俺の恋人(マブ)を泣かせた奴には鉄拳と銃弾の雨をお見舞いするぜ/映画『タイガー・バレット』

■タイガー・バレット (監督:アフメド・カーン 2018年インド映画)

f:id:globalhead:20190116164553j:plain

タイガー・バレット!
奴はインドのランボー!特殊部隊の最終兵器!
タイガー・バレット!
シックスパックの憎いヤツ!笑ってない目が相当コワイ!
タイガー・バレット!
俺の恋人(マブ)を泣かせた奴にゃあ鉄拳と銃弾の雨をお見舞いするぜ!

■ムッキムキのシックスパック野郎タイガー・シュロフ最新作!

2018年にインドで公開され大ヒットを飛ばしたアクション映画、『タイガー・バレット』でございます。主演俳優の名はタイガー・シュロフ、1990年生まれの28歳!2014年のデビュー以来、鍛え上げられた肉体と研ぎ澄まされた格闘技の技で今やボリウッド界隈をブイブイ言わせている男です!おまけにダンスを踊らせりゃあパッキパキに切れ味鋭いステップを見せつける!ただし爬虫類系の死んだ目をしているのがちょっとコワイ!そしてこのタイガー君、2020年公開予定の『ランボー』ハリウッド・リメイクに出演という噂が上っている!!なんてってタイガー君、こんななんですよ!?キャアァ凄い!

f:id:globalhead:20190117222435j:plain

そんな大注目なタイガー君の主演第5作目がこの『タイガー・バレット』という訳なんですな。原題は『Baaghi2』、タイガー君の主演第2作目『Baaghi』の続編的なタイトルですが、内容は実は全然関係ありません。しかーし!「ムッキムキのタイガー君がモリモリの筋肉を駆使して悪い奴らを地獄の底まで叩き落す」という点では一緒です!あと「三白眼の瞳が爬虫類っぽくてコワイ」という部分も!

■『タイガー・バレット』はこんな物語だ!

さて『タイガー・バレット』のお話はこんな感じ:

陸軍特殊部隊で今日も御自慢の筋肉を鍛えることに余念がないタイガー君の所に2年前別れた元恋人ネーハー(ディシャ・パタニ)から連絡が入ります。彼女は既に人の妻となっている身ですが、愛する娘が誘拐され、にもかかわらず夫も警察が取り合ってくれない、というのです。もはや頼りになるのはあなただけ……。すわ一大事とネーハーの元へ急行したタイガー君ですが、しかし調査の中で分かったのは、彼女には子供などおらず、当然誘拐事件など起こっていない、という周囲の証言だったのです。

この前半ではあたかもリーアム・ニーソン主演映画『アンノウン』の如く記憶と現実とが違うというミステリーが描かれて行きます。果たしてネーハーは嘘をついているのか?それならなぜ?それとも彼女はなんらかの精神障害なのか?いったいネーハーに何が起こったというのか?疑心暗鬼のまま遂にはネーハーを疑い始めるロニーだったが……というもの。

とまあ謎が謎を呼ぶ展開を見せる前半ですが、実は決して緊迫のミステリ!というわけでもなく、「彼女の身に一体何が!?」と思い切りサスペンスが盛り上がった瞬間突然インド映画名物の歌と踊りが賑々しく始まり、主演の二人が艶やかな表情でステップ踏みまくったり、回想シーンとして学生時代のロニーとネーハーの出会いがキャッキャウフフとかまびすしく語られ、「今時アイドル主演映画だってここまでお花畑に描いたりしねえよ!」と視聴中の皆様を若干イラッとさせる事必至でありましょう!いやしかしそこがいいんです!インド映画だからなんでもアリなんですよ!

ところでタイガー君の話ばかり書きましたが、この作品、ヒロイン役のディシャ・パタニがひたすら美しい!実は彼女、ジャッキー・チェン主演の『カンフー・ヨガ』(2017)にも出演しており、インターナショナルな知名度もこれから上がってゆくのではないでしょうか!

f:id:globalhead:20190117221934j:plain

■風雲急を告げ怒涛の展開を見せる後半!

そして後半、色々大変な事態へと発展したこの事件に遂に怒髪天を衝いたタイガー君はマグマを吹き出す噴火山の如く憤怒を爆発させ、警察と軍隊を敵に回して土石流を思わす鉄拳の応酬と、火砕流もかくやという銃弾の雨を降らせるのであります!もはやヤツを止めることは誰もできない!いったれタイガー!いてこましたれやタイガー!奴らをギタギタにしなはれ!

