ジャズ・ドキュメンタリー映画『ブルーノートレコード ジャズを超えて』を観た

ブルーノートレコード ジャズを超えて(監督 ソフィー・フーバー2018年スイス・アメリカ・イギリス映画)

ブルーノート・レコード ジャズを超えて [Blu-ray]

ジャズCDを買い集めるようになると、かなりの頻度でブルーノート・レコードのアルバムになる。ブルーノート・レコードだけが優れたジャズ・レーベルではないのだろうが、やはりそれだけ名作や人気作を擁しているのだろう。それとブルーノートのいい所は、そのジャケット・デザインにあるだろう。一目でブルーノートと分かるそのデザインは、いわゆる”お洒落さ”がある。それでついついブルーノートを贔屓にしてしまう部分もある。

ブルーノート・レコード設立80周年を記念して2018年に製作された映画『ブルーノートレコード ジャズを超えて』はブルーノート・レコードの創立から現在までを描いたドキュメンタリー作品だ。往時の記録フィルムやライヴ映像を交えながら、ハービー・ハンコックウェイン・ショーターらが過去を振り返る証言、現在ブルーノート・レコードを率いるドン・ウォズや若手アーティスト、ロバート・グラスパーらのレーベルへの熱い想いなどが重ねられてゆく。

次から次に画面に登場する歴史的ジャズメン、有名アルバム、傑作音源、貴重なライブフィルムなど、観ている間中ずっと楽しい気分でいられるドキュメンタリーだった。同時にこれら素晴らしいジャズ作品を支えた関係者たちのジャズ愛もしっかりと描写されていた。割と結構な数のジャズアルバムを聴いた頃に観たので、使用されるジャズ音源も登場するアーティストも結構知っている作品・人物ばかりでとても嬉しくなってしまった。逆に知らない音源で気に入った作品は早速チェックしてCD購入した。その辺は抜かりないのである。

驚かされるのは1939年にこのレーベルを立ち上げたのが、アルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフという二人のドイツ人移民だということだろう。当時の黒人ジャズミュージシャンの気風にぴったりと寄り添い、彼らを理解し、ひとつの仲間となって優れたアルバムを輩出してきたのがアメリカ在住白人ではなくドイツ人移民だったという部分がとても興味深い。アメリカ的な音楽ビジネスとは離れた部分で芸術性を重んじたジャズ作品を輩出し続けたという部分で(儲からなかったそうだが)、この二人の功績は音楽史に残るものとなるだろう。

ブルーノート・レーベルは経済的事情もあり一時活動停止状態となるが、この空白を埋めたのが黒人の若者たちによるヒップホップだった。音楽への衝動は時代が変わっても若者たちの心にあり、その衝動は過去のジャズサウンドのサンプリングという形で昇華され受け継がれた。ジャズは過去のものではなく形を変えながらも現代に生き続ける。そしてヒップホップ世代の若者たちが次に新しいジャズの担い手になる。映画の結びではこういった形でジャズサウンドの継承が描かれ、十分な感動を呼ぶドキュメンタリーとして完成していた。

 

『ビバリーヒルズ・コップ:アクセル・フォーリー』『ネクスト・ゴール・ウィンズ』など最近ダラ観した配信あれこれ

ビバリーヒルズ・コップ:アクセル・フォーリー』

ビバリーヒルズ・コップ:アクセル・フォーリー (Netflix映画) (監督:マーク・モロイ 2024年アメリカ映画)

あのアクセル・フォーリーが帰ってきた!というエディ・マーフィー出世作ビバリーヒルズ・コップ』シリーズ30年目の第4弾がNetflix映画として配信中。出演はエディ・マーフィーの他ジョセフ・ゴードン=レビット、テイラー・ペイジ、ケビン・ベーコン、さらにジャッジ・ラインホルドやジョン・アシュトンら過去作のメンバーも集結している。

ビバリーヒルズ・コップ』シリーズは好きだったな。評判の悪い第3作もオレは全然好きだったよ。監督ジョン・ランディスだったし。エディ・マーフィー自体好きなんだ。今は往時程の活躍ぶりはないが、たまに出演作があるときちんと観ているぐらいだ。で、この第4作、期待していたよりは地味目に感じたけど決して悪くはない。物語は今やすっかり爺むさくなったアクセルが、弁護士となった娘と警察の汚職事件の解決に乗り出すけれど、永らく会っていなかったその娘とは衝突してばかり、といった塩梅。

