ヒッチコック・ブルーレイBOXでヒッチコック祭り!

f:id:globalhead:20181105205449j:plain

ヒッチコック映画を観ていなかった

一年に1000本を超える映画を鑑賞し、これまで観た映画は数万本、この世に知らない映画など存在しないと豪語するシネフィル中のシネフィルであるオレ様であるが、なぜかヒッチコック作品だけはきちんと観ていなかったのである。

……すいません、「ヒッチコック作品をきちんと観ていない」以外は全て全くの嘘八百です……。

仕切り直しますが、なにしろヒッチコック作品ってきちんと観ていなかったんですよ。『サイコ』とか『鳥』とか映画史に残るような傑作名作を数々ものにしている天才監督だということはなんとなく知っているんですが、活躍していた年代がイイ年したオッサンであるオレよりもまだ微妙に古くて、なんだか観る機会を逃してたんですね。あと、ヒッチコックを勝手に「ミステリ系の監督」と思い込んでいて、ミステリの苦手なオレはあんまり興味を感じなかったというのもあったかもしれない。

でもねえ、いつか観よう、とは思ってたんですよ。それは有名監督の作品をちゃんと体験したいということだけではなくて、ヒッチコック作品をきちんと観とけば、ブログの文章に「ふうむ今回観たこの映画のこの辺とかこの辺なんかはヒッチコックの影響がみられますねえ」なーんて知った口きける、書ける、見栄を張れる、という限りなくヨコシマな気持ちがあったからなんですよね!

この「引き合いに出して見栄を張りたい」という有名監督にもう一人、ジャン=リュック・ゴダールがいますね。やっぱねえ、一回言って(書いて)みたいじゃないですかあ、「ふうむ今回観たこの映画はゴダールの影響を多分に受けているという気付きがワタシにはありましたねえ」なーんて!「ここでちょっとゴダール語っちゃおうかなあ……」とかなんかカッコイイ感じしますしね!まー実際そんなこと言ってるヤツはウルセエ気取ってんじゃねえフランスパン喉に詰まらせて一生咽こんでろや!って感じですけどね!でも実の所ゴダールは観る気がしないのは何作か観たんだけど全然イミが分かんなかったからデス……。

とまあそんなとてもイヤらしくヨコシマな画策を心の奥に暗くドロドロと滾らせつつ、今回やっと重い腰を上げ、懸案であるヒッチコック作品視聴に取り掛かろうと思ったわけなんであります。実際の所、ヒッチコック作品は既にコピーライトフリーになっており、10枚組1750円とか20枚組3500円なんてDVDボックスもあることはあるんですが、これ画質が相当酷いらしく、どっしようかなあ……と思ってた所、意外と安価でブルーレイボックスが購入できることを知り、じゃあそっちで!ということでエイヤアとばかり購入してみたんですね。

今回購入したのブルーレイボックスは2つ、『Alfred Hitchcock The Masterpiece Collection』(13枚組)と『Alfred Hitchcock Collection』(3枚組)。どちらも輸入盤ですが日本語字幕・日本語吹き替えアリで、映像特典ももちろん日本語アリです。ただし吹き替えはTV放送時のものを使っている作品もあり、放送時にカットされた場面は字幕になっちゃったりします(『北北西に針路をとれ』がそうでしたが他の作品もそうなのか違うのかは全部確認していません)。

ではその2つのブルーレイボックス収録タイトルとだいたいのお値段を紹介しましょう。

Alfred Hitchcock The Masterpiece Collection

Alfred Hitchcock The Masterpiece Collection

ブルーレイ13枚組 ¥5698。(※購入当時の価格)

[収録作品]

  • 逃走迷路 (Saboteur/1942)
  • 疑惑の影(Shadow of a Doubt/1943)
  • ロープ (Rope/1948)
  • 裏窓 (Rear Window/1954)
  • ハリーの災難 (The Trouble with Harry/1955)
  • 知りすぎていた男 (The Man Who Knew Too Much/1956)
  • めまい (Vertigo/1958)
  • サイコ (Psycho/1960)
  • 鳥 (The Birds/1963)
  • マーニー (Marnie/1964)
  • 引き裂かれたカーテン (Torn Curtain/1966)
  • フレンジー (Frenzy/1972)
  • ファミリー・プロット (Family Plot/1976)

Alfred Hitchcock Collection

Alfred Hitchcock Collection

ブルーレイ3枚組 ¥2116。(※購入当時の価格) 

[収録作品]

※なんと『ダイヤルMを廻せ!』は3D作品です。オレは3D再生システムを持ってないので通常映像しか観られませんが、3Dを観られる環境の方は「3Dのヒッチコック」を一度体験してみるのもいいかもしれません。

■ブルーレイ17枚で¥7814!

