リー・ペリー・アルバムの落ち穂拾いをやっていた

Dry Acid 1968

1年近くリー・ペリーの作品をしつこく収集してきたのだが、重要作というのはもう殆どコレクションしてしまい、あとは目に付いた作品を評価は気にせず行き当たりばったりに購入するようになってきた。まあ落ち穂拾いである。ただしリー・ペリー作品なのでつまらない事はないものの、これまで購入したコンピ等の曲と相当ダブるようになってきたことは否めない。しかしダブリを気にしていたらリー・ペリー作品は収集できないのだ!

併せて、これまではいわゆる”ブラックアーク期”を中心としてコレクションしてきたのだが、この間コンプリートした「Complete UK Upsetters Singles Collection」4Setで初期作品の面白さに気付き、そういったスカやロックステディの聴くことのできる初期作を集めるようになった。

とまあそんな訳で落ち穂拾い的に集めたリー・ペリー作品をここで紹介してみよう。

 

■Dry Acid 1968 / Lee Perry

Dry Acid 1968

Dry Acid 1968

 

 1968~1969年にリー・ペリーがプロデュースした初期曲を集めたアルバム。全26曲で65分!ペリーの初期作コンピとして悪くない。


■Eastwood Rides Again / Upsetters

Eastwood Rides Again

Eastwood Rides Again

 

1970年にジャマイカにおいて既発シングルとアルバムオリジナル曲をまとめてリリースした初期作。悪くない。


■Scratch the Upsetter Again / Upsetters

Scratch the Upsetter Again

Scratch the Upsetter Again

 

これまた1970年リリースの初期作、さらに例によってオルガンフィーチャー曲多し。この頃のアルバムはどれも良作。

 

■Upsetter Shop 1 / Lee 'Scratch' Perry

Upsetter Shop 1

Upsetter Shop 1

 

1997年にHeartbeat RecordsによってリリースされたのBlack ArkスタジオとRandy'sで録音された曲のダブをまとめたもの。


■Upsetter Shop 2: 1969-73 / Lee 'Scratch' Perry

f:id:globalhead:20190220095425j:plain

リー・ペリーのスカ/ロックステディ時代の古典的楽曲を集めたコンピ。ダブは無し。


■The Upsetter Collection / Upsetters

The Upsetter Collection

The Upsetter Collection

割とよく中古で見かけるコンピで内容は遜色無いんだが、なにしろ今購入したら殆どがダブリ音源だった!


■The Good, The Bad And The Upsetters: Jamaican Edition / The Upsetters

初期作。実は『The Good, The Bad And The Upsetters』 という作品は別にあり、しかもそれはUKで製作されたリー・ペリー不参加のアップセッターズ作品なのだが、こちらはリー・ペリーがプロデュースした内容は別のジャマイカン・エディションということになる。ややこしい。でも曲はいいよ!


■Give Me Power / Lee Perry

Give Me Power

Give Me Power

 

70~73年にリリースされたペリー音源をコンパイルし88年にリリースされたアルバム。特筆すべきはこれがレゲエ研究家のスティーブ・バロウによってコンパイルされたものであるということ。よって内容の濃い初期ペリー作を体験できるよ。

 

■Beat Down Babylon / Junior Byles

Beat Down Babylon

Beat Down Babylon

 

1972年にリリースされたリー・ペリー・プロデュースによるJunior Bylesの名盤の誉れ高いアルバム。 オリジナルアルバムはレア盤となり高値で取引されているが、こちらボーナス曲を多数収録したリイシューCDのほうが手に入りやすい。


■The Upsetter / Lee 'Scratch' Perry

The Upsetter / Scratch The Upsetter Again: 2 On 1 Original Albums Edition

The Upsetter / Scratch The Upsetter Again: 2 On 1 Original Albums Edition

 

緑溢れる森の木陰で二人の女性に挟まれるペリーさん、というムフフなアルバムジャケットのこの作品、実はなんとアップセッターズのファースト・オリジナル・アルバムとなる。こんなファーストから才気に満ちたカッコいいルードボーイサウンドを展開していたペリー&アップセッターズ、やはり別格であった。


■Chapter 2 of "Words" Words of My Mouth / Lee 'Scratch' Perry

Chapter 2 of

Chapter 2 of "Words"

 

リー・ペリーの人気曲「Words」の様々なバージョンを集めたアルバム第2弾。「Words」以外の曲も入ってるよ。 


■Chicken Scratch / Lee 'Scratch' Perry

Chicken Scratch (Dlx)

