人間ドックに行ってきた

f:id:globalhead:20191113201710j:plain

unsplash-logo Hush Naidoo

これから書くのはこの間行った人間ドックの話である。それにしてもちょっと前にこのブログで風邪を引いた話を書いて今回は人間ドックである。しみじみと辛気臭い。年を取るとこんなのばっかりである。あとは定年とか年金とか介護の話とかな。そのうち書くと思うので楽しみにしてろ(いや書かない)。

人間ドックに行ったのは先週、11月8日だった。人間ドックには毎年行っている。行き始めてかれこれ10年ぐらいになるだろうか。45歳過ぎると会社から行ったらどうだと勧められるのだ。半日ドックだから大掛かりなものでは無くて、朝8時頃に受け付けして10時頃にはもう終わっている。内容はといえば基本検査と血液検査、胸部/胃部X線検査・腹部超音波検査・心電図といったところか。前日は9時までに食事を済ませて、当日は朝から水も飲んではいけないのだ。検便も2回とったぞ。この検便は腸の腫瘍を調べるためにやる。当然だが前日酒なんて飲んではいけない。健康状態を子細に調べ生い先短い今後の人生の指針とするべき検査の前日に酒を飲むなどもってのほかである。まあ飲んだが。

当日は金曜日であったが会社には有給を提出しての人間ドックだった。土曜もやってるけど理由をつけて平日に休みたいじゃないか。会社には同じ考えの連中が何人かいて、毎回こいつらとつるんで人間ドックに行っている。だいたいオレと同じ50過ぎのおっさんばかりだ。ところが今回はいつもの面子が殆ど来ておらず、来ていた人間に聞いたらみんな仕事が忙しくて人間ドックどころではないのだという。うーむこういう「忙しくて人間ドックどころじゃない」人間こそ本当は人間ドックが必要なんだがな。

この年ともなると検査項目で何にも引っ掛からないことはないのだが、だいたいが「経過観察」というグレイな結果ばかりで、それらも経年による内臓の老化といったような事柄だ(と思うことにしている)。要精密検査なんてェのも何度かやらかしたが、重篤な病気が発見されたりということは今の所無い。オレは中性脂肪が高くて、それが毎回引っ掛かるんだよな。アブラギッシュな中年なんだよオレは。テラテラしているんだあちこちが。どうだ参ったか(何がだ)。それでも肥満というほどは太ってはいないし、血圧も普通だし持病もないし、だいたいはなんとなくグレイな領域において健康ぽくはあるらしい。まあ今年の検査で恐ろしい結果がでるかもしれんがな。

それにしても人間ドックで一番難儀なのはバリウムだ。胃部X線検査でなにやらアミューズメント筐体みたいなクルクル回る台に乗ってああだこうだとグラビアアイドルみたいなセクシーポーズを要求されるのも鬱陶しいが、バリウム飲んだ後の排泄がなにより鬱陶しい。ここから尾籠なハナシへとなだれこみ賢明なる読者各位には大変不快な思いをさせるかとは思うのだが、バリウムってェのは要するに金属だから(アルカリ土類金属)重いんだよな。何が言いたいかというと、トイレで、なかなか流れないんだよ。これ以上子細なことは書かないが、あれが難儀でなあ。それと、検査が終わった後、早く排出させるために下剤飲まされるじゃないですか。オレ実はこの日、人間ドック終わった後に映画観に行ったんだけど、ふと考えたら「下剤を飲んで映画鑑賞」という何か特殊なプレイを思わせるような状況だったな。まあ持ちこたえたけどね!オレはやればできる子なんだよ!(何がだ)

人間ドックをやっているこの病院ではあらかた検査が終わると食事が供されることになっている。まあそれも費用に入ってるんだろうけどな。で、この食事というのが病院で出される食事とは思えないきちんとしたもので、さらになかなか美味いのである。この日出された食事はこんなの。後ろのほうでよく写ってないが今回は白身魚のムニエルと豚の角煮がメインとなっていた。

f:id:globalhead:20191109123834j:plain

食堂は結構高層になっている病院の上階にあるので窓からの眺めもなかなかである。ちょっと天国に近い病院なんだよ…...(やめろ)。

f:id:globalhead:20191109123859j:plain

というわけでこないだ人間ドックに行ってきた話であった。結果は一週間後ぐらいだろうが問題ない事を祈ろう。

『ターミネーター:ニュー・フェイト』 を観た

ターミネーター:ニュー・フェイト (監督:ティム・ミラー 2019年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20191110133838j:plain

......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!