このボックスセット2つを合わせた値段が¥5698+¥2116=¥7814。ブルーレイのトータル枚数17枚でこの価格は安くないっすか!?1枚当たり¥460ですよ!?しかもヒッチコックの傑作名作をほぼ網羅してるのではないかと思います。

他にもヒッチコックのボックスセットはあれこれ出ていますが、ブルーレイに限って言えば1番安価で揃えられるのはこの組み合わせなんじゃないでしょうか。これでも揃わないヒッチコック作品はあとはバラ買いするしかないんですが。う~んあとは『レベッカ』と『バルカン超特急』あたりが欲しいかもなあ。 

レベッカ [DVD]

レベッカ [DVD]

 
バルカン超特急 【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

バルカン超特急 【淀川長治解説映像付き】 [DVD]

 
 ■何作か観た感想などを。

まあなにしろまだ全部観ていないんですが、何作か観て感じたことを。ヒッチコックの映画術がどうとかブルーレイ化された映像と音楽の良し悪しということ以前に、「この時代の映画って、意外とイイ!」ってことをまず感じましたね。

それはヒッチコックが映画を撮っていた時代の、イギリスなりアメリカなりの、街の様子や家の作り、室内の調度、人々の着る洋服やヘアスタイルが、「ああ、これはオレが子供の頃に慣れ親しんでいた、古き善き外国映画の薫りじゃないか」と思えて仕方なかったんですね。

それともう一つ、強烈に心ときめいたのは、「あの当時の綺羅星の如き映画スター」と、くっきり綺麗な映像でもう一度再会できた、という部分ですね。なにしろオレ、ヒッチコック映画全然知らなかったので、ショーン・コネリーポール・ニューマンが出演している作品があったのにびっくりしました。ジェームズ・スチュワートはオレには馴染の薄い俳優でしたが、これも今観ても「往年の映画スター」の貫録が十分漂っていて頼もしいんですよね。『サイコ』のアンソニー・ホプキンスは、「これ、今でも十分通用するイケメン俳優じゃないか……」と惚れ惚れと見てしまいました。

それと、女優さんが、びっくりするほど美しい!グレース・ケリードリス・デイジュリー・アンドリュース、それとヒッチコック映画で初めて知ったティッピ・ヘドレン、これもオレが洋画見始めるちょっと前の時代の女優さんばかりなのでちゃんと映画で見たことがあるのはジュリー・アンドリュースぐらいなもんなんですが、それでもやはり「古き善き外国映画の薫り」がして堪らない女優さんばかりなんですよ。そればかりではなくヒッチコック映画は端役の女優さんまで美しい!

まだ数作しか観ていませんが、すっかりヒッチコック作品の虜になったのは確か。「今日はどれを観ようか」なんて考えながらブルーレイボックスをひっくり返してみるのもまた楽しい。そして全作観た暁には「ふうむ今回観たこの映画のこの辺やこの辺当たりはヒッチコック風ですねえ」と思いっきり見栄貼ってブログに書く野望を決して忘れていないオレでありました!(……いや、こっぱずかしいんでヤラネエっす)

最近読んだ椎名誠

■長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら / 椎名誠 

地下生活の考察と未来都市の姿、宇宙人がエイリアンふうイカタコ系でしかもぬらぬらぐちゃぐちゃの謎、長さ一キロのアナコンダがいたら、もし服が発明されていなかったら…?世界の暑い場所、寒い場所―辺境の旅の生々しい経験に、科学ノンフィクションの知識を加えてみた!行動派作家・椎名誠が、「もし…が…だったら…」という思いつきをアレコレひねりまわして考えた、やわらか頭のくねくねSFエッセイ!

