さらばTV Bros.、そしてポップなカルチャー

f:id:globalhead:20180417222347j:plain

TV Bros.」という雑誌があってだな。うわべはTV番組雑誌のようにみせかけてその実ポップカルチャーを大幅にフィーチャーした雑誌なのだよ。オレは新聞も雑誌もまるで読まない人間なのだが、このTV Bros.ファミ通だけは10数年以上律儀に購読していたのだよ(ファミ通はもう読んでないが)。50も半ばを過ぎる様なジジイのオレなのだが、「50過ぎて読む雑誌がTV Bros.ファミ通だなんてオレってロックだぜ……」と勝手に自己陶酔していた。まあ現実的には「なに言ってんだこのクソジジイ」と思われること必至だがな!

ポップカルチャーなんて言っちゃうとなにやらフワフワして足元のおぼつかない、理屈ばかり多くて現実には屁のつっかえにもならない戯言ばかりを躍起になって持ち上げる脳みそお花畑なナニカを連想しちゃうがな、しかしTV Bros.で取りあげられるそれら”カルチャー”は、オレにとってはどうでもいいものだけで溢れ返る世の中でどこか心にしっくりくるある種の「文化的態度」を感じさせて、オレは好きだったのだよ。

かつてはこのポップカルチャーなるものをサブカルチャーと呼んでいた時代もあったな。もちろんポップカルチャーサブカルチャーではないのだけれども、両者はどこかで重なりあるいはその発展形となり現代に存続しているのではないかな。とはいえサブカルなるものは既にこの現在には存在していないと考えた方がいいと思うな。ネットが発達しこれだけ価値観が多様化した時代にメインもサブもないからだよ。

サブカルチャーはかつてカウンターカルチャーの役割も負っていたけれども、価値観のメインが喪失してしまった以上カウンターである役割などもう誰にも求められていないんだ。だから今「サブカル」なんて言葉がどこかで呟かれたとしたら、それは単なる懐古趣味であり昔を懐かしむこと以外に生きる喜びの無い哀れ極まりないジジイババアのパンツに沁みた分泌物のように饐えた臭いのする慰みもの程度の事だと思えばよろしいのだよ。

ああくそう例によって思いっ切り話が逸れた。オレはTV Bros.の事を書きたかったんだ。

オレはTV Bros.で取りあげられる本や音楽や映画がとても好きだったんだ。好きだったし、しっくりきたんだ。そしてTV Bros.のコラムが、とても楽しくて好きだったんだ。オレはこのブログを2004年の2月から、場所をはてなダイアリーからはてなブログへと移しながらも14年間続けてきたのだけれども、オレがこのブログで目指したもの、それは実は、「TV Bros.みたいなブログにしたい」ってことだったんだ。

そこには本があり漫画がありゲームがあり音楽があり映画があり、そして日々の雑事を面白おかしく書いたコラム的な雑文がある。最近は映画のレビューばかり書いているが、決して「映画ブログ」を名乗りたくないしそうしていないのは、「なんだか種々雑多な寄せ集めみたいなブログ」でありたかったからだ。

とはいえ実の所そんな意気込みも10年目ぐらいまでで、あとは惰性と誰に頼まれているわけでもない虚無的な義務感のみでブログを続けているがな。ニヒリストなのだよ。だからブログタイトルは「メモリの藻屑 記憶領域のゴミ」なのだよ。あ、誰もそんなこと聞いてませんでしたか、すんませんすんませんみんなオレが至らないせいです監督不行き届きでしたもう檻から出しません(何をだ)。

で、ここまでダラダラとナメクジが這った後の粘液の跡みたいな文章を書いて何が言いたいかというとですね、そのTV Bros.が、これまで隔週刊だったものが月間化し、いろいろリニューアルするらしいということに思うことがあって、なんですけどね。いやあ、しかしここまで読んでくれてる人世の中に何人いるんだろうなあ、ま、続けちゃうけど、その「思うこと」っていうのは、「もういいや」ってことだったんですがね。

なんだよ、ここまで書いてその結論かよ、そんなの最初に書けよ、ブログは簡潔に要点をまとめることが重要なんだよ、目指せ月間PV100万だよ、SEO対策もばっちりだよ、アフィで稼いでプロブロガーだよ、とかああああうるせえお前に向かって書いてるんじゃねえ失せろ消えろ肛門にアナルビーズ10本ぐらい突っ込まれて取り出せなくなるがいい、と見えない誰かと戦いつつ、その「もういいや」ってのはどういうことかっていうと、もうTV Bros.を読まなくていいかな、ということと、もうポップカルチャーなるものは今のオレには関係ないし実の所よくよく考えるともともと関係無かったかもな、っていうことだったんだよな。