Chicken Scratch (Dlx)

 

まだ駆け出しだった頃の初期ペリー、スタジオワン時代の歌モノ・スカ作品でプロデュースはコクソン・ドット。おまけにバックのオケがスカタライツ、これがまたパワフルで素晴らしい。


■Return Of Django / Lee Perry

Return Of Django (Remastered)

Return Of Django (Remastered)

 

リー・ペリーの初期オリジナル・アルバムで、オルガンをフィーチャーした曲の多いなかなかのご機嫌作。注意して欲しいのは、まずここで紹介している『Return Of Django (Remastered)』はオリジナルアルバムにボーナストラック8曲を加えたものだが、全く同じジャケットで『Return Of Django』と『Eastwood Rides Again』2作のアルバムをカップリングしたものも出回っているので購入の際には気を付けよう。


■Rockstone: Native's Adventures with Lee Perry at the Black Ark / Native

PRESSURE SOUNDSからリリースされていたNativeというバンドのリー・ペリー・プロデュースによるレア・アルバム。時折聴こえるロック的なアプローチが面白い。

 

■Dubstrumentals /  Lee Perry

Dubstrumentals

Dubstrumentals

 

リー・ペリーのインスト3部作『Kung Fu Meets The Dragon』『Return Of The Wax』『Musical Bones』&ボーナストラックを2CDに収めたお得なアルバム。3枚とも持ってたけど買っちゃった!

 

■The Trojan Albums Collection: Lee Perry & the Upsetters

The Trojan Albums Collection:

The Trojan Albums Collection:

 

Torojanからリリースされていたリー・ペリーの4枚のアルバム『Africa's Blood』『Battle Axe』『Rhythm Shower』『Double Seven』をCD2枚にまとめたお徳版。 『Double Seven』のみアルバムで持ってた。

 

■Dub-Triptych / Lee 'Scratch' Perry

Dub-Triptych ( Blackboard Jungle Dub. Cloak & Dagger. Revolution Dub )

Dub-Triptych ( Blackboard Jungle Dub. Cloak & Dagger. Revolution Dub )

 

アルバム『Blackboard Jungle Dub』『Cloak & Dagger』『Revolution Dub』3枚を1CDにまとめたまたまたお得なアルバム。『Cloak & Dagger』だけ所有していなかったのでゲット。

 

■The Upsetter: Essential Madness from the Scratch Files / Lee Perry & the Upsetters

The Upsetter: Essential Madness from the Scratch Files

The Upsetter: Essential Madness from the Scratch Files

 

60年代後半から70年代に掛けてのアップセッターズの音源をコンピ。落ち穂拾い。 

 

■Disco Devil: The Jamaican Discomixes / Lee Perry & the Upsetters

Disco Devil: The Jamaican Discomixes

Disco Devil: The Jamaican Discomixes

 

ブラックアーク期の12インチマキシシングル作品を集めたコンピ。いわゆるロングバージョン尽くし!2枚CD18曲収録、これは面白いアルバムだったな。

つれづれゲーム日記:『ストリートファイターV アーケードエディション』の巻

ストリートファイターV アーケードエディション (PS4

f:id:globalhead:20190504141433j:plain

 その場末のバーには倦怠と疲労が染みついたかのような饐えた空気が漂っていた。外からは激しさを増した雨音がかすかに聞こえてくる。照明を落とした店の中で客はカウンターの男ただ一人。中年を過ぎ薄汚れた上着を着たみすぼらしい男。男は酒の入ったグラスを片手に握りしめ、項垂れたままカウンターを見つめている。彼はやおら酒を飲み干すと、虚ろな目で何もない中空を見据え、かすれた声でポツリと呟いた。「波動拳が……波動拳が出ねえんだよ……」

格闘ゲームストリートファイターV アーケードエディション』である。格ゲーの中でも最も有名なゲームシリーズの一つであるということができよう。オレはついこの間このゲームを購入し、ちまちまと遊んでいたのである。

実の所、格ゲーは苦手だ。下手の横好きであれこれ手を出したことがあるが、パズルゲーと並んでオレ向きじゃないゲームジャンルの一つだろう。なにしろコマンドが覚えられない。覚えても指が付いて行かない。ならば練習すればいいのではあるが、今度はこの練習というのが嫌いだ。

