100万人のペルシャ兵やテロリスト軍団を相手にしてきた俺がお天気ごときにビビるわきゃねーだろッ!?~映画『ジオストーム』

ジオストーム (監督:ディーン・デブリン 2017年アメリカ映画)

f:id:globalhead:20180120182306j:plain

異常気象を無くすため人類の英知を結集して打ち上げられた気象コントロール衛星”ダッチボーイ”が暴走を起こしたッ!?それにより世界のあちこちで竜巻、津波、超低温、超高熱現象が巻き起こり、人類の運命は風前の灯火にッ!?それを阻止するために立ち上がった男、その名はジェラルド・バトラーッ!!

「100万人のペルシャ兵やテロリスト軍団を相手にしてきた俺がお天気ごときにビビるわきゃねーだろッ!?」

かくしてジェラルド・バトラ-対ダッチ・ボーイの戦いの火蓋が切って落とされたーーーッ!?

……とまあこうして粗筋を書いただけでも限りなく知能が下がってゆく気がしてならない映画『ジオストーム』でございます。地球の危機を救うためダッチボーイに殴り込み乗り込んだ男、ジェイクを演じるのがジェラルド・バトラーなんですが、このジェイク、決して石油掘削員とかそういうのじゃございません。なんとこのジェイク、ダッチボーイを開発した超天才科学者なんです!

えええええ、ジェラルド・バトラ-が超天才科学者役ぅ~~ッ!?

もうこの時点で相当マイルドなスメルを発しているわけですが、「きっとダッチボーイにはゴリラみたいなガタイのテロリストが1000人ぐらい乗り込んでいて、これをジェラルド・バトラ-がちぎっては投げちぎっては投げするとても乱暴で頭の悪い映画なんだろうな」と胸をときめかされることもまた間違いはないのです。

とはいえダッチボーイにはゴリラみたいなガタイのテロリストなんか乗ってなくて、沢山の科学者の皆さんが事態究明のために慌ただしく職務に勤しんでいたんですな。その中から浮かび上がってきたのはどうやらダッチボーイにウィルスを仕込んでパニックを引き起こしている者がいる、ということでした。で、この下手人探しを今度は地球にいるジェイクの弟・マックス(ジム・スタージェス)が担う、ということになるんですな。

つまりこの『ジオストーム』、単なるパニック映画なだけではなく、宇宙ステーションを舞台にしたハイテクスリラーの側面と、地球を舞台にしたクライムサスペンスの側面とを併せ持っている、という意外と立体的で技アリな構造を成しているんですよ。

いやあ、トンチキパニック映画だとばっかり思って観に行ってゴメンよ。

まあしかし「技アリ」とは書きましたが実際のところ相当荒唐無稽で荒っぽい内容な事には変わりなく、総体的に申し上げるなら「しょーもない映画」であることに間違いありません。なんというか、ジェラルド・バトラ-主演による雑な『ゼロ・グラビティといった風情なんですな。けれども、あの予告編を観て映画に行く方には「シナリオがー」だの「辻褄がー」だのとてもつまらないことで四の五の言わない心の大らかで愛に溢れた方ばかりだろう思われますので、きっとその「しょーもなさ加減」をとことん満足しきって劇場を出られることでありましょうや。もちろんこのオレもその一人です。

ところでこの作品の役者の見所はジェラルド・バトラ-だけではありません。マックスの恋人であるサラ(アビー・コーニッシュ)、彼女の活躍が実は見所なんです!なんとこのサラ、合衆国大統領のシークレット・サービスをその生業としていまして、映画後半に行くほど彼女のハード&クールなアクションが楽しめるのですよ!なにしろ彼女もシークレット・サービスだけあって、地球にいないジェラルド・バトラ-の代わりに女バトラーとして活躍するんですね!

そしてもちろん忘れてはいけない地球大パニック描写!あっちでもこっちでもドッカンドッカン盛大にパニくりまくってます!人は死に物は壊れ大地は裂け海は凍り空は火に包まれます!うおおおおお!なにもかもメチャクチャになってしまええええええ!!!

ああ、楽しいのう、楽しいのう!

とまあそんなとっても楽しい『ジオストーム』だったんですが、たった一つ残念に思ったことがありましてね、それは、

エアロスミスの主題歌が無かったことですね。


映画『ジオストーム』日本語吹替版予告【HD】2018年1月19日(金)公開   

 

 

最近観たインド映画2作~『Baadshaho』『Bhoomi』

■Baadshaho (監督:ミラン・ルトゥリヤー 2017年インド映画)

f:id:globalhead:20180114120400j:plain

1975年にインド政府により発令された「非常事態宣言」により財産没収と逮捕という憂き目にあったインド豪族王女がいた。王女の元ボディーガード・バワニは没収された財宝の奪還作戦を計画するが……というアクション映画。主演にアジャイ・デーブガン、王女役にイリヤーナー・デクルーズ。また、敵役となる陸軍将校にヴィドゥユト・ジャームワール。まず1975年の「非常事態宣言」というもの自体知らなかったが、これは時の大統領インディラ・ガーンディーによる独裁的強権政治の一端で、対立政党の弾圧、言論統制、主要銀行の国有化、強制断種、スラム撤去などの人権侵害が行われたという。現在でもその是非について論議の的となっているらしいが、この映画では王族の財産没収が描かれることになる。しかしインド民主化の為にはそれも致し方ないと思えるし、それを真っ向から否定するのはどうなんだろうな。まあ映画はそんな政治的な事よりも「財宝強奪」のサスペンスとアクションが中心の娯楽作として出来上がっている。全体的に非常に乱暴で矛盾の目立つストーリーなのだが、財宝を搬送する完全武装のモンスタートラックの強奪作戦と、それを強奪した後のモンスタートラックの爆走ぶりが楽しかったのでよしとしたい。また、クライマックスのロケーションとシチュエーションはインドでなければ撮れなかっただろうと思われる特殊なもので、これは鬼気迫るものがあった。主演のアジャイ・デーブガンは安定の三白眼、王女ギーターンジャリはアンビバレントな性格を持つ女だが、この部分をもっと掘り下げれば面白くなっただろうにと思う。


