サイバーパンク+ハードボイルド+近未来イスラーム世界SF『重力が衰えるとき』

■重力が衰えるとき/ジョージ・アレック・エフィンジャー

重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)

おれの名はマリード。アラブの犯罪都市ブーダイーンの一匹狼。小づかい稼ぎに探偵仕事も引きうける。今日もロシア人の男から、行方不明の息子を捜せという依頼。それなのに、依頼人が目の前で撃ち殺されちまった!おまけになじみの性転換娼婦の失踪をきっかけに、血まなぐさい風が吹いてきた。街の秩序を脅かす犯人をつかまえなければ、おれも死人の仲間入りか。顔役に命じられて調査に乗りだしたものの、脳みそを改造した敵は、あっさりしっぽを出しちゃくれない。…実力派作家が近未来イスラーム世界を舞台に描く電脳ハードボイルドSF。

オレは「サイバーパンク」と聞くとなぜか敏感に反応して舌なめずりしてしまうサイバーパンク信者の一人ではある。好きだったなあウィリアム・ギブソンブルース・スターリング。そもそもオレのはてなIDである"globalhead"はブルース・スターリングの短編集から採ったぐらいだ。

とはいえサイバーパンクというのは80年代に流行ったSFサブジャンルで、今やそのまんまサイバーパンクSF小説なんで書かれていないんだろうな。むしろポスト・サイバーパンクなんてジャンルまであるのらしい。要するに既に流行から40年近く経っちゃってる古いジャンルであるということだ。

ジョージ・アレック・エフィンジャーによるサイバーパンクSF小説『重力が衰えるとき』は1987年に書かれ、1989年に早川書房から訳出されている。だからやはりちょっと古いSF本だ。刊行された当時は読もうか読むまいか迷ったが結局本を買うことを無かった。でもなんとなく気になっていて、今回やっと古本で入手し読んでみた。古いんで実は表紙もブログTOPの書影と違ったりする。

この小説のウリというかポイントになるのはサイバーパンクSFであるのと同時に近未来イスラーム世界を舞台にしているという部分だ。近未来イスラーム世界が舞台のSF小説というとイアン・マクドナルドの『旋舞の千年都市』、G・ウィロー・ウィルソン 『無限の書』あたりを思い出すが、実はこれらもサイバーパンク的な電脳小説なんだよね。イスラームと電脳、この組み合わせってちょっとワクワクするものがありません?そういう部分もあって読んでみようと思ったんですよ。

物語はというとなにしろ架空の近未来イスラーム国を舞台に一匹狼探偵マリードがヤヴァイ仕事を請け負っちゃう、というものだ。マリードの目の前には次々に死体の山が築かれ、自らも生命を脅かされ、それによりマリードは自らの電脳化を決意する、というもの。物語はたいてい怪しげな飲み屋や風俗店が中心となり、水商売の女や娼婦、ポンビキや裏世界のドンが跋扈する世界がこの物語だ。

サイバーパンクなんて単なる風俗小説だ」と喝破したのは日本のSF作家高千穂遥だが、確かにこの『重力が衰えるとき』は物語のほぼ半分ぐらいが怪しげな裏世界の風俗描写で費やされているように思う。風俗描写が5割だとすると探偵物語が3割、あとの2割がイスラーム世界描写と電脳描写だ。だからハードボイルドな味わいの裏社会描写は長々と描かれるのだけれど、サイバーパンク小説以前にSF小説味が薄いし、イスラーム世界描写もなんだか付け足しのようにも感じる。主人公が電脳化しやっとSFぽくなるのは物語が半分も過ぎたあたりくらいだ。

とはいえ退屈したのかというとむしろ逆で、汚濁に塗れた街とそこをうろつき回るちょっとだらしない主人公の行動にずっと魅了させられていた。負け犬ばかりがひしめく裏世界、饐えた臭いの漂うエキセントリックな登場人物たち、金と暴力であらゆるものの上に君臨する裏世界のドンなど、雰囲気がたっぷりなのだ。