というわけで『ターミネーター:ニュー・フェイト』である。あの「痛めつけても痛めつけてもしつこくしつこく追っかけてくる」ターミネーターが登場するシリーズ最新作である。一応シリーズは全部観ている筈だが、なんかもう途中からどれも似たり寄ったりに思えてきてどれがどれやら、記憶をはっきりさせる為に今調べたらこれまで5作作られていて、これが6作目なのだとか。

とはいえこの『ニュー・フェイト』、「シリーズ2作目の”正統続編”で、そんなんなので今まで作った3作目以降は無かったことにしてちょんまげ!」ということになっているらしい。「その代わりサラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが復帰して大暴れするから楽しみにしてよ!ちょっと年取っちゃったけど!」ということなのらしい。まあ要するに一回仕切り直しして話をシンプルに戻そうぜ(そのほうが観客集めやすそうだし)、ということなんだと思う。

ここで唐突に、「オレは何作目が好きなのか?」ということを過去記事から引用しておく。

ターミネーター』はどのナンバリングタイトルが面白いか?という議論がよく成されますが、オレ的には『1』は実は「ふーん」と観てしまったクチで、『2』で「なんかとんでもないことになってる!?」と驚愕し、『3』は「『2』の後だけど全然頑張ってると思うよ!」で、『4』は「…ええっと…うーん…でもCGのシュワが登場した時はメチャクチャ盛り上がったよね!?」と思った人間であります。

(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』の)お話自体は例によって乱暴な作りで、タイムパラドックスの扱いも相変わらず適当ですが、ひたすらB級路線まっしぐらなその出来栄えにはいっそ清々しさを感じるほどであります。

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』観た。 - メモリの藻屑 記憶領域のゴミ

煎じ詰めるなら、「まあ、だいたい、適当に楽しい」と思いつつ観ており、「終わってるシリーズ」「○作目は観る価値はない」などというアンチな感想は殆ど抱いたことが無い筈だ。そもそも『ターミネーター』はシュワ主演であることと2作目が突出して注目を浴びた作品であったことでなんだか物凄いシリーズのように思われがちだが、全体的に「程々に心地よいB級SFアクションのフランチャイズ」ぐらいのもんじゃないかというがオレ自身の感想だ。で、それでええやん。SF設定も粗雑の限りだが、アクションの為の方便でしかない事は十分承知してるからあまり気にならないし、気にするような作品でもない。

長々と前置きを書いたが、実のところこの新作も、これまでと何も変わりなく「程々に心地よいB級SFアクションのフランチャイズ」であり、それ以上でもそれ以下でもない。やっていることは今までと殆ど変わりはない。未来から世界の運命を変える殺人ロボットがやってきて、同時にそれを阻止する任務を負った味方もやってきて、あらゆるものをぶっ壊しながら追いつ追われつのストーリーを展開するというものだ。変わるのは敵の機能であったり味方の要素であったりシュワの立ち振る舞いの違いだけだ。即ちアトラクション・ムービーとしての『ターミネーター』の、そのアトラクション要素を、目先を変えて「店内改装後の新装開店」してみせたのがこの『ニュー・フェイト』ということだ。だから今回は粗筋すら書く気がしない。

そんな訳なのでこの作品の評価はアトラクションとして楽しめたかどうかでしかない。そういった部分であるなら答はイエス、充分楽しんだ。まず初っ端からノンストップなアクションがいい。シリーズ物なので説明なしにガンガン行けるのだ。後半に行くにつれてムチャなシチュエーションが増えてゆくのもいい。登場するのがロボットであったり強化人間であったりするので、普通の人間の肉体機能以上のアクションが可能であるがために、こういったムチャなシチュエーションも可能になるのだ。そこに通常のアクション映画とは違う楽しさがある。この辺りは『デッドプール』も監督したティム・ミラーの面目躍如といったところだろう。

今回”目先を変えるために”再登場したリンダ・ハミルトンは、まあ居てくれるだけで充分というか、お年もお年なんでアクション自体にはそれほど期待するものは無い。なんかこう、「ご苦労様でしたッ!」という感じだ。シュワルツェネッガーに関しても、やはりまあ、ご老人なんだなあ、としか思えなくて、冴えたアクションを見せてくれるわけでもない。一応シリーズの「顔」なんで居てくれなきゃ困る、といった程度だ。一方、新型ターミネーターREV-9の機能にはまるで新味を感じなかった。2作目の液体金属が画期的過ぎたんだろうなあ。それに対し、やはり目を惹いたのは「未来から来た兵士」グレース役のマッケンジー・デイヴィスだろう。そのスレンダーな体躯と中性的で颯爽とした魅力、タッパを生かした豪快なアクションが結局物語を牽引しており、彼女が居たからこその『ニュー・フェイト』だったという気がしてならない。

