最近読んだ本あれこれ

アレフ/J・L・ボルヘス
アレフ (岩波文庫)

アレフ (岩波文庫)

 

 途方もない博識と巧緻をきわめたプロット、極度に凝縮された文体ゆえに、〈知の工匠〉〈迷宮の作家〉と呼ばれるJ.L.ボルヘス(1899―1986)による、『伝奇集』とならぶ代表的短篇集。表題作のほか、「不死の人」「神の書跡」「アヴェロエスの探求」「二人の王と二つの迷宮」「戦士と囚われの女の物語」などを収録。

ボルヘスの『伝奇集』は観念性と超現実性が恐るべき密度で濃縮された必読ともいえる奇譚集だったが、 とはいえ自分はボルヘスというとこれしか読んでおらずそろそろもう1冊……と手にしたのが同じ短編奇譚集であるこの『アレフ』である。『伝奇集』が精緻に構築された奇怪でメタフィジカルな物語群だとすると、この『アレフ』は現実と超常とが交錯する仄暗い空間に堕とされたかのような異様な読後感を残す作品が多い。特に表題作「アレフ」の現実世界に問答無用に鋭利な穿孔を開けてしまう手腕には息を呑まされた。また他の作品にはラテンアメリカ独特の暗く熱い血の臭いを漂わせる物語が多いのも特徴的だろう。ただしこの単行本『アレフ』、白水社から出ていた『不死の人』と同一内容じゃないか……。実は『不死の人』を積読したまま所有していたので、ある意味同じ本がダブることになってしまった。これもまたボルへスの織り成す怪異の一端なのか(違う)。

■東方綺譚/マルグリット・ユルスナール
東方綺譚 (白水Uブックス (69))

東方綺譚 (白水Uブックス (69))

 

古典的な雅致のある文体で知られるユルスナールの一風変ったオリエント素材の短篇集。古代中国の或る道教の寓話、中世バルカン半島のバラード、ヒンドゥ教の神話、かつてのギリシアの迷信・風俗・事件、さては源氏物語など、「東方」の物語を素材として、自由自在に、想像力を駆使した珠玉の9篇。

フランスの女性作家マルグリット・ユルスナールによる短編集。実は作家のことは何一つ知らなかったのだが、書籍タイトルに惹かれて読んでみることにした。内容はタイトル通り日本、中国、インド、中東、ギリシャといった「東方」の国々に伝わる奇譚・物語を作者流に翻案したもので、それらオリエンタルな物語は西洋の理では推し量れない不可思議と不条理に満ち溢れたものとなっている。むしろこれら合理で割り切れない物語の数々は、西洋的な知性が届かない場所で昏く輝くもうひとつの世界の仕組みを模索しようとして描かれたものなのかもしれない。ちなみに「源氏の君の最後の恋」はあの「源氏物語」から自由な着想を得て描かれている。

■ホーニヒベルガー博士の秘密/ミルチャ・エリアーデ 
ホーニヒベルガー博士の秘密 (福武文庫)

ホーニヒベルガー博士の秘密 (福武文庫)

 

東洋文化を研究している〈私〉のもとに、ある日一人の使いがやってくる。ヨーガの秘法に習熟したホーニヒベルガー博士の伝記を執筆中に亡くなった夫の代わりに、その仕事を完成してほしいというゼルレンディ夫人の申し出に興味をもった〈私〉は、遺された日記から驚くべき事実を発見する。「セランポーレの夜」併録。

「インドを舞台にしたSF・ファンタジー」をツイッターで募ったところ、知り合いの一人が勧めてくれたのがこの本。作者(故人)はルーマニア出身の作家・学者であり、Wikipediaで調べるとかの岡本太郎が著作に影響を受けていたとか、『コッポラの胡蝶の夢』がこのエリアーデの原作だったなんてことが書かれていて少々勉強になった。さてこの単行本では「ホーニヒベルガー博士の秘密」と「セランポーレの夜」の二つの短編が収録されている。「ホーニヒベルガー~」はインド秘教のタントリズムに憑りつかれた男の怪異譚を、「セランポーレ~」ではインドの都市カルカッタ(現コルカタ)を舞台にした異様な出来事を描くこととなる。どちらもインドを題材にしているのはたまたまなのだと思ったが、作者自身がもともとシャーマニズム、ヨーガ、宇宙論的神話に関する著作を出しているらしく、そもそもがインド的なものにロマンを感じていた人なのらしい。そしてどちらの作品も精緻に書かれた文章を積み上げながら最後に暗黒の虚空に読む者を放り投げるといったもので、非常にカタルシスを感じた。

 

『ツインピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』がモノスゲエ面白かった

f:id:globalhead:20180520170830j:plain

あのツインピークスが帰ってきたッ!?