主人公はその中で、事件を解決したいのかしたくないのかはっきりしないまま酒と麻薬に溺れ続け、思い出した頃にやっとこさ行動する。しょーもないっちゃあしょーもないんだが、この薄汚れた世界とセコい主人公の描写が何故か心地いい。そしてやっとサイバーパンクSFらしくなる後半ではあれやこれやで満身創痍になった主人公がようやく事件の真相に肉薄し、異様な真実にぶち当たるというわけだ。

というわけでこの『重力が衰えるとき』、最先端のとんがったSF小説を読みたいと思ってる人には退屈かもしれないが、サイバーパンクとハードボイルドのダルい雰囲気をまったり味わいたいと思う方にはそこそこ楽しめるんじゃないかな。この作品はこの後シリーズ化され、『太陽の炎』『電脳砂漠』と続く3部作になっているのらしい。ちなみに今作のタイトル「重力が衰えるとき」というのは常ならぬことが起こるといった意味合いだそうで、重力が使命を持ったりムカデ型異星人が登場したりはしないし当然ハードSF展開など微塵も無いので念のため。

重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)

重力が衰えるとき (ハヤカワ文庫SF)

 

サルマーン兄ィの新作インド映画『Race 3』が思いっきりしょーもなかった件について

■Race 3 (監督:レモ・デスーザ 2018年 インド映画)

f:id:globalhead:20180617141604j:plain
本国インドとほぼ同時に日本でインド映画を上映する恒例のインド映画上映会、今回の作品はなんとサルマーン・カーン主演のアクション映画『Race 3』だ!うおおおうこれは大いに盛り上がるね!……とばかりに勇んで劇場に足を運んだんだが、観終ってみるとこれがもう相当しょーーーもない作品で目が点になったまま帰ってきた……。

一応説明するとこの『Race 3』、ナンバリングされている通り「Race」シリーズの3作目という事になっている。1作目『Race』(2008)は監督アッバース&ムスタン、アニル・カプール、サイフ・アリ・カーン主演。続編となる2作目『Race 2』(2013)は監督・主演とも一緒だがさらにディーピカー・パードゥコーン、ジョン・エイブラハムが出演者に加わりこちらは大ヒットした。オレは2作目しか観ていないないんだが「ご都合主義大爆発なお話だったな」程度の感想だった。

そしてこの3作目では監督をレモ・デスーザに変え、サルマーン・カーン、アニル・カプール、ボビー・デーオール、ジャクリーン・フェルナンデスを主演に迎え、前2作とは物語的に繋がっていない作品として作られている。監督であるレモ・デスーザは『ABCD: Any Body Can Dance』(2013)、『ABCD 2』(2015)、『A Flying Jatt』(2016)といった監督作品がありオレ個人はどの作品も嫌いじゃない。

で、今作『Race 3』だが、お話はというと世界を股にかけ武器や麻薬を売買する犯罪帝国を仕切る一家の、陰謀と疑惑と裏切りと愛憎に満ちた、虚々実々の駆け引きを描くところとなる。なにしろアクションはとことんド派手!ダンス・シーンは盛り沢山!物語はどんでん返しに次ぐどんでん返し!といった感じで、こってりたっぷりサービス満点!な作りにはとりあえずなっている。予告編だけ観るなら結構面白そうなのだ。

ところがその満点なサービスのクオリティが低いので目も当てられないのである。アクション・シーンは確かに派手だが演出が一本調子で次第に飽きてくる上、見栄えの良さばかり追求した挙句物語の内容と齟齬をきたしているのだ。ダンス・シーンは監督自身がコレオグラファーでありダンサーであるせいかたっぷり力が入っているのだが、その力み過ぎが仇となり「今時これなの?」と思ってしまうぐらい古臭い演出だ。どんでん返しに次ぐどんでん返しが連続する物語は、どんでん返しそれ自体を目的化してしまったがゆえに人間関係の描き方がどんどん破綻してゆき、だんだんもうどうでもよくなってくる。もはやクライマックスなんてギャグレベルだった。