こういったシナリオはありがちではあるが、安心して観ていられる要素でもある。なにより最初から最後まで無意味極まりない大量破壊シーンを連発し、大いに笑わせてくれるし作品への意気込みも伝わってくる。アクセルが口八丁手八丁で難関を切り抜けてゆく部分にも「ビバリーヒルズ・コップ」らしさを感じさせる。往年の懐かしいテーマソングが連打され、懐古ムービーの一歩手前といった臭みこそあれ、それもそれほど嫌味には感じない。

ただどうしても、同じくお騒がせ警官シリーズ第4弾ということでこの間公開された『バッドボーイズ RIDE OR DIE』と比べてしまうと、もう一押し欲しかったなという気もしてしまう。それよりもアクセルの声優を引き続き担当した山寺宏一の素晴らしさだろう。山寺宏一の吹き替えがあったからこそシリーズの連続性を感じさせたほどだ。何故なら今作では例の「アクセル笑い」がエディの意向で封印してあり、スタジャンを着ていないとシリーズだと思えなかったからかもしれないからだ。全体的には結構満足だったよ!

ネクスト・ゴール・ウィンズ(監督:タイカ・ワイティティ 2023年イギリス・アメリカ映画)

2001年ワールドカップ予選史上最悪となる0対31の大敗を喫した米領サモアのサッカー代表チームを立て直すためアメリカからコーチが招聘されるけど、実はこのコーチ、しょうもない落ちこぼれだった!?という実話も基にしたスポーツコメディ。主演をマイケル・ファスベンダー、監督を「ジョジョ・ラビット」「マイティ・ソー」シリーズのタイカ・ワイティティが務めている。

なにより特筆すべきは米領サモアの風光明媚なロケ―ション、ここで生まれた選手たちやここで暮らす人々のどうにものんびりとした人の好さが実に好感度を高めていることだろう。監督のタイカ・ワイティティはオレは相当に性善説の人だと思っていて、それが反映されたハートウォーミングな物語になっている。

もう一つ面白いのは、スポーツをテーマとした物語は必然的に勝利するための苦闘や苦悩があるのだけれども、この『ネクスト・ゴール・ウィンズ』はそういった部分のキツさが相当薄め、ということだ。なにしろチームに招聘されたコーチに求められているのは「チームをワールドカップで勝利に導くこと」では全くなくて、「次の試合でせめて1点だけ得点させること」なのである。なんなのこの敷居の低さ!?まあこの「たった1点」すら取れないのが最弱チームたる所以なんだけれど!

たかが1点されど1点、この1点の為に血の滲まない程度に特訓する展開の緩さが心地いいし、その緩さを醸し出すメンバーたちや、半分投げ気味になりながら「しょーもねーなー」と監督するコーチの適度な手綱も心地いい。特にニューハーフの選手の扱いがとてもドラマチックに描かれて素晴らしいのだけれども、このニューハーフ選手、本当に実在していたのらしい。ちなみにDisney+の配信で視聴。

 

『アイス・ロード』『異人たち』など最近ダラ観した配信あれこれ

『アイス・ロード』

アイス・ロード(監督:ジョナサン・ヘンズリー 2021年アメリカ映画)

リーアム・ニーソンのアクション映画は結構好きなのだが、あまりにも出演作が多いせいでどれを観たのか観ていないのか段々と分からなくなってきている。この『アイス・ロード』も最初「なんかリーアムおじさんが雪の中でジタバタする映画は観たような気がするんだが……」と頭の中でグルグル考えていた。しかしその正解は『スノー・ロワイヤル』であり、『アイス・ロード』ではなかったので目出度くこの『アイス・ロード』を観ることとなった(周りくどい)。

物語は坑道崩落事故により生き埋めになった作業員を救うため、掘削機械をトラックで現地に届けることになった男たちの危険に満ちた道行を描くもの。タイムリミットの迫るなか、最短距離を走るには氷結した湖の上を走行しなければならず、しかし春先でその氷は溶け始めていたのだ。こうして氷上版『恐怖の報酬』ともいうべき物語が始まる。タイヤの下でミシミシと割れてゆく氷の恐怖、一歩間違うと湖中に落ちてしまうスリルとサスペンスは格別だ。さらにアクシデントが次々と襲い、観ているこちらまで生きた心地のしない緊張が延々と続く。

