映画『母なる証明』は火曜サスペンスだった!?

母なる証明 (監督: ポン・ジュノ 2009年韓国映画


母なる証明』はナリは大きくなったものの知能に問題のある息子を一人で育てる母親の物語なんですね。母子二人で貧しいながらなんとか暮らしていた親子だったのですが、ある日息子トジュン(ウォンビン)が殺人容疑で逮捕されちゃうんですね。息子の方は頭がアレなので自分がやったのかどうかすらよく分かっておらず、警察はトジュンが犯人だと疑わず、大金を積んで依頼した弁護士もあてにならない。そこで母(キム・ヘジャ)は息子の潔白を証明するために、自ら事件を解決しようとするんです。
なんかこう、きっつい状況がまず最初にあって、それにさらに追い打ちをかけるようにきっつい事件が起こるという、不幸と不運の下降スパイラルみたいなお話なんですよねえ。数多く観ているわけではないので一括りにするのはよくないのですが、韓国映画にはこういうきつさ、暗さ重さがどこか共通して存在しているように感じるんですよ。現実や人間の本質というものを深く掘り下げようとすると、時として重くなったり暗くなったりもするものですが、逆に暗く重苦しければ現実やら本質やらを深く掘り下げているんだっていうことにはなりません。人間の愚かさを描くのがリアリズムだとしても、むしろ、暗く重い現実だからこそ、そこをあえて軽やかに疾走してゆく、オレなんかはそんな物語に惹かれたりもするわけです。
そういった意味で『母なる証明』は、ある種のリアリズムに拘泥するばかりに、どこか重苦しいことのみを自己目的化した物語のようにさえ思えてしまいました。ラース・フォン・トリアーの『ダンサー・イン・ザ・ダーク』もそんな重苦しいだけの物語でオレは嫌いだったなあ。それとこの息子の馬鹿さ加減には最初っから苛立つものがあり、障害持ってるからしょうがないじゃ済まされないだろ、なんて思っちゃいましたよ。その後母親は真犯人を探すために奔走しますが、この展開がどうにも火曜サスペンスに見えてくる始末。ラストの皮肉さと母の苦渋に満ちた沈黙は締めくくりとしてよく出来ていたと思います。以前は苦手だった韓国映画を最近よく観るようになり、様々な傑作に触れましたが、この『母なる証明』はかつての「苦手な韓国映画」そのものの展開で、なんだか今ひとつな感想でした。

母なる証明 予告編


母なる証明 [Blu-ray]

母なる証明 [Blu-ray]

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

母なる証明 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]