あとこれは個人的な趣味になってしまうが、悪党ばかりが登場し、その悪党たちがどれだけ悪党なのか描きまくっちゃう物語、というのにあまり食指が動かなかった。悪党同士のロマンチックなダンスシーン見せられても「ほえ?」って思っちゃうよ。サルマーン兄ィに関しても『Bajrangi Bhaijaan』(2015)、『Prem Ratan Dhan Payo 』(2015)、『Sultan』(2016)、『Tiger Zinda Hai』(2017)と立て続けに名作・快作に出演してきただけに、『Jai Ho』(2014)や『Kick』(2014)レベルにしょーもないこの作品への主演はどうにも残念だなあ。とはいえそこは大スター、存在感は確かにあって、決して「観て損した」とまで思わせないのは流石かな。まあ次作に期待、ということで。

www.youtube.com

『里山奇談 めぐりゆく物語』が発売されたので頼まれてもいないのにオレの里山奇談を語ってみる

里山奇談 めぐりゆく物語/coco、日高トモキチ、玉川数

里山奇談 めぐりゆく物語

"里山奇談集"第2弾

coco、日高トモキチ、玉川数氏らによる"里山奇談集"第2弾『里山奇談 巡りゆく物語』が発売された。前作ファンとしては当然嬉しいが、第2弾が出るとは前作が相当好評を持って迎え入れられた証拠なのだろうと思い、さらに嬉しい。

"里山"とは深山の対義にある言葉で、「人の暮らす地と、今なお不思議が色濃く残る山との境界」なのだという。それは、常世と隠世の境界の事であり、現実のこの世界に幽界に住まう常ならぬものの姿がたまさか映し出されてしまう場所である。

そして「里山奇談」はそんな里山に起こる様々な異聞を紹介する逸話集となっている。これら奇談が現実なのか非現実なのかは大きな問題ではない。常ならぬ場所に置かれた人間に働く超感覚的な体験が、これら奇談へと形を成しているのだ。

それぞれの物語はどれも数ページの短いもので、あたかも幻のように現れてはまた消えてゆく。そして第2弾になる今作では、前作において淡い薄暗がりだったような物語が、より怪異寄りに傾いているものが幾つかあり、さらによりエモーショナルな物語も増えているように感じた。特に終章のトリロジー「めぐりゆく水の物語」は自然の人間の共生について強く打ち出されおり、作者御三方の想いのようなものが伝わってくる。

というわけで前作同様充実した内容であり、今後も第3弾第4弾、その他レムリア大陸篇とか銀河興亡篇の「里山奇談」なんかも出していただければ嬉しいかもしれない(すいません後半冗談です)。

オレの"里山奇談"

さて今回の『里山奇談 巡りゆく物語』発売に便乗してオレ自身の”里山奇談”をここに書いてみたい。超常的な要素は全く無いが、実際に体験したことで、脚色はしていない。

(その1:川の向こうにいたもの)

オレも子供の頃は友達と一緒に山から流れる小川に出向いてザリガニやら川辺の昆虫やらを獲って遊んでいた。いつもは山の裾野あたりで遊んでいたのだが、その日はもっと奥まで行ってみよう、ということになった。いつも行かないのは背の高い草やごつごつした岩が多く、遊ぶのに適していなかったからだ。

という訳でオレら一行は川の水をバシャバシャ言わせながら川筋を遡って行った。川の周りの草はどんどん背が高くなり、山の影もあって辺りは少々薄暗くなってくる。と、ある地点で全員が同時に足を止めたのだ。