おまけに妨害工作まで発覚し、なんちゅうミッションポッシブルやあ!と思わせる。後半から氷上を抜け出し、妨害工作員とのカーチェイスがメインとなってしまう部分は少々凡庸だったかもしれないが、全体的には質の高いスリラーアクションであったと思う。

異人たち (監督:アンドリュー・ヘイ 2024年アメリカ・イギリス映画)

異人たち

異人たち

  • Andrew Scott
Amazon

大林亘彦監督による1988年の映画『異人たちとの夏』は結構好きな作品で、やはり大林亘彦は別格だよなあとしみじみ思わせてくれた。原作は山田太一の同名小説となるが、これをアンドリュー・ヘイ監督が再び映画化したのがこの『異人たち』となる。

率直な感想を述べるなら、どうにも「コレジャナイ」感の強い出来具合だった。大林亘彦監督作品の印象が強すぎて、どうしても比べてしまったせいもあるだろう。大林監督版は生きることの寂しさと同時にある種の郷愁がメインとして描かれていたように思うし、生者と死者のぼんやりとした境界を行き来しつつ、やはりそこに相容れるものはないのだという切なさが存在していたのではないか。

しかしヘイ監督版はひたすら孤独感と愛への飢餓感にクローズアップしており、その情緒の扱いが強過ぎるのと同時にストレート過ぎて、物語に想像や解釈の余地がないのである。おまけに呆れるほど感傷的だ。また、死者が死者であるという事実をぼんやりとした表現で描いているばかりに、生者と死者の分かち難い境界という寂しさが伝わってこないのだ。

そもそも父母の霊に前向きに生きると誓いながら、あのラストはどうにも後ろ向き過ぎないだろうか。孤独が孤独のまま終わってしまい、結局何も変わらないじゃないか。なんだか自己憐憫と自己陶酔を煮詰めたようなお話しだよなこれじゃあ。ただし、大林監督版の映画作品は原作と多少ラストが違うのらしく(実際には確認していない)、実はヘイ監督版の方が原作に近いということも考えられる。そういった部分であくまで大林監督版との比較という意味でとってもらいたい。

『セーヌ川の水面の下に』『マダム・ウェブ』など最近ダラ観した配信あれこれ

セーヌ川の水面の下に』

セーヌ川の水面の下に(Netflix映画)(監督:ザビエ・ジャン 2024年フランス映画)

パリのセーヌ川に人食い鮫が出現しお洒落なパリっ子たちを貪り食っちゃうよ!というトンデモ系鮫映画である。人食い鮫がなんでわざわざフランスの河川にやってくるのかという以前に、そもそも海水魚である鮫が淡水の河川に住み着くという部分で訳が分からない。ところがちゃんと調べたらある種の鮫は淡水でも長期間生息できるのらしい。トンデモ系鮫映画だと思って観ていたら気付きを得てしまったという希有な体験である。

トンデモ系とは書いたが、実はこの映画結構出来がいい。冒頭のゴミに塗れたの海で鮫を探索するという異様なビジュアルがまずいい。人食い鮫がセーヌ川にいるらしいことが発覚する中盤までは割と地味に進行して退屈だが、「鮫の命を守ろう!」などとのたまう環境保護女が登場してから俄然面白くなる。こういうヤツが最初に餌食になるんだよな!と思ってたらその通りで、映画『インディペンデンス・デイ』で「宇宙人さんようこそ!」とかいうメッセージボードを掲げていた能天気な連中が真っ先にUFOの破壊光線で灰にされた時の小気味よさを思い出した。

物語はその後一気呵成、これでもかとばかりに殺戮とパニックが大爆発、鮫の存在を知りながらセーヌ川で強引にトライアスロン大会を開催するパリ市長の大馬鹿ぶりにより頂点を迎える。遂に軍隊まで登場し観ているこちらが蒼褪めてしまう驚愕のクライマックスまで、やりたい放題の素晴らしい鮫映画であった。

マダム・ウェブ(監督:S・J・クラークソン 2024年アメリカ映画)

つまんないとかおもんないとか散々言われた挙句興行成績が全く振るわずスーパーヒーロー映画の終わりの始まりとすら思わせた『マダム・ウェブ』だが、実際観てみたらそこそこに楽しめる映画で、言われるほど酷いものではなかったな。