というわけで『ターミネーター:ニュー・フェイト』レヴュー 、全巻の終了である。

......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!......ダダンダンダダン!

www.youtube.com

風邪っぴきオヤジの顛末、あるいは奇妙な夢の話

f:id:globalhead:20191104135414j:plain

unsplash-logo Adam Nieścioruk

風邪ひいた。おまけに2週間も風邪っ引き状態である。現在は快方に向かっているが長引いてるせいもあって結構しんどい。いつもなら風邪ぐらいでブログにつけないことにしているが、今回は(いつも通り)全くネタがないのであえて書くことにする。

まあなにしろ詳細もなにもなく風邪だ。咳が出て鼻水が出て悪寒がして熱が上がって頭がクーラクラのあの風邪である。あえて説明するほどのものでもない。しかしいつもなら3日4日大事にしていればなんとか治っていたものの、2週間ともなると長過ぎだ。長引くと飽きる。体はしんどいがそのしんどいのすら飽きる。最初こそ会社を早めに抜けてさっさとメシ食って薬飲んでさっさと寝ていたのだがそれでもよくならないから飽きて来る。酒も抜いていたが抜くのも飽きたから結局飲んでいる。体験上風邪で酒飲んで治ったためしはないのはよく知っているが、なにしろ飽きまくっていたので結局飲んで案の定治らない。そのうちなんとかなるだろうと思いつつやっぱりなんともならないのはオレの人生においては多々見受けられることだ。平常運転じゃないか。いいのかこれを平常と呼んで。

風邪引いた最初の辺りに、既に席取ってしまっていた映画があったので戦々恐々としながら観に行った。そしてゼイゼイいいながら習慣的にブログにつけた。10月28日のブログ記事あたりな。しかしさすがに体力気力が続かず1週間はブログ休んでたな。Twitterもあんまり書く気がしなくてこっちもツイートが減った。しかしブログにしてもTwitterにしても書かないなら書かないで別にいいやあ、と思えてくるし、同時に人様のブログやらツイートやらを読む気も無くなってくるんだよな。で、あーネットとオレの関わりってのも、まあ別に無くてはならないもんでもなんでもなく、その気にならなくなったらいつでも消え去れるし消え去っても気にならないもんなんなんだなあと改めて思ったな。特にTwitter、あれ今まで眺めている時間が結構、というかかなり多かったんだが、全部関わりを断ったとしてもなーんも困らないツールだったんだなあ、としみじみ思えた。実の所、Twitter眺めてる時間あったら本でも読んでた方がずっと有意義だよ。まあ風治ってきたら結局シコシコ書き込んでるけどな!

ところで、なるべく睡眠時間は多めに取ることにしているんだが、そのせいか最近物凄くよく夢を見るんだ。実はオレ、夢をまるで見ない性分でな、まあ見ていても忘れているということもあるのかもしれないが、なにしろその夢をよく見るようになって、そしてなんとなく内容を覚えているということなんだよな。で、この夢というのが、風邪ひいてるから悪夢を見るとかそういうのではなくて、なんだか実に平凡というか、とりたてて奇矯であったり奇抜であったりするような夢じゃないのだよ。まあ夢の内容をくどくどしく書くのはあまり好きじゃないんだが、知ってるような知らないようなどこかの街をたらたら歩いて、知っているような知らないような人たちと会って、なんかしたりしなかったりしているという、ただ単に何かどこかで生活しているらしいだけの夢なんだよな。そんな夢を毎日観るのだよ。それらの夢はあまりに平凡過ぎて、全部繋がっているような繋がっていないような、ただなんとなく「何度も夢に出て来る世界」ではあるようなんだよな.。ありゃなんなんだろうな。まあ思いっきり妄想を膨らませるなら「どこかにあるかもしれないもう一つの世界とそこで生きるもう一人の自分」ということになるのだろうが、オレはそもそもひたすらしみったれてるだけの糞リアリストなので、当然単なる妄想でしかないと思っている。夢如きに意味や理由など求めるような書生じみた年でもないしな。ただ、なんだか最近寝る前に、「またあの世界に行くのかな」という妙な予感と期待があるのは否めないんだ。もちろん明日っから一切そんな夢を見なくなっても全く気にもしないだろうしすぐさま忘れ去ることは分かりきってはいるけどな。まあちょっとだけ妙な話、というわけだ。

というわけで特にオチもなにもない。あってたまるか、という気もするが。なお風邪治りかけであちこち出歩いてしまいご迷惑を掛けた方もいるかと思うのでここで陳謝しておきます。大変申し訳ない。ちなみに相方にはうつしてしまい、微妙に睨まれている。