そんな阿修羅の如きインドの鬼神と化したタイガー君が大暴れする様子を描いたポスターがあるので是非ご覧ください!

f:id:globalhead:20190117214005j:plain

おおおお!まるでラジニカーント主演のインド映画『ロボット』を彷彿させるマシンガン千手観音状態!(てかいったいどうなってんだ)

まあ正直なところ「なんでお話がここまでド派手な方向へと転がらなきゃならないんだ……」と観終った後に思いましたが、観ている間はゲハゲハ笑いながら楽しんでいたので善しと致しましょう!というか、タイガー君が『ランボー』でハリウッド・デビューする御祝儀として、「その前にこっちでインド版『ランボー』作っちまおうぜ!」というつもりだったんじゃないかと思います。だいたい本家『ランボー』みたいに「大佐の人」が出てきて「ヤツは森の中では一騎当千」とかなんとか言ったりしてたぐらいだし!

そんな訳で物語的整合感は果てしなく乏しいのですが(そもそも「娘誘拐」の根拠がまるで理解不能)、とりあえず鉄拳繰り出す格闘技の技と銃撃戦の弾丸の数でお腹いっぱいになれる、愉快痛快天網恢恢疎にして漏らさぬ娯楽アクションとして十二分に満足できる作品だったと言えるでありましょう!そして!この作品、ランボーみたくシリーズ化されるらしく、原題『Baaghi3』はリメイク版『ランボー』と同じ2020年公開予定とか!おおおう!ってことは来年はタイガー・シュロフ祭りの年ってことじゃないかよ!?東京オリンピックなんてどうでもいいから、早くタイガー祭りに参加させてくれい!!

タイガー・バレット [DVD]

タイガー・バレット [DVD]

 
タイガー・バレット(字幕版)
 
■参考:タイガー・シュロフ主演作一覧

2008年公開のシャー・ルク・カーン主演作『神が結び合わせた2人』を観た

■神が結び合わせた2人(原題:Rab Ne Bana Di Jodi)(監督:アディティヤ・チョープラ 2008年インド映画)

f:id:globalhead:20190103163410j:plain

去年の暮れに映画納めということで観た映画はインド映画『神が結び合わせた2人』。シャー・ルク・カーン、アヌシュカー・シャルマー主演により、『Dilwale Dulhania Le Jayenge』(1995)で名高いアディティヤ・チョープラーによって監督された作品だ。映画は「インディアン・シネマ・ウイーク・リターンズ2018」の1作として公開されたものを観た。上映時間は164分。

【物語】アムリトサルで電力会社に勤めるスリーは思いがけず恩師の娘ターニーと結婚し、ぎこちない生活を送っていたが、妻の心を勝ち取る為にサエない外見を一掃し、別人ラージを装い、妻が通うダンス教室に現れ、ペアダンスを踊る事になった・・・。キング・オブ・ボリウッドシャールク・カーンが二役を演じる、涙アリのラブコメディー。

神が結び合わせた2人(原題:RAB NE BANA DI JODI) – ICW Japan 2018

地味ダサ男スリーが恩師の縁でやっと結婚できたにもかかわらず、嫁ターニーが全く心を開いてくれないことから一計を案じ、イケイケ派手男ラージに変装して嫁に近づき、ウェイウェイ言いながら気を引こうとしてみたが……というのがこのお話である。ターニーとラージが出会うのはダンス教室であり、これによりインド映画十八番の歌と踊りがたっぷり盛り込まれることとなる。

実はこの作品は以前、輸入DVDで英語字幕で鑑賞していた。その時の感想はこれ。

この時は非常に感銘を受け、シャールク作品の中でも結構なお気に入り作となった。そして今回やっと日本語字幕で鑑賞する事ができたのだが、また別の感想を抱いた。

まずなにしろ映画館の大画面で観ると、映し出されるインドの様々な街並み、情景が圧倒的な美しさでもって迫ってくる。歌と踊りのシーンは優れた音量と音響でもって迫力たっぷりだ。日本語字幕は英語字幕で観た時より発見は少ないが、当然細かなニュアンスは伝わってくる。

しかし初見時と違う印象を抱いたのは、主人公スリーの人間性である。初見時は内向的な男のいじらしいほどの愛の深さに心動かされたが、こうして二度目に観ると、これは恐ろしく屈折している上に一歩間違うと相当アブナイ方向に転びかねない紙一重の物語だな、と思わされた。

そもそもスリーが演技するラージのキャラクターはどこから来たのか。己の性格の逆を行っただけなのかもしれないが、実はもともとスリーに内在したものだったのではないのか。映画的に見るなら二つのキャラを演じるシャールク演技の妙を楽しめればいいのだが、リアルに見ようとすると相反する性格を持った二重人格者ということになってしまう。単にスリーが芸達者なだけだったとしたらこの描写は唐突なものになる。

そして演じられるラージのキャラはくどくてしつこい。この態度で女性の前に臨むラージはよくて傍迷惑、悪く取るなら変質者だ。もう一つ、ターニーを明るくさせようという目論見だったこの変装劇は最終的にターニーの愛を試す行為に変わってしまう。それもまたスリーらしからぬ傲慢さに思えてしまう。