最近ちょっと長編海外小説ばかり続いたので息抜きに軽い読み物が欲しくなった。そして軽い読み物といえばなんといっても椎名誠である。まずはタイトル『長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら』。椎名さんと言えば旨い酒と旨い食いもんと辺鄙な土地への旅だが、今回は「椎名的妄想科学エッセイ」ということになっている。実はこれ、SFマガジンで連載していたコラムをまとめたもので、SF好きでありSF小説も書く椎名さんがSF小説と並び好きなジャンルである自然科学の本を読みながら妄想したアレコレをつらつらと書き連ねたエッセイ集となっている。とはいえそこは椎名さん、例によってあっちへこっちへとフラフラ話が飛び、やっぱり旨い酒と旨い食いもんと辺鄙な土地への旅の話が始まるのである。

■地球上の全人類と全アリンコの重さは同じらしい。 / 椎名誠

 地球上には約1京(1兆の1万倍)匹のアリがいるらしい。そしてその総体重は全人類の総体重にほぼ等しいらしい――。この世に生きとし生けるものは、人類からアリンコまで途方もない可能性と不思議に満ちている。ひるがえって人間とアリの本質的な違いはなんだろう? 地球の水は常に一定? 中古車にはなぜ風船が飾られるのか? 椎名誠が世界をめぐりながら考えた、自由闊達・天真爛漫なくねくね王道エッセイ集!

そしてこちらも上記『長さ一キロのアナコンダがシッポを噛まれたら』に続きSFマガジンに連載したコラムをまとめたものだ。いわば続編である。『長さ一キロ~』にも通じるが、これらSF的妄想の数々は、椎名さんの書くSF小説の源泉となるものなのだろう。そしてこれらSF的妄想は、どちらかというと古き善き時代の、いわゆるSF黎明期の自由闊達さに通じている。そういった部分で、昨今の社会問題や高度に複雑化した情報技術を扱った最新のSF作品の在り方から見るとある意味牧歌的でもある。しかし同時に、自然や宇宙に対する新鮮な驚きや興味こそが、そもそもSFを生み出した原動力だったのだということも教えてくれるのだ。とはいえ今回も自然や宇宙に対する真摯な驚きが、旨い酒と旨い食いもんと辺鄙な土地への旅の話へとグダグダと流れていくのもまた椎名さんらしい。 

■殺したい蕎麦屋椎名誠

殺したい蕎麦屋 (新潮文庫)

殺したい蕎麦屋 (新潮文庫)

 

蹴りたい蕎麦屋、というものがある。思い当たる店があるだろう? 忘れられない犬がいる。遠い記憶を辿ってみれば、人懐っこく吠えているはずだ。世界中を旅して回り、最高にうまい〈ヘンなモノ〉を食い、冷えたビールをうぐうぐと飲み、焚き火を眺めて夜を明かす。そして好きなコトも嫌いなモノも、悩まずとにかく書いているのだった――。好奇心と追憶みなぎる感情的エッセイ集!

 今作は椎名さんがあちこちの雑誌で連載・あるいは単発発表したコラムをまとめたものだ。まとめた、とは言ってもそこは椎名さん、限りなく趣味と興味が飛び回り、決して一つのテーマにまとまったものではない。でもこの雑駁さがまた椎名さんでもある。タイトルとなっている「殺したい蕎麦屋」は気取り腐ってばかりいて少しも腹の足しにならない昨今の「意識高い系」飯屋に、おっさん椎名が目を三角にさせながら物申す!といったものである。そしてこのおっさん目線が同様におっさんのオレにも大いにうなずけるのである。おっさん以外がどう思うかは知らない。だが明快さとシンプルさにこだわる椎名さんは「本質はどうなんだよッ!?」と言っている気がしてならない。

それと併せ、車雑誌に掲載していたという車関連のエッセイが興味深かった。椎名さんは普通に車は運転するが、これまでエッセイでは特に触れることが無かったからだ。そしてここでも椎名さん、日本の「ピカピカに車体を洗う文化」をあざけ笑い、本人は新品のピックアップトラックを購入早々わざとあちこちで擦り傷を付け、車体なんぞ一切洗ってやるもんかと豪語しながら乗り回しているらしい。椎名さんにとって車なんぞ単なる足で、だからこそこれまでエッセイで特別取りあげようとも思わなかったのだろう。まあ足であろうとたまには洗ってあげてもいいかとは思うが、椎名さんがハゲシク嫌うのはあの辺のチンケなプチブル趣味ということなのだ。うん、オレも分かるぞ、ハゲシク分かるぞ。

アナログスパイv.s.ハイテク犯罪者!?/映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

■ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲 (監督:デビッド・カー 2018年イギリス/フランス/アメリカ映画)

f:id:globalhead:20181109173709j:plain

■あのお騒がせスパイがまた帰って来たッ!?