まあ煎じ詰めると年も取ったし新しいものは理解できなくなったしポップだあカルチャアだあなんぞ言ってるよりも残業しないで早く家帰って酒飲んで寝たい、実生活において考える事と言っちゃあそんなもんだし、老後だあ健康だあ貯金だあ年金だあと辛気臭くクソ面白くもねえ現実塗れの不安と心労をポップなカルチャーごときが決して贖いはしないしそれを求めるべきもんでもない、ってことなんだがな。そういった、「もういいや」なんだよ。オレはもう「今日も一日なんとか終わった」「身体がどこも痛まなくて薬がいらない」ということが一番の幸せでしかないんだよ。年取ったんだ。

一番身に沁みて思ったのは、「作業着着て一日平均1万歩以上歩き回りながら埃まみれ汗まみれになって仕事してそれほどでもない給金貰って小さなアパートでおっつかっつの生活するのがやっとのオレにとってアートだのゲージツだのなんていうものは所詮アブクやカスミみたいなもんでしかなかったな」という実感だったな。若い頃オレはアートスクールの脱落者だったものだから、イイ年になってもそんなものに色目を使っていたけれども、やっぱりもう、当然ながら、関係ないんだよ。

つまり今回TV Bros.月間化に際して「もういいや」と思ったのは、TV Bros.に代表されるポップなカルチャー的なもの全般に対して「もういいや」と思ったってことだったわけなんだけどな。つうわけでTV Bros.、今までありがとう。楽しかったよ。もう会うことも無いだろうが、オレの知らないどこかの町で、君を愛する誰かと君がいつまでも幸せに暮らしてくれることを、オレは願って止まないよ。♪るるるーらららー(音楽盛り上がる)。

蛇足になるけどTV Bros.で一番好きだったコラムは蒼井そら光浦靖子のコラムだった。蒼井そらは失礼ながらタレントとしても元の仕事のほうもまるで興味がないのだが、いつも頑張っててその成果もきちんと出せているところにとても清々しさを感じていた。光浦靖子は人生相談における洞察力と洞察力のみに留まらない話の膨らませ方、面白おかしく書いているようで決して言い過ぎない書き過ぎないバランス感覚に抜群の知性と感受性を感じた。あときゃりーぱみゅぱみゅも音楽は全く興味無いんだが文章は若くてスピードがあって読ませるんだよなあ。それとTV Bros.の映画評は他のどんな映画評よりも参考にしていた。短い字数でこれだけきちんと評価を述べられる、やっぱりプロの仕事は逆立ちしても真似できないくらい違うもんだよなあとひとりの泡沫ブロガーとしてしみじみ思っていた。

我が家にスーパーガールがやってきた

f:id:globalhead:20180416221755j:plain

なんと!我が家にスーパーガール様がいらしてくださったのです!

f:id:globalhead:20180416222037j:plain

おお!!

f:id:globalhead:20180416222126j:plain

おおお!!!

f:id:globalhead:20180416222202j:plain

おおおお!!!!

f:id:globalhead:20180416222227j:plain

おおおおお!!!!!

f:id:globalhead:20180416223721j:plain

おおおおおお!!!!!!

f:id:globalhead:20180416222351j:plain

うおおおおおおッ!!メッチャ可愛いいいいいいッ!!!!!

f:id:globalhead:20180416222809j:plain

 

イルファン・カーン主演による中年シングルカップルのロードムービー/映画『Qarib Qarib Singlle』

■Qarib Qarib Singlle (監督:タヌージャ・チャンドラ 2017年インド映画)

f:id:globalhead:20180404105535j:plain

2017年に公開されたインド映画『Qarib Qarib Singlle』は少々風変わりとも言える大人の恋を描くユニークなロマンチック・コメディだ。主演はイルファン・カーン、ヒンディー語映画初主演となる南インド女優パヴァシー。監督は『Dushman』(1998)、『Sangharsh』(1999)のタヌージャ・チャンドラ。

《物語》保険会社で辣腕を振るうジャヤ(パヴァシー)は私生活では35歳になる一人暮らしの未亡人だった。そんな生活に孤独感を覚えた彼女はある日出会い系サイトに登録し一人の男と会うことになる。待ち合わせのカフェにやってきたその男ヨギ(イルファン・カーン)は破天荒で掴み所のない性格をしており、最初苦手に感じていたジャヤだったが、ヨギのペースに乗せられるまま一緒に旅行に出掛けることになってしまう。しかもその旅行は、ヨギのかつてのガールフレンド3人の元を訪れる、というものだった。