あれも嫌だ。これも嫌だ。それは出来ない。どれもやりたくない。オレの人生に対する投げ遣りで怠惰極まりない態度が如実に表れるのがこの格ゲーなのである。オレは格ゲーに触れることで、いかに自分が人生の様々な事から逃げ回り、うやむやにしながら生きているかを気付かされてしまうのである。

とはいえ、格ゲーの一つ、『バ―チャファイター』シリーズは好きだった。1作目は衝撃的だった。当時は画期的だったポリゴンを使用したそのゲーム画面にオレは驚愕した。ゲーセンなんかまったく行かないオレが、ゲーセンに足蹴く通った。でも対戦はせずにいつもCPUと対戦していた。対戦は嫌いだった。画面の向こうに生身の人間がいると思っただけで鬱陶しかった。対戦に限らずオレは他人様とプレイするオンラインゲームが苦手だ。なぜなら日常人間を相手にする事に疲れ果てているからこそ人の居ないゲーム世界でたったひとり遊びたいと思うような人間だからだ。

下手糞なりにCPU相手の『バ―チャファイター』は楽しかったが、こと『ストリートファイター』となると、これが全くダメだった。まともに遊んだのは『ストII』ぐらいだが、なにしろコマンドが覚えられない。多分『ストII』を遊んだことのある方なら、波動拳昇竜拳ぐらいのコマンドはすぐ出すことができるだろうが、なんとオレはそれすらも出せないのだ。おまけにガードもきちんと出来ない。これではもうゲームにならない。ましてや複雑なコマンドなど無理も無理、大無理である。

さてここまで格ゲーが不向きなことを書いておきながら、なんでまた今『ストV』なんかやっているのか。それはまず、シリーズの進化と共に、キャラクターが以前のドット表示からポリゴン表示に変わり、段違いのグラフィックの美しさを見せるようになってきたからだ。オレは「美しいグラフィック」に弱いのである。オレが下手糞なくせにいろんなゲームに手を出すのは、この「美しいグラフィック」を体感したい、というそのただ一点があるからである。

しかしそれだけでは『ストV』に手を出す決定打にはならない。ではなぜ買っちゃったかというと、まずオンラインで入手した体験版が悪くなかったこと、さらにダウンロード版がバーゲンで安かったからである。即ち、「ついやっちゃった」という訳である。

そんなこんなで始めた『ストV』なんであるが。これがなんと、格ゲーの苦手なオレにしては結構遊べてしまうのだ。以前とゲームシステムが変わったのかもしれないが、幼児並みのガチャプレイでも割と技を出すことができ、CPU戦で難易度普通でもガシガシ勝ち進め、勝ち進めるどころか連戦連勝なのでちょっと難易度を上げてプレイし始めた程である。そしてこうして楽しめるからこそ今度はきちんとコマンドを覚えようと練習し、まともにゲームシステムへの理解を深めようとし始めたのだ。このオレにしては相当真摯な事である。

とまあそんな訳で楽しく遊んでいるのだが、このゲーム、キャラクターを最初から全部使う事ができないことになっていて、もしキャラを増やしたかったらそれぞれ個別ないしパックで課金ダウンロードする必要があるんだよね。まあ別に全員分遊ぶことなんかないしその頃には飽きてるだろうな、と思ってたんだけど……気が付いたら課金してキャラパックをダウンロードしていたオレがいた……このォ、イケズめ!イケズなカプコンめええ!!
『ストリートファイターV アーケードエディション』Launch Trailer

最近聴いたレゲエやらダブやらロックステディやら

■Consider Yourself / The Inturns

Consider Yourself [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRPS086)

Consider Yourself [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRPS086)

 

Channel Oneのルーツレゲエ・コーラス・グループThe Inturnsの名盤をPressure Soundsがリイシュー。Phil Pratt プロデュース、オケはSly&Robbieという間違いのないサウンド

■Next Cut / Bunny Lee

‘Next Cut’?-?Dub plates, Rare Sides & Unreleased Cuts [輸入盤CD] (PSCD088)_127

‘Next Cut’?-?Dub plates, Rare Sides & Unreleased Cuts [輸入盤CD] (PSCD088)_127

 

ジャマイカの名プロデューサーBunny Lee、スタジオに埋もれていた未発表激レアトラックの数々をPressure Soundsが発掘!

