最近聴いたエレクトロニック・ミュージック

■Bicep / Bicep

Bicep

Bicep

 

ブログで知り合ったというユニークな経歴を持つマット・マクブライアーとアンディ・ファーガソンによるDJデュオ、Bicepの1stアルバム。美しくメランコリックなメロディと同時にダンサンブルでタフなビートも併せ持ち、「よく分かってらっしゃる!」と言いたくなるような高精度のダンスミュ―ジックアルバムとして完成している。今回の強力お勧め盤。 《試聴》

■7 / FP Oner aka Fred P

7

7

 

USアンダーグラウンド・ディープハウスのプロデューサー、Fred PによるプロジェクトFP-Onerの3枚目となる作品。美しいメロディ、鉄板の4つ打ちリズム、環境音を使った映像的なSE、そして時折挟まれる日本語女性ヴォイス、これらが醸し出す眩惑的かつ瞑想的な音世界は聴くほどに法悦の高みへ導いてくれる。今回の強力お勧め盤その2! 《試聴》

■Love What Survives / Mount Kimbie

Love What Survives

Love What Survives

 

Mount Kimbieの4年振り、3枚目のフルアルバム。これまでのキャリアを集大成したようなバラエティ豊かな内容のベースミュージック。James Blakeのボーカル曲、Micachuのラップもフィーチャーされている。 《試聴》

■The Album / SW.

The Album

The Album

 

ジャーマン・アンダーグラウンドハウス・ユニット、SW.のリイシュー・アルバム。ブレイクビーツアンビエントアシッド・ジャズ、ジャズ・グルーヴなど、さまざまなジャンルを行き来する音はどこかつかみ所が無くミステリアスな印象。 《試聴》

■8R1CK C17Y / Tenderlonious, Dennis Ayler

8R1CK C17Y

8R1CK C17Y

 

 UKのビートメイカーTenderlonious, Dennis Aylerによるミニアルバム。ジャジーなサンプリングとスペイシーなキーボードワークでスタイリッシュにキメた1枚。 《試聴》

■All Good Things / Elwd

All Good Things

All Good Things

 

UKのビートメイカーELWDによる初アルバム。ローファイなサンプリング音&ボーカルがうねうねと揺らぎ、まるで水の中をゆったりとたゆたっているかのようなダウンテンポ/チルビーツ・アルバム。 《試聴》

■Fabriclive 93: Daphni / Daphni

Fabriclive 93

Fabriclive 93

 

Fabricliveの93番はカナダ出身のアーティスト、ダン・スナイスの別名義ユニットDaphni。殆どの曲が彼の新作エクスクルーシヴ・トラックを使用しており、より没入感の強いエレクトロニック・ミュージックMixとなっている。 《試聴》

■The Best Of Disco Spectrum / Joey Negro/Sean P

JOEY NEGRO AND SEAN P PRESENT THE BEST OF DISCO SPECTRUM [3LP] [12 inch Analog]

JOEY NEGRO AND SEAN P PRESENT THE BEST OF DISCO SPECTRUM [3LP] [12 inch Analog]

 

Joey Negroによるレア・ディスコ・コンピレーション・シリーズ「Disco Spectrum」 のベスト盤。ノンミックスで2枚組。 《試聴》

■Stil Vor Talent Berlin: Alexanderplatz / Various

Stil Vor Talent Berlin: Alexanderplatz

Stil Vor Talent Berlin: Alexanderplatz

 

 ドイツの人気レーベルStil Vor Talentの最新コンピレーション。ジャーマン・プログレッシヴ・ハウスってな内容。 《試聴》

■IV / Badbadnotgood

?

?

 

 以前聴いた彼らの『Late Night Tales』があんまりにもよかったものだから、今度はオリジナルアルバムを聴いてみようと思い2016年リリースの最新アルバムを購入。するとこれがまた緩急取り混ぜた実に完成度の高いジャズ・ファンク・アルバムで、同時にポップでもありエレクトロニカの要素もありこれは相当な実力派だなと確認できました。これいいよ。 《試聴》

暴力と不安に満ち溢れた"悪魔祓い"ホラー・コミック『アウトキャスト』

アウトキャスト (1) (2) / ロバート・カークマン (著), ポール・アザセタ (イラスト)

アウトキャスト 1 (GRAFFICA NOVELS) アウトキャスト 2

幼少期から抱えているある“トラウマ"のため、故郷で人目を避けて暮らしている青年カイル・バーンズ。ある日、街で“悪霊に取り憑かれた少年"の噂を耳にしたカイルは、悪魔祓いとしても名高いアンダーソン牧師のもとを訪ね、自分の過去とも深い関わりのある悪霊の存在と対峙していくことになる。自身の運命のみならず、世界の命運をも左右する深遠なる存在の正体は!?カイルが導かれるその先にある、驚愕の真実とは!?

人気ドラマ『ウォーキング・デッド』の原作者、ロバート・カークマンによる最新コミックは"悪魔憑き"がテーマだという。

「悪魔憑きなあ。神と悪魔の戦いでエクソシストキリスト教ってことですか。まあ、なんか、古臭いよなあ。今更って感じだよなあ」……そんなことを思いつつ、なんとはなしに本書を手に取ってみた。

案の定、冒頭から"悪魔憑き"の少年を、神父がお祓いしている。熾烈な攻防を経て、悪魔祓いされた少年の口からは悪魔と思しきモニョモニョした黒い"何か"が溢れ出し暗闇へと消えてゆく。「はいはい、そのまんまですねえ」想定通りの展開に若干白けながら読み進めたのだが……この物語、何かが違う。単なる"悪魔祓い"だけの物語ではない、暗く、不安に満ちた"何か"が進行している。