この物語の風変わりさはなにしろこの発端にある。男と女が出会い系サイトで知り合うのはままあることだろう。しかし物語の主人公ジャヤはヨギがどんな男なのかよく知らないまま一緒に旅行に出掛けることを決めてしまう。しかもその旅行とはヨギの元カノを訪ね歩くというものだ。さらにその理由が「彼女らが自分と別れて悲しんでいないか確認したいから」だと言うではないか。まあ少なくとも、日本人の一般的な感覚だと旅行することも旅行の目的も、相当「ありえない」ことなのではないか。

しかしこの「ありえなさ」が物語を面白くしている。ボリウッド映画はなにしろロマンス作品が強いが、多作なばかりに物語のバリエーションが乏しくなりつつある。新奇で多彩な恋の在り方を描いたとしても、今度は共感するのが難しい物語であったりする。例えばカラン・ジョーハル監督の『心~君がくれた歌~(Ae Dil Hai Mushkil)』(2016)などは新しい恋の形を描きつつ、どこか居心地の悪い白々しさを覚えなかったか。そんな中、この『Qarib Qarib Singlle』は発端こそ奇異だが、その後の展開に十分感情移入可能な物語を持ってきている。それは最初に型にはまった常識や前提を飛び越えることで、その後のドラマにより瑞々しい感触を与えることができているからだ。

旅行に出掛けた二人だが最初から恋愛感情があるわけでもなく、ただ成り行きで二人で行動しているだけだ。成り行きで旅に出ることになった恋愛関係にない男女が次第に心を通わせて行く、というボリウッド作にSRK主演映画『私たちの予感(Jab Harry Met Sejal)』(2017)があるが、この『Qarib Qarib Singlle』はそういった定番の展開を微妙に回避する。まず破天荒な性格のヨギはその破天荒さが祟り旅先で常にドタバタを繰り返す(この辺りのコメディ・センスは実に秀逸)。そしてジャヤはそれに振り回されっぱなしで半ばうんざりしている。とはいえジャヤがそんなヨギを見限らないのは、「この人、なんなんだろう?」となぜだか興味が尽きないからなのだ。それは異性であるという以前に、他者としての興味を抱いているということだ。それだけヨギという男は、呆れさせられると同時に強い関心を抱かせるキャラクターとして登場するのだ。

これは多分に女性視点からの恋愛感情の芽生えを描いたものなのかもしれない。男性視点からのロマンス作品であると、相手をどう振り向かせるか、どのように誠実に振る舞うか、またはどのようにボロを出さないか、が中心となるのだろうが、この作品では主人公女性が相手の強力な男性性に魅惑を覚えるというよりも、その人間性にまず重点を置こうとする。信頼のできる存在であるかどうかを見極めようとする。こういった流れにあるロマンス作品であるという部分が新鮮だ。ある意味二人は、知り合ったから旅に出るのではなく、知り合うために旅に出た、ということなのだ。

そしてこの破天荒で興味の尽きない男ヨギを、イルファン・カーンが抜群の演技力で演じ切る。味わいが深いとはいえ決して二枚目という訳ではない、おまけに結構いいオッサンのイルファン・カーンだが、奇妙な男ヨギのキャラクターは非常に個性的で不思議な魅力に溢れている。ある意味イルファン・カーンだからこそこのような微妙なキャラクターを嫌味なく演じることが出来たとも言えるだろう。そしてこの男ヨギは、その生業や生活が殆ど描かれないといった点で観客にとってもどこか謎めいた男だ。一方、ヒロインを演じるパヴァシーは、中年に差し掛かった女性の夢と願望、迷いと孤独を生活感たっぷりに演じ、これも十分に魅了された。特に中盤、睡眠薬で酔っぱらった(?)ジャヤが、遂に己の思いの丈をぶちまけるシーンなどは圧巻だった。

それともうひとつ、この作品の魅力はロードムービーとしての楽しさだろう。主人公二人の旅はまずムンバイから始まり、ウッタラーカンド州デヘラードゥーン、同じくルールキー、ラジャスタン州ジャイプル、シッキム州ガントクへと続いてゆく。実は自分にとって殆どが初めて見聞きするインドの都市ではあるが、しかし映画の中に登場するこれらの都市はどれも美しく豊かな風景を提供し、主人公二人の旅情を鮮やかに盛り上げるのだ。もちろん、観客である我々も、これらの街への旅を疑似体験しながら、緩やかに育まれてゆく主人公二人の恋に思いを馳せることができるのである。そういった部分で映画『Qarib Qarib Singlle』は決して時間を無駄にした気分にさせることの無い優れた良作と言っていいだろう。


Qarib Qarib Singlle | Official Trailer | Irrfan Khan | Parvathy | In Cinemas 10 November