■Full Up /  Bunny Lee

Full Up [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRPS085)

Full Up [帯解説 / 国内仕様輸入盤CD] (BRPS085)

 

名プロデューサー、Bunny Leeの1968~72年のポスト・ロックステディ作品をメインにコンパイルしたアルバム。

■The Sannic Sounds / Tommy McCook

The Sannic Sounds [国内盤CD] (DSRCD004)

The Sannic Sounds [国内盤CD] (DSRCD004)

 

Skatalitesの創設メンバーであり名サックス奏者もあるTommy MccookがGlen Brownのプロデュースにより製作したホーン・インスト・ダブ・アルバム。相当にカッコイイよ!

■Meet The People / Lloyd Parks & We The People

Meet The People [輸入盤CD] (PSCD96)_527

Meet The People [輸入盤CD] (PSCD96)_527

 

ジャマイカ屈指のベーシストLloyd Parksが率いた凄腕バンド、We The Peopleのアルバムがリイシュー。

■Dubbing in the Front Yard & Conflict Dub / Bunny Lee

Dubbing in the Front Yard & Conflict Dub [解説対訳付 / ボーナストラック3曲収録 / 国内仕様輸入盤 / 2CD] (BRPS102)

Dubbing in the Front Yard & Conflict Dub [解説対訳付 / ボーナストラック3曲収録 / 国内仕様輸入盤 / 2CD] (BRPS102)

 

Bunny LeeとPrince Jammyによる幻の超レアダブアルバム2枚を復刻。演奏はThe Aggrovators、スタジオはKing Tubby'sという鉄壁の作品。

■Rocksteady, Soul And Early Reggae At Studio One / V.A.

Rocksteady, Soul And Early Reggae At Studio One

Rocksteady, Soul And Early Reggae At Studio One

 

Soul Jazzレーベルからリリースされたスタジオワン珠玉のロックステディ集。いやこれは良いアルバムだな。楽しいし和む。

Creation Rebel / Johnny Clarke

CREATION REBEL

CREATION REBEL

 

ラスタ・シンガーJOHNNY CLARKEのBUNNY ‘STRIKER’ LEE期のベスト盤CD2枚組。THE AGGROVATORSをバックに、KING TUBBYスタジオで制作。

■Rebel Rock / Third World All Stars

Rebel Rock [帯解説・国内仕様輸入盤] (BRPS78)

Rebel Rock [帯解説・国内仕様輸入盤] (BRPS78)

 

PRESSURE SOUNDSからリリースされたジャジーでメロウなレゲエ・インスト作。

■Sound System International Dub / King Tubby

Sound System International Dub

Sound System International Dub

 

キング・タビー、レア中のレアとも呼ばれる幻のDUBがPRESSURE SOUNDSからリリース。

■Mek It Run / Dennis Bovell

Mek It Run [帯解説 / 国内仕様輸入盤] (BRPS075)

Mek It Run [帯解説 / 国内仕様輸入盤] (BRPS075)

 

PRESSURE SOUNDSからリリースされたデニス・ボーヴェルのレア・トラックス集。しかも今作のために新たにDUBミックスし直したという凝ったアルバム。

■Studio One Disco Mix Various Artists

Studio One Disco Mix

Studio One Disco Mix

 

スタジオワンから70年代にリリースされた12インチロングヴァージョンレゲエ曲をミックス!

■Let’ s Go To The Dance - Prince Buster Rocksteady Selection  Prince Buster

Let’ s Go To The Dance - Prince Buster Rocksteady Selection [国内盤CD / デジパック仕様] (DBPBCD-001)

Let’ s Go To The Dance - Prince Buster Rocksteady Selection [国内盤CD / デジパック仕様] (DBPBCD-001)

 

ロックステディといえばこの人、プリンス・バスターの67~68年にリリースされたシングル曲のコンピレーション。

■The Treasure Isle Story

The Treasure Isle Story

The Treasure Isle Story

 

Treasure Isleレーベルのロックステディ集大成全86曲、CDだと3枚組。これをUSBに突っ込んで部屋でエンドレスで聴くのが最近のお好み。和むわー。

■ Trojan Box Set: Dub Various Artists

Trojan Box Set: Dub

Trojan Box Set: Dub

 

TrojanのDUB Box Set、CD3枚組全50曲。流し聴きに最適。

■ The Trojan Roots Box Set Various Artists

The Trojan Roots Box Set

The Trojan Roots Box Set

 

TrojanのルーツレゲエBox Set、CD3枚組全50曲。これも流し聴き用。

■ Trojan Beatles Box Set Beatles

Trojan Beatles Box Set

Trojan Beatles Box Set

 

さらにTrojanのレゲエ・ビートルズ・カヴァーBox Set、CD3枚組全50曲。これは思ったよりユルかったな。