「何かが違う」と感じさせたその"何か"は、冒頭から描かれる奇妙に複雑な人間関係と、社会不適合者として生きる主人公青年の、いつも物憂く悲しげな態度だ。主人公の名はカイル。彼は"悪魔祓い"の能力を持つが、何故そんな能力があるのかは本人も分からない。そして彼は家庭内暴力を巡る二重の暗い過去を持っており、ひとつは母親の植物状態という形で、もうひとつは裁判所命令により愛する妻と娘から引き離されるという形で、彼の現在を苛んでいた。

「何かが違う」と感じた二つ目は物語全編を覆う暴力の影だ。主人公をはじめどの登場人物も、過去又は現在に何がしかの暴力の洗礼を受け、あるいは行使し、それにより肉体のみならず心も深く傷ついていることが描かれる。暴力により人間関係を引き裂かれ暴力により孤独と不安の中にいる。これにより物語全体が常に暗く寒々とした雰囲気に包まれ続ける。ここからは単にホラー作品であることの枠を超え、暴力に満ちた社会で生きざるを得ない人間の業すら感じることが出来る。

「何かが違う」と感じた三つ目は、読み進むうちに、実はこれは単純な"悪魔祓い"のは物語ではないらしいと気付かされることだ。冒頭から登場する神父は、キリスト教的な、いわゆる神との対立項としての"悪魔祓い"であるとミスリードさせる目的の存在だったことが分かってくるのだ。では……主人公カイルと神父が"祓っているモノ"は何なのか?二人を付け狙い、徹底的な暴力で応酬する"憑りつかれた者たち"は何者で、その目的は何なのか?さらに、主人公カイルだけがなぜ特殊な能力を持ち、"憑りつかれた者たち"に付け狙われるのか?

こうして様々な謎が散りばめられ、それが少しづつ明らかにされ、最初は在りがちな"悪魔祓い"の物語だと思わせていたものが次第に町一つを飲み込む異様な暴力の物語へと発展してゆくのである。まあジャンルや似た設定の映画の名を出せば「ああ」と思われる方もいるだろうからネタバレは避けるが、それでも十分に新鮮かつ冷え冷えとした不安を味合わせてくれる優れたコミックの登場だと言うことができるだろう。なお、実はこの作品、同タイトルでドラマ化しておりネトフリあたりで観られるので「コミック読むのもかったるい」という方はドラマのほうもどうぞ(とか言いつつ、オレはまだドラマ観て無いんだよねー)。

アウトキャスト 1 (GRAFFICA NOVELS)

アウトキャスト 1 (GRAFFICA NOVELS)

 
アウトキャスト 2

アウトキャスト 2

 

 

 

カピバラに会いにソレイユの丘へ

この間の休みの日には相方さんと二人、横須賀にある総合公園、ソレイユの丘に行ってきました。

このソレイユの丘、どんなふうに総合かというとキャンプ場や露天風呂、アスレチックフィールドに体験教室、お花畑に野菜畑、ボート池や動物広場まであるという公園なんですね。

HP:三浦半島の農と海の体験パーク | 長井海の手公園・ソレイユの丘

 

f:id:globalhead:20171106223931j:plain

「ソレイユの丘」はオレの住処から電車で2時間余りの場所にあり、電車乗り継ぎ京浜急行三崎口駅からさらにバスに乗った場所にあります。 お昼前に着いたんですが、中は家族連れでいっぱいでした。まあ、そういう施設なんでしょう。入園は無料ですが各種施設を使うときには料金が掛かる場合があります。

f:id:globalhead:20171107082823j:plain

そしてこの日のお目当てはもちろんカピバラです。

「ぬーーーん」

f:id:globalhead:20171106224108j:plain

カンガルーといっしょに飼われています。お昼時だったせいかだいたい寝ていた……。

f:id:globalhead:20171106230333j:plain

都合4頭のカピがおりました。

「眠いなあ」

f:id:globalhead:20171106224308j:plain

大きな池もあってカピ同士楽しく遊んでします。

「あおむけにザブン!」

f:id:globalhead:20171106224337j:plain

「お水入ろうか……入るまいか......水だけ飲んどくか……」

f:id:globalhead:20171106224437j:plain

動物のおやつ売り場にはペリカンが鎮座しており、まるで『ホビット』のドラゴン、スマウグのように睨みを利かしていました。

「クワーーーーーッ!!」

f:id:globalhead:20171106224451j:plain 

 マーラーのドアップ。他にも兎や犬、馬や羊や亀も飼われていましたよ。

「クンカクンカ」

f:id:globalhead:20171106224506j:plain

バードショーも催されていました。翼を広げて飛ぶ鳥はやはり格好いいですね。平日1回、休日2回開催されているようです。

「バッサーッ」

f:id:globalhead:20171106224527j:plain

お昼は公園内のレストランでとりましたが、セルフサービスの呼び出し音声が延々大音量で響いてとてもじゃないけど落ち着かなかった……。

f:id:globalhead:20171106224711j:plain

公園の外れにある鐘的ななにか。もちろん鳴らしてきました。

f:id:globalhead:20171106224555j:plain

それにしてもびっくりしたのは売店に並べらていた海軍カレー。横須賀という場所柄なんでしょうが、海軍が艦隊となって攻めまくっておりました。

f:id:globalhead:20171106224616j:plain

この日は11月だというのにポカポカ陽気で日差しも強く、とても暑くてTシャツ一枚でも全然OKなぐらいの気温でしたよ。ダウンとか着て歩いてた人もいたけど大丈夫だったのか?

というわけでカピバラも公園も満喫し、3時過ぎに帰ろうとしたんですが、帰りのバスが渋滞で30分ぐらい待たされた……。 

(おしまい)