そう、製作総指揮デヴィッド・リンチ(とマーク・フロスト)により1990年よりアメリカで放送され、日本でもカルト的な大人気を呼んだあの、あの、あのシリーズが、2017年に新シリーズとして再び帰ってきたのです!

この『ツインピークス:リミテッド・イベント・シリーズ』(以下「新シリーズ」)、日本ではWOWWOWでの限定放送で、加入していないオレは観る事が出来なかったんですが、最近ようやくソフト化販売されたので、エイヤ!とばかりにBlu-rayのボックスセットを購入し、ついこの間やっと全話観終る事が出来ました。

f:id:globalhead:20180520172945j:plain

ソフト購入するならヨーロッパ盤がお得

さてその感想を書く前に、発売ソフトについて触れておきましょう。

この新シリーズのソフトは日本版発売が7月4日、価格はBlu-ray BOXが定価¥21384(アマゾンで現在¥17484)、本編8DISC+特典映像1DISCの計9DISC収録、DVD BOXで定価¥13024(同¥10548)で本編のみ9DISCによる体裁の発売となります(アマゾン限定盤についは割愛)。

いやこれ高いですよね?

しかしこれが既に現在発売中のヨーロッパ盤だとほぼ3分の1の価格で買えるんですよ。しかもリージョンフリーで日本語吹き替え・字幕付き。当然特典DISCにも字幕ついてます(※注:この仕様はヨーロッパ盤のみでUS盤には吹き替え・字幕が無い模様。UK盤は確認してません)オレはドイツ盤BDをドイツのアマゾンから購入しましたが、日本円で¥6000位だった。ヨーロッパ盤はフランス・イタリア・ドイツ・スペイン盤とありますが、各国のリンクと価格はここでまとめられているので参考にして下さい。

日本語収録「ツイン・ピークス The Return」イタリア盤ブルーレイBOX:MOVIE&DRAMAメモ:So-net blog

また、ソフトは紙ケース入りとプラケース入りの2バージョンあるという話もあるんですが、これも確認していないので購入を考えている方はご注意を。紙ケース入りはこんな仕様です。

f:id:globalhead:20180520182717j:plain

ちなみにBlu-ray BOXの特典映像DISCには5時間余りにのぼるメイキングが収められていますが、他のDISCに収録された分も含めると全ての特典映像は8時間弱ほどもあり、結構見応えがありますよ。

脳ミソも吹っ飛ぶ超展開!?

というわけでこの新シリーズですが……ぶっちゃけて言いますと1話目からして既に訳が分かりません!しかし監督はリンチなので、これでいいんです。ネタバレ無しにしたいので詳しくは書きませんが、リンチの怪奇幻想趣味が大爆発した映像をどんよりと楽しめます。

けれどもこの1話目なんかまだ序の口、あるエピソードでは2001年宇宙の旅』のクライマックス、スターゲート・シーンをホラー風味にしてさらに1時間の長尺に伸ばしたようなとんでもない映像が延々続くというTVドラマ史上前代未聞の回があります!正直脳ミソ吹っ飛びそうになります。

しかし全18章全てが訳分かんないというお話では決してありません。そもそもこの新シリーズは前作からの25年後を描くものですが、前作ラストをきちんと引き継いだものになっているんですよ。そう、ダークサイドに堕ちたクーパーはその後どうなったのか?がこのシリーズの中心となる物語なんです。

f:id:globalhead:20180520172748j:plain

かつてのキャラクターと豪華な新キャラキターが総出演!

そして再び姿を現したクーパーを巡り、ツインピークス・シリーズのかつてのキャラクターたちが少しづつ画面に登場し事件に関わってくる、という展開なんですね。いやー、そりゃもう懐かしいったらありゃしませんよ!25年経って相当変わっちゃった人(誰だったっけ?と思った人もいた)、全然変わってない人、様々なんですが、まずそういった「昔のキャラと再び会える!」というお楽しみがこの新シリーズにはあります。

と同時に新キャラクターも登場します。そしてこれが、相当スゴイ映画俳優を揃えて演じられているんですよ。全部は紹介しきれませんが、ローラ・ダーンアマンダ・サイフリッドはほぼメインキャラクターだし、映画版に出演したハリー・ディーン・スタントンも出てるし、調べてみるとマイケル・セラリチャード・チェンバレンパイパー・ローリー、キャンディ・クラーク、ティム・ロスケイレブ・ランドリー・ジョーンズ、さらにモニカ・ベルッチ裕木奈江まで出演してるんですよ。もちろん監督リンチも相当出張ってます!