あのお騒がせスパイが三度帰って来たッ!?というスパイ・コメディ映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』であります。

スパイ映画も数々ありますが、『裏切りのサーカス』や『誰よりも狙われた男』などのシリアス路線、『007』『ミッション・インポッシブル』『キングスマン』『ボーン・アイデンティティー』シリーズなどのアクション路線と並び、「おバカスパイ路線」と呼ぶべきジャンルもまた地道に製作されています。

筆頭はなんと言っても『オースティン・パワーズ』シリーズですが、他にも『ゲット・スマート』『SPY/スパイ』『エージェント・ゾーハン』『アンダーカバー・ブラザー』なんてェ「おバカスパイ映画」があり、実はどれも大いに笑わせてくれる良作コメディ揃いなんですよ。

■シリーズ3作目なんだッ!?

さて今回紹介する映画のタイトルは『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』。まずなんといってもあの『Mr.ビーン』で知られるイギリスの人気コメディアン、ローワン・アトキンソンが主演を務めているというのが見所でしょう。そしてこの『アナログの逆襲』は『ジョニー・イングリッシュ』『ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬』に続くシリーズ第3弾ということになっているんですね。

そしてこの「ジョニー・イングリッシュ」シリーズですが、なにしろ主演のローワン・アトキンソンの、常軌を逸した行動と奇ッ怪極まりない表情をとことん楽しむ、彼の独壇場とも言える作品となっておるのですよ。いやーローワン・アトキンソン、人によっては「この人ホントに頭がおかしいの?」と思っちゃうぐらい不気味で狂ったキャラを常々演じており、ああ、やっぱイギリスのコメディアンは「モンティ・パイソン」の昔から狂い切った連中が揃っているのだなあ、としみじみ嬉しくなってしまいます。

■事件解明どころか事態悪化!?

今回の物語はサイバーテロにより全てのイギリス諜報員の素性が明かされてしまい、イギリス政府が引退したスパイに事件解明の要請をするところから始まります。そして白羽の矢が立ってしまったのが「イギリス諜報部史上最悪のスパイ」ことジョニー・イングリッシュだったッ!?という訳なんですな。しかしなにしろジョニーさん、やることなすこと頓珍漢かつ滅茶苦茶で、事件解明どころか事態悪化しか生まない!これではサイバーテロ犯より先にジョニーさんがイギリスを滅ぼしちゃいかねない!?

とはいえそんなジョニーさんをしっかり支えるのがかつての同僚ボフ(ベン・ミラー)。陰になり日向になりジョニーさんをしっかりフォローしジョニーさんのハチャメチャを軌道修正し、お陰でなんだか知らないけどテロ犯究明が進行してしまう!?ってか今回のミッションを遣り遂げてんのはジョニーさんじゃなくてボフなんじゃないのか!?そしてこのジョニーさんとボフの、おっさん二人のドタバタ二人三脚振りが今作の見所ともなっておるのですよ。

もうひとつの見所は謎の女、オフィーリアの存在でしょう。スパイ映画には「敵か味方か!?」という謎の女が欠かせませんからね。このオフィーリアを演じるのが『007 慰めの報酬』にも出演したオルガ・キュリレンコなんですな。今作ではボンド・ガールならぬジョニー・イングリッシュ・ガールとしてジョニーさんのしょーもない行動に引っ掻き回され続けます。いやあそれにしてもオルガ・キュリレンコ相変わらず美人ちゃんですねえ……。彼女の存在が今作を一個グレード高くしてくれています。

■アナログスパイv.s.ハイテク犯罪者!?

今作の特色となるのは「アナログスパイv.s.ハイテク犯罪者」の戦いといった部分でしょうか。まずジョニーさん、おっさんなんでITとかハイテクとか分かりません!分かりたくも関わりたくもありません!「私はスマホなんか使わん!(使えない!)」とか言ってFAXで指示を仰ぎ公衆電話で報告します!こんなおっさんがハイテク犯罪者とどう渡り合うというんでしょうか!でも「007」的な秘密兵器は大好きでキャッキャ言って使ってます!そしてお約束のように使い方を間違えます!おっさん単なる老害じゃんかよ!?

しかしこの「アナログスパイ」という設定は、昨今のスパイ映画の定石となった「なんだかよくわかんないハイテク」や「なんだかよくわかんないコンピューター・ハッキング」を駆使した、「なんだかよくわかんないからなんでもアリ」の展開へのアンチテーゼにもなっているんじゃないかとも思えます。また、幾多の「おバカスパイ映画」は「007」シリーズなどのスパイ・アクション映画のパロディで成り立っている部分が多分にありますが、既に相当にやり尽されているこのパロディ路線に新機軸を持ち込んだ「おバカスパイ映画」ということもできるんじゃないでしょうか!?ま、ホントはそんな高尚な作品じゃないので皆さんお気軽に楽しんでくださいね。


映画『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』予告編