一方ターニーも容易くラージにヨロメキ過ぎなのではないか。最初こそラージのキャラに辟易しつつ心変わりするターニーだが、ラージの一本調子なキャラは最初から最後まで(あえて)薄っぺらい。ラージのキャラの中に垣間見えるスリーの優しさに心安らいだ、というのが順当な解釈だとしても、それと愛とは別のものな筈ではないか。最後のあの気の迷いはラージの中の人であるスリーはどう受け止めるのか。いや、ターニーが幸福を感じればそれでいいとスリーは思っていたのかもしれない、だがそれにしても裏切りは裏切りだという気がする。

とはいえこういった危ういバランスの中でラストは辛うじてハッピーエンドを迎える。この「危ういバランスの中」であったからこそ物語は複雑な、ある種哲学的とも言える妙味を生んではいると思う。レオス・カラックス辺りのフランス映画とも通じているのではないか。

しかしなあ。やっぱ心情の応酬がややこしすぎまへん?ここまでややこしくしないと「愛」って認識できないものなのかなあ?それと「愛」だ「神」だと連呼し過ぎるのは単なる自己正当化じゃありまへん?まあとりあえずとことん屈折した物語ではあったよなあ。


Rab Ne Bana Di Jodi | Official Trailer with English Subtitles | Shah Rukh Khan | Anushka Sharma

DVD『クレイジージャーニー Vol.7』観たけど相変わらず面白かった。

【早期購入特典あり】クレイジージャーニー Vol.7(ステッカー付) [DVD]

世界ビックリ紀行バラエティ『クレイジージャーニー』、結構人気の高いTV番組なんですが、自分TV観る習慣がないんで毎回DVDで購入して観てるんですよ。今回そのVol.7が出たんで早速購入して観たんですが相変わらず面白いというかこれまで以上に面白かったですね。

まず初っ端が秘境カメラマン・ヨシダナギさんのリポートで、今回はアマゾンの少数民族を撮る!という回なんですがこれもいつも通りの進行ながら、これまで紹介されたアフリカ少数民族の人たちと比べて奇妙にあけっぴろげで(禁忌が少なそうという意味で)、同じ南半球の暑い地方でもアマゾンだとこれだけ違うもんなのかなあなどとちょいと思いました。それにしてもヨシダナギさんって色っぽいですよね。写真集もちょっと見てみたいけどお値段がちょっと張るんだよなあ。

HEROES

HEROES

 

 続くは加藤英明さんの爬虫類ハンター!DVDでは前に見たことがある人だけど、あれ、この人こんなにテンション高かったのか!?と驚くやら呆れるやらで実に楽しかったでした。今『クレイジージャーニー』で佐藤さんやゴンザレスさんと並ぶ人気者になっているというのも頷ける気がしました。

吉田悠軌さんのオカルト探訪「かくれキリシタン」の巻。いやいや、今の日本にいまだに隠れキリシタンの人がいるなんて初めて知りましたよ!もはや弾圧なんかされてないのになんで隠れなきゃならないの?という問いに「隠れることそれ自体も信教の一部となった」という答えと言うのもなんかスゴイよなあ。この回本当にびっくりしました。

そして!今回のハイライト田中正人さんの「アドベンチャーレースinオーストラリア」、前編後編でお送りしております!いや最初「要するにトライアスロンでしょ?」と思ってたオレが浅はかだった!これってまさに【クレイジー】の名にし負うレースですよ!600キロ有余の距離を各種競技を取り混ぜながら約3日間、殆ど寝ないで走破する!というものなんですが、これ過酷すぎでしょ!?人間業じゃないでしょ!?こんなレースに参加する人ってどんだけの体力と精神力を持ってるんだ……と体力も精神力も皆無のオレはただただ呆然として眺めてましたよ!「アドベンチャーレース」の詳細は以下の動画などをご覧になってください。いやなにしろ凄いから。


最後はケロッピー前田さんの「世界のカウンターカルチャー”ボディサスペンション”」。”ボディサスペンション”ってェのは体に直にフックを刺してぶら下がる……というものなんですが「いや待って何言ってんのか分かんない」って方もいるでしょうから写真を載っけてみるけど、コレ。

f:id:globalhead:20181229195212j:plain

もう見ただけで痛いって!おかしいって!無理だって!とはいえ、やってる皆さんは「吊られる」ことの独特の浮遊感を楽しんでいるようなんですね。あーそれなら想像できないこともない。いわゆるタトゥー・ピアス・インプラントの流れの先にある「身体改造」と呼ばれるものなのだそうですが、ファッションやパフォーマンスというだけではなくシャーマニスティックな要素もありそう。ただ今時カウンターカルチャーなんて言葉使うの信用していないんで物珍しくは観たけどそれほど興味は湧かなかった。

あとオマケ映像でDVD発売記念イベントの映像がラストに入ってます。あー楽しかった。