目の前には川にせり出す形で腰丈ぐらいの大きな岩が転がっていた。そしてその岩の真上に、真っ黒な色をし、まるまると太った、巨大な毛虫が鎮座してたのである。

巨大な、とはいっても実の所10センチ足らずだったのだが、色の黒さや太さ、白っぽい色の岩肌とのコントラストから、なにか重量級の存在感を醸し出していたのだ。それよりも不思議だったのは、なぜ岩の上に、ぽつんとその毛虫が居座っていたかだ(まあ実際は風か何かで飛ばされたのだろうが、なにしろその時は異様に思えた)。そしてその黒い毛虫は、小岩の上に身じろぎひとつせず居座っていた。

オレと友人たちは凍りついたようにその毛虫を凝視し、しばらくして誰がなにを言う訳でもなく川を引き返し始めた。本当に誰も何も言わなかったような記憶がある。なにか全員に、見てはいけないものを見てしまったような、ここから先に足を踏み入れるなと告げられてしまったような感覚があった。実の所、端的に言ってしまえば「毛虫が怖かったから」だけなのだろうが、あの時の妙にひやっとした感覚は、ずっと覚えている。

(その2:流氷の裂け目にいたもの)

オレは北海道の最北端にある海辺の町で子供時代を過ごしたが、その海には真冬になると流氷が訪れる。流氷がやってくるのは2月ぐらいだったろうか。今では温暖化の影響なのかそれほどの量でもないと思うのだが、当時は水平線の向こうまで氷しか見えないほどの流氷がやってきていた。見渡す限り、氷、氷、氷なのだ。

ある日家の近くの海沿いを歩いていた時だ。ふと目をやった海を覆い尽くす流氷の、海岸から100メートルかもっと先に氷の裂け目があり、そこになにか黒い、ヌラヌラとした大きなものが動いていたのだ。

それは、巨大な海蛇か、やはり巨大な海棲生物が流氷の下を泳いでいて、その背中が、流氷の裂け目からするすると見え隠れしているように見えた。

あまりの光景に心を凍り付かせながら、オレはそこで立ち止まったままその様子を眺めていた。だが、しばらく眺めているうちに、それは単に、流氷の隙間で海面が上下しているだけであろうという結論に達した。流氷により光の差さない海水は、海の色とは思えないほど真っ黒になっていたのだろう。

まあそれが現実的な感覚というものだ。子供の頃ではあったが、その程度の分別は付くのだ。しかしだ。そのように理解できたとしても、あの動きは、本当に生き物のようだな、とオレは不思議な気分でその光景を眺めていた。

するとそこに、見知らぬ大人の男の人がやってきたのだ。その人はオレの隣に立つとオレと同じように流氷の裂け目で上下する黒いものを目をやり、オレに「ねえ、あれは生き物なのだろうか?」と尋ねたのだ。

ああ、この人にも見えるんだ、あれが、生き物に見えるんだ。オレは奇妙な感覚に捕らわれつつ、その人に、「いや、海の水だと思いますよ」と答えた。「ああ、まあそうだよねえ」と男の人は言った。でも、なぜか魅せられたように、オレとその大人の人とは、ちょっとの間、流氷の裂け目に動く"何か"を見つめ続けていた。 

(おまけ) 『里山奇談 巡りゆく物語』発売を喜ぶ幽界(?)の方々

ハエ男「ヴズズ……ヴズズ……ヴズズズズ」(出版おめでとうございます。これからも応援しています)

f:id:globalhead:20180602134230j:plain

物体エックスさん「ヴォウラ~~ヴォウラゥアゥウウウ~~」(ファンです。特にcocoさんのイラストは以前よりチェックしてましたよ!今後の活躍も楽しみにしています)

f:id:globalhead:20180602134239j:plain

モルダー「UFO着陸跡を調査しに来たのだが……。いったいこの物体は!?」

スカリー「これは!今絶賛発売中の『里山奇談 巡りゆく物語』よモルダー!?」

モルダー「もしかするとエイリアンは里山の存在なのか!?」

f:id:globalhead:20180602134302j:plain

お粗末さまでした~。

里山奇談 めぐりゆく物語

里山奇談 めぐりゆく物語

 
里山奇談

里山奇談