物語はある理由によりスーパーヴィランに命を狙われた主人公キャシーと3人の少女が様々な危機を経てスーパーヒーロー能力に目覚めるまでを描いたもので、特に主人公キャシーの未来予知能力により、様々な危機を寸止めで切り抜けてゆくさまはなかなかにスリリングだった。未来予知とはいっても決して万能ではなく、危機の寸前でなければ気付けないという微妙に使い勝手が悪い部分が物語を面白くしているのだ。3人の少女もそれぞれに個性的であり、彼女たちが巻き起こしてしまうドタバタもまた楽しい。

とはいえこの作品、あくまで「3人の少女がスーパーヒーロー能力に目覚める”まで”」を描いたものでしかなく、「スーパーヒーロー映画」と呼び難い扱いの悪さがある。将来的にスーパーヒーローとなった少女たちのコスチューム姿はちらりとは描かれるにせよ、これがちょっと今一つのセンスで、これで映画1本とったとしてもヒットしなかったかもなあと思わなくもない。なにしろ面白く観られたことは間違いない作品だったので、いろいろと残念な気がしてしまう。

 

ジェシカ・アルバたんハァハァがマチェーテ片手に大暴れするNetflix映画『トリガー・ウォーニング』にオレは大満足だった!

トリガー・ウォーニング (Netflix映画)(監督 モーリー・スルヤ 2024年アメリカ映画)

実はオレ、ジェシカ・アルバが大好きでしてね、一時はこのブログで「ジェシカ・アルバたんハァハァ」などという胡乱極まりない呼び方をして映画レヴューを書いていたぐらいなんですよ。代表作としては『ファンタスティック・フォー』『シン・シティ』『マチェーテ』『メカニック:ワールド・ミッション』なんて作品がありますが、もちろんラブコメ作品などでも大いに活躍しております。

そのジェシカ・アルバが主演だけではなく製作総指揮まで務めたアクション映画『トリガー・ウォーニング』がNetflixで配信開始されたんですが、これがもうジェシカ・アルバの新たなる代表作となるのではないか!?と思っちゃうぐらい出来が良くて、ファンとしては大喜びだったんですがね。

物語はベテラン特殊工作員の主人公パーカーが、事故死した父の死の真相を究明するため故郷の町へ帰るところから始まります。そこでパーカーは薄汚い不正と、ならず者たちの秘密の武器売買を目撃してしまうんですね。そしてパーカーは特殊工作員のスキルを活かし、ならず者たちと正面衝突してゆくんです。パーカーは満身創痍となりながらも、父のかたきとなる者たちを確実に屠ってゆくのですよ。

ここでジェシカ・アルバは体当たりのアクションをこなし、これまでの主演作では考えられないような血塗れで泥臭い姿を垣間見せてくれます。物語は骨太でミステリー要素に溢れ、特殊工作員とはいえたった一人の女性が復讐を胸に秘めながら多くの敵と立ち回りを演じる姿には胸のすくものがあります。

確かに物語はありきたりな展開と演出不足が見られ、ジェシカ・アルバのアクションは決して完璧とは言えません。そういった部分で大方の評価はそれほど高くないらしいのですが、物語全体を覆うエモーショナルさがそれを補って余るものがあるでしょう。ロケはニューメキシコで行われており、このニューメキシコの乾ききった荒れ地の光景がとても印象的で、なおかつ物語に独特のカラーを与えているんですね。

そして!なんといっても今作の見所は、物語後半、主人公パーカーがマチェーテを入手し、それをメイン武器として戦いに身を投じる展開でしょう!そう!マチェーテといえば「山刀」のことであり、同時に我が愛するダニー・トレホの代表作『マチェーテ』の象徴的な武器!さらに映画『マチェーテ』にはジェシカ・アルバも出演していたんですね!

このマチェーテジェシカ・アルバが手にして暴れ回る様はダニー・トレホマチェーテ』の本歌取りであり、言わばこの映画、『レディ・マチェーテ』というタイトルを付けたくなるようなマチェーテ映画だったということですね!美女にはマチェーテ、美女には殺戮!ジェシカ・アルバたんハァハァがマチェーテ片手にさらにオレをハァハァさせたNetflix映画『トリガー・ウォーニング』にオレは大満足でありました!