f:id:globalhead:20180520172915j:plain

二つの側面を持つ物語

物語は二つの面を持ちながら進行します。暴力と超常現象に満ちたダークな側面と、素っ頓狂なユーモアとシュールな笑いに満ちたコメディタッチの側面です。そしてこの二面性は、もともとツインピークスのドラマにあった特色であり、さらにはリンチの持つセンスでもあると言えるでしょう。

この新シリーズは、前作の25年後であると同時に、その25年が空白だったかのような直に地続きな物語展開がユニークでしたね。さらに、映画版『ローラ・パーマー最後の七日間』の意味不明だった展開に、なんときちんとした説明が用意されてさえいたのでびっくりしました。

とはいえこうして全話を観終っても、お話を全部理解したとはとうてい言えません。最初に「リンチ作品は訳が分からなくて当然」みたいな書き方をしましたが、実はリンチ作品というのは一見訳の分からない構成を再構築してみると、きちんと筋道だった物語であることが分かる仕組みになっていて、難解ではあるにせよ決してメチャクチャなことをしているわけではないんです。リンチのこの謎めいた構成がまたリンチ作品を読み解く楽しみでもあるんですね。

そういった部分で、一回観て終わりでは無くて何度も観て新たな発見を楽しむことができるのがこの新シリーズということができますね。同時にリンチのダークなアート趣味に彩られた映像は何度でも観てその妖しさを堪能したくなるものですから、まさにリピートに最適な作品だと言えるでしょう。

さらにこの新シリーズでは、映画では出来ない事とこれまでTVドラマでは出来なかったことの両方を成し遂げているという点で、非常に斬新かつ優れた作品として完成しているんじゃないでしょうか。

それにしてもこの新シリーズ、無意味にエロくて艶めかしい美女が次から次に出てくるんですよ!まあリンチの趣味なんでしょうが、こういった部分でも十分楽しめたドラマでしたね!

f:id:globalhead:20180520172825j:plain

f:id:globalhead:20180520172839j:plain

f:id:globalhead:20180520172853j:plain

f:id:globalhead:20180520172902j:plain

TWIN PEAKS: LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK/SCORE)

TWIN PEAKS: LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK/SCORE)

 
TWIN PEAKS: MUSIC FROM THE LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK) [CD]

TWIN PEAKS: MUSIC FROM THE LIMITED EVENT SERIES (2017 SOUNDTRACK) [CD]

映画『地球に落ちてきた男』のスチール写真集が発売

David Bowie : The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

Taschenといえば良質なアートを安価な美術書で提供する出版社で、オレもたまにアート本を購入していたが、そのTaschenからボウイの、しかも映画『地球に落ちてきた男』のアートブックがつい最近出されていたとは知らなかった。どうやら映画公開40周年を記念して刊行されたものらしい。

映画『地球に落ちてきた男』についてはついこの間ワッシュさんの「お酒映画ベストテン」絡みで関連記事を書いたので宜しければ読んでください。公開40年を経て今だオレの脳裏に鮮烈に焼き付いている作品なので、これのアートブックの発売は感慨無量だった。書籍の体裁はハードカヴァー14x19.5cm、厚さ4.4cmで480ページものページの中に写真が網羅されており、しかもこれが現在のアマゾン価格で¥2355という驚異の安さなのがさらに嬉しい。

収録写真は殆どがモノクロなのだが、逆にこれがソリッドな映像美を感じさせてくれてしみじみと見入ってしまう。その内容は映画のスチールだけではなく撮影風景やオフショットにまで及び、当時のボウイと撮影隊との雰囲気が手に取るように伝わってくる。当然初めて目にする写真が多く、映画の感動がまたしてもふつふつと心を覆ってゆくのだ。

それにしても、映画公開40年を経てこのように書籍化される映画作品というのも稀有であるということが言えはしないか。もちろんオレを含む世界中に存在するボウイファンにとって記念すべき作品であることは確かだが、同時にカルトSFクラシックとしてひとつの金字塔となった作品であることも出版の理由であると考えることもできる。

当然ボウイファンなら必携の1冊であり、鑑賞用・展示用・保存用・贈答用として2冊3冊と購入することも必至、まさに一家に一冊の素晴らしい写真集という事が出来るだろう。

ボウイがこの世を去って早2年が過ぎたが、このようにしてまた新たなボウイアイテムが出されるというのは天のボウイからの贈り物のようにすら感じるのだった。

f:id:globalhead:20180519124643j:plain

f:id:globalhead:20180519124653j:plain

f:id:globalhead:20180519124705j:plain

■TASCHEN Booksサイト

David Bowie: The Man Who Fell to Earth

David Bowie: The Man Who Fell to Earth