薄いのではなく、執着し続けることでより傷つくのが怖いからなのだろう。

主人公の二人の繰り返される和合と離散の背景には、確かに冷戦の影響があるにはあるだろう。知識人のヴィクトルには全体主義国家の不自由さは耐え難いものだったのだろうが、庶民からたたき上げて社会的地位を得たズーラにとってはなぜそれを手放さなければならないのか理解できなかったのだろう。二人の愛には「魂の兄弟の如く分かち難く太陽の様に熱く暖かい結びつき」があったのと同時に「お互いが何を考えてるのかよく分からない水と油の様な相反する性格」の二つが同居していたのだろう。

しかしどれだけ愛し合っていようと男と女というのはもともと赤の他人であり、理解できない部分は歩み寄るか、それも無理なのならその部分を尊敬の形で譲歩するしかないのではないかと個人的に思う。まあこれは単なるフィクションなので、そんなフィクションの二人に物申しても始まらないのだが、なんだかもどかしい気持ちになりながら観てしまうことにはなった。「どうしても至らない感情を持ってしまうのが人間さ」と言ってしまえばそれまでなのだが、それによりここまで人生を困難でヤヤコシイものにしてしまう二人を見るにつけ、「もっとどうにかできなかったのかよ」とじれったく思わされたのだ。

とはいえ、モノクロ映像に特化した撮影も、それに伴う映像の美しさも、東欧の民族性をクローズアップした美術も、民族的であったり現代的なジャズであったりする音楽も、それぞれに意匠を凝らしてあり堪能できた。「冷戦」に代表される国家的政治的軋轢の在り方は、描かれはすれそれほど熾烈なものの様に感じなかった部分で食い足りなさを覚えた。なんとなれば主人公二人の「冷戦」の軋轢のほうが、政治的軋轢よりも熾烈だったように思えた。


映画『COLD WAR あの歌、2つの心』本予告

イーダ Blu-ray