Baadshaho Official Trailer | Ajay Devgn, Emraan Hashmi, Esha Gupta, Ileana D'Cruz & Vidyut

■Bhoomi (監督:オムング・クマール 2017年インド映画)

f:id:globalhead:20180114120424j:plain

結婚式のその前夜にならず者たちにレイプされた娘の恥辱を晴らす為、彼女の父親が復讐に立ち上がる!という生々しいテーマのサスペンス映画。お話のほうは「愛情深い父娘の情景→事件→ままならぬ裁判→さらなる嫌がらせ→ついにブチ切れるお父さん→血煙大噴出!」という予想から一歩も外れない展開だが、それでも【復讐譚】というのは大いに盛り上がるのは確かで、非常にカタルシスのある作品だった。だいたい父親役がサンジャイ・ダットというのがまず卑怯で、こんなオヤジ怒らせたらクライマックスに惨劇しか待っていないのは火を見るより明らかじゃないか。このサンジャイさんが憤怒の形相でならず者たちを追いつめる様子はもはやジェイソンやブギーマンもかくやと思わせるホラー展開で、しかも観ているこちら側もすっかり感情移入しておりブギーマン・サンジャイに「殺れ殺れいてこましたれや!!」と声援まで送ってしまうほど。特にクライマックスの異様にインド的な盛り上がり方はある種ヤバイほどだった。一方被害を受けた娘役のアディティ・ラーオ・ハイダリーがまた実に可憐で可愛らしくて、「守ってやるぞう!このオレがぜってー守ってやるからな!」とサンジャイ親父に成り替わってすっかり熱くなれる事必至。いやファンになっちゃいそう。この作品は同じくレイプ事件を扱い母親側が復讐に立ち上がるシュリーデーヴィー主演の映画『Mom』(2017)と対になっているように思えるので、気になった方はこちらの作品も観てみるといいかも。

www.youtube.com

最近観たインド映画2作~『Tubelight』『Naam Shabana』

■Tubelight (監督:カビール・カーン 2017年インド映画)

f:id:globalhead:20180114120315j:plain

サルマーン・カーン主演による映画『Tubelight』は1962年の中印国境紛争を背景にした兄弟愛の物語だ。子供の頃からぼんやりしていて「蛍光灯(Tubelight)」と綽名を付けられていた主人公ラクスマン(サルマーン・カーン)と弟バラト(ソーヘル・カーン)は固い絆で結ばれた仲睦まじい兄弟。しかしある日パラトは中印国境紛争に派兵されてしまう。そんな折、村に在印中国人の親子が住み着くが……という物語。監督は『Bajrangi Bhaijaan』(2015)のカビール・カーン。頭は鈍いが気立てのいいラスクマンと村人から差別に遭う中国人親子との心の交流、戦地に赴いたまま帰らない兄への想い、これらの混じり合ったヒューマン・ドラマとして完成している。少々あざといといえ、サルマーン兄ィ演じる不器用極まりない男の純な心とその行動は、結構素直に胸に響いた。こういった性善説的な物語をこちらも素直な気持ちになって見届けるのは悪くないものだ。また、中印国境紛争という背景も興味深かったし(結果的に中国の勝利となりインドは甚大な人的被害を出したという)、インド国籍の中国人がインド映画に登場する、ということも目新しかった。それと、カメオ出演したとある大スターの登場には椅子から転げ落ちるほど驚いた。そういった新鮮さも個人的に評価を高くした。ただ冒頭の、いいガタイしたおっさん二人(主役の兄弟)が林の中でキャッキャウフフする映像はどうにかならなかったのかと思った……。またこの作品はオーム・プリ―の遺作となるのらしい。 


Tubelight | Official Teaser | Salman Khan | Kabir Khan

 ■Naam Shabana (監督:シヴァム・ナーイル 2017年インド映画)

f:id:globalhead:20180114120335j:plain

2015年公開のサスペンスアクション『Baby』のスピンアウト作品。『Baby』にも登場した女性特殊工作員シャバーナー(タープスィー・パンヌー)を主人公に据え、大学生だった彼女がなぜどのようにして特殊工作員になったのかが描かれ、いわば『Baby』の前日譚的な物語にもなっている。アクシャイ・クマール他『Baby』に登場した俳優も多数出演し、物語を大いに盛り上げる形となった(やはり華のあるスターが一人出ると映画の雰囲気が変わるものだ)。個人的には映画『Baby』はよく出来ているとは思うが今ひとつ好きになれない作品で、それはシリアスに寄り過ぎて爽快感に欠けていたからなのだが、この作品は女性主人公と言うこともあってか別の感触で楽しめた。主演のタープスィー・パンヌーの強面した顔つきがいいのだ。錯綜した世界政治の裏側で汚れ仕事を引き受ける殺伐とした者のリアリティが滲み出た顔つきなのだ。こういう女優も一人いないとね。作品自体は『Baby』人気にあやかった低予算映画といった寂しさも漂うのだが、気楽に流し見できるアクション映画という事であればまずまずの作品ではないだろうか。

www.youtube.com